FC2ブログ

ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

絵の具











芸術的センスも技術のない私は小中と美術が苦手科目でした。水彩の絵の具、筆、パレットぐらいは持っていたんじゃないかと思いますが、全く記憶にない。多くの子が使っていた黄色い筆を洗うバケツを良いなと思っていた記憶があるので、筆洗いの黄色いバケツは持ってなかったんじゃないかと思います。


オンラインショップを見ると24色が一番色が多く揃っているセットのようです。サクラマット水彩はキャップも絵の具と同じ色でたくさん並んでいるときれい。AP、CPマークというのも付いていて安全基準をクリアしているらしい。筆洗いは小さくて安定しているほうが便利なんじゃないかい?とかいろいろ考えるわけですが、今の小学校はどうも違うようです。



水彩セットというのがあって、2000円~4000円ぐらい、バッグ、大型筆洗い、筆2本、筆ケース、パレット、絵の具12色、スポンジ、ぞうきんがセットになっているようです。基本的には中身はサクラとかペンテルの商品の組み合わせのようです。どのブランドかわからないものもありますが。バッグの大きさはサクラの角型筆洗いE大型がすっぽり入るぐらいですね。ということで今の小学生は自分が小学生の頃とは違ってセット化しているんですかね。


絵の具もバッグのスペースに入るというのもあると思いますが、12色で最小です。三原色の赤、青、黄、プラス白でいろいろな色を作るというのも水彩のカリキュラムに入っているんですかね。










アラームですが、電波時計が便利ですね。使っているアラームが、手に取って時間を見たりすると、衝撃の影響か?電池が切れかかっているのか?接続が悪いのか?1月1日0時0分になってしまい、電波受信するまでちょっと時間がかかるので新しいのアラームを買いました。同じカシオで後継機種のようです。DQD-805J-7JFです。時間、日付、曜日、温度、湿度が表示されています。










































スポンサーサイト



  1. 2019/09/11(水) 07:32:47|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマハSG











ギブソンレスポールというと、そんなことは知っているという方も多いと思いますが、1952年にギタリストのレスポールさんと共同設計した、レスポールモデルですね。1960年までで、翌年1961年には後継モデルのSGとなるわけです。1968年には再人気でスタンダードとカスタムを再発売するわけです。58年から60年のモデルはバーストと呼ばれ、今3200万円の個体も出ていますね。マンションが買えると良く形容しますが。



2010年にカスタムショップレスポール1960年製50周年記念モデル、2014年にギブソン120周年、ギブソンは1894年のマンドリン制作で創業ということです。12フレットに120th anniversaryのロゴが入ったレスポールがたくさんでましたね。2019年今年はカスタムショップ1959年製60周年記念モデルが出てますね。4,5年に1度何かしら記念モデルが出るというのは楽しいものですね。










ずっと長い間、ギブソンレスポールやフェンダーストラトキャスターは予算外であった私ですが、フュージョンと言えばヤマハSG、こんな見事なモデルも出てるんですね。2015年ぐらいのモデルでしょうか?ヤマハSG1820LTDです。ハニーバーストの色合いとトラ目、レスポールに迫る見事さじゃないでしょうか。


https://www.mikigakki.com/ec/pro/disp/A/UEC-63CSG1820






































  1. 2019/09/10(火) 19:52:07|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽器屋巡り












楽器屋巡りに行ってきました。と言っても一件だけですが。疲れる前に帰ってきました。横浜西口のダイエイ閉店してしまったんですね。行かないうちに街も変わってしまうものですね。建て替え前なのでしょうか、あのあたり1階だけになってシャッターが閉まってました。




西口の某楽器店へ。量産品が中心なんですかね。まずフェンダーは、ECモデル、JBモデル、JHモデルがありました。やはり人気ギタリストのモデルはコンスタントに売れるのでしょうか。アメリカンオリジナルシリーズは見つからなかったですね。アメリカンプロシリーズがメインにおいてありました。カスタムショップは1960ノス中古と1955のマスビルでしょうか。



NOSはバフがけができるようにクリア塗装してあるんですかね。ということはカスタムショップとしては塗装は厚めなんでしょうか。セール時期でしょうか、打痕の多い古い個体は安めになっている感じですね。22ぐらいだったでしょうか。


20万円以上のレスポールが20何本か並んでいるコーナーがありました。カスタムショップは10本ぐらい。50、55、60、65、70という感じの価格帯でした。もちろん予算はオーバーなのでこの価格帯は買えないですね。木目に関しては表情でしょうか。セールの時に41で出ていた、ネックにちょいネジレのある一本がありましたが、木目は良かったです。正直な表示をしてますが、どうも素人にはネックに関しては良いのか悪いのか詳しくわからないですね。まっすぐに越したことはないですが。


USAスタンダード2019年、ウエイトリリーフがないタイプですが、ネックを横から見て見ましたが、50sと60s、ネックの厚みに関しては区別はつかなかったですね。はっきりした違いはあるのでしょうか?サイトへ行くとベックの厚みが書いてあるとかだと便利なのですが。


10万円台のレスポールスタンダードでサテンフィニッシュの機種がありました。見た感じ木という感じが出ていてなかなか良かったですね。プレイントップという感じでしたが、中にはトラ目が入っている個体もありました。













































  1. 2019/09/02(月) 08:58:30|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

調査











フェンダーストラトキャスターのNOSニューオールドストックですが、1店舗には豊富にあるという感じではないのでしょうが、全国的にみると意外とある感じです。2018年に発表のビンテージカスタムの1959年ですが55本、以前メインだった1960年が21本。2018年は新シリーズの1959年の製作に集中したのでしょうね。今後どうなるのでしょうかね?1960年モデルの需要があるのか?このまま1959年メインでやっていくのか。


1962 8
1961 5
1960 21
1959 55
1958 1
1957 5
1956 13
1955 1






さて、最近はレスポールの検索をしていますが、かなり予算的にオーバーなのであきらめるのか、それとも良い個体が見つかるのか?難しいところですね。お手頃な価格の個体は、ネック起きとか、木部が見える打痕とか、喫煙者のオーナーとか結構訳有りも潜んでいるので注意が必要ですね。喫煙者のオーナーということはケースに臭いが染みついていることもありますものね。よく考えると量産品も2本買うとカスタムショップ1本の価格になりますから1年ぐらい我慢すればいいということですかね。



ジミーページのレスポールですが、色はオレンジサンセットフェイドだそうです。ネックは薄めにりシェープされているようです。








































  1. 2019/08/28(水) 22:39:40|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽器屋巡り












久しぶりに楽器店が空いている時間帯に横浜駅で下車したので楽器屋巡り。と言っても暑いので歩き疲れる前に、駅に近い楽器店1軒だけ行ってきました。高いギターばかりなので触れることもなく、ただじっと見るだけにしました。




フェンダーのストラトキャスター、フレイムメイプルトップで、トラ目がびっしりの一本がありました。見事な木目。モダンな2点止めのトレモロユニットで、ゴールドパーツ。掛けてあったのでわからなかったですが、ネックのメイプルの木目もすごいようです。マスタービルダーものだけあって中古で50万円台。これが一番すごかったですかね。



カスタムショップの60年代のストラトがありましたが、新品は40か50万円台、中古だと20万円台後半という感じでしょうか。見た感じネックは細目で、細目のネックが好きな人は弾きやすいでしょうね。



高級ギターのポールリードスミスも何本もありましたね。木目を求めるのでしたらポールリードスミスでしょうね。10トップの規定は仕上がりでトップ前面に木目が入っているという規定があるようです。木目の安定はすごいですね。エメラルドグリーンどうなのかな。すごく良い感じでした。長年持つものなのでいつ見てもこの色良いなと思うかですね。落ち着いた定番カラーが良いのか、その時気に入っているカラーが良いのか、ちょっと考えますね。



さて、次狙っているレスポールですが、今年発売のウエイトリリーフのないスタンダード、木目は2Aということで、カスタムショップの個体と較べながら見ると、やはり2Aですね。カスタムショップのレスポールですが、価格帯は60万円台後半と40万円台後半。木目は表情を楽しむという感じですかね。問題のネックの太さですが、ハンガーにかけてあるのでわかりにくいですが、フェンダーの60年代ほど細いという感じはなかったです。これは握ってみないとわからないですかね。



簡単に言うと完全に予算オーバーですね。予算内で気に入る物が見つかるかですね。








































  1. 2019/08/26(月) 13:33:26|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ジン

08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search