ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

ESレスポール















Gibson ES-Les Paul 59 TB Case


久しぶりにギターを買いました。ギブソンです。最後に買ったのが昨年の11月ですから、9カ月ぶりでしょうか。今年1本目です。通本を買わないようにしていたので、4月にプリンターを買った時からも5カ月買ってなかったので、久しぶりの購入です。新品アウトレットということでしたが、まあギブソンの量産品のレスポールもセールでこのぐらいで販売されているという感じでしょうか。









Gibson ES-Les Paul TB top


ギブソンESレスポール59ネックVOSタバコバースト2015年製です。VOSはビンテージオリジナルスペックでビンテージ風に加工してあるということです。基本的にレリック加工のものは買わない主義ですが、買おうと思ったときに、木目の見えるサンバースト系があまり出ていなかったのと、まあ、金属パーツがくすむのを気にせず家で練習用に使えばいいかなという感じです。










Gibson ES-Les Pau TB body top


ボディートップはメイプル、ポプラ、メイプルの3層構造です。ベニアというと安い合板というイメージですが、英語では化粧板という意味があります。そこそこのカーリーメイプルの木目が出ています。


白いピックガードです。ピックガード有りと無しのレスポールがありますが、自分的にはピックガードありのほうが好きです。


ピックアップはMHSハンバッカ―です。メンフィス・ヒストリック・スペックの略のようです。テールピースはアルミニウム、ブリッジはニッケルです。


VOS加工ですが、ピックアップカバー、ブリッジ、テールピース、ピックガードのL字金具を布製のやすりでこすって、くすみを出しています。新品のように金属パーツがピカピカという感じはありません。


あとはピックアップエスカッション、ピックアップのプラスチックカバーとピックガードのネジのドライバーの先が入る部分にサビが出ているネジがあります。キッチンペーパーの上にネジを並べて水を霧吹きでかけてサビを入れているようです。


あとはボディーのつやですが、半つやという感じでしょうか。ギブソンではバフがけの機械が3台ありますが、グロスのつや出しのバフを掛けずに赤色のバフまででやめているようです。











Gibson ES-Les Paul TB fingerboard


指板ですが、ローズウッドで22フレットです。22フレットまであると弾く弾くときに便利ですね。21フレットのビンテージタイプのストラトと比べても半音の差は大きいですね。ナットはボーンです。ナット幅は4.318センチです。インレーはパーロイドのブロックインレイです。プラスティックですね。バインディングはクリームです。










Gibson ES-Les Paul TB binding



このギターの問題点ですが、ネックのハイフレットの端のバインディングの処理がガタガタです。2015年モデルですが、この時期にギター製作のラインに入るべきでない素人レベルの人が加わっていたのか?これがギブソンクオリティーで通常の製品なのか?これがVOS加工なのか?検品ではねられたギターが処分価格で流通して、それをセールで処分したのか?楽器店はこの点に関しては何も言ってなかったので、アウトレット価格で安いんだからこの程度の質のものですよというのが楽器業界の通例なのでしょうね。










Gibson ES-Les Paul TB headstock


ヘッドですが、ギブソンのマザーノブパールのインレイです。これが憧れということでしょうか。弦が巻き付く部分がつや消し、トラスロッドカバーの白い部分が黒ずんで汚れた感じに加工してあるようです。トラスロッドカバーにFホールが入ってあるのは良いですね。










Gibson ES-Les Paul TB back


バックの全体ですが、濃い黒という感じです。レスポールでも、この濃い黒の塗装と薄い木目の見える塗装があるようです。










Gibson ES-Les Paul TB body back


バックはメイプル・ポプラ・メイプルの3層です。サイドも同じですね。これだけ濃い塗装ですが、木目は出ていますね。カーリーでないメイプルの木目でしょうか。バインディングがバックにも巻かれていますね。レスポールはバックのバインディングはないようです。










Gibson ES-Les Paul TB neck


このギターの特徴のネックですね。59年ネックということで、一般にレスポールでもストラトでも50年代のネックは太く、60年代になるとネックが細くなるということでしょうか。


ネックの厚さですが、1フレットが22.86ミリ、12フレットが25.40ミリです。これが太いネックの寸法ということでしょうか。2015年のレギュラーモデルと比べると1フレットが21.59ミリ、12フレットが24.13ミリと1ミリずつ違いますのでこれが太さを生み出す違いということでしょうか。

59ネック
1フレット 22.86ミリ、12フレット 25.40ミリ
レギュラーモデル
1フレット 21.59ミリ、12フレット 24.13ミリ


太いネックのほうが振動して弾いていて楽しい感じはあります。が、手が弱いので2週間毎日弾くと腱鞘炎などの手に違和感が出る可能性もあります。弾いていてそれほど太いという感じはしないですね。













Gibson ES-Les Paul TB headstock back


糸巻はクルーソンで、金属部分につや消し加工してあるんですかね。ネジのドライバー先が入る部分にサビがあります。





持った感じ、軽い。家で練習する分には軽くて楽ですね。生音はそこそこあって、もしかすると夜遅くは弾かないほうが良いかもしれないですね。近所迷惑です。ネックのバインディングの処理のガタガタの件ですがこれがギブソンクオリティなんですかね。








































スポンサーサイト
  1. 2017/10/10(火) 19:55:38|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメモラティブストラトキャスター











フェンダーの60周年を記念して、コメモラティブストラトキャスターが確か2014年の3月頃入荷の予定だったと思います。定価260280円、販売価格195264円、安いショップでも18万円はしたのでは。いろいろ検索してかなり欲しかったのですが、結局予算オーバーでした。それから中古でチャンスがあるかもしれないということで探してましたが、なかなか出物がなかったですね。出物があっても高い。某ショップで美品が18万円、限定品で出物がなかなかないとは言え予算オーバーでした。今年の初めに問い合わせしたのですが、結局買わなかったです。某質屋で多少使用感がある感じの個体が出ていましたが、15、6万円だったんですかね、なかなか売れずに14万円まで値下がりして売れたようです。14万円で定価の54パーセントぐらいですかね。









fender 60th anniversary commemorative stratocaster case

セールの時期ですが、10%引きでそこそこの美品の中古がそこそこの値段で出ていたので買ってみました。基本的にアメリカンスタンダードのスペックでしょうか。アメリカンスタンダードだと黒のハードケースなのですが、限定モデルということでツイードのハードケースです。











fender 60th anniversary commemorative stratocaster case inside


アメリカンビンテージの54年モデルと同じネックをホールドする溝が真ん中にあるケースです。濃い赤の豪華な感じのクッションでフタには60周年のロゴが刺繍してあります。










fender 60th anniversary commemorative stratocaster


フェンダー60周年コメモラティブストラトキャスター2トーンサンバースト2014年製です。










fender 60th anniversary commemorative stratocaster back


バック全体です。今回はケースから出して、ケースの上に置いてみました。












fender 60th anniversary commemorative stratocaster body front


ボディー材はアッシュです。通常アメリカンスタンダードはアルダーですが、54年モデルのスペックに合わせてアッシュということでしょうか。アッシュのアメリカンスタンダードはシエナサンバーストぐらいなので、普通の2トーンサンバーストのアッシュは珍しいんじゃないでしょうか。金属パーツはゴールドです。限定モデルならではでしょうか。ブリッジは2点支持です。ピックアップは54ストラトシングルコイルです。ピックガードは11点止めの3プライです。











fender 60th anniversary commemorative stratocaster body back


ネックプレートには60周年のロゴが入っています。アメリカンデラックスのようにネックのジョイントのところがカットされていて、ネックプレートは変形の1辺が丸みを帯びた四角形ですね。バックプレートは3プライです。ケースから出したほうが多少写真の映りは良いですね。











fender 60th anniversary commemorative stratocaster finger board

ネックはメイプルで指板は22フレットまであります。22フレットまであると音域が半音広いので便利です。










fender 60th anniversary commemorative stratocaster neck


ネックのシェイプはCシェイプです。厚みがなく弾きやすい感じでしょうか。ネックにはスカンクラインが入っています。












fender 60th anniversary commemorative stratocaster headstock


ヘッドですが、フェンダーのロゴはスパゲティーロゴです。ストリングガイドはゴールドのアメリカンスタンダードと同じタイプの物です。ビンテージタイプの羽根型とは違います。










fender 60th anniversary commemorative stratocaster tuner


ペグもゴールドです。表面は意外と荒い感じです。つまみはパール調です。ヘッド裏には60周年のロゴのメダルが貼ってあります。













弾いた感じ生音はおとなしい感じですかね。ガンガンと弾いて鳴るようにして行かないといけないという感じでしょうか。前から欲しかった記念モデルのゴールドパーツのストラトが欲しかったので満足という感じでしょうか。







































  1. 2016/12/26(月) 23:17:49|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初カスタムショップ










さて、2014年に始まったストラト期、2015年5月から、フェンダーのアメリカンビンテージの57モデルを探しているのですが、生産終了になってからもう4、5年経ちます。2016年になると本当に美品は出なくなりましたね。1年と数カ月、美品を見つけるのは難しいと候補からは外しました。エリックジョンソンモデルですが、ニトロセルロースラッカー塗装のためか傷つきやすく、これも中古で美品は難しいのでやめました。



カスタムショップで57年モデルの美品ということなのですが、AではなくB+。なぜですか?と聞いたのですが美品ということ、理由を言いません。まあ、楽器屋ってそんなもんです。



ということで試奏に行ってきました。確かに美品ということで傷などはありませんでした。ただ、製造から2年しか経ってないのにピックガードが反って結構ボディーとピックガードに隙間が空いてました。問題のソフトVネックはというと、56年モデルと比べて太くはなく、60年代のネックほど細くはないですが、握ってみて太さを感じることもなく、違和感もないです。まあ57年モデルはピックガードはビスの数が少ないのでしょうがないということで購入決定。価格的に言って当分ギターは買えないですね。置く場所的には売却処分しないともう買えないですね。











fender custom shop 57 stratocaster nos case


ツイードケースです。状態的にはまずまずです。ネックが入る部分が真ん中にまっすぐあるタイプです。立てるとギターがまっすぐ立つタイプです。Fenderのロゴはとっての金具と金具の間に入っているタイプです。ツイード生地の手触りはソフトて54年のケースとは違います。中の生地は濃い赤で豪華な感じです。










fender custom shop 57 stratocaster nos front


フェンダーカスタムショップ57ストラトキャスター2カラーサンバーストニューオールドストックです。チームビルトで2014年製です。2年前の製造なのでそこそこきれいです。










fender custom shop 57 stratocaster nos body front


ボディーはアルダーです。ニトロセルロースラッカー塗装です。オフセットシームというビンテージタイプの作りで、2ピースの板を真ん中で接着するのではなくジャックプレートのブリッジよりのネジあたりで接着しています。ケースに入れたままだと全然ギターがきれいに映りませんね。上の蛍光灯が写ってしまっています。50年代シングルコイルストラトピックアップでSSSです。5ウェイスイッチです。コントロールノブとPUカバーはエイジングで色が変わってますが、ピックガードは白ですね。サドルには上がFenderで下がPAT.PENDと入っているようです。木目ですが、全体的にくっきり入っているという感じではなくプレーンな白木という感じです。










fender custom shop 57 stratocaster nos body back

ボディーバックです。継ぎ目がバックプレートのちょっと下というのがよくわかりますね。バックプレートですが楕円の穴の位置が合ってないので弦を交換する時は取らないといけませんね。ネックプレートはシリアルナンバーのみです。Rで始まっているのでリイシューでしょう。










fender custom shop 57 stratocaster nos fingerboard

ネックはメイプルで21フレットまであります。ポジションマークはブラックのドットでシンプルです。ナット幅は4.2センチです。ネックの厚みですが、1フレットが21ミリ、12フレットが24ミリです。7.25ラジアス指板です。スケールは648ミリです。










fender custom shop 57 stroatcaster nos neck

ネックの上部にうっすらと木目が入っています。ローポジションがソフトVシェープでハイポジションはCシェープになるようです。ネックの太さですが、60年代よりちょっと太い見た目ですが、手で握った感じは太さを感じない太さです。ネックを握って親指で5、6弦を押さえるのは可能な太さです。スカンクラインが入っています。










fender custom shop 57 stratocaster nos headstock front


ヘッドです。フェンダーのスパゲッティーロゴですね。ヘッドもうっすら木目が入っています。ストリングガイドが1つ装着されています。自分的にはこれがフェンダーという感じがしますね。










fender custom shop 57 stratocaster nos headstock back


ヘッド裏です。ビンテージタイプのペグです。最近のはチューニングマシンの長方形のカバーの真ん中にラインが入っていますね。フェンダーカスタムショップのロゴが入っています。










さて、弾いた感じですが、弾きやすくてとてもいい感じです。問題のピックガードが反って隙間が空いている件ですが、検索してみるとドライヤーで熱を加えて、ピックガードをガラスとガラスで挟んで矯正するというのがありました。そこまでするのは手間がかかるので、ピックガードの上に写真に写っているクロスを乗せてケースのフタで圧迫して矯正している感じです。意外とピックガードの反りが少なくなっているような気がします。

ケースのフタ
ケースのクッション
クロス
ピックガード
ギターのボディー




































  1. 2016/10/15(土) 21:41:31|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初フェンダージャパン










フェンダージャパンが終了してしまったので、フェンダージャパンのストラトでも買おうかと始まったストラト期ですが、初めてのフェンダージャパンのストラトキャスターです。










ソフトケース入りです。ネックのところにモダンロゴ、ポケットのところにエフロゴですね。ソフトケースの良いところは、とにかく場所を取らないですね。



fender japan case









2013年に限定で発売されたキルテッドメイプルトップのフェンダージャパンST62-QTです。62年タイプのストラトですね。色はトランスグリーンです。


fender japan st62-qt trg front











バックの全体です。


fender japan st62-qt trg back









写真が小さいですが、写真をクリックして大きくするとキルテッドメイプルトップがわかります。アルダーボディーです。ピックアップは日本製でST-Singleです。5ウェイスイッチです。ブリッジはダイキャストブロックS5Dビンテージです。ピックガードはエイジドホワイト3プライです。


fender japan st62-qt trg body top









ボディーバックは木目がシースルーで見える感じです。キルテッドメイプルではありません。バックパネルのねじのところが一か所割れてますね。ネックプレートは無地です。ネックの根元のところにメイドインジャパンと入っていますね。


fender japan st62-qt trg body back










ローズウッドフィンガーボードです。62年のビンテージタイプにも関わらず22フレットまであります。


fender japan st62-qt trg fingerboard










メイプルネックのCシェイプです。


fender japan st62-qt trg neck










フェンダージャパンの純正のビンテージタイプのペグです。ミリ規格です。MHG-SD91 NI


fender japan st62-qt trg headstock back










ヘッドはフェンダーのスパゲティーロゴです。ストリングガイドですが、62年タイプだとスペーサーが入っているはずですが、スペーサーなしです。


fender japan st62-qt trg headstock










トップに打痕あり。美品ではなかったです。目立つ傷はないということでしたが、ショップが写真を送らない、状態に対して説明したがらないという今時珍しいショップだったので、こんなもんでしょう。



印象としては持って弾いた感じフェンダーUSAとは違う感じです。フェンダーのロゴが入った日本製のストラトタイプのギターという感じでしょうか?!































  1. 2016/09/02(金) 04:06:38|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェンダーストラトキャスター












さて、サンバーストのストラトはもうすでに4本所有。次は全く変わった色がいいのでは。レッド、ブルー、グリーン、ゴールドなどが候補。54年タイプ、56年タイプ、62年タイプ、アメリカンスタンダードと買った中では、ネックは意外とアメリカンスタンダードのモダンCが弾きやすい。とか思いながら検索していると中古の出物を発見。限定モデルなのでここで買っておくのがいいかということで。とりあえず問い合わせ。質問にも答えてくれて、写真も送ってくれ、美品ということなので購入することに。














fender usa fsr american standard stratocaster mystic aztec gold case

黒の長方形のハードケースです。フェンダーのシルバーのロゴが入っています。ケースの真ん中にまっすぐストラトが入るタイプです。中のクロスは黒です。両端が丸い鍵穴を横にスライドさせて開ける錠で、真ん中はパッチン錠です。











fender usa fsr american standard stratocaster mystic aztec gold front


60周年を記念して販売された、フェンダーリミテッドエディションアメリカンスタンダードミスティックアズテックゴールドです。2014年製中古です。












fender usa fsr american standard stratocaster back

バック全景こんな感じです。










fender usa fsr american standard stratocaster body front 1

fender usa fsr american standard stratocaster mystic aztec gold body front 2

ボディーです。カメラが悪いのか?撮影の腕が悪いのか?1枚目蛍光灯の電気をつけて、自然光で撮ったのですが、ひじのあたる部分が真っ黒く写って、もう1枚。部屋のLEDライトに、電気スタンドを2台つけて、光を当てながら撮ったのですがこんな感じ。1枚目はアズテックゴールドのつぶつぶの部分がよく出ているのでは?2枚目はライトを当ててひじが当たる部分は明るかったのですが、反対側が暗い。




ボディーアルダー、ミスティックアズテックゴールド、グロスウレタンフィニッシュです。カスタムショップファット50’sシングルコイルストラトピックアップのSSSの配置です。2ポイントシンクロナイズドトレモロにベントスチールサドルです。5ウェイスイッチです。ピックガードは3プライで、コントロールノブはエイジドホワイトです。前オーナーがあまり使ってなかったのか、ピックガードのビニールとシールはついたままです。











fender usa fsr american standard stratocaster mystic aztec gold body back 1

fender usa fsr american standard stratocaster mystic aztec gold body back 2

ボディーバックも取り直しました。バックプレートあり、保護のビニールがまだかぶってます。バックプレートの穴が合ってないので弦交換の時はプレートを外さないといけません。ネックプレートは2014年の60周年記念のプレートとなっています。










fender usa fsr american standard stratocaster mystic aztec gold finger board

メープルフィンガーボードです。あると便利22フレットまであります。フィニッシュはグロスウレタンフィニッシュです。ポジションマークは黒ドットです。ナットは人工の合成樹脂ナットです。フレットのサイズはミディアムジャンボです。












fender usa fsr american standard straocaster mystic aztec gold neck

ネックはメイプル、シェープはモダンCです。スカンクストライプが入っています。サテンウレタンフィニッシュです。










DSCN9806.jpg

ヘッド裏です。アメリカンスタンダードはここにシリアルナンバーがあります。US14から始まりますから2014年のアメリカ製ということですね。ペグ1つ1つにフェンダーのロゴが入っています。











DSCN9786.jpg

スパゲッティーロゴですね。ペグのポストですが、5、6弦が長くて、1~4は短くなっていて弦の角度がつけられています。1と2弦にはストリングガイドがあります。1本目アメリカンスタンダードのストラトを買ったときポストの長さが違うのに気が付きませんでした。このストラト買って、つい最近気が付いたという感じです。











さて第一印象ですが、まず、チューニングからですが、一度チューナーで合わせて、もう一度確認してみると半音以上違ってますね。もう一度合わせて、さらに微調整して、また微調整してやっとあったという感じ。このぐらいの価格帯のギターとしては、弦を張り替えたばかりだとしてもちょっとおかしい感じ。ブリッジの浮きがあるのと、結構テンションが高くなってますね。



6弦を計測してみると、1.2ミリあります。0.10~0.46インチのゲージの弦が張ってあるようです。通常アメリカンスタンダードの出荷時は0.09~0.42のゲージの弦が張ってあります。セッティングに合ってないのか?新しい弦のようなので楽器屋の店員が好みで0.10からの弦を張ったのでしょう。



弦高も1弦2ミリ、6弦2.2ミリと高めで弾きにくいし、チューニングの狂い具合、ブリッジの浮き具合と弦のテンションの高さ具合から、弦のゲージが合ってないし、ネックにかなりテンションがかかっていると判断して、ダダリオの0.09~0.42のゲージの弦に張り替えました。



0.09からの弦に変えたらチューニングは一発で合うようになりました。ブリッジの浮きもないですね。



まだ弾きにくいので弦高を1.5ミリぐらいにして、オクターブ調整しないといけませんね。











































  1. 2016/03/12(土) 17:30:53|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ジン

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search