ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

エリックジョンソン












エリックジョンソンですが、ホワイトが4本入荷したようです。前の入荷の情報を書いたのが5月末。随分入荷してなかったですが、世の中で話題になるのはどの楽器店にも並ぶようになってからですかね。









今日は出かけた帰り、暑いのでどうしようかと思ったが横浜の楽器店に寄ってみた。K楽器とI楽器。もちろんエリックジョンソンモデルはなかったですが、カスタムショップ物もあまりなかったですね。あまりテンションが上がることもなく暑いのでさっさと帰ってきました。







































スポンサーサイト
  1. 2018/07/16(月) 00:31:44|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリップチューナー











コルグの2017年6月に発売された単4電池のクリップチューナーAW-LT100Gが安くなり始めたので、新製品が出たのかなとチェックしてみたら、有機ELディスプレーのAW-OTGという機種が今年の2月に出てたんですね。5000円超というのはちょっと高いですね。 AW-LT100Gがもうちょっと安くなったら買おうかな。







































  1. 2018/07/01(日) 11:20:50|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レリック











200~300万するビンテージギターを買う。まあこれはよっぽどお金持ちか、ギターに入れ込んでいるひとじゃないと無理ですね。



ギタリストの大御所はというと、1960年代~70年代にプロとして身を立てるつもりで新品か中古で大枚をはたいてフェンダーかギブソンを買い、60年経った今それがビンテージと呼ばれている。60年間ギターを売却せずに、弾いているなんて難しいでしょうね。大御所ギタリストでいることはいますが。



となると、レリックでしょうか。



調べてみると、指板はルーターのようなもので塗装を削るようです。そしてオイルを塗って色を付けるようです。



ボディーは、肘が当たる部分はバフィングを強めにかけるとアッという間に表面の塗装が削れて下の塗装が現れる感じです。ベルトのバックルをいくつか束ねたものでボディーをたたいたり、ボディーのエッジはヤスリで削っているようです。



金属パーツは研磨剤で研磨したり、腐食剤を塗って腐食させたりするようです。



ロックは本人がカッコいいと思えばそれでOK。好みの問題です。



自分はレリック加工を良いと思う価値観がないのですが、シグニチャーモデルでギタリストにあこがれて同じギターを持ちたいというのは分からないでもないです。



大御所が1本のギターを60年間弾いてビンテージになったというのを考えると、中身のない、表面的なものですよね。








































  1. 2018/06/28(木) 16:36:47|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

良く考えよう











エリックジョンソン落札されましたね。ギターズ好きなら、このギター弾いてみたいはよくあることだと思います。販売価格、272160円ですから、194980円はちょっと弾いてみたいという衝動買いにしては出費を最小限に済ませたのではないでしょうか。それでも77000円は使ったという感じでしょうか。



楽器店で買い取ってもらうと、買い取り価格は美品で10万程度でしょうから、衝動買いに17万程度のお金を使うということになります。


ギターは買う前によく考えないといけませんね。










































  1. 2018/06/26(火) 02:19:01|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

59年











チームビルトとは、職歴の長い熟練職人達で編制されたチームによって製作されるギターということ。ということはカスタムショップの量産品ということか?



フェンダーの量産品はボディーとネック両方とも機械で切り出しているので、ボディーとネックのできに関しては、それほど質の違いはないのではないか?あと手間のかかりそうなのはフレットバーと塗装かな?あとは組み込みですものね。



ニューアメリカンビンテージシリーズを見ると59年モデルなんかは外観的にはカスタムショップのチームビルトに近いのでは。認定証とカスタムショップのロゴがないだけか?カスタムショップで価格的に難しいという場合はニューアメリカンビンテージシリーズでもいいのではないか?という感じもします。















カスタムショップのエクシビションと選定会が先週あったようですね。ボーナス商戦に備えて高額モデルが入ってきているのではないでしょうか。どんなモデルが入荷したのか楽しみですね。











































  1. 2018/06/19(火) 02:05:23|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ジン

06 | 2018/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search