ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

ピック

どのようにギターを弾くかで音色が変わってきます。


最近はウエスのように親指弾きが多いです。


親指で弾くとウォームでマイルドな音が出ます。


クラシックギターのときは爪で弾いたりもします。


もちろんピックで弾くことがあります。


ピックだと輪郭のある音がでます。


今日は今までどんなピックを使ってきたかについて書きます。



DSCN6908.jpg



これはヤマハの三角形のソフトのピックです。


フォークギターから始めたのですが、大体はアルペジオでした。


だから、指で弾いていました。


ストロークでピックを使うときは


柔らかめで大きな三角形のピックを使っていました。



DSCN6920.jpg



これはヤマハのナイロンの三角のピックです。


エレキを始めて、柔らかいピックが弦に負けるのが嫌で、


大きい三角のハードなピックを使い始める。



DSCN6914.jpg



これはベッコウのリッチーブラックモアモデルのピック。


350円とちょっと高級感のあるお値段。


これを気に入ったので、


ギブソンの大きい黒い三角形のピックをカッターで切って同じ形に改造。


やっぱり大きい三角のピックは持ちにくい。



DSCN6912.jpg



ホームベース型からティアードロップ型が


弾きやすいということで変更しました。


このピック結構使いこんであります。



DSCN6896.jpg



そしてヤマハのティアードロップ型のピック。


なかなか弾き心地がいいです。



DSCN6889.jpg



今使っているフェンダーのティアードロップ型のピックです。


フィラデルフィアでストラトを買ったショップで購入。


色つきの透明なのが気に入りました。


一枚25セントでした。



DSCN6887.jpg



ジムダンロップのピック。


きれいだったのでフィラデルフィアの楽譜を売っているお店で購入。



DSCN6892.jpg



ニューヨークに会議に行ったときのおみあげのピック。


レインボーとゴールドのピック。



DSCN6906.jpg


高中だ。


DSCN6901.jpg


ジョーサトリアーニ。


DSCN6900.jpg


ポールギルバート。


DSCN6898.jpg


フェンダー。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/29(火) 13:49:38|
  2. ピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ベルデンレポート

今日は保留になっていたベルデンのギターケーブルのレポートです。


ある程度アンプのボリュームを上げてしっかりと音を出すと


素人の僕には微妙な差で分析をするのは難しいところですが、


あくまでも自分が感じたことということで書きたいと思います。




wired.jpg

Belden 8412


8412はとにかく太い音がします。


太くソフトでウォームな音がでます。


親指で弾くとちょっとこもった感じになります。


よく言えば、より太く温かみのあるソフトな音と言えるでしょう。


ピックで弾けばきちんと輪郭のある音がでます。


この辺は個人の好みの問題だと思います。




british.jpg

Belden 9395


9395は1弦から6弦まで、低音から高音まで、


どの音が強調されているという感じはなく、


均等に音が出る感じがします。


くせがない、粒がそろっているという感じです。


親指で弾くと粒立ちがいい感じがします。




60s.jpg

Belden 9778


9778は高音がしっかり出るという感じがします。


ソロギターで高音が美しく出るのではないかと思います。


だた、8412のような低音が太いという感じがありません。


6弦あたりの音がが弱いという感じもあります。


ただ、ボリュームを上げていくと、


しっかりと各音域の音が出ますので、微妙な音の違いが消されて、


9395と9778の違いが自分にはわかりにくくなりました。


以上微妙なレポートでした。
  1. 2005/11/27(日) 23:54:45|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペンタトニックスケール

ペンタトニックスケールのポジションが5~8フレットと12~15フレット


とワンパターンなので全パターンをエクセルで作成してみました。



超基本なのでそんなのは知っているという方が多いと思いますが、


まとめてみました。


ペンタトニックスケールとは5音音階です。


ペンタが5という意味。


ラテン語で1~8をモノ、ディ、トリ、テトラ、ペンタ、ヘクサ、ヘプタ、


オクタと大学生のとき習ったのを覚えています。


トニックが音という意味。


5音で構成されているスケールです。




Cメジャースケール(上)と


Cメジャーペンタトニックスケール(下)を見てみましょう。



ドレミファソラシド(CDEFGABC)
ドレミ―ソラ―ド(CDE-GA-C)




Cメジャースケールの4度(ファ)と7度(シ)音を除くと


Cメジャーペンタトニックスケール(下)になります。


ドとレ、レとミ、ソとラは全音高くなっていますが、


ミとファ、シとドは半音です。


この半音の差が不安定となってしまうので、


ファとシを取り除くわけです。


この不安定な音を取り除いたペンタトニックスケールは


安定したスケールになります。



Cメジャーの曲でCメジャーペンタトニックスケールで


アドリブを弾くと論理的には間違えるのは不可能ということです。



ということでペンタトニックスケールのネック上のポジションを


表にしてみました。




DSCN6854.jpg

0~3、4~8、9~13、14~18、19~22、各フレットでのCメジャースケール



DSCN6860.jpg

2~6、7~10、12~15、16~20、21~24、各フレットでのCメジャースケール


DSCN6864.jpg

上が0~3、5~8、9~13、14~17、19~22、各フレットのCメジャーペンタトニックスケール

下が2~5、7~10、12~15、17~20、21~24、各フレットのCメジャーペンタトニックスケール

  1. 2005/11/26(土) 23:49:04|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宮之上貴昭スーパーカルテット

昨日の勤労感謝の日に戸塚のGクレフに宮之上貴昭さんのライブを


見に行ってきました。


パスタのおいしいイタリアンレストランでのライブです。


本日のライブで演奏された曲が今度発売されるCDに収録されるということで、


宮之上さん丁寧に曲紹介をしてくれました。



20051124213046.gif

宮之上貴昭 ジャズギター道場アドリブ実践編


ファーストステージの1曲目はジャズギター道場アドリブ実践編に収録されている


Wisdom From Above。


僕はジャズギター道場入門編を持ってますが、見ただけです。


枯葉が弾けるようにちょっとチャレンジしたいと思います。



20050725013608.jpg

Wes Montgomery / Incredible Jazz Guitar Of Wes Montgomery


2曲目はインクレディブルジャズギターに収録されている


ウエス・モンゴメリー作曲のD-Natural Blues。


かなり渋いです。



20051124213428.jpg

Wes Montgomery / A Day In The Life


3曲目はウエスのA Day In The Lifeにも収録されているCalifornia Nights。


カリフォルニアのさわやかな夜という感じの演奏でした。



20051124214036.jpg

宮之上貴昭 / Mellow Around


4曲目はしっとりとDear Wes Montgomery。


1980年にリリースされたMellow Aroundに収録されている曲です。


ここまでウエス特集となりました。



Smokin.jpg

宮之上貴昭 / Smokin'


そして、1991年にリリースされたCD、Smokin’に収録されているBlue Islandです。


なかなか軽快な曲です。


江ノ島の城ヶ島のことだそうです。


ブルーな気持ちをあらわしているそうです。


城ヶ島ブルースと言っていましたが。


演歌ではありません、バリバリのジャズです。





セカンドステージはどなたか録音をしている方がいましたがどこかで放送されるのでしょうか?


7曲と盛りだくさんでした。


リクエスト特集と何回聴いても味のある曲特集でした。


軽快なJohn Lewis作曲のTwo Bass Hitから始まる。


これはガレスピー、フラー、レイブラウンのワンベースヒットに対して作曲されたらしい。


ガレスピー楽団のレパートリーらしい。


20051124215053.jpg

宮之上貴昭・伊藤潮 / Autumn Nocturne


秋限定のオータムノクターンでしっとり。



そして、Sugar Ray。


ボクサーレイ・ロビンソンとレイ・チャールズが同じ名前(レイ・チャールズ・ロビンソン)で、ミドルネームを取ってレイ・チャールズという芸名になったという話もありました。トリビアでした。


No More Bluesはいつ聞いてもいいですね。


スーパーカルテットが一体になってます。



FoxyEyes.jpg

宮之上貴昭 / Foxy Eyes


そして、しっとりと、しんみりとしてしまうサンセット・ストリート。


1988年の作品Foxy Eyesからです。


キャラバンはすごかったです。


宮之上さん1人だけのソロでは、すごすぎて見とれてしまいました。


スピードとリズムがすごいです。ソロであれだけグルーブ感が出せるとは。


最後はWhen A Man Loves A Womanでお開きです。


楽しい休日をすごせました。




パーソネル
宮之上貴昭(g)
滝本博之(p)
稲垣護(b)
太田耕平(ds)



1st Stage
Wisdom From Above
D-Natural Blues
California Nights
Dear Wes Montgomery
Blue Island


2nd Stage
Two Bass Hit
Autumn Nocturne
Sugar Ray
No More Blues
Sunset Street
Caravan
When A Man Loves A Woman

  1. 2005/11/24(木) 22:04:31|
  2. ライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Dreams And Stories

20051123175426.jpg

Rodney Jones / Dreams And Stories


Rodney JonesのDreams And StoriesのというCDを聞きました。


購入した理由は大好きな曲Summertimeと


Wes MontgomeryのRoad Songが収録されていたので。


見つけてすぐに注文しました。


ライナーノートを見ると、ジョーンズ自ら書いています。


ミュージシャンは音楽を通して自分自身を表現する、


そして音楽の魂を分け合う、ということが書いてあります。


一流のミュージシャンとしての心構えが感じられます。


そして特筆すべきは全曲ピックを使わず親指で弾いています。


もちろんウエスの影響を受けているわけですが、


親指のほうが魂が伝わるというようなことが書いてあります。


このコメントを読んで音楽の響きがよりよく聞こえてきます。


SummertimeとRoad Songともになかなかのできです。


3曲目のHappy Blueはウエスにインスパイアーされて書いた曲だそうです。


6曲目のFive For The Duckが乗りが良くなかなかいいです。


ジャズギター好きの方にはお薦めです。



パーソネル
Rodney Jones (g)
Kenny Kirkland (P)
Marc Johnson (b)
Jeff “Tain” (Dr)



収録曲
Star Eyes
Leana’s Song
Happy Blue
The Song Is You
Blue Days, Blue Dreams
Five For The Duck
While We Dream
Summertime
Serena
No Time For The Blues
Blues When You Need Them
Road Song
  1. 2005/11/23(水) 18:06:24|
  2. jazz cd レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクセスカウンター6000

Happy.jpg



皆様、ご訪問ありがとうございます。


コメントくださった方、ありがとうございます。


ギターのジャズという内容ですが


これからもよろしくお願いします。


さらにギターのジャズに


偏っていきたいと思います。

  1. 2005/11/22(火) 17:36:04|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悲しいお知らせ2

AにオーダーしたRodney JonesのDreams And Storiesが


やっと届きました。



DSCN6809.jpg



届いたのはいいのですが、


ダンボールの赤い丸で囲んであるところにへこみと切れがあった。


嫌な予感。



開けてみると見事にCDの赤い丸で囲んであるところに


ヒビがあった。


がっかり。



へこみの横にはちゃんと赤い字で取扱注意の文字がある。


Aが悪いのか、S急便が悪いのか、わからないが、


ちゃんと運んで欲しい。


商売をしている人は受け取るお客さんのことを考えて


仕事をしてほしい。


壊れた商品が届いたらどう思うだろうか。



中古CD店に買取をお願いして、


CDケースが壊れていれば確実に買取値段が下がる。


これは明らかな損害。


幸いなことにAはCDケースに破損があった場合、


代わりの新しいCDケースを送ってくれる。


でも、連絡する手間などかかるので、明らかにマイナス。


でも、みなさんしっかり新しいCDケースを請求しましょう。
  1. 2005/11/20(日) 17:54:29|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

悲しいお知らせ

DSCN6798.jpg


Epiphone Broadwayのギターケースの留め金が壊れました。
  1. 2005/11/20(日) 03:38:36|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベルデンのケーブルの外見比較

ベルデンのギターケーブルの


#8412 The Wired 3SSと


#9395 The British 3SSと


#9778 The 60’s 3SSと


ごく一般的なギターケーブルFernandes Noiseless Cordの



外見をご覧ください。


フェルナンデスのケーブルは単なる比較用です。




DSCN6784.jpg



プラグはSwitchcraftのプラグが使用されています。


フェルナンデスのケーブルには金属のばね状のものが


ケーブルが傷つかないようにケーブルとプラグの間にありますが、


ベルデンはゴム上のものがケーブルをカバーしています。


ゴム状のものにはSumitomo-K CAT 939 105Cなどと書いてあります。


コードはまん丸ではありません。


特に8412は微妙に楕円のようです。


ですから同じ部分でも、太さを測ると太さが違います。




DSCN6791.jpg




太さ比較
8412 6~6.5ミリ
9395 6ミリ
9778 5.5~6ミリ
フェルナンデス 5.5ミリ



手にとって見ると8412が一番太いのが良くわかります。


後は太いせいか硬く感じます。


フェルナンデスのケーブルはふにゃふにゃですが、


ベルデンのケーブルはふにゃふにゃにはなりません。




ケーブルの表面には


BELDEN 8421 2AF
BELDEN 9395 2KE
BELDEN 9778 2DD



と書いてあります。


意味はわかりましぇん。



音の方は今チェック中です。

  1. 2005/11/19(土) 23:58:44|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベルデン三兄弟

DSCN6776.jpg



ベルデンのギターケーブル、今日来ました。


相変わらずサウンドハウス早いです。


これから試奏してみたいと思います。


パッケージに値段が書いてありますが、


ずいぶん安くしてくれてるんですね。


(   )内に定価を書いてみました。


サウンドハウスありがとう。



#8412 The Wired 3SS 2480円 (3570円)
#9395 The British 3SS 2200円 (3150円)
#9778 The 60’s 3SS 1980円 (2835円)
送料525円
計7185円也。



http://www.soundhouse.co.jp/shop/SearchList.asp?i_type=c&s_category_cd=670
サウンドハウス ケーブル

  1. 2005/11/18(金) 20:59:53|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弦高調性

Epiphone Broadwayの弦高が低くて、弾きやすかったので


GibsonのES-165とHistory HJSIIPの2本のフルアコの


弦高も調整してみました。



DSCN6497.jpg



ブリッジの両端にあるネジを右に回すとブリッジが下がります。


まずは165から。


ブリッジを下げると音程が下がります。


最初、音の大きさも小さくなったような、


音がこもったような感じがしました。


まっ、いいか。


ということで1弦側は結構下まで下げてみました。


下げ終わった後、チューニングしてみると、まあまあの音。


試奏するとオクターブやコードも前より弾きやすい感じです。




次にHistory。


これは売主曰く、ネックに順反りがあり、


調整したためトラスロッドもいっぱいという問題のあるギター。


ブリッジがかなり高くされています。


がんがん下げて、普通のブリッジのネジの感じまで下げて見ました。


1弦の9フレットを押さえるとビビリます。


少しずつブリッジを上げていきます。


ようやく弦がビビラなくなったのでそこで上げるのはストップ。


チューニングをして、弾いてみると、


これもまたオクターブとコードとも弾きやすくなりました。


しかし、両方ともテンションが高く、太い弦は合わないなという感じ。


まあ、ちょっとでも弾きやすくなったからいいとしましょう。


めでたし、めでたし。




弦高とは、フレットの山の上から弦の下までの距離です。


―――――――――― 弦の下
⋂____⋂____⋂ フレットの山の上





調整後の弦高は12フレットで1弦側と6弦側で

Epiphone Broadway 1.9ミリと2ミリ

Gibson ES-165 1.9ミリと2ミリ

History HJSIIP 1.5ミリと2ミリ



今日はこのぐらいで勘弁してやろう。
  1. 2005/11/18(金) 18:07:41|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケーブル追加

ベルデンのケーブルについて調べていたら、


イシバシで販売しているC.B.Iというケーブルも


ベルデンのケーブルを使っているのを見つけました。


ケーブルによって3種類のギターケーブルがあります。



cbi.jpg

C.B.I.ケーブル


High Tone – ベルデン9778使用
Mid Range – ベルデン9395使用
Bottom Zone – ベルデン8412使用



C.B.I.の場合はベルデンのどのケーブルを使用するかによって明確に高中低を分けています。



http://blog.livedoor.jp/orville/
Orvilleさんの402号室


C.B.I.のケーブルに関して調べていたら


Orvilleさんの402号室というブログを見つけました。


この方ケーブルの材質、その特性、パーツ、値段、自作ケーブルなどに


詳しく非常に勉強になります。


Belden 9395、Custom Audio、Mogami 2524の3つのケーブルを作成し、


試奏レポートを掲載しています。


非常に興味深いレポートです。


とても知識があって、器用な方です。


僕は不器用なのでマネできません。


既製品を買います。


自作ウクレレの作成レポートもしています。


ウクレレに興味のある方にも興味深いと思います。




サウンドハウスで注文したケーブル3本ですが、発送されました。


明日着くかな。


試奏するのが楽しみです。
  1. 2005/11/17(木) 22:43:13|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

譜面台

譜面台がない。


あっても邪魔だし。


ギターを弾くとき楽譜をどこに置こうかなと困っていたところ。


良い考えを思いついた。


もうやってるよという人もいるかも知れないが。


楽譜の写真をとり、パソコンに取り込み、スクリーンに出してみた。


十分見える。


早速30曲ぐらいパソコンに取り込んでみた。



ちなみに僕はジャズスタンダードは次の楽譜を使っています。




20051117145040.jpg

The Handbook Of Jazz Standards / 中央アート出版



20051117145135.jpg

はじめてのジャズ―セッションで困らないための必修スタンダード50曲/ Rittor Music



下のピンボケの写真は渡辺香津美のアコースティックギター入門です。



DSCN6771.jpg

オルフェの唄


最近のカメラは優秀です。


引きで撮っても楽譜が読めてしまいます。


勝手に楽譜を撮影してブログに載せるのは問題です。


ですから、フラッシュを切って、揺らしながら撮ってみました。


ピンボケでしょ。


わざとです。


ちゃんと撮影すればちゃんと楽譜として使えます。

  1. 2005/11/17(木) 15:00:26|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ベルデンデンデデンデン

やっぱり欲しくて注文しちゃいました。


プロのギタリストが良いと言うんだから間違いない。


やっぱり一流のものに触れてみたい。


本当はギターもアンプも一流のものが欲しいのだが、


お金がないので、小物から買っていこう。


あと、一流の音楽を聴いておこう。


ということでサウンドハウスにベルデンのギターケーブルを注文。


まあ、16日のブログを見てもわかるように、


素人なりにちゃんと調べたのだから買ってもいいでしょ。




#8412 The Wired 3SS 2480円
#9395 The British 3SS 2200円
#9778 The 60’s 3SS 1980円
送料525円
計7185円也。



在庫ちゃんとあるかな?



9778が在庫希少となっていたのでちょっと危ない。
  1. 2005/11/17(木) 01:07:21|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベルデン欲しい。

なに?ベルデンって。


おいしいの?


ある意味おいしいようだが食べられない。




9月15日のブログに書いた名曲を制覇!ジャズ・ギター徹底講義の


岡安芳明さんの記事でシールドはベルデンを使っている。


良い。


良いと言われちゃうと気になる。


実はベルデンって初めて聞くメーカーです。


何もわからない。


で、調べてみた。



見つかったのはBelden CDT Guitar/Bass Cable 8412と9395と9778。


それから、Belden Guitar Cable USA #8410 The Bluesと#8412 The Wiredと


#9395 The Britishと#9778 The 60’sがある。



こちらはおのおのグレードの高いProというのがある。



しかし、この数字だけでは何がなんだかわからない。


で、調べていくとベルデンとはアメリカでオーディオケーブルで


非常に信頼のあるケーブル会社らしい。


Belden CDTのほうはヒビノというオーディオの会社が監修している


ケーブルらしい。


後のほうは正規ライセンス商品と表示してある。


どうも正規とか表示してあるのと、


ケーブルの切り売りもあるようなので正規でないケーブルもあるのか?


それだけでもまだわからない???



各製品の説明を読むと、


8412は中低域が太く、高音域が鮮明。


音に量感がある。



8412.jpg

Belden CDT 8412




9395は中域が優れていて音の抜けが良い。


微妙なピッキングのニュアンスも伝える。



9395.jpg

Belden CDT 9395




9778は高域がシャープで立ち上がりの早い音。


カッティングやアコースティックに適している。



9778.jpg

Belden CDT 9778




この説明を見ると、


低域なら8412、中域なら9395、高域なら9778という感じ。




でも、ギター/ベースケーブルとある。


あまり調べずに買って、ベース用のケーブルを買ってしまうと損をする。


知識のない僕にはありがち。


さらに調べると、8412はベースやマイクケーブルとして定評があるそうだ。




#8412 The Wiredは太い音を求めるならこれらしい。


ギターで太い音というのも面白そうだ。



wired.jpg

Belden #8412 The Wired




#8412は2本芯線が入っている。


それに対して#8410は芯線が1本で、サスティーンの利いた


クリアな音のようだ。


The Bluesというぐらいだからブルースに適しているのか?



blues.jpg

Belden #8410 The Blues




#9778はギター用の定番で1芯プラスシールドという作り。


The 60’sというぐらいなので、


60年代の正統派なギターの音がするようだ。



マイケルランドウが使っているシールドらしい。


60s.jpg

Belden #9778 The 60's




#9395は基本構造は#9778と同じで、


シールドの巻き方が重圧になっている。


そのためクリーンで抜けの良い音になっている。



british.jpg

Belden #9395 The British




そのほかの特徴はKester 44というハンダを使っている。


定評のある最高級のハンダのようだ。


プラグはスイッチクラフト製で、ストレートとストレート(S-S)と


L字とストレート(S-L)の2種類ある。


ケーブルの長さは3メートルと6メートルがある。




値段はサウンドハウスで
#8410 The Blues 3SS 2550円
#8412 The Wired 3SS 2480円
#9395 The British 3SS 2200円
#9778 The 60’s 3SS 1980円




ギターかアンプを何台か買って弾き比べるのは無理だが、


ケーブルなら3本買っても1万円以内。


ケーブルなら買えそう。


ケーブルを代えただけで音が変わるなんて面白そう。


実際弾いてみれば、ケーブルの知識をつけるのにも良い。


買ってみようかな。

  1. 2005/11/16(水) 22:07:06|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フルアコ弾き較べ

daddariop_ecg23.jpg

D'Addario Chromes Stainless Flat Wound ECG23


D’AddarioのECG23を張ったEpiphone Broadwayと


ちょっと太め?の弦(D’Addarioと思われる)を張った


Gibson ES-165とHistoryのフルアコを弾き較べてみた。


Broadwayは楽に力を入れずに弾ける。


結構速く弾ける。


それに対して165とHistoryのフルアコのほうは


弦を押さえる左手が跳ね返される感じ。


テンションが高くなかなかうまく押さえきれない。


単音は気をつければまずまず弾ける。


しかし、オクターブやコードになると


軽く押さえたのでは音がしっかり出ない。


しっかりと少し力を入れて押さえる必要がある。


これが腱鞘炎の原因か?


弾きづらいのもあるし、


あんまり無理をして押さえてもしょうがないのでECG23でいこうと思う。


弦高の問題もあるかも知れない。


Broadwayは結構弦高が低いようだ。


弦高もチェックしてみます。


前にもブログに書いたとおり右手の押さえ方の悪さも発見したので


弾き方もチェックしながら弾いていきます。


フルアコの引き比べでした。



20050731013746.jpg

History HJSIIP


20050731011717.jpg


Gibson ES-165


Broadway.jpg

Epiphone Broadway
  1. 2005/11/15(火) 23:16:47|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ECG23

DSCN6724.jpg

D'Addario ECG 23


BroadwayにD'AddarioのECG23を張って弾いてみた。


状態としては、


今のところ弾きこんでいないので、問題はないとは言えない。


1時間とか練習してどんな状態になるかということ。


依然としてプチ腱鞘炎状態。


右手に違和感がある。


しかし、GibsonのES-165はHistoryのフルアコに張ってある弦より


弦が細く、テンションが弱く弾きやすい。


ビブラートも掛けることができる。


今のところ使用可能。



Broadway.jpg

Epiphone Broadway
  1. 2005/11/14(月) 01:00:16|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダダリオ

DSCN6724.jpg



注文していたD'AddarioのChromes Extra Light ECG23の弦が


3セット来ました。


土曜日の午前1時ごろ注文して、日曜日着ですから順当ですね。


さて、問題は弦の太さです。


腱鞘炎にならずに弾けるでしょうか?


取り合えずもう一度EpiphoneのBroadwayをクリーニングして


弦を張ってみたいと思います。


さてどんな具合でしょうか?
  1. 2005/11/13(日) 21:37:39|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エピフォン、キュッキュ、ピカピカ。

ダダリオのステンレスフラットワウンド弦をオーダーしたので、


EpiphoneのBroadwayの弦をはずして、掃除をすることに。


メンディングテープでブリッジの位置の両端と下側をマークして、


弦を1本ずつ外しました。



DSCN6482.jpg

メンディングテープが貼ってあります。100円なのに大活躍中。



エピフォンのテールピースは取れてしまうんですね。


こんな感じです。



DSCN6491.jpg

テールピースが2つに分かれていて、取れます。



こんな感じで引っかかっています。


簡単に取れてしまいます。



DSCN6492.jpg

このように引っかかります。



テールピースの裏です。


溝のところに弦の端にある玉を引っ掛けます。



DSCN6506.jpg

裏です。溝が見えますか?



ブリッジは木製です。


こんな風に簡単にばらばらになります。



DSCN6497.jpg

左右間違えないように。弦の溝が付いているので、左右はすぐわかります。
  1. 2005/11/13(日) 11:37:31|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テンション高っ!!!

ダダリオのホームページに行ってきました。


このホームページなかなか面白い。



http://www.daddario.com/
ダダリオストリングスホームページ


まず、productsのところをクリックすると弦の詳しい情報がわかる。


弦の太さ(直径)がインチとミリでわかる。


弦の張りの強さ(テンション)がポンドとキロでわかる。


これは見逃せない情報です。


EXL120 Super LightとChromes stainless flat woundのEGC‐23、


24、25、26の張りの強さを較べてみました。


単位はkgです。


見てみると、普段ストラトで使っているSuper Lightと


一番太いEGC-26では、EGC‐26の方が倍以上テンションが高いのですね。


Super Lightでは速弾きが可能ですが、


EGC-26の弦は速弾きには適してませんね。


総計だとSuper Lightが38.53キロで、EGC-26が83.36キロですから、


かなりの違いですね。


これだけのテンションがあるものを押さえるわけですから、


上手く押さえないと右手に支障が出るわけですね。


EGC-23だと各弦2~3キロの違いです。


総計でも53.06キロですから、何とかなるかも知れません。


何とかならない場合はEXL-110のレギュラーライト


またはEXL-120のスーパーライトを張ってしまいましょう。


一番テンションが高いのは6弦ではなく3、4、5弦なんですね。




- 120 / FW23 / FW24 / FW25 / FW26
1 5.94 / 7.35 / 8.89 / 10.57 / 12.43 kg
2 4.99 / 8.07 / 9.30 / 10.57 / 11.93 kg
3 6.67 / 9.16 / 11.47 / 13.61 / 15.92 kg
4 7.11 / 9.66 / 11.16 / 12.65 / 15.92 kg
5 7.11 / 9.80 / 11.70 / 12.70 / 14.92 kg
6 6.71 / 9.02 / 9.75 / 10.29 / 12.24 kg




Artistsをクリックするとダダリオの弦を使っているギタリストを


チェックできます。


Johnny A、John Abercrombie、Larry Carlton、Al DiMeola、Kevin Eubanks、


Robben Ford、Pat Kelley、John Mclaughlin、Pat Metheny、Joe Satriani、


Neal Schon、John Scofield、Brian Setzer、などの使用弦が出ています。


Joe Satrianiは僕と同じEXL-120スーパーライトを使用しています。


彼みたいに弾くにはぴったりの弦ですね。


1弦が010から始まるEXL-110を使用しているギタリストが多かったです。


チェックしてみてください。


20050731062118.jpg


  1. 2005/11/13(日) 01:21:41|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

結局ダダリオ3セットオーダーする

daddariop_ecg23.jpg



フルアコ用の一番細い弦のセットのD'Addario ECG-23を


島村楽器で買うことができなかったのでオーダーすることにしました。


Sound Houseは700円。


でも送料がかかる。


送料はいくらかな?


と思いながら手続きを進めていくと525円だった。


島村で1セット1029円だったので、2セットでは同じぐらい。


これは3セット買わないとお得感がない。


ということでフルアコの本数と同じ3セットオーダー。


700円x3セット+送料525円=2625円也。


1セットあたり875円也。


すぐ届くかな?


太すぎて腱鞘炎にあんまり効果がないと痛いなぁ。
  1. 2005/11/12(土) 20:10:46|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スコッチテープ

DSCN6478.jpg



フルアコはブリッジがギターに固定されていないので、


弦を全部はずすとぽろっと取れてしまいます。


それで、弦を交換するときはブリッジがずれないように


気を付けないといけません。


なぜ?


ブリッジがずれてしまうと、音がずれてしまって、


正確な音が出なくなってしまうからです。


で、弦の交換の仕方は僕の知っているのは2通りあります。



1つは弦を1本ずつ換える方法。


1本はずしては、そこに弦を張る。という作業を6本分繰り返します。


そうすればブリッジは動きません。



もう1つはブリッジのあるところにテープなどでしるしを付けておく方法。


すぐにきれいにはがれるスコッチテープを目印に張っておけば、


弦をはずして、掃除がしやすいです。これは便利。


というわけでテープがすこっち必要になったので、買って来ました。


スコッチテープは商品名なので100円ショップにはない。


スコッチテープは結構高くて数百円する。


だからスコッチテープは100円では買えない。


でメンディングテープなるものを100円ショップで購入。


100円ショップでも105円、消費税込み。
  1. 2005/11/12(土) 18:31:12|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶらり途中下車の旅

仕事の帰りに川崎で途中下車して弦を見てきました。


島村楽器でD’AddarioのChromes stainless flat wound弦の


一番細いExtra Lightを1セット買って試してみようと行ってきました。



daddariop_ecg23.jpg

D'Addario Chrome Stainless Flat Wound EGC-23


ぐわぁ~ん!!!!


Jazz LightとWound LightとMediumはありましたが、


Extra Lightがありませんでした。


がっかり。


ここの値段は1セット1029円とお安かったのですが。。。


で、D’AddarioのNickel WoundのSuper Lightの3セットパックが


1000円と安かったので、2セット買ってきました。


ギター5本弦を交換する予定なので、


全部で6セット買っても問題ないでしょう。


おまけにピックが付いていました。(^^)お得です。



DSCN6477.jpg

D'Addario Nickel Wound Super Light EXL120-3D 2つプラスピック
  1. 2005/11/12(土) 18:06:08|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弦の太さ

ちょっと弦の太さを測ってみました。


弦の太さはインチで表示されています。


ですから1インチ25.4mmにその弦の太さを掛けると


ミリでの太さがわかるわけです。


056だったら0.056を掛けるとミリの数字がでます。



例 25.4 (mm) x 0.056 (inch) = 1.4224 (mm)


Nickel Wound
Super Light  009、011、016、024、032、042 (1 mm)

Stainless flat wound
Extra Light  010、014、020、028、038、048 (1.2 mm)
Jazz Light  011、015、022、030、040、050 (1.27 mm)
Wound Light  012、016、024、032、042、052 (1.3 mm)
Medium  013、017、026、035、045、056 (1.4 mm)

(6弦だけミリの単位で出してみました。)



Gibson ES-165とHistory HJSIIPの6弦の太さを測ったのですが、


普通のものさしで測ったら1.3 mmぐらい。


ということは6弦が052や050の可能性がある。


ですから今張ってある弦はJazz LightかWound Lightの可能性があるわけです。


それから、ストラトで使っているスーパーライトは6弦が042だから1ミリ。


フラットワウンドだと5弦の太さ。


フラットワウンドを買うんだったらエクストラライトを買ったほうがいい。
  1. 2005/11/12(土) 10:06:27|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懸賞縁?

どうも昨日(おととい)ギターをチェックするために


だいぶギターを弾いたため、人差し指に違和感があります。


人差し指全体に張りがある感じです。


やっぱりジャズ用の太い弦は無理かも知れません。


駄目な場合はEXL120のSuper Lightを張ろうかと思っています。


下記参照
  1. 2005/11/12(土) 05:23:01|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギターの弦を張り替えましょう

ギターの弦を交換するためチェックしてみました。


ギターの弦の交換が必要なのは弦にさびが始まっている以下のギターです。



ストラト(メーカー不明)

Yamaha YSG (クリーニングが必要)

Yamaha SG 1000 (クリーニングが必要、時間を要する)

Epiphne Sheraton II

Super Angel 3/4 E

Epiphone Broadway



放置してあったギターもあるので、


クリーニングに時間がかかりそうなのもあります。


久しぶりに部屋の隅に放置してあったYamahaのSG-1000を引っ張りだしました。


ほこりだらけになったケースに掃除機をかけ、


ケースからギターを出すと、


どうもひどい状態になっていました。


やっぱりギターは弾かないと痛む。


交換の必要のないのは以下のギターです。



Gibson ES-165

History HJSIIP

Fender Richie Sambora Standard Stratocaster



最初の趣旨だと太いフルアコの弦を交換するということだったのですが、


さびが出たり、古くなっている弦を交換することになりました。


弦の交換の前にクリーニングを丁寧にしたいと思います。


なぜフルアコの弦を交換しないかというと、


まだ新しい弦だということと、


弦の太さをチェックしたのですが、


どうも一番太いセットではない可能性があるのです。


もしかすると1弦が011から始まるセットかも???


011からのセットをはずして011からのセットを張っても意味がないからです。


弦をはずして、


クリーニング、


そして、弦を張る


という作業を1本ずつしていきたいと思います。


さて、いつまでかかるでしょう?


予定は年内中ということで。
  1. 2005/11/12(土) 04:58:15|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

賢い落札者に

やっぱり失敗しました。


良い出品者かそれとも良くない出品者かしっかり見分けるべきでした。


8日のブログに書いたとおり催促のメールを送ったら


出品者が商品を送ってきました。


今になってよく考えるとこの出品者から落札したのは失敗でした。


理由は以下のとおり。


質問コーナーを通して、送料を問い合わせて、返事をしてこなかった。


結局送料が740円かかった。(落札値段1000円の古本の雑誌)


出品者は仕事で1週間の出張をするんだったら


しっかりオークションのページに書くべき。


受け取ったのが落札から2週間。


入金してから1週間。


結局ルーズであまり落札者のことを考えていない出品者でした。


送料の質問をして、返事をしてこなかった時点でやめるべきでした。


皆様もお気をつけください。
  1. 2005/11/10(木) 20:18:23|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フルアコの弦に関しての調査

D'Addarioのフルアコ用の弦に関して調べてみました。


オンラインショップで調べてみたがサウンドハウスが安いみたいです。


他のショップでは5セットとか10セットで販売しているところが多いですが、


サウンドハウスは1セットから購入できます。


クレジットカードも使えるので便利です。


楽器店でD’Addarioのセットを買うと1000円を超えると思いますから、


5セットぐらい買えば送料を入れても安いのではないでしょうか。


どの太さの弦が弾きやすいか試してみるとしましょう。




http://www.soundhouse.co.jp/shop/SearchList.asp?i_type=c&s_category_cd=540
Sound House


価格もお手ごろだと思います。


D'Addario Chromes Stainless Flat Wound
ECG-23 700円
ECG-24 670円
ECG-25 670円
ECG-26 700円




ジャズギタリストはどんな弦を使っているのでしょう?


宮之上貴昭 D'Addario ECG-26 Chromes Stainless Flat Wound Medium


宮之上さんは1弦が013からの太い弦のセットを使っています。


あの太い音はやはり013からの太い弦のセットの特徴ですね。



http://www.miyanoue.net/jgdojo/guitar/guitar.html
宮之上貴昭オフィシャルウエブサイト




杉本篤彦 D'AQUISTO Sleek-Finish Stainless Steel Flat Wound #110


杉本さんは腱鞘炎になったようです。


それからこの1弦が011からのセットを使っているようです。


腱鞘炎はギタリストにとっては死活問題ですね。



http://www5c.biglobe.ne.jp/~sugimoto/guitars%20%26%20others.htm
杉本篤彦公式サイト




調べていたらIshiwata Studioのサイトにギタリストの使用ギター、


アンプ、弦などがありました。


興味のある方はご覧ください。




http://www003.upp.so-net.ne.jp/jazz/link.html
Ishiwata Studio



23人のギタリストが紹介してあって、ダダリオ、ダイキストや、


知らないメーカーの弦もある。




ダダリオだけだと

ECG-24 (011~) 4人
ECG-25 (012~) 5人
ECG-26 (013~) 3人




全体だと

(010~) 1人
(011~) 6人
(012~) 8人
(013~) 7人




これを見てみると、ジャズギターだと1弦が010から始まるセットを


使うギタリストはあまりいないにしても、


011、012、013から始まるセットはほぼ同じ人数。


これは、人それぞれ好みに合わせて違う太さの弦を使っている


という感じだと思います。


ジャズギターなら絶対013から始まる太い弦だという定番はないみたいです。


とりあえず、試してみないとわからない。


011からのセットをフルアコで試してみたいと思います。


010からのセットもセミアコのEpiphone Sheraton IIと


Super Angel 3/4 Eで試してみたいと思います。


ストラトなどはニッケルワウンドのスーパーライトを引き続き使いましょう。


細い弦を使って腱鞘炎に効果がでるといいのですが。

  1. 2005/11/09(水) 21:03:28|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オークションってトラブルばかり???

オークションでまたまたトラブル?????


オークションで雑誌を落札したのだけれどまだ届かない。


入札するのやめとけばよかったという感じ。


始めに質問コーナーで送料はいくらかかるか


問い合わせをしたら、


返事なし。



その時点でちょっとルーズそうな感じ。


前から欲しいと思っていた雑誌だったので落札してみた。


すると出品者からメールが来て、



いきなり仕事で1週間出張だって?!?!。


発送は帰ってきてからだって?!?!



出張から帰るころに代金を振り込んだ。


振込みのお知らせのメールもした。


それから1週間近く、



メールの返事も、雑誌も届かない。


なぜ?????



落札してから2週間、


ちょっといい加減じゃない???


催促のメールを送ってみた。


どうなることか?


オークションてトラブルばかり、


安心して物も買えない
  1. 2005/11/08(火) 21:08:21|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アクセスカウンター5000

20050914143414.jpg



お越しくださった皆さん、


コメントくださった方、


ありがとうございます。(^^)v


これからもよろしくお願いします。m(_ _)mペコリ。
  1. 2005/11/07(月) 23:21:11|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ジン

10 | 2005/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search