FC2ブログ

ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

フルアコ弾き較べ

daddariop_ecg23.jpg

D'Addario Chromes Stainless Flat Wound ECG23


D’AddarioのECG23を張ったEpiphone Broadwayと


ちょっと太め?の弦(D’Addarioと思われる)を張った


Gibson ES-165とHistoryのフルアコを弾き較べてみた。


Broadwayは楽に力を入れずに弾ける。


結構速く弾ける。


それに対して165とHistoryのフルアコのほうは


弦を押さえる左手が跳ね返される感じ。


テンションが高くなかなかうまく押さえきれない。


単音は気をつければまずまず弾ける。


しかし、オクターブやコードになると


軽く押さえたのでは音がしっかり出ない。


しっかりと少し力を入れて押さえる必要がある。


これが腱鞘炎の原因か?


弾きづらいのもあるし、


あんまり無理をして押さえてもしょうがないのでECG23でいこうと思う。


弦高の問題もあるかも知れない。


Broadwayは結構弦高が低いようだ。


弦高もチェックしてみます。


前にもブログに書いたとおり右手の押さえ方の悪さも発見したので


弾き方もチェックしながら弾いていきます。


フルアコの引き比べでした。



20050731013746.jpg

History HJSIIP


20050731011717.jpg


Gibson ES-165


Broadway.jpg

Epiphone Broadway
スポンサーサイト
  1. 2005/11/15(火) 23:16:47|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジン

10 | 2005/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search