FC2ブログ

ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

ベルデンレポート

今日は保留になっていたベルデンのギターケーブルのレポートです。


ある程度アンプのボリュームを上げてしっかりと音を出すと


素人の僕には微妙な差で分析をするのは難しいところですが、


あくまでも自分が感じたことということで書きたいと思います。




wired.jpg

Belden 8412


8412はとにかく太い音がします。


太くソフトでウォームな音がでます。


親指で弾くとちょっとこもった感じになります。


よく言えば、より太く温かみのあるソフトな音と言えるでしょう。


ピックで弾けばきちんと輪郭のある音がでます。


この辺は個人の好みの問題だと思います。




british.jpg

Belden 9395


9395は1弦から6弦まで、低音から高音まで、


どの音が強調されているという感じはなく、


均等に音が出る感じがします。


くせがない、粒がそろっているという感じです。


親指で弾くと粒立ちがいい感じがします。




60s.jpg

Belden 9778


9778は高音がしっかり出るという感じがします。


ソロギターで高音が美しく出るのではないかと思います。


だた、8412のような低音が太いという感じがありません。


6弦あたりの音がが弱いという感じもあります。


ただ、ボリュームを上げていくと、


しっかりと各音域の音が出ますので、微妙な音の違いが消されて、


9395と9778の違いが自分にはわかりにくくなりました。


以上微妙なレポートでした。
スポンサーサイト



  1. 2005/11/27(日) 23:54:45|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジン

10 | 2005/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search