ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

2006年さようなら

Happy.jpg



今年も訪問コメントありがとうございました。





さて今年最後の記事は


好きなもの特集。


Gibson ES-175、Gibson L-5に続き


3日続けて好きなものでござる。





20061231203359.jpg



来年1月19日は発売されるJazz Guitar Book Vol.12は


ウェスモンゴメリー特集。


やっとでましたかという感じですね。



内容は


ギターvsホーン名盤、


親指で弾いた名盤、


Gibson L-5、


宮之上貴昭さん解説のウエスフレーズ、


パットマルティーノやラリーコリエルのウエスの思い出インタビュー、


Four On Six、Cariba、No Blues、


I've Grown Accustomed To Her Faceのスコアなど。


大見出しはウェスモンゴメリーの衝撃。


ウエスは亡くなって40年近く経つのですが、


何か新事実は出てくるのでしょうか?


まさか、実はウェスは生きていた?


それなら凄い。





さて、次はこれは凄い中村俊介のマンユウ戦でのフリーキック。


芸術的ですね。


こんな凄いフリーキックを見ると気分爽快。




http://www.youtube.com/watch?v=dHjV3YqSqeU&mode=related&search=
中村俊介のMan U戦でのフリーキック





その次は年末での明石家さんま出演番組。


話題になったふぞろいの秘密について話しています。


ちゃんと落ちまであっておもしろい。


やっぱりさんまは話が上手。



http://www.youtube.com/watch?v=YR-0yyhHxmE
さんま、ふぞろいの秘密 ごきげんよう編



http://www.youtube.com/watch?v=YkWhl7QJxdM
さんま、ふぞろいの秘密 サンマ&スマップ編



スポンサーサイト
  1. 2006/12/31(日) 20:41:25|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

でた~、Gibson L-5ナチュラル

20061230065121.jpg




27日にやったGibson ES-175のパレードを


Gibson L-5でもやろうと思ったのですが、


L-5のビンテージがほとんど出ていない状態です。


L-5のビンテージは100万円程度するのですが、


出るとすぐに売れてしまうんですね。


今度は1958年製のGibsonCESのナチュラルが出ています。


良い色してるなぁ。


きっと良い音するんだろうなぁ。


ところで価格は?


きっとたかいんだろうなぁ。






20061230065358.jpg



1968年製のGibson L-5Cのデアルモンドピックアップ搭載も出てます。


シンプルでいいですね。






20061230065751.jpg



1929年製のGibson L-5が出ています。


Gibson L-5は1922年に生産開始された。


fホールが初めて使われたギターとして有名ですね。


1934年に16インチ幅ボディーから17インチ幅ボディーに変更された。


エレクトリックバージョンのGibson L-5CESは1951年に生産開始された。


P-90ピックアップが採用されていたが、


1958年からハンバッカーピックアップが使われている。



アコースティックは1958年まで生産された。






20061230065919.jpg



1929年製のL-5のギブソンのヘッドロゴはTheが付いていて筆記体ですね。





20061230070159.jpg



これは1934年製のGibson L-5。


テールピースが頑丈そうなものになっています。






20061230070313.jpg



これは1937年製のGibson L-5。


この時期にはテールピーすが現行のL-5と同じです。






20061230070451.jpg



ヘッドのギブソンのロゴを見るとTheがなくなっていますね。





やっぱりウエスモンゴメリーと同じ音を出したいなら


50年代、60年代のL-5だよなあ





20061230071207.jpg



こんな感じかなぁ。


シングルピックアップで


ナチュラルだともっといいなぁ。







  1. 2006/12/30(土) 07:16:07|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

毎度、Gibson ES-175でござる

20051002011707.jpg



訪問コメントありがとうございます。


あと今年も残すところ4日です。


良い年末をお過ごしください。





さて、最近Gibson ES-175のビンテージが高すぎだと思うのは


私だけでしょうか?


と言うことで本当に高いのか?


1950年から1970年までのGibson ES-175を調べてみました。


Askは価格表示がなく価格は不明です。



1950年代の175は358000~1050000円です。


60万以上が標準的価格か?



60万円以下だと、


second品、クラックリペア、パーツ交換、ピックアップ追加など


修理、交換、改造などの注意書きが多くありました。


1959年はレスポールのバーストと同じなのか?


わかりませんが、


やけに高いですね。



60年代は279000~609000円の価格帯です。


60年代前半が50万円台、


後半が40万円台以上が平均的価格か?



それ以下だと、ロッド、ペグ、ピックアップの交換、


ネックのリフィニッシュ、サイドにクラック、ネックのリセット、


オーバーラッカーなど


交換、修理、割れがある可能性が高い。


やはりショップは状態によってしっかり価格設定をしているのか。


安い175には注意が必要である。






20070322090430.jpg



20061227165154.jpg

Gibson ES-175 1950




20061227165330.jpg

Gibson ES-175 1951





20061227190403.jpg


20061227190437.jpg


20061227165437.jpg

Gibson ES-175 1952





20070212145045.jpg


20070105150845.jpg


20061227170445.jpg


20061227170509.jpg

Gibson ES-175 1953





20061227190722.jpg


20061227170755.jpg


20061227170818.jpg


20061227170838.jpg

Gibson ES-175 1954





20070406173749.jpg



20061227171054.jpg


20061227171113.jpg

Gibson ES-175 1955





20070314154316.jpg



20061227190903.jpg

Gibson ES-175 1956





20070108142544.jpg


20070108135130.jpg

Gibson ES-175 1957





20070212090254.jpg


20061227171303.jpg

Gibson ES-175 1958





20061227171431.jpg


20061227171454.jpg

Gibson ES-175 1959





20070116041139.jpg

Gibson ES-175 1960





20070406173605.jpg



20061227171757.jpg

Gibson ES-175 1961





20070212090421.jpg


20061227181735.jpg



20061227172147.jpg

Gibson ES-175 1962





20070108135313.jpg


20061227172342.jpg


20061227172413.jpg


20061227172439.jpg

Gibson ES-175 1963





20061227191130.jpg

Gibson ES-175 1964





20061227172705.jpg


20061227172729.jpg

Gibson ES-175 1965





20061227172930.jpg


20061227172953.jpg

Gibson ES-175 1966





20061227192256.jpg


20061227192347.jpg


20061227173150.jpg


20061227173213.jpg


20061227173238.jpg

Gibson ES-175 1967





20070108135433.jpg


20061227192621.jpg


20061227192642.jpg



20061227180614.jpg



20061227173510.jpg


20061227173543.jpg

Gibson ES-175 1968





20061227192859.jpg

Gibson ES-175 1969





20061227173816.jpg

Gibson ES-175 1970





Gibson ES-175

Year / Price (yen)


1950 598000
1950 840000
1951 ?
1952 ?
1952 498000
1952 651000
1953 441000
1953 800000
1953 903000
1953 924000
1954 523950
1954 661500
1954 918750
1954 ?
1955 ?
1955 358000
1955 627900
1956 577500
1956 680000
1957 1290000
1957 1290000
1958 ?
1958 ?
1959 848000
1959 1050000
1060 ?
1961 ?
1961 ?
1962 580000
1962 ?
1962 ?
1963 294000
1963 598000
1963 609000
1963 798000
1964 578000
1965 548000
1965 570000
1966 294000
1966 378000
1967 315000
1967 399000
1967 417900
1967 430000
1967 478000
1968 270900
1968 348000
1968 388000
1968 472290
1968 562000
1968 ?
1969 417900
1960s 419790
1970 419790





Gibson ES-175は1949年に誕生しました。


このように並べてみると175がどのように変わってきたかわかりやすいですね。


最初はP-90のシングルピックアップでした。


テールピーすもベイルテールピース。


1953年にES-175Dの2ピックアップの機種が生産開始され


1956年にT-shaped with jigzag tubeのテールピースが採用された。


1957年からハンバッカーピックアップ搭載となった。


写真を並べてみるとわかりやすいですね。








  1. 2006/12/27(水) 17:40:05|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Andreas Oberg

20061208010308.jpg




ついこの間CDを買ったが、


YoutubeのAndreas Obergを聞きまくっている。


久しぶりにいいギタリストの発見。


スェーデンの超絶テク早弾きギターリストだ。


YoutubeでAndreas Obergで検索すると29件でる。


全部聞いてみたが、


面白いのは


まず1件目andreas oberg 03:50。


すぐそばで撮影しているので、


バンド内でObergがBreakと声をかけて、


ちゃんとバックがブレークしている場面が見られる。


ちょっと面白い。


次は8件目のAndreas Oberg – Django in June 06:14。


これはいろいろなテクニックがあって面白い。


6弦の弦を緩めて音程を下げる奏法は結構笑える。


それから9件目のAndreas Oberg 02:23。


これは彼のオリジナルの代表曲のSeptember Blues。


久しぶりにカッコイイ曲を見つけた。


あと面白いところでは、


5件目のAndreas Oberg at L'Esprit Manouche 2004 (2) 03:29では、


1本のギターを2人で弾いたり、


2ページ目の6件目のthumb soloでは


ウエスモンゴメリーのように親指で弾いたり。


もちろんウエスのほうが上手いし、音もいい。


Andreas Obergお薦めです。




http://www.youtube.com/results?search_query=andreas+oberg
Andreas Oberg




  1. 2006/12/25(月) 16:45:20|
  2. 好きなギタリスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年末も気をつけて

20061224232550.gif




今日はクリスマス、


おめでたい日ですが、


日本には悪い人がたくさんいる世の中です。


年末も悪い人にはお気を付けを。


さて11月で登録をやめたオークションですが、


ボーナス時期を目当てに詐欺事件が起きています。


いつもの通り最初に良い評価を稼いでから


一気に注文を取って


振込みをさせて商品を送らないというパターンです。


それも今回は法人審査が行われているはずの


オークションストアの事件です。


ストアなので代表者も住所もサイトも記載されていますが、


テレビが所在地に取材に行くともぬけのから。


どうやら法人調査も本人確認をしてないという噂です。


kaden_com2006(停止中)で


現在の評価が良い200、


悪い547で


-347の評価。


テレビなど20万円以上の被害にあっている方がいますね。


年末は悪い人に気をつけてください。





http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=http%3A%2F%2Fkaden.mn.shopserve.jp%2F&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
キャッシュをクリックするとホームページに入れます。



  1. 2006/12/25(月) 12:04:34|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

メリークリスマス

20061224232550.gif





素敵なクリスマスをお過ごしください。





私の楽しみはと言うと





明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー。







  1. 2006/12/24(日) 23:28:11|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

受賞







ニュースでございます。










Blog Of The Year 2006を受賞しました。




































しょこたんが。






もちろん、


私がもらうわけがありませんが。




shokotan.jpg




女性芸能部門 中川翔子


男性芸能部門 桜坂やっくん


ミュージシャン部門 橘慶太(誰?)


モデル部門 押切もえ



  1. 2006/12/23(土) 23:53:29|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

とんがり君?まんまる君?

20061221062932.jpg



とんがったフローレンタインカッタウェイが


好きな方もいるのではないでしょうか?


そんな方にはこのGibson L-5 CESの1968年製がお薦め。


良い色してるねぇ。


海外でも大掃除してベッドの下から出てきたのかしら?





20061219211548.jpg



いやぁ、でもまん丸いベネチアンカッタウェイがいいなぁ。


やっぱりこっちのほうがいいなあ。


人間が丸いもんで?????


とんがり君よりまんまる君のほうがいいですね。





20060617011325.jpg

Full House


20060617013109.jpg

Movin' Wes


ウェスモンゴメリーのアルバムで言えば


Full Houseにするか?


それともMovin’Wesにするか?


というところ。


どちらも良いアルバムでござる。


フルハウスは名曲だし


キャラバンはカッコよすぎる。


やっぱりどちらもいい。





20061221063737.jpg



何?


刻みたい?


じゃあ、1949年製のGibson L-5なんかいかがでしょう?





20061221063835.jpg



これも渋い40年代のGibson L-5.



  1. 2006/12/21(木) 06:42:41|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

毎度、エルゴいいなぁ

Happy.jpg




訪問、コメントありがとうございます。


今年も残すところあと10日ほど、


急いでやってないことを片付けないと。


風邪など引かずに良い年末をお過ごしください。





20061219211548.jpg



さて、この色ですよ、この色。


今のエルゴって白にちかいナチュラルなんですよね。


61年のGibson L-5 CESです。


いいなぁ。


しかし、ちょっとした自動車が買えるぐらい高価。


もう少し安いL-5のウエスモデルさえ買えない


私にとってはウエスモデルに似ている


このハーブエリスモデルが狙い目か?


しかし、もうすでにES-165は持ってるし。


このタイプの165のほうがかっこいいよなぁ。




20061219211738.jpg




  1. 2006/12/19(火) 21:18:50|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

もしもイタリア語がわかぁたら。。。

20061214213050.jpg



14日の木曜日にブログに書いた


Giuseppe ContinenzaとVic Jurisのグループの


Seven Steps To HeavenというCDだが、


SpainとかSo Whatなど好きな曲が入っていたので


購入できるかちょっと調査した。


Widesoundというイタリアのレコード会社で発売しており、


カタログがある。


カタログをクリックするとショッピングカートに入る。


CDが13ユーロで送料が5ユーロ。


ここでイタリア語が全然わからないのと、


日本への発送はやっているのだろうか?


送料は日本まで5ユーロで届くのだろうか?


が心配になりショッピングカートを空にして断念した。


チキショー。


イタリア語がわかったら買ってやる。




http://www.widesound.it/catalog/list.do?page=2
widesound



  1. 2006/12/18(月) 02:21:45|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

何回聞きますか?

20060306172924.jpg



ところでCDって買ったら何回聞きますか?


何回聞いたら元が取れるんでしょうね?


お金のない学生の頃は


本当に気に入ったレコードだけ買って、


カセットにダビングして、


朝おきてから出掛けるまで毎日聞いたりして、


何回聞いても飽きない音楽って言うのがあったんだけど。


いまはというとどんなCDだろうと試しに買うこともある。


聞いたことのないギタリストの開拓というのもある。


何じゃこりゃ?と自分の好みに全く合わずに


最後まで聞けないCDが今までに数枚ある。


CDをたくさん買いすぎて3回聞けば良いかという時期もあったので


大当たりのCDを買ってないというのも事実か。


今では最低でも5回は聞いてブログにレビューを書くようにしています。


今年はCDはぐっと買うのを押さえて今のところ28枚。


今年買って一番聞いたCDはWes MontgomeryのLive in Belgiumだな。


MP3プレーヤーに入れたのが勝因か?


やっぱり気に入ったのじゃないとMP3プレーヤーに入れないから


やっぱり何度も聞きたいと思うものか。


あとMP3プレーヤーに入れてあるのが


ゴンチチベストと


宮之上貴昭ジャズギター道場入門編の枯葉と


ジョンウイリアムズのアルハンブラの思い出。


今年一番聞いたのは枯葉かな?





20060329184934.jpg



あとDVDだけどゴンチチの25thアニバーサリーは良く聞いたかな。


やっぱりどのようにギターを弾いているかみらるDVDがすきだなぁ。


ということで年間何枚も買っても何回も聞くのは1、2枚かぁ。



  1. 2006/12/18(月) 00:39:47|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドーナッツ

20061217022300.jpg



新宿の南口にクリスピークリームドーナッツの1号店が


オープンしたというので行ってみた。


15日オープンと言うことで店の前は長蛇の列。


待ち時間は1時間。


ドーナッツに1時間並ぶか?という話になり、


結論は並ばないということになった?


なんでドーナッツにあんなに並ぶのか?


日本人は新し物好きなのだろうという結論に至った。


1時間並んで食べてみても、


たぶんミスタードーナッツと味はあまり変わらないんじゃないの?


ミスタードーナッツもそこそこおいしいし。


ミスタードーナッツそんなに混んでないし。


  1. 2006/12/17(日) 02:25:58|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

やっと確保

DSCN8494.jpg



昨日は久しぶりに新宿へ。


用事を済ませた後、ディスクユニオンに久しぶりに行ってみた。


チェックするのは1階の新譜のギターのCDセクションと、


2階のギターの中古CD。


いつものように1枚ずつどんな曲が収録されているか


さっとチェックしていくわけだが、


探しているとHに注文してなかなか確保できない


Jake LangleyのMovin' & Groovin’を発見。


ここでこのCDを買って、


家に帰ってアカウントをチェックしたら、


発送の段階に入っていてキャンセルできない状態になっていたら


嫌だなと思ったが、


なかなか入荷しない状態だとHのカスタマーサービスが言っていたので、


多少Hより割高であったが、


3枚抱き合わせで注文しているので、


そのCD何回も聞くかな?と考えると、


数回聞いておしまいだろうと思ったので、


無駄なCDは買わずに


欲しいジェークラングレーのCDだけ買って方がいいということで


その場で買った。


他に掘り出しものはと言うと何も見つけることは出来なかった。


で、家に帰ってHに注文したCDをキャンセルした。


しかし、本当に欲しいCD、


何回聞いても飽きないCDに出会うのは難しいですね。


  1. 2006/12/17(日) 00:15:29|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アランフェス協奏曲

concierto.jpg

Jim Hall / Concierto de Aranjuez



アランフェス協奏曲というと


ホアキンロドリゴ作の第2楽章が有名なクラシックの曲である。


もちろんクラシックのアランフェスのCDも何枚も持っているが


今回はジャズだけ。


もちろんジャズ界ではマイルスのアランフェスだろうが、


ギター界で一番有名なのはCTIのジムホールのアランフェス。


CTIレーベルのなかでの最大のヒットだそうだ。


クールなトーンのギターである。


とにかく渋い。


他にお薦めなのはヨーロピアンジャズトリオのアランフェス。


ジェシーバンルーラーがギターで参加している。


スペインと一緒になっている場合もあります。





Concierto de Aranjuez

Laurindo Almeida / Concierto de Aranjuez

Herb Alpert / Rise

Kiyotsugu Amano / Branche

Kenny Burrell / Concierto de Aranjuez

Charlie Byrd / The Washington Guitar Quintet (+ Spain)

Ron Carter / The Golden Striker

Philip Catherine / Spanish Nights

Larry Coryell / Sketches Of Coryell (A Sketch of Spain)

Miles Davis / Sketches Of Spain

Nils Lan Doky / Spain

European Jazz Trio / Europa

Jim Hall / Concierto

Jim Hall / Live In Tokyo

Toru Konishi / A Life

Modern Jazz Quartet / Collaboration

Jinshi Ozaki / Concierto De Aranjuez

Bucky Pizzarelli / A Portrait

Ulf Wakenius / Back To The Roots





ウルフワケニウスのCDのレビューを書いたときに


アランフェスについて書いていました。




http://jinyokohama.blog14.fc2.com/index.php?q=back+to+the+roots



  1. 2006/12/14(木) 22:22:09|
  2. jazz standards
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Giuseppe Continenza

20061214213050.jpg



イタリアのCDの入手は難しい。


Giuseppe ContinenzaとVic Jurisのグループの


Seven Steps To HeavenというCDだ。


タイトル曲に加え、


Stella By Starlight、So What、Alone Together、Estate、


Footprints、Spainなどのスタンダードが収録されている。


2004年の作品だ。


スペイン、ソーファットなど好きな曲が入っているので


買おうかなと思うんだけど。


どこで購入できるんだろう。


不明。


試聴できる。





http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=115662115



  1. 2006/12/14(木) 21:35:23|
  2. 好きなギタリスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぬれせんべいは銚子を救う?

nuresenbei.jpg



資金不足で経営の危機にあった銚子電鉄が


オンラインショップでぬれせんべいを発売して


経営を救うというニュースをやっていましたが、


今では申し込みが殺到して注文を受けるのをやめるほど


ぬれせんべいの人気があるようですが、


ぬれせんべいの触感ってどの触感がただしいのでしょう?


食べてみたのですが違いがあるのです。





一つは普通のおせんべいが湿気てしまった感じ、


もう一つはお餅をせんべいの形に丸くして焼いてしょうゆをつけた触感。





どちが由緒正しきぬれせんべいなんでしょう?


私の好みはお餅のほうなのですが。



  1. 2006/12/14(木) 15:50:35|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

CD届く

DSCN8419.jpg



昨日仕事から帰るとHから注文したCDが来ていた。


やはり在庫ありのCDは来るのが早い。


Ray AppletonとAndreas ObergとRosenberg Trioでござる。


今回すごく丁寧に梱包されていたのだが、


Hは梱包する前のCDの取り扱いが悪いのか?


ケースが割れているCDを平気で送ってくることが多い。



皆さんどうでしょう?


CDケースが割れていると満足度下がりません?




DSCN8422.jpg

  1. 2006/12/12(火) 17:27:30|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

毎度

Happy.jpg



訪問・コメントありがとうございます。


今年もあと残すところ3週間弱。


やるべきことを残しておく性格がピンチを招く今日この頃。


残りあと少しですが風邪などひかず素敵な年末をお過ごしください。





20061126090749.jpg



さて、Hに注文したJake LangleyのCDですが、


CDの確保にどれくらいかかるのかメールで問合せてみました。


返事としてはTより詳しい。


Aのほとんど放置しっぱなしで対応もいい加減よりかなり良い。


状況はというと


取引先にまだ入荷していない。


再プレスで商品が入荷する予定があるか


商品が事実上生産中止に近い状況にあるか


調査中でまたメールをくれるとのこと。


長くかかりそうなのでキャンセルも示唆している。



船便で注文すると1ヶ月から1ヶ月半はかかるので


これは本当に長期戦になりそうだなぁ。


で業界では在庫切れにもちゃんと分類があることがわかる。




再プレスで入荷

事実上生産中止に近い状態

廃盤




再プレスにしても50枚、100枚と


注文の単位が決まっているから簡単には注文しないだろう。


一度海外のCDメーカーにCDの問い合わせをしたら


売ってもいいけど50枚単位になると言われたことがある。


素人で同じCDを50枚も必要か!(笑 


最近CDショップとかもほとんど行ってないので


たぶん東京、横浜のメジャーなCDショップ


特にディスクユニオンとか行ったら


Jake LangleyのCD売ってるかもしれない。


海外のオンラインショップでも売っていることは売っているが。


なんか考えてみます。



  1. 2006/12/12(火) 16:14:13|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロックフジヤマ

20061212140359.jpg



昨日のロックフジヤマ面白かった。


月曜日の深夜25時からテレビ東京でやっている


デーブスペクターに似ている


ロックギタリストマーティーフィリードマンがメインの番組なんだけど。


昨日はみんなちゃんとギターが弾ける


野村義男、ルーク篁、それにマーティフリードマン、ローリー寺西の


豪華メンバー。


まず、面白かったのが文字リフ当て名人戦 スタジオジフリ。


ジャガジャカジャ、ジャカジャカジャカジャ、ジャカジャジャーなどの


文字を見て誰の何という曲か当てるゲーム。


わかんないよ~。


でも当てていた。


ルーク篁の勝利。


続いてロックみつおせんだゲーム。


まずロックグループの名前を言って指を指す、


そうしたらそのグループのギタリストの名前を言い指を刺す、


そうしたらそのギタリストの曲を弾かなければいけないというゲーム。


失敗するを青汁を飲まなくてはいけない。


レッドツェッペリン-ジミーページ-天国への階段という感じ。


やっぱりギターの上手い人たちを見ていると楽しい。




http://www.tv-tokyo.co.jp/fujiyama/back/index.html
ロックフジヤマ


  1. 2006/12/12(火) 14:07:54|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アクセス数

christmas.jpg



新ブログの女王しょこたんのブログが


1日100万件のアクセスがあるということだが、


私のブログは頑張って100件のアクセスがあればかなり良いほう。


この1万倍のアクセスの差はなんだろう?


以前の私のしょこたんのブログの分析を見てみると、




1.アイドルの女の子が書いている。

2. 1日に何度も更新する。

3. しょこたんの写真満載。

4. 猫、食べ物、アニメ、コスプレ、ゲーム、芸能人など登場。





1は私はアイドルの女の子ではないので無理である。


最近はアイドルでなくても、


ミスキャンパスや、読者モデルや、かわいい女子大生・女子高生に


広告業界が目をつけているらしい。


かわいい女の子が顔の近くに商品を持った写真をコメント付で


ブログに掲載すると商品が売れるらしい。


私は女子大生でもないし、ましてやかわいくも無いのでこれは絶望的。


2は何とか頑張れば何回かは更新できる。


しかし、しょこたんみたいに10回以上の更新は無理である。


3のしょこたんの写真は掲載できないし、


ましてや私の写真を掲載しても面白くもなんともない。


恥ずかしいだけである。


4の動物、食べ物、ゲームなどのオタク系の話題は人気がある。


しかしだ、


私の場合、


ペットは飼ってないし、


食べ物といえばチャーハンしか作れない。


外食といえば牛丼かハンバーガーだし。


ゲームもパソコンについている簡単なゲームをちょっとやるぐらいだ。


おまけに私のブログはジャズギター。


ジャズだけでもあまり世の中の中心ではないのに、


歌無しのインストでそれもギターだけ。


興味のある人が少ないジャンルである。


ではどうするか?



1. 出来るだけたくさんの人のブログを見てコメントを書く。

2. いろいろな話題で複数更新してみる。




さて、土曜日1、2をやってみた。


100件ぐらいブログを見ました。


コメントは数件書きました。


4回更新しました。


さてアクセス数は。。。。































135件。


アクセス数100万件まであと999865件。


残念。(汗



  1. 2006/12/10(日) 02:23:31|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

確保失敗

20061126090749.jpg



Jake LangleyのCDだが、


Tにオーダーして、確保に失敗した。


第2弾としてHにオーダーしたJake langleyのCDであるが、


これも失敗。


サイトでは1週間以内に発送とあるが、


今日で1週間になる。


3枚注文すると安くなるというシステムなのだが、


他の2枚は確保できたのだがどうもJake LangleyのCDは長期戦になりそう。


Tではメーカーにも在庫がないと言っていたので


現在カナダからオーダー中というところか?


他にほしいCDもあるので注文のしなおし。


在庫のある3枚を一組、


Ray Appleton、新しく欲しくなったAndreas Oberg、Rosenberg Trioを
注文。


明日には発送されるよう。


次の3枚は、


10日以内に発送というルーサーバンドロスへのトリビュート2と


Jake LangleyとLettuceの3枚を注文。


19日発送予定。


しかしCD1枚確保するのに何日かかるかな?


一番最初にTに注文したのが11月23日だから


下手すると1ヶ月かかっても確保できない可能性がある。


もうJake LangleyのCDとは縁が無いのかもしれない。


今度時間がかかるようならキャンセルしてカナダから注文しようっと。


しかし、輸入CDの確保はストレスがかかる。


  1. 2006/12/09(土) 22:11:29|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コレクション

20061209194415.jpg



何か集めているものありますか?


CDは2000枚ぐらい持っているが、


CDの歴史は浅いので歴史的な価値のあるものとかはほとんど無い。


唯一価値のあるのは


廃盤で、500枚限定のWes MontgomeryのSmokin’ Guitarぐらいかなぁ?


まあ、廃盤のCDを何十枚か持っているので、


ファンには価値があるのだろう。


ギターも10何本か持っているがビンテージなどという価値はない。




20061209194928.jpg




ネットで検索していて見つけたのがツムラコレクション。


簡単に言うと津村さんのギターのコレクション。


アーあの会社の社長さんという人である。


表紙だ。


D'AngelicoとCitationだが、


ダンジェリコの鑑識眼がない。


サイテーションはギブソンのフルアコの最上機種で


定価は200万以上するんじゃなかろうか?




20061209195337.jpg



目次を見るとウクレレとバンジョーがショップより多くある。


よっぽど好きだったんだろう。




20061209195506.jpg



ほんの4ページだが、ギブソンのフルアコをたくさん持っているらしい。


1ページに5、6本載せても良いぐらいギターを持っているのか?


エルゴのページを見たかった。


そういえばエルゴの本あったなぁ。



  1. 2006/12/09(土) 19:58:26|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

危険な組み合わせ

dessert.jpg



昨日はマックへ行ってテリヤキバーガーとポテトのLを注文。


これだけでもカロリーが高いのに


無性にホイップクリームがたっぷりなものが食べたくなった。


そのものを買うことに。


これだ。




donuts.jpg



これだけでは寂しいのでドーナッツとメロンパンを買う。


ハンバーガーに、ポテトに、


ホイップクリームに、ドーナッツに、メロンパン。


危険すぎる組み合わせだ。



  1. 2006/12/09(土) 13:58:33|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金色のにくいやつ

tuji1.jpg



さて、ギター職人の辻四郎作のギター。


バイオリン風の色合いである。


ギター通が見ればすぐわかるあれが付いているらしい。


どんな音がするんだろう。


わかりにくいという人のために、


ハイ、アップ。



tuji2.jpg




  1. 2006/12/09(土) 13:38:03|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大掃除大会

christmas.jpg



消防法改正で火災報知機の取り付け義務化になった。


今日取り付けに来た。


とんだ迷惑。


と言うことで我が家は少し早い大掃除となった。


消防法改正本当に迷惑。


タバコ吸わないから寝タバコしないし、


ガスの元栓もちゃんとひねってるし。


向かいのうちが火事になってから。


火の用心。

  1. 2006/12/08(金) 18:24:22|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

若きジャズギタリスト

20061208010308.jpg

Andreas Oberg / Young Jazz Guitarist



September Bluesなかなか元気があって良い演奏。


いくつかは知らないが、若者らしく早弾き。




http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=76608693

  1. 2006/12/08(金) 01:05:14|
  2. 好きなギタリスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちゃんとしてよ

DSCN8416.jpg



昨晩の8時40分にそろそろAからCDが届く頃だと


階下のポストに見に行くと何も無かった。


明日か?


お歳暮の時期だから込んでるのかな?


朝早くでかけるときにポストを見ると


こんな感じで手荒くたたまれて入ってるよ。


9時近く、


それ以降に


階下のポストに入れても気が付くのは次の日の朝だろう。


もうちょっと考えて配送してよ。


でも配達の人、


メール便を配達しても、


10円しか利益が無いらしい。


配達するモチベーションほとんどなし、


もしくはいやいや届けている可能性あり。


メール便でCDとか送るの問題あるよね。


3000円近い価格のものをいやいや届けられてもね。


リスクあり。







  1. 2006/12/06(水) 22:07:14|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

勝手に載せるな

DSCN8413.jpg



石原真理子さんのプロフィールの紹介。




DSCN8414.jpg



関連する人物にされた人々。

  1. 2006/12/06(水) 21:19:31|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アメリカから来た

DSCN8411.jpg



初めてebayで購入したCDが来た。


Jerry GordonのSoft & Warm。


28日に注文して今日来たから1週間で来たことになる。


迅速に送ればアメリカからでもすぐに来る。


2週間とか3週間かかる業者には頑張って欲しい。


メジャーなミュージシャンでもなく、


たぶん地元のジャズバーとかで演奏しているギタリストで、


インターネットで検索しても中古のオンラインショップでも


見かけることは無く、


ホームページも閉めてしまったようなので、


何年か探していたCDなので


良く入手できたよな。


ラッキー。


  1. 2006/12/05(火) 19:12:16|
  2. 好きなギタリスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

毎度

20051002011707.jpg



訪問、コメントありがとうございます。


今年ももう1ヶ月切りましたが、


皆さん素敵な年末をお過ごしください。






20061126090749.jpg




さて、Tで注文をキャンセルのあとどうしたか?


まずAのカナダからJake Langleyを購入を検討。


CD自体は16.99カナダドルで在庫もある。


1カナダドルは約100円。


注文する前に送料をチェックすると


スタンダードが$7.48で8~12週かかる。


船便か?


CD1枚に2~4ヶ月待てるか?


そなあほな!


イクスペディテッドが2~4週かかる。


$13.98。


これ早いか?


海外では2~3週は並みのスピード。


早いと5日で来る。


これじゃ、高い、遅いだ。


ドイツのAは送料が14ユーロ、日本円で2100円と超高額だが、


カナダのAも1400円と高い。


それに海外からだと破損のリスクもある。


これは日本で頼んで待つしかない。


ということで安いけど3枚頼まないといけないHに注文することに。


まあ、たまには良いかということで、


ウエスのカバー曲の入っている3枚を注文。





20061109134401.jpg



マークホイットフィールドのCDはというと


やっぱりすぐに来ないとストレスが溜まるので


在庫があったのでAに注文。




しかし、ちょっと前に注文した、


Tolga EmilioとJerry GordonのCDは全く音沙汰が無いが


届くのだろうか?






  1. 2006/12/05(火) 14:28:26|
  2. 好きなギタリスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ジン

11 | 2006/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search