ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

塗装





curly koa picks 53011






ぼろきれでヌリヌリ、スリスリという感じでエキゾチックオイルジェルをカーリーコアピックに塗ってみた。可燃性液体で蒸発しますと書いてあったので凄い臭いがするのかと思ったら、臭いもそれほどせず大丈夫だった。ビンの口に当ててキレにちっとだけつけて、フタを閉めて、ピックにさっと塗ると臭いもせず、30分ぐらいで乾き始める。裏面も塗ってあとは完全に乾くのを待つだけ。4時間は待つように説明書に書いてあるので、とりあえず4時間待ってみる。4時間ではいまひとつカラッと乾燥してないですかね。もうちょっと乾かして様子を見てみます。















sandpaper 600 53011






さて、次はヤスリがけですね。400番か600番の紙ヤスリをかけると説明書に書いてあったので、駅前のスーパーの工具売り場で買ってきました。これでいいんでしょうか?空研ぎ紙ヤスリを買ってきたんですが、紙ヤスリが400番までで60円ぐらいなんですが、600番を買いたかったので倍の値段のするこのヤスリを買ってみました。紙ヤスリよりきれいに仕上がり、3倍長持ちと書いてあったのでこちらの方が良い紙ヤスリなのかと思って買ってみました。
















さて~、地デジ化に伴い、テレビや地デジチューナー、夏に備えて扇風機を買わないといけないなとか思ってます。あ~、テレビやビデオを捨てないといけませんね。古くなった扇風機はいつまでも使ってると火災になるといいますからいい加減処分しないといけませんね、連絡してお金払って処分するのは当たり前ですが、手間はかかりますね。そんなことを考えつついたら、カマカのソプラノの中古は6万円、いま新品の薄型32型液晶テレビは3万円ですから、6万円でテレビ2台買えるじゃないですか。あのちょっと古びたウクレレとテレビ2台が同じ価値とは恐ろしい。もうテレビ何十台も買える分ウクレレ買っちゃいましたよ。こういう考え方すると恐ろしいですね。ウクレレばっかり買っててはいけません。

























スポンサーサイト
  1. 2011/05/31(火) 14:48:22|
  2. ピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マンゴーパイナップル






ts es-101 head front






マンゴーパイナップルっておいしそうですが、食べ物じゃなくてウクレレです。ティーズのパイナップルウクレレです。マンゴーの4Aの木材をボディーに使用、ネックはマホガニーです。ティーズのパイナップルが欲しい方もいるのではないでしょうか?カーリーコアでネックと指板がコアのパイナップルとなると10万を越えてしまうのでマンゴーの中古はお手ごろではあります。




http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/148453353
T’s SP-600pf























  1. 2011/05/31(火) 06:12:40|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

見上げてごらん夜の星を祭り






kamaka hf-1d 1999 head front






今日29日にツイッター上で見上げてごらん夜の星ををアップするイベントなのですが、1日で曲を練習して録音するというのはちょっと無理です。この曲は名曲なので練習しようかと思います。まあいつもどおりコツコツと地道に練習しかないですな。






http://www29.atwiki.jp/ukulelecco/pages/335.html
うくれれっこ
























  1. 2011/05/29(日) 14:52:12|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オイルフィニッシュ






xotic oil gel






さて~、カーリーコアピックを作るという話ですが、ヤスリによる形成は済んで、紙やすりで磨くという作業に入っています。オイルフィニッシュ用の塗料が届きましたよ。某ウクレレ工房のサイトでオススメ品としてあったのですが、楽器のタッチアップにも使えるということで、いつも購入しているオンラインショップで安く出ていたので注文してみました。





エキゾチックオイルジェルというもので、白い布で塗って、4時間乾かして、400か600の紙やすりで磨いて、塗装と磨きを繰り返すという使用方法です。たんぽのようなものが必要ですね。色の付いている布だと色落ちするんですかね。ネットで検索してみると綿の白いTシャツを切ってワタを詰めて作ると良いと書いてありました。ということで布と400番か600番の紙やすりを調達しないといけませんね。





ウクレレ職人のブログを見ていると雨の日は塗装していないみたいなので、湿度の高い日は塗装は良くないんですかね。ちょうど入梅してしまったので、いまひとつの湿度の状態ですが。













curly koa picks 5 29 2011





さて、カーリーコアピックの形成と紙やすりによる磨きが終わりました。どうも表面を磨くとカーリーコアが消えることがあるようなので表面は磨くのやめました(^^;)ということで塗装です。やっぱり雨の日は塗装に適してないみたいですね。

























  1. 2011/05/28(土) 22:18:54|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽器の購入は計画的に







クレジットカードの請求はちょっと遅れてやってきます。1月に注文したウクレレ2本が4月と5月に出来上がってきたわけだが、ティーズのSD-220の請求が5月で、カマカのソプラノデラックスが6月、ES-101が7月になる。まあ、お金が有り余ってるわけでもないので趣味の買い物もほどほどにということだ。ハワイのオンラインショップでカマカのソプラノがケース、送料、関税含めて64000円台で買える円高の時代に、中古に6万円払うと言うのもお得感がないですし。ということで当分楽器は買わないだろうということで小物を買ってみました。






昨年の夏に発売されたチューナーでカメにするかカマカにするかで迷ってカメにしたわけですが、もう買いたい人は買って、価格も下がっているんじゃないか?ということで調べてみると意外とにっきゅっぱの定価で売ってるところが多いですね。そんな中いつも買ってるオンラインショップが送料込みで2500円なのでまあいいかということでポチッとしてみました。














kamaka kk-1 and case






画面左にカマカのロゴ、右にALOHAの文字、下にKAMAKA HAWAIIの文字、全体的に茶色と地味な印象です。隣は100円ショップで買ったケースです。






で、使い心地ですが、ウクレレ用のこのチューナーは4G、3C、2E、1Aの4つの表示しかないのですが、KORGのAW-2Gのギター用のクロマチックチューナー方が半音ごとに表示が変わるのでギターチューナーの方が使いやすいですな。
























  1. 2011/05/28(土) 06:29:22|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エレクトリック







さて、真夜中にウクレレが弾きたい。夏の間窓を開けていても近所を気にせずにウクレレを弾きたい。そうしたら冬の間にオーダーしておいたほうが良いかな?ということで1月にオーダーしたウクレレがやっと来ましたよ。4ヶ月かかったということはかなり注文待ちということでしょうか?とりあえず夏に間に合ってきました。
















ts es-101 front






エレクトリックウクレレのマホガニーソプラノです。14フレットジョイントで18フレットまでです。普段12フレットジョイントの12フレットまで、普通のフリクションペグの素朴なウクレレが好きなのですが、最近設計変更があって近代的になったようなので、まあそんな近代的なウクレレを持っててもいいかということでメーカーの仕様通りです。全長は54センチほどです。かなりシンプルなウクレレです。















ts es-101 back






バックの全景です。バックもかなりシンプルですね。全長バックも54センチほどです。















ts es-101 body front






ボディートップです。ボディートップはマホガニーですね。全体的にきれいな色のブラウンですね。これはマホガニー特有の色合いでしょうか。ネック下の部分が斜めに切り込んだようになっています。おしゃれですね。ボリュームコントロールが1つ付いてますね。ブリッジはソプラノでありながらクラシックギタータイプの弦の留め方のタイプですね。サドルは牛骨ですね。エンドピンが見えますね。エンドピンのあるウクレレは初めてです。ボディーの長さは23センチです。上部幅12.5センチ、中部幅11センチ、下部幅17センチです。
















ts es-101 body back






バックもマホガニーです。きれいな色合いですね。エレクトリック特有の電気系統が入っているため黒いフタが付いています。まだ開けてないので中がどうなっているかは判りません。(笑 ネックエンドにストラップピンが付いていますね。

















ts es-101 body side






ボディーサイドですが3.5センチです。普通のウクレレが6センチぐらいの厚みがあるのでかなり薄いですが持ちにくさはないですね。ただソリッドだけあって第一印象はちょっと重かったような気がします。でももう慣れました。
















ts es-101 jack






ジャックはここについています。ボディーのエンドピンのちょっと下あたりに位置しています。















ts es-101 neck






ネックはマホガニーです。きれいな木目と色のマホガニーですね。ネックの下からヘッドトップまでは31センチあります。
















ts es-101 fingerboard






指板はローズウッドです。指板の長さは23センチです。5、7、10、12、15フレットにポジションマークが入っています。
















ts es-101 head back






ヘッド裏ですが、ゴトーのギアペクですね。ソプラノでギアペグは初めてです。

















ts es-101 head front






ヘッドはシンプルにティーズのロゴが入っていますね。ナットは牛骨です。ナット幅は36ミリというところです。弦はヒロ弦ですね。






肝心の音量ですが、ちょうど一人分という感じで真夜中に弾いても全く問題ありません。まだアンプを通して弾いていないので、エレクトリックウクレレとしての音はわかりません。あくまでも夜レン用のウクレレという感じです。これで真夜中でも気兼ねなく弾くことが出来ます。





サイズ
全長54センチ
弦長34.5センチ
ボディー長23センチ
ボディー上部幅12.5センチ
ボディー中部幅11センチ
ボディー下部幅17センチ
ボディー厚3.5センチ
指板長23センチ

























  1. 2011/05/26(木) 21:25:54|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コアネック





kamaka hf-1d 1999 head front




カマカのテナー1998年製。ボディーがコア、ネックがコア、指板がローズウッド、ナットとサドルは牛骨、ヘッドはギアペグに旧カマカのシールのロゴと言うことでホワイトラベルのテナーですね。う~ん、コアネックですね。現行物とスペッグが違うテナーが欲しいという方にはぴったりですね。欲しい。




http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01301092
Kamaka HF-3 1998年製
























  1. 2011/05/25(水) 23:02:56|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

不調



ichirosuzuki2011.jpg






マリナーズのイチローはツインズ戦で4打数2安打を記録した。久しぶりのマルチヒットを記録した。ただ今不調中のイチローですが、ここ10試合でヒット8本、一試合平均0.8本のヒット、打率も2割9部2厘と調子を下げている。今日のマルチヒットをきっかけに調子を上げてくれるといいですが。がんばれイチロー。




イチローカウントダウン
5月24日現在今期57安打
メジャー新記録200本安打11回まであと143本
















ただ今日本プロ野球ですが、セパ交流戦中ですね。毎年パ高セ低という感じですが、調子の悪かった中日がじりじりと上がってきましたね。阪神は11位ですね。今年は阪神どうしたのでしょうか?






巨人の沢村ですが、開幕前は解説者達が15勝はいけるとかなり評判で盛り上がってましたが、15勝ということは各球団数試合ずつ負けるわけですからマークされてしまいます。開幕前に、まだプロでは1勝もしてないわけですから1試合ずつコツコツと行きますぐらい謙虚にしてた方が良かったんじゃないでしょうか?球団も、マスコミもスターを求めてちょっと盛り上げ過ぎたんじゃないですかね?新人でやっぱりマークされるときついですよね。





中村紀が横浜と契約したようですね。いろいろな球団を渡り歩いてきましたが横浜で活躍できるといいですね。










Happy.jpg

まいど


毎度訪問コメントありがとうございます。
FCカウンター4万でございます。
前のカウンターが32万ですので、36万でございます。
今後ともよろしくお願いします。






















  1. 2011/05/24(火) 20:38:55|
  2. イチロー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カマカビンテージ







kamaka hf-1d 1999 head front






危ない、危ない、急性の重度のウクレレ欲しい欲しい病にかかりもう少しでカマカのソプラノ買うところだった。そう言えば先週初ホワイトラベルしたばかりじゃないですか。こういう時はコアピックの製作でもして気を紛らそう。















ところでカマカのゴールドラベルソプラノデラックス1950年代製が出ましたね。ボディーがコア、ネックはコアでしょうか?指板とブリッジがコアのたぶんオールコア。12フレットジョイントで12フレットまで、指板のエンドはとんがってるタイプですね。フレットは真鍮です。オリジナルペグです。ビンテージが好きな方は欲しい1本ですね。






http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01301281
カマカソプラノデラックスゴールドラベル1950年代製
























  1. 2011/05/24(火) 03:01:57|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1本いかが







カマカのオータサンモデル2005年製。もう製造していないので欲しいと思っている方も多いのでは?カマカでロープバインディングはこの時期のデラックスモデルで、それ以来出てないですよね。人気の機種ですよね。お手ごろな価格で入札できるといいですね。




http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d119103865
Kamaka HB-2D 2005年製
















これも安い。K Waveのベビーウクレレ、ボディーはマホガニー単板。12フレットジョイントで12フレットまで。パイナップル型ではないですがパイナップルの絵がプリントしてあるのはなぜでしょう?持ち運びに便利でしょうね。





http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01299962
K WaveベビーウクレレKW-1














curly koa picks 522 2






さて、今日のカーリーコアピックはヤスリでサイドを平にしました。厚みがあるのでピックを立てて撮ってみました。この後は面取りして先をとがらせる作業です。

























  1. 2011/05/22(日) 21:31:00|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これは安い






カマカのコンサート、何年製でしょうか?ヘッドのカマカのロゴがパールロゴですから2000年代のものだと思います。カマカのコンサートでよんきゅっぱでかなり安いですね。値段の付け間違いでしょうか?



http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01299418
Kamaka HF-2
















curly koa picks 522






さて、現在カーリーコア材で作っているウッドピックですが、やっとピックらしい形になってしました。問題は仕上げですね。がたがたの部分を滑らかにしたり、ピックの先を尖らせたりと丁寧な作業が必要となりますが、手先が器用じゃないので上手く出来るでしょうか?






















  1. 2011/05/22(日) 02:18:52|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カーリーコアピック製作中




cutter and blades 521






さて、ピック用の木材を切るのに意外とカッターが役に立つので大きめのカッターを100円ショップで買ってきました。糸のこである程度切って最後切り離すときに使ったり、形を整えるのに使ったりと木工でも便利です。















curly koa picks 521






さて、今日はコア材を1枚ずつに糸ノコで切って、カッターで少し形を整えてみました。コア材を切るのに意外と苦戦しました。結構コアって硬いですね。糸ノコで切ると2ミリの切りしろ、カッターで切ると1ミリの切りしろは必要ですね。糸ノコってちょっと切っただけで刃が歪んでくるのでスペアの刃が必要ですね。どこかで買ってこないと。それからオイルフィニッシュにするオイルも必要ですね。次の段階はピックの形をきれいに整える段階ですね。

























  1. 2011/05/21(土) 21:36:24|
  2. ピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウェスモンゴメリー







20050725013608.jpg






Gibson L-5 Wes Montgomeryモデルですが、円高でお求め安くなってるんですかね?ただ今1ドル81円台ですが、新品価格が80万円、中古が新品価格の70%で56万弱で出ていますね。






http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01298712
Gibson L-5 Wes Montgomery 1996






http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01298500
Gibson L-5 Wes Montgomery 1997













dekamakakun body top






カマカのテナーで木目の良いテナーが出てますね。ウクレレフェアーをしているようで価格も少し安くなってますね。私のテナーよりずっと木目がいいですね。一時期ジェークの100本限定モデルを作るために良い木目もカーリーコアはほとんどジェイクモデルに使っていたのか?レギュラーモデルではほとんどカーリーのないコアばっかりの時期がありましたよね。10万円以上の価格のウクレレばかりのカマカですから良いウクレレを提供してほしいものですね。






http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01298098
Kamaka HF-3




























  1. 2011/05/21(土) 20:09:15|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いまいち君

kamaka hf-1d in marue mpg ai us






さて、カマカ用にソプラノウクレレケースを買ってみました。MarueマルエのMPG-AI-USのレビューです。ご覧のようにカマカのソプラノがぴったり入りますが、いまいちです。金具の取り付けが雑でどこかが歪んでいるようです。普通に閉めたのではフタが合いません。ヘッド部のカギのあたりをちょっと無理に押してフタを閉めるという感じです。これは次買わないですね。おすすめもしません。




S楽器でウクレレを買ったときのポイントが余っていたので、ポイントを4割ぐらい使って買ったのですが、S楽器の検品は甘いですね。





追加
ちょうつがいの金具の精度と強度に問題があるようです。ケースのフタのヘッドの方の金具の部分を奥に押すとフタが何とか合って閉まります。フタを押すとちょうつがいの金具が多少反りますからちょうつがいの金具の精度と強度、金具の取り付けの正確さが問題のようですね?もしかしてケースのフタ自体が歪んでいるということも考えられますが。
























  1. 2011/05/20(金) 22:48:29|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

道具






sandpaper, file saw, ruler 519






さて例のコア材をピックに加工するために100円ショップで道具を買ってきましたよ。糸のこ、定規、ヤスリ、紙やすりです。糸のこの刃を捜したんですがなかったですね。まあこれ1つあれば全部切れるのかな?基本コア材に定規を当ててカッターで筋を入れてから切ろうと思うのですが、コア材が3ミリと薄いので意外とカッターだけで切れるのではないかと考えているのですが。まあ刃が必要になったら買いましょう。ヤスリはピックの端に角度をつけようと思ってます。紙やすりは家にあるはずですが、簡単に見つからないこともあるかもしれないので買ってみました。さて、簡単にピックが出来るのでしょうか?あと塗料ですね。オイルフィニッシュ用のオイルを買わないといけませんね。























  1. 2011/05/19(木) 20:27:59|
  2. ピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2002年







kamaka hf-1d 1999 head front






ボディーコア、ネックもよく見るとカーリーが入っているのでコアのようですね。12フレットジョイント12フレットまで。ヘッドにkkのパールロゴ、シャーラーの白いつまみの糸巻き、牛骨のナットとサドル。この時期のソプラノ好きなんですよね。前々からもう1本買っておこうかとも思うのですが、1本買ったばかりなので我慢するのが妥当か。




http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01296416
Kamaka HF-1 2002年製























  1. 2011/05/18(水) 20:47:14|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初ホワイトラベル





kamaka hf-1d 1999 top






今までカマカの中古は難しいのでホワイトラベルは手が出せずにいました。出来るだけ最近のホワイトラベルで状態のいいものを探していたことはいたのですが、まあ、一応状態を問い合わせたのですが11、2年前の中古だからそれなりだろうと思いつつ、ずっと狙っていたので、これ行っておこうかとつい勢いで買ってしまいました。




カマカのソプラノデラックス1999年製です。ボディー、ネックはコア、指板とブリッジの素材は何でしょう?12フレットジョイントで12フレットまでです。トップはこんな感じです。




グロスフィニッシュ採用が1998年、シリアルナンバーと日付の標準採用が2000年、新ラベルとパールロゴ採用が2001年、なで肩ボディーと14フレット採用が2002年ですから、ホワイトラベルの最後の方、大きな変更がされるちょっと前のカマカのウクレレですね。この2002年ぐらいのいがり肩、コアボディー、コアネック、12フレットジョイント12フレットまで、パールロゴ、牛骨のサドルとナット、グロスフィニッシュのカマカのソプラノが好きなので、まあそれに近いホワイトラベルのソプラノデラックスが入手できました。












kamaka hf-1d 1999 back






続いてバックの全景です。色的には濃いブラウンですね。裏から見ると普通のいがり肩のソプラノと変わらないですね。











kamaka hf-1d 1999 body top






そしてボディートップ。いかり肩の旧タイプですね。サウンドホールからホワイトラベルが見えてますね。そこそこラベルはきれいです。指板がサウンドホールまで来てない短いの方がトップの板が響く気がするのですが。ブリッジには3つの丸の装飾がありますね。このブリッジは素材はコアでしょうか?トップの木目はカーリーではなくメラメラと火が燃え上がる感じの木目ですね。サドルの色は白ですが、牛骨あたりでしょうか?ホワイトラベルは黒いサドルが多いのですが、元々白のサドルなのか?途中で交換したのかは不明です。このサドルが白の牛骨?だったのも買おうかと思った理由の一つですね。カーリーメイプルのバインディングが施されていますね。このバインディングがあると少し豪華さが増しますね。











kamaka hf-1d 1999 body back






ボディーバックの木目もカーリーではなく火がメラメラと燃え上がるような木目ですね。今まで持ったことのない木目のウクレレです。ボディーバックも普通のソプラノウクレレと変わりないですね。この時期なら普通のソプラノでもカーリーコアの入った木目のいいソプラノがあるかもしれないですね。












kamaka hf-1d 1999 body left side






さてボディーの左サイドですね。木目は結構きれいなカーリーですね。やっとカーリーコアです。バインディングのメイプルのカーリーもサイドから見ると判りやすいですね。











kamaka hf-1d 1999 body right side






ボディーの右サイドもカーリーコアですね。バインディングの上のほうはカーリーメイプルのカーリーが途切れていますね。












kamaka hf-1d 1999 fingerboard






指板ですが、色的にはローズウッドでしょうか?5、7、10フレットのドットのポジションマークがあります。ローフレットの指板の減りもそれほどないですね。











kamaka hf-1d 1999 neck






続いてネックです。今では希少なコアネックです。カマカは今はマホガニーのネックですが、2002年ぐらいまではコアネックが採用されてました。ネックのハイフレットの方はカーリーコアの木目が入ってますね。2ピースのネックです。











kamaka hf-1d 1999 head back






ヘッド部裏にはカーリーは入っていないですね。つまみが白のシャーラーのペグを搭載していますね。











kamaka hf-1d 1999 head side






ヘッドを横から見ると、化粧板が貼ってないですね。ナットも白い牛骨のようですね。化粧板が貼ってないので近年物の普通のソプラノとは作りが違ってますね。











kamaka hf-1d 1999 head front






ヘッドですが、化粧板が貼ってないので普通の木目のヘッドですね。パールロゴではなく、kkのロゴのシールが貼ってありますね。ロゴは剥がれたりはしていませんね。きれいに残ってますね。ちょっとヘッド部に打痕が大目ですね。











kamaka hf-1d 1999 neck side






ネックを横から見ると2ピースだというのがわかりやすいですね。ネックサイドのポジションマークは7フレットのみに付いています。ネックのこの部分は結構カーリーの木目が見えますね。











kamaka hf-1d 1999 bottom






ボディーのボトム部ですが、意外とここ見ないですよね。ホワイトラベルでこの部分がスキマが開き始めている固体もあるのでよく見たほうがいいですね。






多少打痕はありますが、10年前以上のウクレレなのでしょうがないでしょうね。音的には普段使っているコアネックのいがり肩のソプラノと変わらないですが、微妙な差異はありますね。個体差でしょうか?






これでカマカはソプラノが2本、ソプラノデラックスが2本、パイナップルが1本、コンサートが1本、テナーが1本で合計7本ですね。

























  1. 2011/05/17(火) 18:16:08|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ナカニシ







nakanishi kun






ナカニシのコアのマーチンタイプのソプラノウクレレウクレレ。バインディングなしでシンプルなタイプです。12フレットジョイントで17フレットまで、機種名、購入価格、単板かどうかなど記述がないのでわからないですが、単板のコアだったらそれなりの価格のするウクレレでしょう。




http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n94446189
ナカニシ コア
























  1. 2011/05/16(月) 23:22:48|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイブーム





magic guitar pick sheet





イーベイでマジックギターピックデラックスセットという木製のピックの24枚セットを買ってみた。価格は44ドル95セント、プラス送料6ドル94セントで合計51ドル89セント。1ドル81円で計算すると4203円。24枚入ってるから1枚あたり175円ですね。日本で木製ピックを買うよりかなり安いですね。





セット内容がブビンガ、パーフェロ、ココボロ、アフリカンブラックウッド、チェリー、カーリーメイプル、オセージオレンジ、チューリップウッド、ブラッドウッド、ブラウンエボニー、ピンクアイボリー、パープルハート、ゼブラウッド、インディアンローズウッド、ウォールナット、マホガニー、エボニー、オリーブウッド、キングウッド、モンパニ、パドック、マッカーサーエボニー、レッドオーク、ウエンゲの24種類の木製ピックプラス、ピックを入れる袋と24種類のピックの表付き。フェンダーのティーアドロップ型のピックと同じ大きさの縦31ミリ、横26ミリです。厚さは3ミリと厚め。800番の紙やすりで磨いて、ピック先を尖らせて、天然タンオイルを塗ってあります。





支払いしてから2日で発送、発送してから5日でつきました。アメリカとしては早いですね。両端にプラスチックのフタで25センチの硬い厚紙の筒にの入れられて送られてきましたので割れとかはありませんでした。ピックですがタンオイルでしょうか香がします。フェンダーのプラスチックのピックとこの木製のピックを弾き較べてみましたが、まあ音的にはほぼ同じでしょう。弾いている人がちょっと音が柔らかいかなとか感じる程度でしょうか。厚みが苦手な人には向かないかもしてないでしょうね。











magic guitar picks on the sheet






さて、24枚のピックですが、袋の中に一まとめに入ってきたので、シートの上において分類してみました。これは難しいですよ。パズルのようです。エボニー系とアフリカンブラックウッドは全然見分けがつかないですね。あとブラウン系で縦のシマが入っているものもかなり判りにくいですね。これで合っているかは不明です。(笑










magic guitar picks






オセージオレンジ、チューリップウッド、ブラッドウッド、ピンクアイボリー、パープルハートはかなりきれいですね。例によってカーリーメイプルにカーリーが入ってないのは残念です。ということでピックの色や木目がきれいなので買ってみたという感じでしょうか。木製のピックが45枚に増えたのでした。























  1. 2011/05/15(日) 18:06:39|
  2. ピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カーリーコアなもの




curly koa board





とうとう楽器じゃなくて、木自体に手を出したか。(笑 カーリーコアの板を買ってみました。トラメの入っているコアを選んでみました。











picks on the curly koa board






何をするのか?ってことですが、こちらの板ですが縦43センチ、横12.5センチです。このようにピックを並べてみると12.5センチの横に5枚並びます。ピックの長さが31ミリですから13列取れます。5 x 13 = 65とピックだけなら65枚取れます。木材の厚さは木製ピックの標準的な厚みと同じ3ミリなので、全く加工する必要はありません。
切って、紙やすりで磨いて、オイルフィニッシュという最低限の木工作業なら自分にも出来るだろうということで購入してみました。





糸のこ、ヤスリ、紙やすり、オイルと買わなければいけないので結構出費になるかな?とりあえず100円ショップで済めば安いんですけどね。

























  1. 2011/05/14(土) 15:24:32|
  2. ピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラメ君







フジゲンが作っているププケアコンサートデラックスの中古です。2000年代初めの製作のようです。ボディーはコアです。しかし、これはかなり良いトラメの木目ですね。普通だったら今このぐらいの木目だと20万円前後以上はするんじゃないでしょうか?クロコダイル柄のオリジナルケースもいいですね。トラメ好きの方はいかがでしょうか?






http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/142624286
ププケアコンサートデラックス
























  1. 2011/05/14(土) 12:21:30|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハープギター






ギブソンのハープギター1917年製。6弦ギターに10弦のハープがついている。トップがスプルース、サイドバックがメイプル。しかしバックのメイプルが良い木目してますよ。






http://www.j-guitar.com/sp/sea/ht/ml11322797.html
Gibson Style-U Harp Guitar 1917年製





























  1. 2011/05/13(金) 23:58:51|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンサート





kamaka hf-2 head 100727






カマカのコンサートホワイトラベル1970年代製。なかなか良い木目で良い色していますね。ちょっとヘッドのカマカのロゴが消えかかってますが。なかなか味のある一本ですね。どんな音がするんでしょうか。価格的にはお手ごろですね。






http://www.j-guitar.com/sp/sea/ht/ml12322303.html
カマカコンサートホワイトラベル1970年代

























  1. 2011/05/12(木) 21:18:57|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5C?






ギブソンL-5CをL-5CESに改造したモデル。66年製とみんなが欲しがるビンテージなのに60万円弱とお手ごろな価格。なかなかきれいなサンバーストですね。おいしそうなみかんという感じです。まあ、こういうのは詳しい見る眼のある人じゃないと判らないというところでしょうか?




http://www.j-guitar.com/sp/sea/ht/ml12212250.html
Gibson L-5C 1966年製

























  1. 2011/05/11(水) 23:53:30|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

音の違い



timber tones 1-3






Timber Tonesのギターピックの一番硬いリグナムバイタと一番柔らかいアフリカンマホガニーとFenderの普通のピックでカマカのソプラノを弾いて録音してみました。ピックの硬さによって違いはあるのでしょうか?順番はリグナムバイタ、アフリカンマホガニー、Fenderの順です。簡単に単音でソドミラ、コードCを弾いてみました。さて、音の違いはあるのでしょうか?どうでしょうか?




wood picks and fender pick comparison











私の耳には違いは判らないですね。波形を見るとリグナムバイタのほうがアフリカンマホガニーより波形が大きかったですが、1度の録音なので弾き方で変わる気もしますが。弾いているときに今のは硬いシャープな音だったとかマイルドな音だったとか感じることはありますが、そう感じただけなのかもしれません。

























  1. 2011/05/10(火) 19:09:05|
  2. ピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そろそろ





マスクしなくても花粉症の症状大丈夫かも。





100円ショップに行ってきました。ウクレレを積み重ねているのですが、ウクレレが入っていたダンボールを台にしているのでしなってきました。ということで補強のためにすのこを買ってダンボールの下にすのこを敷いてしなり防止です。





例によってつゆになりかけている感じもしますが。今年も恒例の湿気取り10パック買ってきました。


























  1. 2011/05/09(月) 23:55:39|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Timber Tones





木製ピックで弾くとギターやウクレレが温かい音で弾けるのではないか?そうだ、木製ピックを試してみよう。ということでTimber Tonesの木製ピックを大人買いしてみました。リグナムバイタ、アフリカンエボニー、マッカーサーエボニー、ソノケリン、ブラッドウッド、パープルハート、サテンウッド、ジャトバ、メキシカンボコテ、ゼブラウッド、ブビンガ、サントスローズウッド、アフロモシア、アフリカンサペリ、カーリーメイプル、ココボロ、オバンコール、アフリカンマホガニー、と全部で18種類ある。1セット3枚で850円なので、6セットで18種類大人買い?無駄遣い?をしてみた。






木製なので、木目も違うだろうし、撮影の仕方によってかなり色も違うだろうし、区別はつくのだろうか?どんな形で送ってくるのだろう?とまず考えてみた。ピック1枚ずつビニールの袋に入って、木の種類がわかるタグでもついてるのかな?それとも18枚全部混ざって送ってくるのかな?そうなると最悪どのピックがどの種類の木か判断できないだろうというのは想定できた。






送られてきた包みを開けると、3枚ずつプチプチに包んだものが6つ入っていた。チェックしてみると、木目も色もサイトに載っている見本と較べると結構違っていた。正直手違いで同じ木材のピックが2枚入っていても見分けがつかない場合もあるだろうと思われるぐらい素人には見分けは難しい。1~18まで1~3、4~6、7~9、10~12、13~15、16~18というように番号順に注文したのでたぶん3ずつ番号順に入っているだろうと仮定して木の種類を判別することにした。







・色的には蛍光灯の5ミリぐらいに近づけて見ると、サンプルの木の色と似ている色になるものが多い。サンプルの写真を撮るときにかなり強いライトを当てたと思われる。


・サンプルのようなわかりやすいはっきりした木目が全くなく単なる単色の木のピックというのはかなり見分けが難しい。







ということで、サンプルを何度も眺めたり、ピックを蛍光灯の近くまで持っていき色を確認したりで自分なりに仕分けしてみた。












timber tones 1-3


Hard
1.リグナムバイタ4500
2.アフリカンエボニー3320
3.マッカーサーエボニー3220






黒いの2枚と黄土色1枚で1~3と判断。しかしエボニー2枚はほとんどわかりやすい木目が見えないのでアフリカンなのかマッカーサーなのか判断に苦労した。サンプルをみてゆらゆらしてそうな木目をアフリカン、真っ直ぐそうな木目をマッカーサーとしてみた。合っているかどうかはわからないですね。(笑












timber tones 4-6



4.ソノケリン3080
5.ブラッドウッド2990
6.パープルハート2713






この3枚は4~6と判断した。ブラッドウッドとパープルハートは見本の写真と全然違う色の気がするが、右のピックは明らかに紫色なのでパープルハートとしてみた。それから考えるとブラッドは血だから赤めの真ん中のピック。ソノケリンはちょっとサンプルと似てるかな。












timber tones 7-9



Medium
7.サテンウッド2600
8.ジャトバ2350
9.メキシカンボコテ2200




この7~9はかなり難しい。サンプルを見るとメキシカンボコテがシマの木目がある。右のピックは木目がちょっと違うがシマがあるのでメキシカンボコテとしてみた。左と真ん中は目立つ木目のない単色の木でほぼ同じ色。これ同じ木材のピックじゃないかな?という感じ。サンプルを見るとサテンウッドよりジャトバのほうが色が濃いので色の濃さだけで決めてみた。ということで勘です。これはわからないね。(笑












timber tones 10-12



10.ゼブラウッド2160
11.ブビンガ1980
12.サントスローズウッド1780





ゼブラウッドとサントスローズウッドはサンプルと同じような縦縞の木目が出ていますね。ブビンガはサンプルのような木目は全くない単色の木。これ本当にブビンガ?














timber tones 13-15



Soft
13.アフロモシア1560
14.アフリカンサペリ1510
15.カーリーメイプル1450





残念ながら一番期待していたカーリーメイプルにはカーリーはなかった。表示をメイプルと変えたほうが正確な表示になるんじゃないですかね。この13~15のセットですがわかりやすい木目がない単色の木だと色の濃さだけで判断するしかない。ほぼ同じような感じなので7~9のセットと見分けがつきにくいですね。












timber tones 16-18



ココボロ1140
オバンコール900
アフリカンマホガニー830






左の真っ赤なピックは見本と全然違う色をしてますが、これココボロなんでしょうか?真ん中のオバンコールは見本の木目と色と似ていますね。右はアフリカンマホガニーっぽいですね。





ということで難航しながらも18種類のピックを分類してみましたが、合っているかどうかは不明。同じ木材のピックが2枚入っていないことを祈ります。(笑 まあこうなるとちょっと企画倒れだったかもしれないですね。(笑






さて、使った感じですがすべる感じもなく持ちやすいですね。エボニーの硬くてヒヤッとした感じは好きですね。
音ですが、ピックによる音の違いは聞いている人にはわからないかもしれないですね。弾いている人がピックの硬さとか感覚で、硬いピックは硬いシャープな音、柔らかいピックはソフトでマイルドな音というような感覚を持つかもしれないですね。

























  1. 2011/05/08(日) 20:40:43|
  2. ピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンティーク







作られて100年経つとアンティークと呼ぶようですが、あと何年か経つとこちらのクマラエさんもアンティークになるでしょうか?クマラエは博覧会で賞を取った1915年以降生産が増えたようです。しかしこのコアの木目かなり見事ですね。トップのブリッジ下に4本修理痕があるようです。木製楽器も耐久性にも限度があるようですが、丁寧に扱えばまだ持つんじゃないですかね。ロープバインディングもいい感じですね。音は素朴な音がします。弦はガット弦でしょうか?




http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01285588
Kumalae Soprano























  1. 2011/05/07(土) 23:12:01|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

物欲ぶつぶつ






そんな言葉はないですが、ゴールデンウィーク中はカーリーな物を検索。板を手に入れて、糸ノコでピックの形にくりぬいて、ヤスリで形を整えて、サンドペーパーで磨いて、オイルフィニッシュなんてどうでしょう?と思ったのですが、たぶん1つピック作るのにペーパーで磨くのに手間がかかって手が痛くなっておしまいって感じでしょうかね。





しかし、このカーリーコア材いい木目ですよ。でもカーリーコア専門に入札してる人がいるようで、3、4000円まで競り合っているようなので、素人にはちょっと正しい価格帯もわからないし、お得なのか、高すぎるのかの判断もつかないし、他人と競り合うのが面倒なのでカーリーコア材を自分で買ってピックを作るというのは企画倒れになりそうですね。





http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e114285361
カーリーコア材









さて、5月6日、今日からマスクをするのをやめてみたのですが、眼のかゆみのほうはないですが、鼻のアレルギーのほうは少し出るという感じですね。毎年いつからマスクして、いつマスクするのをやめるか微妙なタイミングがあります。

























  1. 2011/05/06(金) 23:21:51|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エンプロイーモデル





martinkun top






ショップ特注のマーチン3Mエンプロイーモデルですね。1920年ごろ従業員が1本自分のモデルを作れたというタイプのレプリカですね。見た感じ通常のマーチン3 Ukeと違うところはヘッドのひし形の装飾、7フレットの蝶ネクタイのポジションマークですかね。価格は3K Ukeと同じぐらいですかね。欲しい方はいかがでしょうか。




http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01283061
Martin Custom Style 3M Employee










アコースティックワールドという工房のマーチンのコピーモデル。ボディーはマホガニー、ヘッドの装飾とネックのポジションマークはStyle 5タイプ、ボディー下部にひげの装飾。ロングネックで、14フレットジョイント、19フレットまである。珍しいマーチンのコピーモデルが欲しい方はいかがでしょうか?




http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01285064
Acoustic World UK-3

























  1. 2011/05/05(木) 20:15:45|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ジン

04 | 2011/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search