ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

マーチンコンサート








martin 3c uke head






あのオークションに出ていたリサイクルショップのサイドとトップの接合部分のトップ板がラインに沿って欠損してしまって割れのある完全ジャンクのマーチンS-0は7750円まで行ったんですね。マーチンの人気恐るべしです。ところであのジャンクウクレレは何に使うのでしょうか?不思議です。DIYに使うんですかね?
















そのマーチンから2Ukeシリーズが出ましたね。某ショップにコンサートのマホガニーが入荷したようですね。コンサートは弾きやすいというコンサート派の方、ギアペグは使いやすいというギアペグ派の方、サドルが調整されているサドルが良いという方にはオススメですね。ただ価格帯が今なかなか動かないといわれている15万円弱なのでどのぐらいの方がこのウクレレを買うのかわかりませんが。まあ、コレクターの人は買わないでしょうね。ガンガン弾く人向けなのではないかと思います。あとショップSに2K Ukeと2K Concert Ukeがありますね。14.5と15万なのでこれもなかなか動かない価格帯ですね。





http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01397577
Martin 2 Concert Uke

























スポンサーサイト
  1. 2011/08/31(水) 21:00:16|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カマカ~








kamaka hf-1d 1999 head front






カマカのパイナップル2003年製です。ホワイトラベルから現行ラベルに変わったかなりな過渡期なもの。コアネックからマホガニーネックに変更し、コアボディー、パールロゴ、サドルナット牛骨。フレットが14フレットまでと2003~4年のかなり限られた期間の仕様ですね。





http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n97833349
Kamaka HP-1 2003年製

















カマカのテナーのPUつき2007年製の開始価格が1万円下がって8万からになりましたね。この1万円下がったので盛り上がって競り合う人たちがいるのがオークションなんですよね。






http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d122192057
Kamaka HF-3 2007年製
















シャーラーのペグは使いづらいとか、作りが雑とか、音程が合ってないとか言われているカマカですが、では、なぜカマカなのか?まあ、欠点だけ目立つなら日本製の職人が丁寧に作ったギアペグかゴトー製のペグのウクレレを買えばいいのではないかとおもうのですが。





オークションですが、カマカのソプラノは新品で7万円台でも在庫として結構残っているようですね。中古はというと中古ショップが出している価格帯5~6万だと売れ残っているという感じですね。不況で高く売りたいのか個人で中古ショップと同じ価格帯の値段をつけて売れ残っているケースが多いですね。後は最低落札価格ありで出品する人も増えてますね。まあカマカは最低落札価格にチャレンジして落札するほどのウクレレでもないのでしょうね。大体遊んで入札している人が多いですね。逆に安い価格からスタートすると熱くなって競り合って高めで落札ということが多いような気がします。いずれにしろオークションでもカマカは供給過剰という感じでしょうか。最近持っているウクレレコレクションを処分する人が増えているのですかね。ウクレレブームが終わったのか?不況なのか?というところですかね。
























  1. 2011/08/31(水) 13:47:28|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豪華ラインナップ








kamaka hf-1d 1999 head front






カマカの豪華ラインナップが1店舗で出てますね。まずはジェイクシマブクロの100本限定の5500ドルのテナー。でも、これは新品のようですね。ボディーはコア、ネックはマホガニーですね。14フレットジョイントで18フレットまでですね。これクラシックギターみたいなスロッテッドヘッドだったらもってよかったんですけど。






http://www.j-guitar.com/product_id56467.html
Kamaka Jake Shimabukuro Model















コレクターの放出でしょうか?カマカコンサートスペシャルコア2005年製。カーリーコアボディーに、マホガニーネック、白のセルと貝のバインディングにロゼッタ。指板の周りにはセルバインディング、ポジションマークも貝と特別注文のカマカコンサート。きっとお高いんでしょうね。






http://www.j-guitar.com/product_id56470.html
Kamaka HF-2 SK















カマカソプラノスペシャル2005年製。上のコンサートと同じで、カーリーコアボディーに白と貝のバインディングとロゼッタ。指板の周りはセルバインディング。これもたかいんでしょうね。






http://www.j-guitar.com/product_id56471.html
Kamaka HF-1 S















カマカのオータサンモデルのカスタム。材を指定して作ったということですがこれもお高いんでしょうね。






http://www.j-guitar.com/product_id56473.html
Kamaka HB-2D 2005年製















ジェイクモデルとカマカのコレクターの人が作った特注品のコレクションの放出でしょうか。自分の中ではジェイクブームも過ぎ、テナーも必要ありませんし、過度な装飾の楽器もあまり好みではないですね。まあ、庶民には手の届かないスペックのものですな。予算は10万円以下というのをがんばって守りたいと思います。






















  1. 2011/08/30(火) 03:15:51|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パイナップル









kamaka hf-1d 1999 head front






カマカのパイナップルホワイトラベルです。指板エンドがかまぼこのような形になっている珍しいタイプですね。サドルとナットが白いので牛骨に交換されてますかね。ペグはオリジナルかどうかは不明。中古ですのでいろいろと問い合わせは必要ですかね。






http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p255789453
カマカパイナップルホワイトラベル















カマカのパイナップルゴールドラベルです。指板がないタイプです。ブリッジからボディーエンドにかけて割れの修理が2箇所あるそうです。オールドカマカ特有の壊れですね。テンションの低い弦の使用が必要でしょうか?






http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d122129161
カマカパイナップルゴールドラベル















しかし、オークションでもカマカ随分出てますよね。オークションもカマカは供給過剰という感じでしょうか?
ビンテージというとプレミア感がまして、高く売れるんでしょうが、ビンテージって定義はあるんでしょうか?価値のある楽器がある程度状態良く残ればビンテージなんでしょうが、普及品の楽器が古くなったらビンテージになるのか?売る側からしたらビンテージと言って高値で売りたい気持ちはあるのでしょうが、どうなんでしょうか?
























  1. 2011/08/29(月) 20:20:32|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週末ケース









マルエのウクレレハードケース今週はソプラノケースが2つ出ていますね。こちら発売して1、2年でモデルチェンジがありましたので、旧製品、型落ち品ですね。新製品はクッションがなくパッチン錠が1つ多くなっています。オークション利用者の方々、あまり熱くなると、型落ち品で結構傷とかがあってプラス送料で、新製品を買うのと変わらない価格になることがありますが、もうちょっと冷静に安く購入したほうがいいのではないでしょうか?




http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v212910305
Marue MPG-AI-US




http://page15.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t225926019
Marue MPG-AI-US























  1. 2011/08/28(日) 19:49:59|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帳じり合わせ








ichirosuzuki2011.jpg






マリナーズのイチローはホワイトソックス戦で5打数2安打のマルチヒットを記録した。ここのところ9試合連続ヒットと調子を上げてきている。ここ10試合でヒット15本、一試合平均1.5本のヒット、打率も2割7部3厘打と打率はいまひとつだが、1試合のヒットペース的には調子の良いときのペースである。





8月が後5試合、9月が27試合の残り試合32試合で、200本安打まだあと52本である。今月の5試合でどれぐらいヒットを打てるかというのが第一段階だといえる。というのは月間50本安打というのは記録的なヒット数で、2004年にイチローが年間262安打を打った時に3回マークした記録である。今月残り5試合でどれだけヒットを打って、最後の月9月の27試合に臨むかが重要になってくる。





まあ、イチローのことだから、200本打って、「1度も200本打てないなんて思ってなかったですよ」なんていうんだろうけど、今年はベテラン日本人メジャーリーガーにとって岐路の年であることは間違いない。





イチローカウントダウン
残り試合32試合
8月27日現在今期148安打
メジャー新記録200本安打11回まであと52本
メジャー通産400盗塁達成
日米通産600盗塁達成

























  1. 2011/08/27(土) 23:02:37|
  2. イチロー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大破









さて、大破と言っても弦が3本切れただけなんですが。いつも出しっぱなしにしているストラト。先週朝起きてみると倒れていて、どこか強打したようで弦が3本切れてました。まあ、高いギターだと運悪くネックが折れたりするんでしょうが、安いギターに限って何回も倒れていますが、ネックが折れたことがありません。






で、今日はフレットをピカールで磨き、他の金属部分も磨いてみました。弦を交換といきたいところですが、磨いたところで飽きてしまい放置中です。











大破と言えばこちらも凄い。どうするとこのように壊れるのでしょうか?横に立てておいたところの重い荷物を置いたのかな?また、完全に壊れているジャンクを売ろうとするのも商魂たくましいですね。ケースとペグの部品取りという感じでしょうか?もしくは壊れたのを修理するDIY用ですかね。これは凄い。





http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p248973860
マーチンS-0 Uke























  1. 2011/08/26(金) 23:44:28|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カマカ12連発







kamaka hf-1d 1999 head front






そろそろ夏も終わりですね。昼間のセミの鳴き声から、夜の虫の鳴き声に変わる時期ですね。ウクレレの季節も終わりですね。今年はボーナス時期でもウクレレを買ったという人が少なかったような気もしますが、ウクレレって流行ってるんでしょうか。もうそろそろイワオさんのたのしいウクレレ番組の影響も全くなくなった頃かもしれないですね。2008年の秋でしたから、その時ウクレレを買った人は弾かなくなってクローゼットにしまってあるか、もう売り払ってしまっているかも。





さて、カマカを見ても欲しいと思わなくなったので、これはカマカ欲しい欲しい病は終わったようです。6月は凄く欲しかったんですが、カマカの中古購入は難しすぎて素人には無理という現実もわかったからでしょうか。





かつてはカマカのソプラノの中古が6万円で出ると即日ホールド、ソルドアウトという感じだったのですが、現在はショップのカマカのソプラノの中古の在庫期間が1ヶ月前後と延びていているので買取価格もかなり下がっていて、中古ショップの買取をやめて、オークションで売ろうとしている人が増えてるんですかね?まあ、カマカの新品の在庫も日本は世界最大の本数がありますからね、カマカの需要と供給のバランスがかなり変わってきたのでしょう。でも、オークションで売っている人は結構高めの価格設定の人が多いですね。















①は人気のオータサンモデル2004年製ですね。サウンドホール右下は傷でしょうか?ペグがゴールドパーツのペグに交換されてますね。シャーラーのペグが好みではない人にはオススメではないでしょうか?ケースの内部がどうしたのでしょうか?内装が改造されているのでしょうか。





②はカマカのパイナップル1920年代製のクレストデカールというものらしいです。指板のないタイプで、木製ペグです。クラックの補修が何箇所かあるようです。





③カマカのソプラノゴールドラベル1960年代製です。サドルが白いもの、牛骨でしょうか?交換されてますね。また、グローバーのギアペグに改造されていますので、精度の高いギアペグが好きな方にはオススメですね。





④カマカのパイナップルホワイトラベル70年代製。ボディー、ネック、指板がコア。サドルとナットが牛骨に交換されてますね。サドルが太き感じがしますが。もしかするとブリッジの溝を削って、サドルを厚くして、オクターブ調整が行われているかもしれないですね。これも③のウクレレを同じ出品者でグローバーのギアペグに改造してありますね。ギアペグが好きな方にオススメですね。改造に関しては質問した方がいいですね。プロのリペアマンによるものなのか、素人のDIYによるものなのかチェックは必要ですね。





⑤カマカのソプラノの中古です。現行ラベルで12フレットジョイント、12フレットまでですので2002年前後と思われます。相当この木目が気に入っているようですから簡単には手放したくないようです。最低落札価格ありの設定に変えたようです。





⑥カマカのソプラノホワイトラベルです。指板のエンドが斜めになっているタイプですね。73年から80年代前半の製品ではないかということです。





⑦カマカのソプラノホワイトラベルです。指板のエンドが真っ直ぐなタイプです。30年前に購入ということなので70年後半から80年前半の製作でしょうか。傷があるようなので問い合わせは必要ですかね。





⑧カマカのソプラノゴールドラベルです。指板のない、木製ペグのウクレレです。古いものが好きという方にはオススメですね。





⑨カマカのテナー2007年製です。ピックアップ装着しています。当時の定価の58%からの開始です。





⑩カマカのソプラノゴールドラベルです。指板あり、普通のストレートペグです。弦が1本ないそうです。





⑪カマカのパイナップルホワイトラベル1998年製です。12フレットジョイント、12フレットまでです。きれい目の最近のホワイトラベルが欲しいという方にはオススメですね。





⑫カマカのコンサート2010年製でしょうか?定価の6割の7.5万が中古価格とすると買取価格はその6割の4.5万円でしょうか?開始価格が少しずつ下がってますが、コンサートの欲しい方はいかがでしょうか?












http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b126263901
①Kamaka HB-2D 2004年製






http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m91987407
②カマカパイナップル1920年代製






http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r80926788
③Kamakaソプラノゴールドラベル1960年代製






http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r81209549
④Kamakaパイナップルホワイトラベル1970年代製






http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e113069582
⑤Kamaka HF-1






http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w65542289
⑥Kamakaソプラノホワイトラベル






http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d121973037
⑦Kamaka ソプラノホワイトラベル






http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d121913119
⑧Kamaka ソプラノゴールドラベル






http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g106322137
⑨Kamaka HF-3 2007年製






http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n103312264
⑩Kamaka ソプラノゴールドラベル






http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m91901371
⑪Kamaka HP-1 1998年製






http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h155459424
⑫Kamaka HF-2 2010?年製
























  1. 2011/08/25(木) 14:57:01|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ネックの厚み









さて、ご無沙汰しています。土曜から月曜日まで新潟の長岡というところまでぶらっと行ってきました。新潟はご飯が上手いと評判は聞いていたのですが、土曜の夜ぶらっと外に出てみましたが、すでに店は開いておらず、というか店はあるのか?で、日曜の昼に地元の洋風カツ丼の店があると言うので行ってみると準備中。で、結局パスタを食べました。ということで食べたのはコンビニのご飯とホテルの朝食のご飯。ご飯が上手いのかわからずに新潟から帰ってきたのでした。で、土曜日に書いておいて、アップできなかった記事です。







kamaka hf-1d 1999 head side






さて、楽器を弾いていてあれ?っと違いに気づくことがあるはずです。カマカのソプラノデラックスホワイトラベルを弾いてみて、ちょっとネック太いなと思ったので、ソプラノのウクレレ19本、1フレットの真ん中あたりのネックの厚みを測ってみました。





カマカのネックの厚みは大体が15ミリ、それに対してソプラノデラックスのホワイトラベルだけ16ミリでした。ホワイトラベルってネックの厚みあるのでしょうか?ホワイトラベルは1本しか持っていないのでわからないです。





もちろん一番太いオイハタのウクレレを弾いたときも太いと思いましたね。オイハタのネックはクラシックギターの形状に近いですかね。マーチンを始めて弾いたときもがっちりとした太いネックという印象がありました。茶位はちょっと丸に近いネックなので、平な弧の方が弾きやすいかなと思います。





薄いネックの方が弾きやすい、厚いネックの方が弾きやすいと人それぞれ好みはあると思いますが、私の場合は15~17ミリの厚みのネックが弾きやすいですかね。普段弾いているエレキギターが18ミリぐらいですのである程度厚みがあったほうが好みと思います。






日本のナカニシ系、ティーズ系のウクレレのネックは12~14ミリと細めですね。






kamaka hf-1 2007 15
kamaka hp-1 2002 14
kamaka hf-1 2003 15
kamaka hf-1d 2001 15
kamaka hf-1d 1999 16

t's sm-3m/'33 13
t's sd-300pf 12
t's sd-220/ltd 13
t's es-101 13
luna ls-7r 14
luna ls-3m 13

martin 3 uke 15
martin 3k uke 15
martin 3c uke 15

nakanishi pm-85 13
nakanishi maple 13

asturias v maho 14

chai no.35 17

oihata st-1 17

















  1. 2011/08/23(火) 18:44:43|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ソプラノ~








kamaka hf-1d 1999 head front






カマカのソプラノ2010年製の中古です。ボディーコア、ネックマホが二―、指板ローズウッドの現行モデルの昨年のものです。定価の60%での販売ですね。中古ですので状態は問い合わせてから購入してくださいね。






http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01386021
Kamaka HF-1 2010年製















この前から気になっていたのですが、新品がナナロッパ。





http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01385445










ナナロッパを引いてクリスのサインがにいさんまる





http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01377223











ナナロッパを引いてブルースサインがよんいちにってことかな?




http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01300969























  1. 2011/08/19(金) 11:16:32|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ユニーク









前からユニークだとは思ってたんですが、エレウケのピーナッツマホガニーです。ピーナッツの形してますね。ボディーネックはサプレマホガニー、指板はローズウッド、13フレットまであります。サドルの下にピエゾピックアップが入ってますね。そして糸巻きはギアペグが装着されています。ソリッドエレキウクレレの場合重くなるのでいかにボディーを軽くするかは重要ですね。細くすればその分軽くなるってことですね。持ちやすさはどうでしょうか?







http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01371955
Eleuke Peanut Mahogany






















  1. 2011/08/19(金) 05:51:10|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3本比較









lunakun hard case open

Luna LS-3M













asturias soprano custom vintage maho top

Asturias Soprano Vintage Mahogany














http://webcache.googleusercontent.com/search?hl=ja&rls=com.microsoft%3Aja%3AIE-SearchBox&rlz=1I7GGLR_en&q=cache:MDM0fnFPOrYJ:http://item.rakuten.co.jp/str-garage/415-01/+headway+hus%EF%BC%8Dmm&ct=clnk
Headway HUS-MM










さてさて、ただ今いいなと思うのはププケアソプラノデラックス、アストリアスソプラノハカランダです。あの7万円台のププケアは売れてしまったようですね。アストリアスのハカランダは10万円と予算オーバーですし。ププケアは1度も弾いた事がないので今後注目してみましょう。





好みとして手ごろな価格でマーチンタイプというとヘッドウェイがありますが、今回はHeadway HUS-MM、同価格帯のLuna LS-3M、スペックが類似しているAsturias Soprano Maho 17を比較してみましょう。




Headway HUS-MM / Luna LS-3M / Asturias Soprano Maho 17
ボディー:マホガニー / ホンジュラスマホガニー / マホガニー
ネック:マホガニー / ホンジュラスマホガニー / マホガニー
指板:ローズウッド / ローズウッド / ローズウッド
ブリッジ:ローズウッド / マホガニー /
ナット・サドル:/ 牛骨 / ボーン
ペグ:ゴトーUKA-4I / ゴトーC-5 / ゴトー
ジョイント: 12 / 12 / 12
フレット数: 17 / 17 / 17
塗装:サテン / サテン / サテン
ポジションマーク:ドット / ドット / ドット
装飾:なし / センターライン、ロゼッタ、ヒゲ、バインディング / なし
定価:89250円 / 89250円 / 52500円
実売価格:71400円 / 71400円 / 42000円










同じ定価、同じ実売価格のヘッドウェイとルナを較べるとホンジュラスマホガニーを使って、センターライン、ヒゲの装飾まであるルナがスペック的には圧勝ですね。ルナの音はかなり良いですから、ヘッドウェイがどんな音がするのか較べてみたいですね。





どちらのメーカーもどんなマホガニーを使っているのかわからないですが、ヘッドウェイとアストリアスはスペック的には同等ですね。実売価格ではアストリアスが圧勝でしょうか。2年前にでたアストリアスのビンテージマホと比較したらスペック的にも、価格的にもアストリアスが圧勝でしょう。ただヘッドウェイにはケースが付属する分価格はちょっと上がるんでしょうね。






ギターでは成功を収めているヘッドウェイです。ウクレレもそれに合わせて高品質、高技術でアピールしている感じです。日本のウクレレでは人気的にはティーズが独走状態という印象を持っています。高品質・高技術だったらヤイリ、フジゲン、アストリアスと結構有名なギターメーカーがウクレレを作っている例はありますからね。何か他にアピールポイントは必要でしょうね。まあヘッドウェイのウクレレを弾いた事がないのでわからないですが、もしかしたら凄く良い音なんて言うこともあるかもしれないですね。





ヘッドウェイはかなりディスカウントされたものが出てますよね。一時期ウエブ直販店で66%引きの29900円で出ていましたから、かなりの割引ですよね。高品質・高技術で押したため価格設定が高くなってしまったんですかね?製品の類似性から言うと、ハワイタイプとマーチンタイプ2種類のアストリアスあたりと品質と価格と多様性で勝負ということになるんじゃないですかね。ちょっとレビューで板厚が薄いっていうのは気になりますね。





ヘッドウェイとププケアは買ったことないので音を試してみたいですね。






















  1. 2011/08/18(木) 06:16:08|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

海外での楽器購入の注意点









さて、ただ今1ドル76円台です。海外で楽器の買い物をしたいところです。こちらのブログでウクレレの海外での購入について何回も書いていますが、とにかく安いから買ってしまおうと無責任に購入を勧めているわけではありませんので誤解のないようにお願いします。海外で購入する時は注意も必要です。注意点について考えてみましょう。






まずは、商品の問い合わせから始まります。アメリカでの買い物の場合は商品に関してしっかり質問して納得してから買ったほうがいいですね。英語で質問して英語の回答が返って来るということになります。新品、中古に関わらす問い合わせが必要です。特に中古の場合は質問が必要です。ウクレレの価格、送料はいくらか、何年製か、展示品かどうか、弾き傷、打痕、傷、割れ、剥がれがないか、塗装クラックはないか、ネックは真っ直ぐか、音程は合っているか、改造・修理歴はないか、私はだいたいこのぐらいの質問はしています。トラブルがあった場合、最後まで英語で処理できる英語力は必要でしょうね。特に中古に関しては英語で細かく質問する必要があります。ちゃんとしたショップを選ぶことも必要ですね。私の場合はアメリカへ留学したことがありますから、そこそこ英語はできますが、英語が苦手という方は苦労するかもしれないですね。






海外から送られてきた楽器が入った箱には、箱に大きな破損がある場合は開封せずに連絡をしてくださいとか、夏は楽器が高温になってますので数時間冷ましてから開封してくださいとか英語で注意書きもありますね。英語がちゃんと読めることも必要ですね。






ハワイには日本語で質問できて、購入しやすいショップもあります。日本語の購入ガイドもありますので、しっかり読みましょう。





まず、ハワイ製のウクレレは大まかな作りである。と前置きしてあります。返品にもそれなりのルールがあるようです。





・木目が気に入らない、音色のイメージが違う

・多少音程の誤差はある

・小さな傷がある

・塗装が雑である

・弦高が好みの高さではない






以上の場合の返品・交換は送料と関税は顧客負担です。






新品のウクレレを調整や改造をしてしまった場合は返品・交換はできません。届いてすぐ弦高調整したり、オイル・ワックス類をかけたり、ナットとサドルを交換したりはやめたほうがいいですね。まずは隅から隅まで検品しないといけませんね。






返品する場合は梱包を責任を持ってしないといけません。ずさんな梱包で壊れた場合は代金が請求されるそうです。






返品可能なのは不良品ということですから、構造上の欠陥がある場合ですから、割れがあったり、はがれがあったり、ネックの反りがあったりと明らかに欠陥がある場合のみ返品・交換可能ということなんでしょうね。返品するのにも、ショップに連絡したり、返品の方法を確認したり、梱包したり、宅急便の手配をしたり、返金方法を伝えたりと、それなりの手間がかかります。まあ、日本でも返品するときはそれなりの手間がかかりますよね。






国内、海外に関わらず楽器購入って素人には難しいですから、いずれにしろ手間と労力は掛かるということですね。






円高だから何も考えずにどんどん買っちゃいましょうと無責任に勧めているわけではありませんので。海外で楽器を購入するときは私は楽器に関して質問したりしてそれなりの手順を踏んでいるつもりです。楽器購入は失敗することもあり、それなりの手間と労力が掛かるということも考えて購入してください。






















  1. 2011/08/17(水) 17:11:27|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日は









ネットサーフィンしていると宮之上貴昭、岡安芳明、田辺充邦のジャズギターリスト三氏によるスーパーギターがあるということに気づいた。これは行かなくては。と思ったのですが、5日に1つ目の締め切り、そして15日が2つ目の締め切りということで行けるわけがない。現実に戻ったのであった。締め切りは23時59分59秒。24時になったとたんにパソコン操作が全くできなくなるという素敵なシステム。ということで仕事を続け23時ごろ無事仕事完了。締め切りに間に合ったのでした。





さて、CDを買わなくなってしまった今日この頃ですが、今買おうかなと思っているのが宮之上氏のI Remember Wes。Wes Montgomeryへのトリビュートです。視聴してみたいと思うのですが、何か最近パソコンのウィルスソフトががんばりすぎて簡単に視聴できないのが残念。ちょっと視聴できるところを探してみましょう。
























  1. 2011/08/16(火) 06:57:21|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウクレレの目標って何?









普通楽器を買って目指すのは演奏が上手になることですよね。ですから、最初から使いづらいとか、音程の合ってないウクレレは買わない方がいいでしょうね。演奏が上手になる妨げになるわけですから。それを直すのが目的という人はたぶん方向性が楽器製作が目標とかになるんでしょうね。楽器演奏とは方向性が違うものです。ちゃんとした楽器を買って演奏の向上を目指しましょう。買ってすぐに、ナットとサドルとペグを交換して音が良くなった、なんていう楽器は買わない方がいいですね。まあ楽器DIYが目的なら別ですが。






エレキギターだとトラスロッドが入っていてネックの反りを調整できるようになってますよね。ネジを回すだけでブリッジの高さも調整できて弦高の高さやオクターブ調整もしやすいですね。






アコースティックギターもトラスロッドが入ってますからネックの反りの調整はできますね。ブリッジのほうはサドルを削って弦高を調整するぐらいですか。ただマーチンのギターでは特殊な形をしているサドルもあるのでサドルの調整はプロに頼んだほうがいいかもしれないですね。






問題はクラシックギターとウクレレですね。ネックが反ったらトラスロッドが入ってないですから、致命傷になることもありますね。アコースティック系はネックの反りの他に、ブリッジ周辺の膨らみ、トップ落ち、ネック起きなど気をつけないといけないといけないでね。もう直らない場合もあります。






そもそもクラシックギターは高価ですから、工房へ調整に出すのが普通じゃないかと思いますが、ウクレレは微妙ですね。4万円のウクレレ買って、調整・修理に1万円掛かったら結構な出費ですよね。1万や2万のものなら調整・修理に出さないで新しいのを買ったほうがいいですね。






買うときは、打痕・傷・割れ、塗装の割れがないか、ネックは真っ直ぐか、修理歴・改造歴はないか、音程は合っているか、トップ落ち・トップの膨らみはないか、ネック起きはないか調べて買うべきでしょう。





どうも自分で改造をする人が多いようなので改造の質も楽器店に問い合わせる必要はあるかもしれないですね。前のブログネタのウクレレの匠の話でもあるように、ブリッジが1センチずれていたら、ブリッジの溝を削ってサドルを太くする方法ではオクターブ調整はできないですから、プロがした修理・調整なのかもチェックする必要はありますね。






コアの希少性はあるかもしれないですが、いくらカマカがウクレレの王様といってもハワイではソプラノからテナーまで700~1100ドルで、日常的に使われ、音楽の授業でも使われる普及品です。それほどレアなもの、高価なものとして扱う必要もないのです。それに今円高ですからね、6万~10万でソプラノからテナーまで買えます。カマカが好きな方はハワイのオンラインショップからウクレレを輸入して安くウクレレを手に入れるチャンスですね。























  1. 2011/08/15(月) 02:26:46|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ケース









マルエのウクレレケースMarue MPG-AI-USです。旧型のケースですので型落ち品ですね。今回はお盆ということで明日までのようです。毎回熱くなる人がいるので気をつけましょう。旧製品ですので高く買うと損かもしれません。




http://page22.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l84979030
Marue MPG-AI-US




http://page22.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l84979028
Marue MPG-AI-US
























  1. 2011/08/14(日) 21:36:20|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大改造!!劇的ビフォーアフター






kamaka hf-1d 1999 head front






ウクレレ界では「ハワイ製のウクレレは作りが荒く楽器としてはそのままでは使えない」というのは定説として信じられているようです。いつから言われだしたのか知りませんが、かなり多くの人が信じているようです。





ショップによってはハワイ製のウクレレのペグを交換し、調整を行い、ショップのマークを入れて、別物に改造してから販売しているショップもあるようです。





多くの人からハワイ製のウクレレは使えないということから次のようには確実に思われているようです。






ハワイ製のウクレレの評判

ハワイ製のウクレレは作りが荒い
シャーラーのペグは音程が合わない
シャーラーのペグは堅くて使いづらい
シャーラーのペグは交換があたりまえ
ナット、サドルは牛骨に交換しないといけない
ハワイ製のウクレレはピッチ調整が必要
弾きやすいように弦高調整が必要
フレット処理がきちんとされてない






ですから、ウクレレ通の人たちはハワイのウクレレは使えないから調整が当たり前、ペグ交換は当たり前と考えられているようです。私のブログで結構なんでペグ交換するんでしょうねと言っていたので、通の人が見たら笑っていたのかもしれないですね。






まあ、プロのウクレレ職人・リペアマンが見てこれはひどいと思うものがあるようなので、全く嘘ではないようです。





http://form.cocolog-nifty.com/form/2004/11/post_8.html
ハワイ製ウクレレ





オクターブチューニングとフレット処理は必要なようですね。






それで調整って何をしているのか?ド素人の私にはわからないので実際にみてみましょう。





まず今回ウクレレの匠によって劇的に大改造されたハワイ製のウクレレはこちらです。





http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01334429
カマカソプラノホワイトラベル1997年製





見た目としてはペグが交換されてますね。この年代のカマカのナットとサドルは黒のカーボンですから、ナットとサドルが牛骨に交換されてますね。あとはブリッジのサドルの溝が削られて太いサドルが入れられてピッチ調整がされてますね。






フレット調整というとフレットに手が引っかからないようにフレットの端の処理やフレットのすり合わせをして弦のビビリをなくす作業もするようです。






ということでウクレレ通で知識もあり、器用な人はウクレレDIYを兼ねて、ウクレレの匠となって大改造をやってしまうのは当たり前のことであり、当然なのです。






http://form.cocolog-nifty.com/form/2005/10/post_ad0b.html
ウクレレピッチずれ





ただし、気をつけたいのはプロの工房をチェックしてみると、ブリッジが1センチずれている場合は、ブリッジの溝を広げてサドルを厚くしてピッチ調整では対応できないようです。ブリッジを一度はずして、弦長をしっかり計って、ブリッジを正しい位置に取り付け直して、塗装しなければいけないそうです。ですから専門的な知識を持った技術のある人による修理・調整が望ましいのではないかと思います。






中古ショップで、ペグの交換、ナットサドルの交換、ピッチ調整されているウクレレを見つけたときは、信頼できるリペアマンが改造したのか、趣味のDIY的な改造なのか確認した方がいいですね。






しかし、ハワイのウクレレはそのままでは楽器として使えないといわれていようですが、カマカ社あたりに質問してみたいですね。なぜ日本人に使いづらいと不人気なシャーラーのペグを使うのですか?とか、音程の調整はちゃんとしているのですか?とか。フレット処理はちゃんとしているのか?とか。いくら温厚なハワイの職人でも怒るだろうな。






私は絶対音感がないので、音が合ってなくても気が付かないので、カマカにはぴったりのウクレレプレーヤーでしょうか?





「ハワイ製のウクレレは作りが荒く楽器としてはそのままでは使えない」というのはここまで来るとハワイ製のウクレレ全否定という感じですからハワイ製のウクレレは買うのはやめて、買うなら日本製のきちんとした音の良いティーズあたりを買うのがいいんじゃないですかね。





ちなみに私はハワイのウクレレが好きです。特に素朴な音がいいんじゃないですかね。カマカのウクレレも買ってきたままで使ってます。不人気なシャーラーもペグも作りの荒さも含めてカマカが好きですね。




たぶん好きじゃないと、何か変だなと疑問を持ち、で、大改造して、そのあとは使わずに放置して、そのうちショップに買い取られるということになるんじゃないですかね。ですから気に入らないんだったら、改造せずに売り払いましょう。
































  1. 2011/08/13(土) 03:44:26|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

テナー






dekamakakun head






カマカのテナーホワイトラベルです。ボディーコアです。ネックは2ピースなのでコアネックでしょうか?何年製でしょうか?わかりません。ギアペグが装着してあります。9.8万からの開始です。カマカのテナーが欲しい方はいかがでしょうか?






http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g105994111
Kamaka HF-3ホワイトラベル
























  1. 2011/08/12(金) 10:39:41|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

価格









さて、カマカのソプラノ2009年製です。ボディーはコア、ネックマホガニー、指板とブリッジがローズウッドです。定価の58%の開始価格です。





http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d121650387
Kamaka HF-1 2009年製















何週か出ているマーチンの3Ukeですが、10万弱に開始価格を設定しなおして、入札が入りましたね。






http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e116794901
Martin 3 Uke 2008年製















前回3Ukeが出たときは109000円で落札でしたが、こちらはどこまで行くでしょうか?熱くなる人がいますから意外と伸びるかもしれないですね。





どちらもやはりある程度の金額を出して買ったウクレレでしょうからそれなりにある程度の価格で売りたいのでしょうね。しかし、最近は買取価格が下がっているということですから、99750円で買ったカマカが30000円または2万円台で買取なんてことがあるのかもしれないですね。





マーチン3Ukeの実売価格は235200円ですが、定価が294000円ですから、中古の販売価格は定価の60%で176400円で、買取価格は中古売値の60%で105840円ぐらいでしょう。しかし今105000円で買い取ってくれるかはわかりませんね。今中古のマーチンを176000円で販売したら長期在庫になる可能性は大きいですよね。ですから販売価格を下げるとすると買取価格は7、8万円ということもあるかもしれないですね。























  1. 2011/08/11(木) 01:09:04|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チョイキズ特価









ヘッドウェイのHUS-100マホガニー単板のソプラノウクレレです。今主流となってきている14フレットジョイントです。チョイキズ特価ということでいちきゅっぱ。なんとも魅力的な価格。付属のケースが欲しいのですが8000円ぐらいするのでウクレレは12000円ぐらい?でも、どうせ買うならマーチンタイプの12フレットジョイントのHUS-MMが欲しいのですが。一時期66%オフのにっきゅっぱで売ってたことがあるようです。気づいてたら買ってたかも。残念です。




http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01181025
Headway HUS-100
















ヘッドウェイはギターではそこそこファンのいるギターメーカーだと思いますが、ウクレレプレーヤーの間では人気はどうなんですかね?個性的なデザインのラウケは結構高目の価格設定でしたが、処分特価だったのでしょうか?一時期かなりの割引で出ていて、もうあまり出回ってないようです。ラウケの次に出たのが、マーチンタイプのHUSシリーズでしたが、続いてHUSのあとに100とか200とか番号の付いた普及シリーズですね。これもかなりのディスカウントで出てますね。そして次にコリングスのウクレレにそっくりな15~20万円の今一番売れない価格帯のウクレレですね。





HUS-MMは出た当時購入も考えたのですが、Lunaのマーチンタイプのウクレレと価格帯がかぶってて、普通の販売価格では買わなかったんじゃないかと思います。でも66%オフなら欲しいな。























  1. 2011/08/10(水) 14:04:48|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パイナップル








aranjuezkun and pineapplekun

カマカのパイナップル2009年製中古です。ボディーコア、ネックマホガニー、指板とブリッジがローズウッドの現行品です。定価の48%からの出品です。






http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p246996896
Kamaka HP-1 2009年製














最近値下がりしているカマカですが、いまウクレレを何本も買うという経済状態じゃないのでしょうかね。ウクレレ人口のほとんどが十分ウクレレを持っているという感じになってきたんでしょうか。そうするとわざわざ普通のカマカのウクレレを買うという感じでもないのでしょうか?それとも古いものは状態が難しいので敬遠されがちなのか?まあいろいろ複数の理由があるのでしょう。








オークションの傾向としては、中古ショップよりも少しでも安くという消費者心理は感じますね。それからパイナップルは3万円台以下で、ソプラノは4万円台以下でという傾向はありますね。さて、最近は中古ショップでカマカのパイナップル中古5万って結構ありがちなので中古ショップに近い価格ですね。























  1. 2011/08/09(火) 20:23:47|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S-0







martin 3c uke head






生産終了になったマーチンのS-0 Ukeの中古です。安い価格でマーチンが欲しいという方にはこれ良いのではないでしょうか?1万円開始です。さていくらで落札されるでしょうか?






http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d119496200
Martin S-0 Uke中古























  1. 2011/08/08(月) 18:46:09|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週末ケース









今週の週末に出るマルエのケースですが、コンサート用が1つ、ソプラノ用が2つです。先週もそうですが、かなり熱くなってますね。4箇所に入札したのが1人、3ヶ所が2人、2箇所が4人。本当にケースが欲しかったのか?安く買って転売しているのか?価格を吊り上げているのか?わかりませんが、送料1000円かかりますから、実売価格を調べて、あまり熱くならずに、実売価格に近くなるようだったらやめたほうが良いですよ。






今頃気づいたのですが、このケースですが仕様の古いケースなんですね。クッションが付いているのが古い仕様です。たまに写真にクッションが付いてないのがありますので、クッションがないのを買うと損ですよ。古いケースはクッション付きで、手前の引掛パチン錠の金具が二つです。新しい仕様はクッションなしで、手前の引掛パチン錠が3つです。仕様が古くなったケースが大量に安売りする会社に流れたんでしょうね。でも、ちゃんとしたケースならきちんと正規の価格で売った上で、仕様変更すれば良いと思いますが、何か理由があるのでしょうか?






発売されて1年ほどしか経ってないと思ったのですが、なぜ仕様変更でしょうか?まあ単純に考えるとクッションは役立たないし、コストが掛かるのではずしたということですが。自分の経験ではフタがぴったり合わないケースが送られてきたのですが、それから考えると、作りが雑すぎるので何かの改良を加える必要があったとも考えられますね。オークションを見ると傷とか汚れのあるものばかりですよね。





http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p252745815
Marue MPG-AI-UC




http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v210006031
Marue MPG-AI-US




http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v210006037
Marue MPG-AI-US























  1. 2011/08/07(日) 17:59:54|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

めずらしく








kamaka hf-1d 1999 head front






普通オークションですと、カマカなら必ずカマカと商品名が掲示がされていますが、一言もカマカと書いてありません。カマカのコンサートホワイトラベルです。ボディーとネックはコアですね。ボディーは平凡な木目ですが、ネックに一部カーリーが入っています。1000円スタートですでに熱くなって6日を残して39000円になっています。







http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r80355718
カマカコンサートホワイトラベル
























  1. 2011/08/06(土) 22:23:59|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビンテージ対決









カマカのソプラノゴールドラベルが2本並んでますが、1本は指板あり、もう1本は指板なしですね。




http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h155517224
カマカソプラノゴールドラベル




http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g105766829
カマカソプラノゴールドラベル















同じような人たちが入札している気もしますが。まあ、オークションではカマカを3、4万で落札したいという感じですね。あとは平均価格以下で出ている商品を買って転売する人も多いんでしょうね。























  1. 2011/08/06(土) 19:13:07|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

格下げ









スタンダードアンドプアーズが米国債格付けをトリプルAからダブルAプラスに下げた。米国債の格付けが下がるのは史上初めて。先進7カ国では格付けが下げられたのはイタリア、日本に続いて3カ国目です。






アメリカ国債格下げということは週明けから金融市場は混乱しそうですね。株安、ドル安、債券安のトリプル安の可能性もあるとか。混乱に乗じて儲けようとする投機家もいますから注意が必要ですね。さて、今週末の海外のオンラインの買い物はどうなんでしょうか?専門家ではないのでなんとも言えないですが、様子を見たほうがいいかもしれないですね。まあ、ウクレレどころではない景気になるかもしれないですね。























  1. 2011/08/06(土) 15:30:16|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マーチン








martin 3c uke head






こちらも同じショップのセールです。そろそろ決算時期なんですかね?今度はマーチンです。セールと言ってもマーチンですのでそれなりの価格です。






マーチンスタイル2の1920年代製です。マホガニーボディーとネックですね。12フレットジョイントで12フレットまで。トップとバックに白いセルバインディングが施されています。ペグがフリクションペグですので、ビンテージに理解があり素朴な音を楽しみたい人向きですね。そうでない方はペグの交換ということになりますので改造が前提になりますね。






http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01373813
Martin Style 2 1920’s製















マーチンのスタイル1の1950年代製です。マホガニーボディとネックですね。トップとバックにベッコウ柄のセルバインディングが施されています。スタイル2と同じポジションマークは4つ、5、7、10フレットに1、2、1の配列であります。






http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01373788
Martin Style 1 1950’s製















オンラインJギターをチェックしてみると、スタイル0で59800円からビンテージは出ているようです。スタイル1で84000円から、スタイル2で89800円からという感じですね。もちろん音色が気に入るかなどあると思いますが、ビンテージですから、傷、打痕、剥がれ、割れ、割れの修理など修理歴、塗装の割れ、はがれなどの状態の確認は必要ですね。それからペグが使いやすいか、音程は合っているか、ネックは真っ直ぐかなどの確認は必要でしょうね。
























  1. 2011/08/06(土) 11:44:49|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さてどうなるでしょうか?









4日に政府・日銀が過去最大の4.5兆円の為替介入を実施して一時期ドルが円に対して3円以上上昇して1ドル80円まで行きましたね。こんな時に海外で買い物をしてクレジットカードに請求されてしまうとかなり損してしまいますよね。為替介入って怖いですね。しかし、為替介入した効果はそれほど持たず、ただ今78円台を推移してますね。






そんな中5日にアメリカの雇用統計も発表されましたね。7月の失業率は9.1%で0.1%の改善だそうです。0.1%って改善なのという感じですが、分野により数万人から十数万人の単位で増加しているようなのでそれなりの改善ですね。月初めのアメリカのオンラインショップでの高価な買い物は雇用統計の発表があるので注意しないといけませんね。






そんな中海外のオンラインショップで買い物どころではない感じもありますね。世界同時株安が起こりましたね。ニューヨーク市場では2008年のリーマンショック以来の512ドルの下落幅を記録しました。日本、アジア、ヨーロッパ、南米でも株価が下がり、世界同時株安となりました。日本では震災直後以来の下げ幅の9200円台までの下落だったようです。






ウクレレどころではない感じもしますが、一応、ハワイのオンラインショップで買ったとすると、本体、ケース、送料、関税を合わせて、カマカのソプラノで62000円、コンサートで78000円、テナーで98000円です。まあ在庫がないようなので予約になるようですが。





マーチンはどうでしょう?3 Ukeが151000円、3K Ukeが167000円ですね。マーチンに関してはアメリカのいろいろなショップをチェックすると販売価格と送料が違うみたいなのでもしかしたらアメリカ本土の方が安いマーチンウクレレが買えるかもです。参考価格みたいな物は表示してあるが、販売価格を表示してなくて日本で言うASKの状態になっている場合もあるので価格を尋ねると結構安いということがあります。






カマカソプラノ
695 + 30 + 35 = 760ドル
760 x 79 = 60040円
60040 + 1800 = 61840円

カマカコンサート
870 + 45 + 40 = 955ドル
955 x 79 = 75445円
75445 + 2200 = 77645円

カマカテナー
1090 + 55 + 50 = 1195ドル
1195 x 79 = 94405円
94405 + 2800 = 97205円


3 Uke
1799+55= 1854
1854 x 79 = 146466
146466 + 4300 = 150766

3K Uke
1999+55= 2054
2054 x 79= 162266
162266 + 4800 = 167066






















  1. 2011/08/06(土) 00:48:07|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パイナップル








pineapplekun top






どうも某ショップでセールのようです。






コアロハのソプラノのパインの2003年製の中古です。ボディーとネックがコアのようです。さんきゅっぱです。デジマートで6.3円ぐらいから新品で買えるウクレレです。もう1本同じ価格で中古が出てますね。






http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01373845
Koaloha KSM-01 2003年製















カマカのホワイトラベルのパイナップル1990年代製です。セールなのでサンヨンパ。現行の価格の35%です。今オンラインで出てるカマカの中古では一番安いですかね。1本いかがでしょうか?






http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01373841
Kamaka HP-1 1990年代製















カマカのパイナップルのゴールドラベルです。よんきゅっぱです。もう1本このショップではよんきゅっぱのホワイトラベルのパイナップルがありますね。






http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01373827
Kamaka パイナップルゴールドラベル















ハイと、先月はウクレレを買い過ぎてクレジットカードの請求がき過ぎたため、安いウクレレにも全く反応しなくなってしまいましたが、以前からパイナップルを狙っているという方は検討してはいかがでしょうか?早い者勝ちということですが中古なので状態は確認してから買いたいですよね。
























  1. 2011/08/05(金) 21:04:00|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうですか?








kamaka hf-1d 1999 head front






カマカのソプラノゴールドラベルです。60年代製のようです。ボディーとネックがコアのようです。ヘッドが珍しい形をしています。普通上の写真のような感じですよね。ブラックセルバインディングが施されています。大きな修理がないということですが、ブリッジが珍しくクラシックギタータイプですね。これ特注品でしょうか?それともあとからブリッジを交換したんでしょうか?わかりません。サドルとナットが牛骨のようですね。これも交換済みということでしょうか?ちょっと私にはわからないですね。わかる方は教えてください。






http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS01373188
カマカソプラノゴールドラベル



















  1. 2011/08/05(金) 09:05:45|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ジン

07 | 2011/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search