ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

常連さん











アストリアスのソロウクレレオールハカランダです。ボディーは希少な木材のハカランダを仕様しています。私が何年も迷って買わなかったソプラノハカランダで販売価格が10万ですから、もうちょっとするんじゃないですかね。ピックアップとストラップピンとサイドポジションマークが付けられています。でもストラップピンの位置邪魔じゃないですかね?





http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h163167168
Asturias Solo Ukulele Jacaranda










































スポンサーサイト
  1. 2012/04/30(月) 13:19:44|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひきくらべ








kamaka hf-1d 1999 top








さて、世の中はゴールデンウィークのようですね。まあこんな時こそ買ったウクレレをゆっくり弾きましょう。売却しないでありますので、時間のある時には弾き比べしないといけませんな。さて、まずはカマカから。






Kamaka
hf-1 2007
hf-1 2003
hf-1d 1999






カマカソプラノ3本ですが、1本1本音が違いますね。1999と2003年がコアネックで12フレットジョイントで12フレットまでです。2007年がマホガニーネックでローズウッド指板で12フレットジョイント16フレットまでです。ネックの違いなのか?指板の長さの違いなのか2007年は音が違いますね。ちょっと甲高い固い音がします。どれもナイロン弦ですが、素朴な音が出ますね。





























  1. 2012/04/30(月) 07:27:46|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オイハタコンサート









オイハタコンサートST-2が入荷しましたね。カーリーコアボディーにマホガニーネック、エボニーの指板とブリッジです。14フレットジョイントで18フレットまでです。グローバーの黒つまみのギアペグ搭載です。コア材はショップが入手したもののようです。普段のオイハタのマスターグレードとはちょっと違う気もしますが。カーリーコアの木目の人気と出回っている本数が少ないこと、取り扱っているショップも少ないのですぐに売れてしまうほうですね。オイハタのコンサートが欲しい方はいかがでしょうか?





http://www.woodmagic.jp/ukulele/oihata/oihata.htm
Oihata ST-2





























  1. 2012/04/30(月) 04:01:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カマカ









カマカのソプラノ2010年製です。ボディーコア、ネックマホガニー、指板とブリッジはローズウッド、12フレットジョイントで16フレットまであります。なかなか木目がきれいな個体ですね。弾き傷があるということなので気になる方は確認したほうがいいですね。





http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d128469734
Kamaka HF-1 2010











弾き傷に関しては難しいですね。オーナーによるという感じですね。ほとんど弾いてなくて弾き傷はついていないという場合、楽器を丁寧に扱っていてほんの少し弾き傷がついているという場合、というふうに比較的綺麗な場合もあれば、物の扱いが雑で、正しい奏法を研究することもなければ、楽器の管理やメンテナンスに関して全く知らないという場合もありますね。ショップの商品を試奏して傷がついても何とも思わない人もいるようなので、楽器を粗雑な扱いをするオーナーの中古を買いたくはないというのが正直なところですね。楽器店も売ってしまえばどうでもいいという感じのショップもあるので、傷が気になる人はきちんと問い合わせするか、自分の目で確かめてから買ったほうが良いですね。



























  1. 2012/04/29(日) 19:50:19|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マーチン中古









マーチンC1 Ukeの中古です。ボディーマホガニーで、12フレットジョイント17フレットまで、ギアペグ採用です。メキシコ製ですね。定価63000円、実売価格50400円です。2月末に買ったものを2か月ほどで手放すようです。37800円開始です。定価の60%、販売価格の75%での開始ですね。今は中古ショップでも中古の販売価格は定価の55%ではないでしょうか?中古販売価格はたぶん34650円でしょう。たぶん買取価格はその55%で19000円でしょうかね?買取価格も下がっているし、オークションで高めの価格を設定しても売れないので、試奏程度で買いたい、飽きたらオークションで売ろう程度で買うなら、ショップに行って試奏してきたほうがいいかもしれないですね。本当に欲しい方はいかかでしょうか?






http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d130443565
Martin C1 Uke used































  1. 2012/04/29(日) 08:02:05|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

競合相手









T'sのSM-100vmは72000円ですか。まあある程度ちゃんと考えて衝動買いはやめた方が良いですね。72000円っていうと競合相手はどの辺になるでしょうか?どのようなウクレレが買えるか考えてみると価値がわかるかも。





だいたい72000円以下を見てみましたが、メーカーでいうとコアロハ、アストリアス、ルナ、ティーズ、カニレアというところですね。この価格帯だと、木材がコアだったり、15フレット以上だったり、装飾があったりとある程度のものは買えるという感じですね。





コアロハ ソプラノ
アストリアス ソロウクレレ
アストリアス ソプラノコア
ルナ LS-3M
ルナ LS-1M
T's SD-200
カニレア ソプラノ
マーチンスタイル0






お買い得価格であればマーチンのスタイル0のビンテージを買える価格帯でもありますね。ただいまどき12フレットまでというのはあまり主流ではないかもしれないですね。ソロを目指してハイフレットまで使ったり、ローG弦を使う人がたくさんいるのが現状でしょうね。













































  1. 2012/04/28(土) 07:46:27|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうする?









さて~、ウクレレ欲しい欲しい病も治まってますが、一つ興味のあるウクレレが。治まってないじゃないですか。T's SM-100vmなんですが。5本限定だそうです。ビンテージマホガニーボディーと指板、マホガニーネック、ローズウッドブリッジ、12フレットジョイントで12フレットまで。12フレットまでのウクレレって意外と好きなんですよね。指板がトップ板を干渉してない。13フレット以降をほとんど弾くことないですし。12フレットまでのマーチンタイプの新品って言うの狙っていたのですが。問題は3月にマーチンのスタイル0を買ったばかりでカードの支払いが5月初めなんですよね。大人だし我慢も必要ですが。それでちょっと価格調査。





T'sだと14フレットジョイントの18フレットまでのSD-100だと定価52500円で実売価格が40000円ほど。定価の76%で販売しているという感じですね。SM-100vmだと定価が94500円でビンテージマホガニーと普通のマホガニーの定価の差額は42000円です。今回は12フレットまでと言うことで定価が84000円ですか。販売価格は72000円で定価の86%で販売です。同じ系列のルナの12フレットジョイントの12フレットまでのモデルLS-4だと定価が38850円で実売価格が29000円ですね。SM-100vmとの定価の差額が41150円、実売価格の差が43000円ですね。ルナはかなりコストパフォーマンスいいですね。マーチンのスタイル0は6万ぐらいからですね。7万円台になると本数も結構ありますね。まあ7万出すならマーチンのビンテージにするという人もいるでしょうね。





      定価   実売価格
T's SD-100 52500円 39800円
T's SM-100vm(12) 84000円 72000円
T's SM-100vm 94500円 
Luna LS-4 38850円 29000円
Martin Style 0 60000~

























  1. 2012/04/27(金) 23:19:47|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カーリーコア









最近木目が良いなと思ったのはアナオレというメーカーのテナーです。ボディーがコア、ネックはマホガニーですかね?指板がエボニー、ベッコウ風のバインディングがトップにあります。グローバーのギアペグ搭載。木目が見事ですね。価格はカマカのテナーの定価ぐらいです。カマカのテナーがこれぐらい木目が良かったらすぐに売れてしまうんじゃないでしょうか。元Gストリングの職人がつくっているそうです。どんな音か?音程はどうか?どんな工房で仕上げはどうかなどわからないので興味のある方は試奏をするといいのではないでしょうか。






http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01621451
Ana'ole TSC Tenor Hawaiian KOA




































  1. 2012/04/26(木) 20:43:01|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連続猛打賞









ichirosuzuki2011.jpg






マリナーズのイチローはタイガース戦5打数3安打で打率を3割1分6厘に伸ばし、2日連続の3安打を打った。なんと連続3安打は2年ぶりということ。昨年いかに調子が悪かったがわかる。シーズン最多安打262本を打った2004年は4安打と5安打で2日で9安打とかメジャー新記録を達成するうえで奇跡的なヒット数とかあったのですが、ピークを完全すぎてしまったのか。まあこれからもヒットを量産してほしいですね。





最近10試合で14本のヒット、1試合平均1.4本のヒットとこれで通常のイチローのヒット数となったようです。今月はあと5本以上ヒットを売って月間30本以上に乗せて欲しいですね。このペースで6か月頑張れば年間180本のヒットは行くという計算ですね。まあどこかの月で40本に乗せないと年間200本安打は行かないですが。







イチローカウントダウン
4月26日現在今期25安打
メジャー新記録200本安打11回まであと175本
































  1. 2012/04/26(木) 17:52:37|
  2. イチロー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネット上の質問に勝手に答えるコーナー3









15000円以下の予算でフェイマス(合板)とマハロ(単板)ではどちらがいいでしょうか?予算から言うとフェイマスはFS-1のマホガニー合板で15フレットまででしょうね。マハロはUK-320Sで安いところで5000円ちょっとという価格でしょうか。しかし、単板なのはトップとバックでサイドは合板ですね。まあ、初心者の人のようですが一応調査はしてあるしてある感じですね。






まあ、ウクレレをちょっと知った人なら100%フェイマスを勧めるでしょうね。ウクレレ教室でも初心者が始めるうえである程度の品質があるモデルとして勧めるモデルでしょうし、最低限このぐらいのウクレレは買わないとというモデルでしょう。ウクレレ教室に持って行って弾いても恥ずかしくないスペックでしょう。





ただ自分の場合フェイマスもマハロの弾いたことがないので何とも言えないですが。まあ5000円のウクレレでも家で弾くぶんにはある程度音程が合って弾いている本人が満足すれば全く問題がないんですけどね。




まあフェイマスが何本か置いてあるショップに行って弾き比べて、もしくはお店の人に弾いてもらって自分が気に入ったものを買うというのが模範解答でしょうね。














なんか最近木目が良いとか、味わいがあるとか、見た目がきれいだとかいうウクレレを見かけなくなりましたね。ウクレレ欲しい欲しい病が治ってきたのか?ウクレレに対する欲がちょっと下がり気味です。このままで行くと今年はもう1本も買わないで済みそうです。


























  1. 2012/04/26(木) 07:58:38|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウクレレ本









ukulelenooteiretootegarukasutamaizuwotanoshimuhon.jpg






ウクレレの本の出版ってなかなか希少ではないでしょうか?そんなに数多く出版されている感じでもないですよね。こちらウクレレのお手入れ&カスタマイズを楽しむ本です。目次をみるとメンテナンス、調整、改造という感じです。まあウクレレの場合、1万円のウクレレを買って修理や調整に1万円かかったら新しいウクレレを買った方が良いという感じもありますので、ある程度のことは自分でやらないといけません。修理工房のブログを見ていたら修理にお金をかけても良いのはカマカぐらいからじゃないかという意見もありました。まあ確かに新品で10万、中古で5、6万ならある程度の出費もしょうがないかなという感じですかね?






改造に関しては自分で使う目的用でしょうかね。すぐに飽きて売ってしまう人は改造しないで売った方がいいでしょうね。汚い改造や調整は次のオーナーが迷惑しますから。改造したら最後まで責任を持ってウクレレを使いましょう。







もくじ
購入時にも使えるウクレレチェック法
ウクレレの保管方法
おすすめ! ウクレレ弦の貼り方
いろいろなウクレレ弦
ウクレレのクリーニングをしよう
ペグを交換してみよう
ナット、サドルを調整しよう
ピックアップを付けよう
スクラッチガードを作ってみよう
バリを取ろう
エンジョイ! 簡単・改造講座
ウクレレトラブルQ&A

























  1. 2012/04/25(水) 06:14:16|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スポーツいろいろ











松井秀樹がレイズとマイナー契約間近らしいですね。マイナー契約が決まってメジャー昇格となると良いですね。メジャーで10年以上となると殿堂入りの資格を持つことになりますし、長期間メジャーリーガーであることも大変な実績です。日本人ではイチロー、野茂ぐらいですかね?






某巨人の某選手が明るさで勝とうと言ったとか。明るさで勝てるのか?中畑監督の江川氏によるインタビューによると明るさでは勝てない、特に悪循環しているときにはということを言っていたが。中畑監督良くわかってますね。ベイスターズ2000年以降は誰が監督しても6位って感じもしますが(6位でない時もありますが)。確実な戦略と補強は必要ですかね。大魔神佐々木氏あたりが監督になると面白いと思うのですが。さて中畑監督どのような戦略で戦っていくのか。





落合前中日監督を最近野球解説やインタビューで見かけますが、言っていることが結構常識があって普通で面白く感じてます。バッターに対してどこが打てて、どこが打てないのか、ピッチャーは打ち取るためにどこに投げてくるのか、きちんと研究しないと打てない。やはりシンプルで的を射ている戦略を立てるのが優勝したり、タイトル取ったりする秘訣ですかね。中日は練習時間がすごく長かったとか。やはりプロと言えども練習しないと勝てないですね。




あと危険球に対して落合監督はひじ当てによって死球をよけるという意識が低くなり、死球対策を怠っている。投手に対してはインコースは高めではなく腰から下を投げて行けば頭に当たることはないと解説していたが非常にまともな意見である。某東尾元西武監督が死球はバッターがよけるのが下手だから当たると言っていたが。落合元監督非常に常識的な意見でした。
































  1. 2012/04/24(火) 17:57:10|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コラボ?








T's SD-120の2010年製です。マホガニーボディーとネック、ローズウッド指板とブリッジにセルバインディングというスペックですが、これはすごい。アイバニーズとのコラボレーションです。アイバニーズのウクレレに装着してあるプリアンプをティーズに移植してあります。ここで気になるのはプリアンプを取り付ける穴は誰が開けて誰が取り付けたんでしょうか?もちろんプロに頼んで改造したのですかね?まさか趣味のDIYを兼ねて改造したのでしょうか?大胆な改造を自分でするなら最後まで自分で責任持つのがいいのではないでしょうか?まさしくこれが欲しかったという人向けですね。







http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e12156243
T's SD-120 2010




























  1. 2012/04/23(月) 23:59:49|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

13ゴール目




















ドルトムントの香川選手の今季13ゴール目は優勝を決定づける1点でした。ドルトムント連覇おめでとう。で、MVPは取れるか?チームメートで20得点している選手がいるので難しいかな?しかし、監督かなりすべってますね。危ない。





























  1. 2012/04/22(日) 20:30:38|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手洗い









marue uk-dx-sop open






ご飯の前に手を洗うのは当たり前ですが、楽器を弾く前はどうでしょうか?食事した後とか、何かスナックを食べた後はやっぱり手を洗ってから弾きますね。まあ、手がさらっとしていた方が気分的にも良いし、手垢も付きにくいので手を洗ってから弾くようにしています。





弾き終わった後も、布で拭くようにしています。拭いておいた方が楽器の寿命も延びるんでしょうね。金属部分もサビを防止することもできます。ボディーやネック、指板も所詮木でできていますからきれいにした方が寿命は延びるんでしょうね。






さてさて、今年1月の初めに届いたマーチンの2Ukeですが、ちょっと弦高高めかなということで12フレットの4弦を計ってみたら、3.2~3ミリ。ちょっと弦高高いですよね。手近なもので測ってみるとカマカが3ミリ、マーチンのスタイル0で2.5ミリ。フロロカーボン張ってあることもあってちょっとテンション高めですよね。





どこかバランスが崩れると弦高が高くなったりすることがあるので、ネックの反りやネックの起き、トップの膨らみやトップ落ちを定規を当ててチェックしてみたけど普通。弦をナイロンに変えるか、サドルを削るか。でも2Ukeのサドルって調整してあるから、サドルの高さを変えると調整し直しですよね。新しく牛骨のサドルでも買ってサドル交換するかな?ぼちぼち考えてみます。


























  1. 2012/04/22(日) 01:09:22|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ランニングホームラン









ダルビッシュがタイガース戦7回まで2安打1失点で快勝しましたね。まあちょっと四球が多かったですが。日本人選手のメジャーでの活躍が最近少な目ですが、良いニュースでしたね。そして日本人野手陣は目立つ活躍もあまりないですが、ブルワーズの青木選手がランニングホームランをしましたね。ちょっとホームまで全力疾走はきつかったみたいですが。MLB.comの動画のところをクリックするとランニングホームランの場面が見れます。





http://baseball.yahoo.co.jp/mlb/
青木のランニングホームラン































  1. 2012/04/21(土) 23:01:54|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラスト1本らしい









マーチンのS0 Ukeの中古です。どうも生産終了となって最後に入荷した1本らしいです。昨年の9月購入ということですのでまだ1年たってない新しめの1本ですね。欲しい方はいかがでしょうか?






http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e121729786
Martin S0 Uke



























  1. 2012/04/20(金) 23:57:35|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛ばなくて、打ちにくい統一球









統一球によってホームラン数がチームによって半減した、打率が下がりセリーグでは3割打者がたった4人になったということですが、実際にチームの安打数はというと、2010年でいうと1200~1300本のヒットをチームで打ったわけですが100~200本のヒットが減少して1100本前後のヒット数になってしまったということです。要するに統一球の導入により飛ばなくなっただけでなく、打ちにくくなったということです。話によると変化球が曲がりやすくなり動いて打ちにくいということです。




球団 本塁数   安打数
中日 119 / 82 1229 / 1044
ヤク 124 / 85 1304 / 1132
巨人 226 / 108 1311 / 1145
阪神 173 / 80 1458 / 1206
広島 104 / 52 1278 / 1136
横浜 117 / 78 1234 / 1106
2010 / 2011







それで某巨人軍の対策ですが、西武の中村をモデルに前でボールを捕える方針を立てたらしいです。まあ、ボールに負けないように前で捕えるというのは対策としてあるらしいですが。しかし、飛ばないだけでなく、ボールが動いて打ちにくいわけですから、簡単に打てるわけがありません。パワーヒッターほど打てなくなるという傾向にあるようです。オープン戦でもチーム打率は12球団でかなり悪いほうでした。シーズンに入っても、全く打てない状態でした。余りの打てなさ加減に、ボールを引き付けてコンパクトに打とうという指示に変わったらしいです。キャンプからほかのチームではきちんとミートする練習をしているチームがあったようですが。何とかって外国人選手はレギュラー外れましたよね。控え選手でも2割5分打てる選手が結構いるんじゃないですか?巨人大丈夫なんですかね?


























  1. 2012/04/19(木) 17:50:13|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ティーズ










ティーズのCS-1020CSTです。ブビンガのコンサートですね。ボディーブビンガ、ネックマホガニー、指板とブリッジはローズウッドか?もしかするとエボニーかも。ペグは世界最小のゴトーのステルス。ヘッドはスロッテッドヘッドです。バインディングはカーリーコアのウッドバインディングですかね。ステルスの定価は12600円です。スロッテッドヘッドにすると21000円、ウッドバインディングは45000円の特注品ですね。定価231000円、販売価格196000円の高額モデルですね。でも、なんでこんな高額なモデルを買ってすぐにいらなくなったのでしょう。理由は簡単ですね。現代病のウクレレ欲しい欲しい病ですね。欲しいと思ったらどうしても欲しくてたまらなくなる。買って満足、3日弾いて満足、これで弾かなくなる。というパターンですね。






http://page19.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x226268319
T's CS-1020 CST















ティーズのエレクトリックコンサートウクレレEC-100です。新タイプのEC-101でも中古ショップで29000円台で出ているのに、旧タイプのモデルで31000円超えましたね。入札している人熱くなり過ぎですね。





http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d128020862
T's EC-100














ティーズのエレクトリックウクレレのテナーです。木材は100番台なのでマホガニーです。欲しい方はいかがでしょうか?





http://page19.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x226268321
T's ET-101


























  1. 2012/04/19(木) 15:15:04|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どちらを選ぶ?






















ナッシュビルの335とメンフィスの335とどちらを選びますか?両方ともアメリカのテネシーにあるギブソンの工場です。韓国の奈種美留工場と中国の麺不意須工場というわけではありません。ナッシュビルはフルアコを作る3人の職人が作っているそうです。メンフィスは近代化した設備が入っているそう。ナッシュビル製はクリーンなジャズ向き、メンフィス製はブルース向きというレビューがありますね。



























  1. 2012/04/18(水) 00:29:45|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小型バージョン
























ギブソンCS-356の2004年製です。トップがカーリーメイプル、サイドバックとネックがマホガニー、指板がエボニーです。色はフェイデッドチェリーです。トップが見事なカーリーメイプルですね。機種的には335を小さくして木目を良くしたバージョンらしいです。またうまい人が弾くと音が良く聞こえますね。感じから行くとブルース系のギタリスト向けギターなんでしょうか?335の木目の良い機種って手もありますが、335が大きく感じる方にお勧めですね。






























  1. 2012/04/17(火) 22:55:17|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四角い









ヘッドウエイのシガーボックス型の四角いソプラノウクレレです。ボディーとネックがアフリカンマホガニー、指板とブリッジがローズウッドです。ペグはシャーラーのようです。15フレットジョイントで16フレットまで。販売価格6.72万円とまあまあお手頃な価格です。





http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01612221
Headway HCB-UKS1-MM



























  1. 2012/04/16(月) 23:28:26|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

査定できますか?









中古ショップなら適切な価格で買い取り価格の査定ができないとなりません。同じ機種でも状態によって買取価格は違ってくるわけです。この状態なら買取価格がいくらで、店頭での販売価格はいくらで、利益はいくら出るか?きちんと計算しなければいけません。当然だれも買わない価格を付けても利益は出ないわけですから、その時の需要と供給と経済状況などで適切な販売価格というのはあるはずです。






マーチンの3Mの指板のセンターストライプとトップのヒゲの装飾のある30年代製と思われます。まずトップとバックに割れの修理歴があるようですね。修理の上手さ、今後割れが発生しないかなど関係するんでしょうね。オーバーラッカーということです。再塗装して塗装が厚くなっているということでしょうか。ペグはオリジナルではなく交換されているのでしょうね?ペグのグレードも関係しますね。ブリッジのサドル溝が明らかに広げられていますよね。サドルが分厚い物がセットされています。ピックアップもついていますね。改造歴ありですね。






さて、査定はというと買取価格148000円、店頭販売価格269000円です。割れ修理多めで1万円、オーバーラッカーで1万円、サドルの溝を広げてあるので1万円販売価格を下げました。オークション予想落札価格は販売価格の7割で188000円です。まあ最低落札価格があるので無理かもしれませんが。いかがでしょうか?







http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d127956382
Martin 3M 1930's

























  1. 2012/04/15(日) 16:46:52|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フロロカーボン弦









さて、ウクレレ界ではフロロカーボン弦は良い音がするということで人気のようですね。自分の印象では高音で固いきらびやかな音がするという感じです。良くメーカーがベルサウンドを目指してウクレレを作りましたと言いますが、実際にベルのようなきれいな音がします。まあ好みですからフロロカーボンでも、ナイロンでも、その他の素材でも好きな弦を選べばいいわけですが。






ただ問題点もありますね。まずはどのウクレレに張っても音が同じになってしまう点。本来ベルサウンドはウクレレ自体の作りの良さで出すものです。メーカーによって構造の違いがありウクレレの音が違ってくる。また材質によって、コア、マホガニー、メイプルなどなど、音が違ってくる。だから高いお金を出して、好みのメーカーの好みの木材のウクレレを買うわけです。それがフロロカーボンはどのメーカーのどの材質のウクレレに張っても同じようなベルのようなきらびやかな音がするわけです。ある意味メーカーの工夫した作りや材質による音の違いを殺してしまって、ウクレレより弦の方が勝っている状態になっているんじゃないでしょうか?






またテンションが結構高くて、ネックやトップへの影響、ブリッジの弦をはさむ溝を壊すなので影響もあるようです。この弦のこのテンションはウクレレに大丈夫なんだろうか?と思うようなこともありますよね。高価なビンテージには張れないというようなテンションの物もありますよね。






これらのことを考えると、素朴な音ではありますが、メーカーによるウクレレの構造による音の違いや材質による音の違いがでるナイロン弦の方がウクレレの個性を殺さず良いのではないか。逆に素朴なナイロン弦でベルのようなきれいな音が出るウクレレは結構すぐれているのではないか。メーカー自体の個性や材質による音の個性が出やすいのがナイロン弦ではないのか。






最近はギターでもフロロカーボンを使った弦が出ているようで、レビューを読んでみると大体上記の意見と同じようなことが書いてありました。





フロロカーボンは良い音するなということで所有するウクレレすべてにフロロカーボン弦を張っていたら、所有するウクレレ全部が同じ音になっていたなんてこともあるかもしれません。まあ好みにもよると思いますが、フロロカーボン弦とナイロン弦、その他の弦の使い分けが必要ですね。























  1. 2012/04/15(日) 14:48:46|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オータサンモデル









カマカのコンサートオータサンモデルの2005年製です。ボディーコア、ネックマホガニー、指板とブリッジがエボニーという感じでしょうか。14フレットジョイントで18フレットまで。ペグがギアペグです。カスタムがどういう仕様なのかわかりにくいですね。9万から開始です。





http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h163326301
Kamaka HB-2D 2005















最近カスタムという言い方が幅広く使われてますね。メーカーの特注品のカスタムなのか、ショップが販売前に改造したカスタムなのか、購入者がショップに改造を依頼したのか、購入者が自分で改造したのか?広く使われ過ぎてわかりにくいですね。



























  1. 2012/04/14(土) 22:15:30|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

押さえ方









今日はウクレレの左手の押さえ方について。ギターもウクレレも基本的には同じ押さえ方でしょう。まあウクレレ特有のソロの指のフォームとかありますから、ギターと多少は違うと思いますが。






まず、ウクレレを弾く前に左手の指の爪は短く切りましょう。これは楽器を弾くうえで常識です。






基本的に指先が弦に垂直になるように押さえます。セーハの時は違いますが。押さえるというのは弦の上に指を乗せ最小限の力できれいな音が出るように押さえるということです。力を抜くということは重要ですね。まず手に力を入れていたらスムーズに指を動かすことはできませんし、コードチェンジなどもスムーズにいきません。力の入れ過ぎにより腱鞘炎になる人もいると聞きますね。腱鞘炎になると治るまで弾けなくなってしまいます。ですから力を抜いて押さえるということは重要なことです。






ウクレレの場合、クラッシックギターと同じでナイロン弦を使っていることが多いですね。ナイロン弦はそれほど力を入れなくてもきれいに音が出ます。しかし、押さえ方が悪いと音はきれいに出ません。音がきれいに出ないと、人間の心理として強く押さえてしまうということはあるのかもしれません。音がきれいに出ないときは押さえ方がきちんとできているかチェックする必要があります。






中古のウクレレで指板がえぐれているウクレレを見かけることがあります。左手で弦を押さえるというのは思いっきり力を入れてギュッと押さえることではないです。指板に爪が食い込むくらいまで力を入れて押さえることでもありません。指板に爪を立てることで指板がへこんで楽器が傷ついているわけです。弾きこんでいてかっこいいわけではないのです。楽器が傷つくような弾き方をしている人は自分の弾き方を見つめ直して、正しいフォームで正しく弾いてきれいな音を出す工夫をした方が良いですね。























  1. 2012/04/14(土) 15:36:49|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

2Ukeシリーズ









在庫が入らない、在庫がないと言っていたマーチンの2Ukeシリーズもオンライン上で20本を超えてきましたね。もう在庫的には安定して落ち着いてきたんじゃないでしょうか?価格帯も14~16万と15万円以上のウクレレは売れないとリーマンショック以来言われていますから、そう簡単に在庫がなくなることはないでしょう。もう在庫は十分あるって感じですかね。欲しい方はじっくり選んでください。





http://www.j-guitar.com/product_id100196.html
Martin 2 Tenor Uke






http://www.j-guitar.com/product_id100189.html
Martin 2K Concert Uke





http://www.j-guitar.com/product_id99761.html
Martin 2K Concert Uke


























  1. 2012/04/14(土) 15:04:18|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開始価格値下げ








マーチン5Kの開始価格34.8万から32.8万になりましたね。前回出ていた5Kの落札価格が26.1万でしたね。中古ショップは39.8万で出ていますが、買い取り価格は販売価格の55%としても22万ですね。現在海外で新品を購入すると4199ドルです。1ドル81円で計算すると34万円です。送料が1万円で関税が1万円としても36万円ですね。リーマンショック前は投資する価値もあったのでしょうが、今はウクレレの中古市場の価格は下がっているんじゃないですかね。今5Kに投資する価値はあるのか?このウクレレ2か月オークションに出てますね。さて買い手はつくでしょうか?欲しい方はいかがでしょうか?






http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/153108160
Martin 5K































  1. 2012/04/13(金) 00:56:43|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湿度









マーチンのサイトを見るとメンテナンスの項目があります。湿度管理は所有者の責任であるとありますね。湿度によっていろいろな症状があるようです。ギターに症状が出るのですから、ウクレレでも出るでしょう。






60% フレットや弦のサビ、ペグ金属部の腐食、トップの膨らみ、弦高が高くなる、力木やブリッジの剥がれ

50% 適切

40% 指板痩せによりフレットが出る、指板とボディーの接合部に小さなひび

35% トップ板が縮み波を打つ

30% ひび割れが生じ始める

25% ひび割れが起こる、修理の必要が出てくる。







日本は四季があり、冬はかなり乾燥しますよね。ギターやウクレレは木が乾いていい音するんですけど、割れが出たらショックですよね。梅雨もあり、湿度がすごいですよね。私のうちは出しっぱなしのギターのネックが湿っぽくなるぐらいです。うちは気密性が悪い上に冷暖房つけないので、ギターやウクレレには過酷な環境かもしれないですね。一応気温差の激しい窓際には置かないようにするぐらいですかね。湿度、温度の管理のできる快適な家に住んでいる方はそんなに気にする必要もないのかとは思いますが、冬は湿度が下がりますから、湿度計を用意して部屋の乾燥状態をチェックしたほうが良いですよね。ちなみにただ今の室温は21度、湿度は62%です。私の家では楽器を出しっぱなしにしない方が良いみたいですね。
























  1. 2012/04/12(木) 16:05:36|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネットの質問に勝手に答えるコーナー2










かっこいいですか?





ひとそれぞれ価値観はありますから、自分がかっこいいと思うならそれでいいのかもしれないですが、自分はかっこいいとは思わないですね。むしろ奏法、管理方法に問題があるかもしれないですね。





弾くことによって楽器に傷つくことが、弾きこんでいてかっこいいと思う人がいるようです。確かにジェイクシマブクロのトップに穴の開いたカマカのテナーを見たことがあります。トップに穴があくまで弾きこんだ。人によってはかっこいいと思う人もいると思います。ただストロークの時弾くのは弦であって、弦以外の部分に指があたっているということはストロークの不安定さ不正確さを表すのではないでしょうか?あと録音の時にトップに爪が当たる音がして、録音にならないのではないかということも考えられますね。それともウクレレの奏法でトップに指をぶつける奏法があるのですかね?






指板の両端に指が当たってかなり削れているというのもストロークが不安定すぎるんじゃないですかね。録音したら指が指板の両横にあたる音が録音に入ってしまって録り直しではないでしょうか。指骨折しないですかね?





あと指板がくぼみになるほど削れてしまっているのもおかしいですね。普通良い弾き方を目指すなら力を抜いて左手で弦を押さえることを考えるでしょう。正確にきちんと押さえていたら指板が削れるほど指が指板にあたることなんてないはずですよね。





良いウクレレは良い塗装がしてあって、良い塗装はウエザーチェックが入りやすいというのは聞きます。まあ何年も所有していていつの間にかウエザーチェックが入っていたというのはあるかも知れないですが、1、2年でウェザーチェックだらけになるのでしょうか?





人が過ごしやすい環境にウクレレやギターを置いてやるということは聞きます。湿度は50%に保ったほうが楽器にとって良いというのは良く聞くことです。夏暑い時や冬寒い時外から室内に楽器を持ち込んだ時は室温に慣らしてからケースから出すというのは基本的な知識です。乾燥や気温差によってウェザーチェックや割れが生じることはあることですから、管理は必要ですよね。塗装は楽器を湿度や汚れから守るためのものですからあまりひどくウエザーチェックが進むのは楽器の寿命を縮めてしまうのではないでしょうか?





雑な弾き方や雑な管理による傷やウェザーチェックがあまりにひどいのはかっこよくないのでは?

























  1. 2012/04/11(水) 22:39:25|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ジン

03 | 2012/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search