ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

1本いかが~?











ららぽーと横浜店のS楽器にカマカの限定デラックススペシャルモデルのソプラノとコンサートモデルが入荷したようですね。探している方はいかがでしょうか?全部で40本ということですから結構本数はあるんじゃないですかね。まあ横浜と言っても横浜線の鴨居の近くみたいですが。






http://www.shimamura.co.jp/l-yokohama/index.php?itemid=83976
Kamaka Deluxe Special

























スポンサーサイト
  1. 2012/06/30(土) 21:19:43|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安い?











マーチンのスタイル0です。マホガニーボディーの12フレットまでのシンプルなウクレレです。Made in USAとあるのでボディー内部の焼き印にそうあるのでしょうね。そうすると1962年以降のウクレレだと思われます。売主もウクレレはあまり詳しくないらしくほとんど説明はないですね。1000円開始なのでマーチンのビンテージをお安く手に入れるチャンスかもしれないですね。






http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r91721181
Martin Style 0















こちらは2011年に生産終了になったメキシコ製のS0Ukeです。こちらもマホガニーボディーに12フレットまでのシンプルなウクレレです。






http://page19.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x227101936
Martin S0 Uke





















やはりオークションですね。安い物は人気がありますね。今は2極化しているんですかね?オークションで1円スタートの安いウクレレを買うか、ショップで1万円以下、1万円前後の安いウクレレを買うか、ハンドクラフトやカマカの木目の良い限定モデル的なウクレレを買うかという感じですね。







オークションで高い物はいくら木目が良くても敬遠されがちですかね。保証もないですし。個人でいくら弾いてない新品と言い張っても自称新品という場合もありますからね。それに実際弾いていて明らかに虚偽の説明をしている人もいますよね。オークションの説明は初めから信じられないと思っている人もいるようです。






そうするといくら名門のマーチンやカマカと言えども、2、3Ukeシリーズやデラックスシリーズの高額モデルを出しても、これは素晴らしい木目だとか、これはなかなか凝った丁寧な作りだ、これは素晴らしい音だと消費者に認められないと売れないということでしょうね。今後マーチンやカマカの売れ行きの動向が今のウクレレの売れ行きを見るうえで非常に興味深いですね。






ところで、世の中はボーナスが出たと聞きますが、ウクレレの売れ行きがぱったりと止まりましたね。ハンドクラフトとカマカの限定モデルでお金を使ってしまった人がウクレレを買うのを控えているのか?それとも素晴らしいモデルが出てくるのを待っている状態なのか?さて、私にはわかりません。どうなのでしょうか?





























  1. 2012/06/30(土) 20:34:42|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青い











青いギブソン335です。これはまたかなり良い木目ですね。トップ、サイド、バックともカーリーメイプルの見事な木目です。






http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01686388
Gibson ES-335



























  1. 2012/06/30(土) 18:49:23|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バラ売り











例のばら売りです。ケースなし、保証なしのアウトレット新品です。新品ですが、ケースなし、保証なしで基本的に財産価値はかなり下がっているものです。まあケースなしの中古を買った感じですね。購入後オークションや下取りに出しても普通の中古の価値はありません。前回マホガニーテナーとコアコンサートが出た時は中古の落札価格という感じでした。財産価値が低くてもOKという人向けですね。







TK1Ukeは定価77700円、実売価格62160円です。C1Ukeは定価63000円、実売価格50400円です。OXKUkeは定価47250円、実売価格37800円です。ケースなし、保証なしですので前回の落札価格は中古価格でした。定価の55~60%の落札価格が予想されます。






TK1Ukeは定価77700円ですから予想落札価格は42700~46620円です。C1Ukeは定価63000円ですから予想落札価格は34650~37800円です。OXKUkeは定価47250円ですから、予想落札価格は25990~28350円です。






保証なし、ケースなしですから3日試奏程度で弾いて飽きてしまって、オークションで売却という人には向いてないと思います。オークションで売却してもケースなしですから、あまり入札が盛り上がらずにお安く落札されるということになるでしょうね。






不要になった時、オークションで出した時の落札価格を定価の45%で、ケースがない分マイナス3000円とするとTK1Ukeは定価77700円ですから予想落札価格は31965円です。C1Ukeは定価63000円ですから予想落札価格は25350円です。OXKUkeは定価47250円ですから、予想落札価格は18260円です。まあ買ったばかりで、ほとんど使用感のない新品同様というのが条件だと思います。









http://page19.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x237275711
Martin T1K UKE






http://page19.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x237275715
Martin C1 UKE






http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v246209810
Martin OXK-Uke







http://page15.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t270296379
マーチンソプラノケース






http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c355012037
マーチンテナーケース































  1. 2012/06/30(土) 06:45:05|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さて~











さて~、やっと医者に行ってきました。インターネットで検索した通り手術でした。大きい病院紹介されました。ウクレレ弾く方気を付けてくださいね。指を圧迫するとなるそうです。当分ウクレレ弾くのは休みでしょうか。
























  1. 2012/06/29(金) 20:55:18|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんでも欲しくなる











さて、なんでも欲しくなるのはいけませんね。でも最後に買ったのは4月末ですから2か月我慢しているんですけど。





トップスプルース、サイドバックがメイプル、ネックが楢、アルモンです。シンプルな感じで良いですね。大きな写真が載っているのですがトップの木目もなかなかしっかりと出ていていいですよね。






http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m97908086
手工製ウクレレ












9800円開始なのですが、9800円なら欲しいですね。でも落札価格は2万円ぐらいになってしまうんですよね。とか考えながらウクレレは何本も持っているので今持っているウクレレを弾かないといけませんよね。9800円ならお得ですよね。


































  1. 2012/06/29(金) 00:23:29|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さて~、そろそろ世の中は








どうもオークションで高額機種を出品している人がいると思ったら、世の中はボーナス時期なんですね。ハンドクラフトショーモデルとカマカの限定モデルが飛ぶように売れて、ウクレレマニアの人が普段の2、3本のウクレレ分の予算を消費したあとでちょっとウクレレの売れ行きが止まっている気もしますが。中には奥さんに12、3万円だと言って20万円のカマカの限定モデルを買った人がいたようです。20万円というのがばれたようでそのあとどうなったんでしょうか(笑






さて、これからボーナスに合わせて豪華モデルが出てくるのを楽しみにしたいと思います。見るだけですが。買う予定はありません。カマカのデラックスモデルが出てくるのかな。



















カマカのソプラノデラックスモデルホワイトラベルです。ローズウッドのバインディングが入っているのでデラックスモデルでしょう。ボディーとネックがコア、指板とブリッジの素材は何でしょう?ヘッドのカマカのロゴがちょっと変わってますね。なぜでしょうか?わかりません。ボディーに割れがあるので修理することを前提での購入となりますね。






http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v256363483
カマカソプラノデラックスホワイトラベル。














カマカのパイナップルホワイトラベルです。古い物のようで使用感がある感じですね。古い物が好きなひとむけでしょうか。ボディーとネックはコアですね。指板とブリッジは何でしょうか?色や木目からは判断できません。12フレットジョイント12フレットまでです。指板のエンドが斜めのタイプですね。






http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g116397161
カマカパイナップルホワイトラベル













カマカのソプラノ2004年製ですね。2000年ごろからカマカもモデルチェンジを繰り返していますが、12フレットから14フレットそして16フレットと増えて行ったわけですが、1,2年あった14フレットモデルです。ボディーコア、ネックマホガニー、指板とブリッジがローズウッドです。もうすでに熱くなっている人がいて価格が上がってますね。もうオークションでのお得感はないという感じですね。





http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k149555098
Kamaka HF-1 2004














さて、カマカですが、ソプラノは現行モデルが定価約10万円というのが基準となっているようです。人気モデルですから中古は定価の60%の6万円で出ると即日完売していた時期もあったのですが、震災以降在庫期間が長くなり5万円というのも出るようになりましたね。楽器検索サイトでチェックしてみると、パイナップルの在庫が増えているようですね。中古で6万円の価格を付けていると在庫期間が数か月というものもありますね。






2011年のサドルの調整とケースのカマカロゴというマイナーチェンジで、それ以前の旧モデルの在庫一掃でオークションではソプラノを7万ちょっとにして出しているショップも多いようですね。旧モデルの在庫一掃が終わるまでは中古は安くショップに出ることになるのでしょうね。





カマカが中古ショップで5万円ということは下取り価格はその50%の25000円ということもあるのですかね。高く買ったのに2.5万円ってへこみますよね。一時期カマカの買取3.6万円ということもあったので随分な財産価値の減少ですよね
































  1. 2012/06/28(木) 19:53:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人気なし













中古でオークションで出ていた2K Tenor Uke人気なかったですね。落札価格63000円でした。それも今月初旬に購入したばかりのウクレレです。人気の機種なら買ってから時間の経ってない中古なら定価の65~55%、悪くても45%は行くはずですが。2Kテナーウケは定価199950円、実売価格159960円です。6.3万円ということは定価の31.5%です。買ったばかりの中古なのに人気のない機種の落札価格ですよね。1人の人が熱くなって牛耳っていたというのもありますが、それにしてもマーチンにしては中古ショップ買取価格に近い値段での落札でしたね。定価199950円の55%の11万円が中古のショップでの販売価格として、買取価格は売値の55%とすると60500円ですから買取価格をちょっと上回ったぐらいですね。






マーチンは戦略を間違えたんじゃないですかね?2ウケシリーズは昨年夏に発売されましたが、オンラインに出始めたのは年末ぐらい。なかなか入荷しないとレアもの扱いだったのですが。在庫が貯まり始めたのは2月ぐらいですかね。2月には日本限定のマホガニーの1ウケシリーズが発売され、そしてコアもそのあとすぐに発売されましたものね。価格がお手頃な1ウケシリーズも音が良いということで結構売れたんじゃないでしょうか?2ウケシリーズを売るには1ウケシリーズの発売を1年間遅らせた方が良かったのでは?でも、今の日本のウクレレの売れ行き動向を見ると来年にはウクレレブーム終わってる可能性もありますね。難しいところです。





定価199950円であの木目はお世辞にも良いとは言えないですね。個体の問題もあったのかもしれません。でも2ウケシリーズ人気がないですね。今後2ウケシリーズが入荷しても在庫がどんどんたまって行く可能性がありますね。






















新品でアウトレットで保証なし、ケースなしで出ていたT1UkeとC1KUkeですが、T1Ukeが定価67200円、実売価格53760円で定価の61%の41250円で落札、C1KUkeが定価73500円、実売価格58800円で、定価の55.8%の41000円で落札でした。まあこんなものですかね。まあ新品というよりは中古扱いの価格ということですかね。































  1. 2012/06/27(水) 01:13:54|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カッタウェイ











ヤイリのカスタムショップソプラノです。トップスプルース、サイドバックがボコーテ、ネックがマホガニー、指板とブリッジはエボニーです。12フレットジョイント、17フレットまででカッタウェイです。ギアペグです。シンプルな外観ですが、豪華なお値段です。やっぱりルシアー物なんでしょうか。





http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01681987
K. Yairi B-0C
















カマカのソプラノです。ギアペグ搭載です。カマカが取り付けたのか、ショップが取り付けたのかわからないです。シャーラーのペグが嫌いな人はいかがでしょうか?





http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01682111
Kamaka HF-1

































  1. 2012/06/26(火) 23:46:01|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さて~










さて~、折角書いたのが消えてしまいましたが、気を取り直して。









いくらアウトレットや中古品と言っても仕入れ値や買取価格はあるはずです。オークションで1円開始とかありますが、1円で落札されては利益は出ないはずです。





聞いた話ではメーカーによって違うということですが新品の仕入れ値は定価の55%というのは聞いたことがあります。中古の販売価格は定価の50~60%ということが良くありますが、状態にもよると思いますが、買い取り価格はその販売価格の50~55%が目安ではないかと思います。震災後良く売却する人が嘆いているようなのでもしかするともっと安いかも。





簡単に説明すると、定価10万円のウクレレは仕入れ値は55000円ということですね。ショップによっては定価で、定価の1割引きとか、2割引きとかで売るショップもありますね。売られるときは10万円とか9万円とかで売られるわけです。まあそれで利益が出るわけですね。





中古はというと、中古ショップでは定価の50~60%ぐらいで出ているのではないでしょうか?定価10万円で55%とすると、55000円ですね。買取価格を50%とすると27500円です。まあこの差額で利益が出るわけです。







さて、以前から注目しているマーチンの1Ukeシリーズのコアコンサートとマホガニーテナー、2Ukeシリーズのコアコンサートですが。C1K Uke定価73500円、実売価格58800円は41000円落札でしたね。最低落札価格48000円と最初はしていたので思うようには利益にならなかったのでは。41000円というと定価の55.8%ですから、正規代理店から仕入れたのなら仕入価格ぐらいですね。ただケースを別で売ってしまっているのでケースの売上も足すといくらなのかなというところですが。





T1 Uke定価67200円、実売価格53760円も定価の55%の37000円ぐらいを落札価格を目安に入札してくるのでしょうか?でもこちらはそれ程熱くなっている感じでもないですが。






2K Tenor Uke 定価199950円、実売価格159960円ですが、自動入札で牛耳っていた人は61800円を入れていたみたいですね。定価199950円の55%の11万円が中古のショップでの販売価格として、買取価格は売値の55%とすると60500円ですからまあその人は買取価格を目安にしてたみたいですね。56000円を入れていた人もいるので買取価格を50%を見ていた人もいるみたいですね。





メキシコ製は品質的にアメリカ製に劣っていなということをマーチンが主張していましたが、それが本当だとすると、1Ukeシリーズのコンサートやテナーが5、6万円で出ていると、2Ukeシリーズの14~16万は価格的に見合っているのかというネット上でも上がっている疑問に行きますよね。





さて、いくらぐらいで落札になるのか?今62000円ですね。オークションでカマカのテナーが8万という感じなのでもしかすると軽く8万は行くかもしれないですね。木目が普通なのでどこまで出すかですね。


































  1. 2012/06/25(月) 23:59:49|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マニアック









やっぱりマニアの人っているんですね。マーチンの5Kがお買い得37万円で出たら、マニアがビンテージを購入するときにチェックするポイントをしっかりとついた質問が入っていますね。さていくらで落札されるのか?キャンセルなんてないですよね?





http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r91275128
Martin 5K 1920’s





























47.2万まで行きましたね。10万ちょっと争った感じですね。ちょっとした良いウクレレ1本ぐらい争いましたね。いや~、マニアの人と競ってはいけませんね。

























  1. 2012/06/24(日) 17:23:54|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これからのカマカ






カマカの製造責任者クリスカマカがこれからのカマカについて語っていますね。今年はハイエンドモデルやオータサンモデル、限定モデルなど上級機種に力を入れるそうです。後は新しい工場を持つとか。ネックを加工するルーターの導入など近代化、機械化が進んでいるようですね。





http://www.kamakaukulelejp.com/about/chris2012.html
これからのカマカ















もうすぐジェイクモデルが完了するって、まだジェイクモデル作っていたんですね。でもジェイクの影響か?テナー志向、高級モデル志向が進んでいるそうです。まあ5500ドルもするジェイクシマブクロモデルが申し込みが殺到して100本すぐに売れてしまうのですからこういう感じなのでしょうね。かなり利益が出たのではないでしょうか?





では、日本での現状はというと、リーマンショックやさらに震災以降、ウクレレの財産価値は激減していますね。15万円以上のウクレレは売れないと言われているし、買い取り価格も下落して、ウクレレを下取りに良く出す人にとってはかなり痛手となっているのでは。





カマカはというと普通のレギュラーモデルは世界最大の品ぞろえなのではないでしょうか?楽器オンライン検索サイトにも約200本は出ている状態ですね。2011年ごろ調整サドルとロゴ入りのハードケースとマイナーチェンジを行っているので、ただ今旧スペックの在庫整理で各ショップ値引きして売っている状態ですね。ソプラノで7万ぐらい、コンサートで9万ぐらい、テナーで12、3万円ぐらいのものが出ていますね。2009年に定価の値上げをしているので、旧スペックの在庫整理が終わったらまた定価値上げがあってもおかしくないですね。





では、どんな層の人が買うのか?どちらにしても本数を持ってない人が中心ですよね。すでに何本も持っている人は一通りの普通のウクレレは試して、好きなメーカーの上級機種や特注品でオーダーして、かなりウクレレにお金を消費しているので、もう買い控えている状態なのではないでしょうか?カマカのレギュラーモデルを買う人は、持っている本数は5本以下、フェーマスなどから始まってそろそろ高いけどカマカを買ってみようという感じの人。カマカのデラックスや特注モデルを買う人は、持っている本数は5本前後で、カマカはすでに1、2本持っていてそろそろカマカの高額モデルを試そうという人だと思います。今回の日本限定モデルを買った人の中にもそういう人がいたのでは。





あとはコレクターやマニアの人ですよね。この層の人々は意外とオークションを利用していて、オークションでも購入して本数が増えたら、オークションで売却するというのを繰り返しているのではないかと思います。まあ、本数が増えたら売却して、売却した資金で新しいのを買うということを繰り返している人ですね。






ではカマカの高級モデルは売れるのか?売れると思いますね。確かに高額でもスペックや木目などの見た目がすごく良ければ売れるという傾向があると思います。ただマーチンと同じ道を歩むのではないでしょうか?リーマンショック前はつまり2008年9月以前にマーチンの5KUkeや3Ukeシリーズの53万円、23~27万円という豪華機種が発売され、物珍しさから、5K買いました、3Ukeや3KUke買いましたという人はかなりいたと思います。ところがリーマンショックで高額機種を自慢する人がぱったりと止まってしまったようです。そして震災をへて、高額機種の価格が下落するわけです。15万円以上の機種は売れなくなったというのはウクレレ界の常識のようです。高額でもスペックの良い物、木目の良い物は売れるようです。しかし、木目があまり良くない物は売れ残るわけです。中古並みに値引きしても売れないということになるわけです。中古のマーチン5KUkeは定価の45%、3Ukeシリーズは定価の50%でショップに出るという状態になります。下取り価格は購入した時の価格の3分の1程度なのではないでしょうか。そして2ウケシリーズ、1ウケシリーズとリーズナブルな価格のモデルも発売されましたが、2ウケシリーズはこの価格の価値があるのか?と疑問に持つ人もネット上にはいるようです。これがマーチンのウクレレのたどった道です。






デラックスシリーズなど高級機種が発売された当初はまだ本数の少ない人やコレクターやマニアが買うのでしょう。しかし、ウクレレ欲しい欲しい病の人が多いのが現状です。3日弾いてペグを交換して満足して弾かなくなったとか、本数が増えすぎて弾かなくなったとか言う人が、早くて購入して2週間後から売却しだすのではないでしょうか。ウクレレって3、4年経つと価値って激減するようなので、2015年とか16年には中古でお安く出始めるのではないでしょうか?まあ弾かないウクレレを場所を取って置いておけるのも3年ぐらいが限度なのでしょう。そのころには処分しないといけないという感じになる人が多いのではないでしょうか。


























  1. 2012/06/24(日) 16:51:36|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

穴開いてる













少し傷があるという説明だけですが、写真を見るとバックに結構傷ありますよね。バックル傷のようなものでしょうか?指板も結構削れてくぼんでますね。エンドピンを取り付けたのか穴が開いています。バインディングも割れているように見えます。通販で楽器店ってこういうの説明する必要はないんでしょうか?このウクレレかなり雑な扱い、雑な弾き方をする人がオーナーだったようです。細かいことが気にならない人向けですね。







http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01679295



























  1. 2012/06/24(日) 07:53:47|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こちらは?








カマカのコンサート2008年製の初期です。ボディーコア、ネックマホガニー、指板とブリッジがローズウッドです。12フレットジョイント16フレットまでです。価格は69300円です。





http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01679410
Kamaka HF-2 2008
















これも定価を126000円で考えると安いかな?という感じはします。69300円というと現在の定価の55%きっかりですね。ただ今旧製品の在庫一掃セールで新品が91000円ぐらいで出ていることは結構あります。それと比べるとそれほど安くないですね。それから2009年の3月に定価の改定をしていますので、2008年製は旧定価の113400円の時の商品ですよね。旧定価を基準にすると定価の61%で中古としては買取価格が下がっている現在としては高い方ですかね。


























  1. 2012/06/24(日) 02:12:35|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安い方?









カマカのソプラノホワイトラベル1999年製です。ボディーとネックコア、指板とブリッジがローズウッド?で12フレットジョイント、12フレットまでです。前に見たことがあるので売れなかったので値下げということでしょうか。47800円と5万円を切ってカマカの中古の中古ショップ価格では安い方ですね。オークションだと3万円前後という感じでしょうか。サイドにサインが入っているようです。カマカのソプラノも随分価格が下がりましたね。





ただ今現行モデルは調整されているサドルが標準装備で、カマカのロゴ入りのケースが標準装備になっているので各ショップとも在庫整理で旧タイプのセールをやっていますよね。新品で6万円台後半の販売も結構ありますから中古を6万円で出せないというのもあるのでしょうね。






http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01679500
Kamaka HF-1 1999


















ただ安いというのは現在の定価の99750円を基準にしたときの話ではないでしょうか?2000年初めは定価が84000円ということもあったようなので、その定価84000円を基準としてみると、定価の57%の販売ですからそれほど安くはないですね。むしろ普通の価格と言っていいでしょう。13年前の中古に現在の定価を基準にするというのはおかしい話ですよね。




























  1. 2012/06/23(土) 23:02:50|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最低落札価格なし









付属のソフトケースをオークションで売却し、保証一切なし、最低落札価格テナーマホガニー44000円とコンサートコア48000円で出していたマーチンのウクレレですが、何回か出品して売れなかったので、1円からのスタートですね。雑な売り方するショップですよね。





まったく保証なしで完全なるアウトレット品でそこそこ豪華なソフトケースも付属しないということですから、まあ今の時点で財産価値はかなり減っているということですよね。まあオークションで落札して、飽きたから売ろうとしてもオリジナルケースがないので価値はかなり下がるでしょうね。高級ハードケースを買って付けるというなら別かもしれないですが。とにかく安ければいいという人向けでしょうね。1円開始にすると熱くなってお金の無駄遣いをする人が多いようなので、熱くならないようにどうぞ。








http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p292205678
Martin T1 Uke





http://page21.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j186119151
Martin C1K Uke












マーチンT1 Ukeは定価67200円、実売価格53760円です。ショップ側は1万円引きの44000円は超えると思って最低落札価格を設定していたわけですが売れなかったわけです。ケースは売ってしまったし、保証はつかないわけですから完全なアウトレットです。





マーチンC1K Ukeは定価73500円、実売価格58800円です。最低落札価格は48000円で、このぐらいは超えるだろうということだったんでしょう。





中古ショップに出るとしたら定価の55%でしょうから、マホガニーテナーが36960円で、下取り価格はその55%20300円です。コアコンサートが中古販売価格は40425円、下取り価格はその55%で22200円です。ただこれはオリジナルケースが付属している場合です。下取りでケース代3000円弾かれたとして、マホガニーテナーが17300円、コアコンサートが19200円です。今は買取も厳しいので50%もあり得るかもしれないですね。そうなるとマホガニーテナーの下取りが15480円、コアコンサートが17200円です。こんな価値なわけです。ということはあまり高く買わない方が自分のためということですね。熱くならないようにお得な価格で落札してはどうでしょうか?





予想落札価格はいくらでしょうか?マーチンT1 Ukeは実売価格53760円です。マーチンC1K Ukeは実売価格58800円です。オリジナルケースも保証もないわけですから、マホガニーテナーが35000円、コアコンサートが38000円でどうでしょう?










































T1 Uke41,250 円 C1K Uke41,000 円
  1. 2012/06/23(土) 00:25:28|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のまとめ










カマカパイナップルデラックス日本限定は151200円はかなりお得だったのか夜に出て次の日には売れていましたね。早かったです。あとコンサート1本とソプラノ1本売れてしまいましたね。やっぱり売れ行き良いですね。あとハワイで出てたオータサンモデルのニューバージョンも売れましたね。次は日本はオータサンモデルの争奪戦になるのか?

















マーチンの2Kテナーウケは自動入札でいくらかわからないですが入れている人が牛耳っている状態ですね。40500円で止まっています。






オークションの自動入札って反対です。結構世の中には悪い人がいて二重アカウント持っている人がたくさんいるんじゃないでしょうか?最低落札価格ありだと熱くなる人が少ないので、1円開始で出品者が自動入札機能で最低落札価格代わりに自動入札することもできますものね。





あとは安い物を落札して転売して儲けている人がここまでなら儲けがあるという価格を入れて放置しておく、落札できれば利益みたいなことやっている人もいるでしょうからね。オークションって本当に信用できないですよね。





さて、2Kテナーウケに戻りますが、定価が199950円。実売価格が159960円です。中古で出るとしたらまだ新しいから定価の55%の109900円でしょう。安くても定価の50%の99975円、でもこれはまだないでしょう。買取価格は販売価格の50~55%でしょう。50000~60445円が買取価格でしょう。ということは楽器で商売している人たちが入札しているとすれば6万ぐらいまでは入札してくるということになるでしょう。





ただマーチンのウクレレの価値は激減中ですからオークションで定価の50~55%で買う人はいないと思います。良いウクレレだと定価の45%で落札ということもありますが、定価199950円の45%は9万円ぐらい。マーチンのこのウクレレに9万円オークションで入札する人いるかな?





販売価格159960円の45%あたりが狙い目かな。159960円の45%ですから、予想落札価格は72000円かな。どうでしょうか?















ナツコは7万で入札が1入りましたね。いくらで落札されるか。ナツコはもうプロで弾いている人もいないですし、最近それほど熱くなる人いない気もします。
















あちこちを転がっているティーズのカーリーウォールナットミニテナーですが、84000円に開始価格が下がりましたね。定価が147000円だとすると定価の57%ですね。まだまだ売れないんじゃないかと思います。たぶんオークションでは定価の45%の66150円が良いところではないかと思います。もう製造されてから随分経ってますし、ウクレレの価値って激減してますものね。





なんだかこのウクレレを見ているとかわいそうになってきますね。この子を嫁に出しますとか言いますが、買った時に何回か弾いて、3日で飽きてしまってケースにしまってあるのではそれほど大切に育てはいませんよね。





試奏程度で音をちょっと試したい、気に入らなければオークションで売却すればいいやって言うのはあまり楽器を大切にしているという感じではないですよね。ぜひこの楽器が弾きたい、長い期間弾いてみたという楽器を買うようにした方が良いですね。それにはまず試奏程度なら、試奏に行って、よっぽど気に入った楽器しか買わないことですね。
















マーチンの5Kと3Mのビンテージはまだ入札入ってないですね。ウクレレの財産価値って激減しているのでビンテージを買う人も減っているのかもしれないですね。
















キゲ工房のソプラノまだ売れてないですね。12フレットジョイントだったら自分の好みだったのですが。ああ、やっぱり売れちゃったみたいですね。感じがよいウクレレでした。
















カマカのテナー98000円売れてしまいましたね。今の相場は9万という気もするのですが、1万円ぐらい高いかなって感じなら購入する人がいるのが現状でしょうね。
















マーチンの3チェリーウケは12万円ほどでは落札されずもう少しオークションに出ているのですかね。3Kウケで12万、3ウケで11万ぐらいがオークションの相場かなと思われます。チェリーだと10万以下なのかなとも思われます。















ビッグアイランドのカーリーマンゴーウクレレ、30500円まで行きましたね。新品で販売価格が42000円ぐらい、定価が55650円ですから、定価の54%まで行きましたね。中古で中古ショップで出る価格と変わらないかも結構熱くなりましたね。















カマカのソプラノホワイトラベル中に落書きありは31000円まで行きましたね。まあ細かいことを気にしない人向けのウクレレでしたね。















カラのポケットウクレレは次の日には売れてましたね。やはりちょい傷ですが1万円はお得だったのか。















オーストラリアのウクレレMatonはまだ売れてませんね。いつ売れるか、オーストラリアのウクレレが日本で受け入れられるか?楽しみですね。どうも矢井田瞳さんが購入したみたいですね。流行るかな?














中古のマルエのケース随分熱くなりましたね。それも3400円まで行きましたね。参加しているのも安い物に反応する常連さんばかりという感じですが。



































  1. 2012/06/22(金) 23:59:03|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

割引









カマカのパイナップルデラックスです。日本限定とありますからたぶん10本限定だと思われます。なんと価格が151200円。欲しい方は10本限定なのかは自分で確認してください。






http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01677244
Kamaka HP-1D




















40本出ている限定品らしいですが、20万円からの金額を即決で出してウクレレを買おうという趣味の愛好家が日本に何人いるのか?そう簡単に40本即完売ということになるのか。ウクレレの売れ行きの動向を見るうえでは非常に興味深いですよね。






レギュラーデラックスモデルでは、オータサンモデル、ソプラノコア、スプルース、セダー、パイナップルコアとあるようなので、カマカのウクレレ好きの人はこの後もデラックスモデルが欲しくなるんじゃないでしょうか?全部揃えたらすごい壮観ですよね。






自分の場合トップスプルースではなく、ボディーオールコアのソプラノかパイナップルが欲しいなとは思っていますが、高いですよね。デラックスモデルが普及して、価格競争で安くなったころに手ごろな出物があったら欲しいなとは思ってますが。もしかしたら状態の良い中古も良いのではないでしょうか。新品のデラックスモデルは高いですよね。それに日本限定で高額モデルが出ている世の中ですから、今は待った方が良いと言う個人的見解です。






マーチンの2Ukeモデルも多くのショップに出回るまで時間かかりましたよね。そろそろ中古が出だす頃ですよね。もうひと頑張り待ってお手頃なマーチンを買おうかなと思ってます。カマカのデラックスモデルも出回って中古が出るまで1年ぐらいはかかりそうですね。カマカのデラックスもお手頃なものがあれば欲しいかと。でも買いすぎないように自分を戒めないといけませんね。






中には新品をすぐ押さえてオークションで売って儲けようとしている自称正規代理店みたいな人もいるみたいですね。オークションで個人の場合返品不可となってますから、傷があったとか保証してくれないんでしょうね。新品というのは自称ですから、傷があった場合など保証も返品も交換もないでしょうから、ちゃんとショップから買ったほうが良いでしょうね。







ウクレレ愛好家にありがちなウクレレ欲しい欲しい病で、たぶん衝動買いをした人もいるでしょう。3日弾いて満足してケースに仕舞いっ放しという人もいるでしょう。そのうちオークションで出てくるんじゃないですかね。そんなものでしょう。ウクレレの財産価値が激減しているこの時代に、ウクレレに投資価値ってあるのか現在のウクレレの相場を見るうえでも非常に興味深いですね。





まだまだ各楽器店には在庫がありますからウクレレ欲しい欲しい病という現代病にかかって流行に乗って勢いで買わないように気を付けてください。このウクレレを末永く弾きたいという人はどうぞ。ウクレレ欲しい欲しい病の人はたぶん傷つけないように3日弾いて、ペグをゴトーに替えて、満足してケースに仕舞いっ放しになると思います。1~3か月後にはオークションで売却でしょうか。まあみなさん自分の楽器の買ったり手放したりのパターンがあると思います。3日坊主の人はペグを替えずに次のウクレレを大切に弾いてくれる人に譲った方が良いと思います。









http://www.j-guitar.com/product_id109664.html
HF-2DS






http://www.j-guitar.com/product_id107789.html
HP-1DS





http://www.j-guitar.com/product_id107491.html
HF-2DS





http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01676880
HF-1DS





http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01668157
HP-1DS




http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01664094
HP-1DS




































  1. 2012/06/21(木) 20:50:06|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どこが限定なのかわかりにくい









カマカの日本限定モデルのページもあるんですね。読んでみたのですがどこが限定なのかわからないのです。私の読解力がなさすぎるのか?わかる方がいたら教えてください。特徴はソプラノ、パイナップル、コンサート、テナーの各10本ずつの40本が作られている。製作者はケイシーとダスティンカマカで、トップはイングルマンスプルースでローズウッドのバインディング、1本のコアの木から40本のコアの部分が取られているなどです。






http://www.kamakaukulelejp.com/products/japan_limited.html
Kamaka 日本限定モデル










自分の考え方としては限定だからレギュラー製品と比べて特別な部分があると考えたのですが。この考え方間違っているでしょうか?





例えばレギュラー製品ではこのモデルは販売されることはなく、日本でのみこの40本のみこのモデルが発売されるだったらスペシャルですよね。






レギュラー製品でも同じタイプのモデルは発売されるが、レギュラーモデルと日本限定モデルでは違いがある。まあこれもスペシャルモデルになりますよね。日本限定モデルだけカスタム職人のケイシーとダスティンが作っているとか、これだとルシアーものになるんですかね。日本モデルだけインレーがアバロンだとか、日本モデルだけイングルマンスプルースを使っているとか何か明らかにスペック上に違いがあるならスペシャルですよね。






同じ1本のコアの木から製作しているはどうかな?もしかしたらもっと木目の良いコアの木もあるだろうし。同じグレードのコアならスペック上の違いはないですよね。

































ちょっとこういうの見ていて考えさせられる部分もありますよね。かなり高額なウクレレですよね。これで金儲けをしようとしている人もいるみたいだし、なんかウクレレが金持ちの道楽になってますね。ウクレレにはコレクターやマニアもいるようですが。自分もむやみに本数も増えて、お金も結構使いましたね。金持ちではないですが。ちょっと反省しています。ウクレレで儲けようとしている人も結構いて、



限定です、


スペシャルです、


レアで希少なモデルです、


次回の入荷はありません、早い者勝ちですよ。


ジェイクシマブクロが使っています。


ビンテージで素晴らしい甘い音がします。


オータサンが使っています。



このような言葉に踊らされて、高いお金を払って、何本も同じようなウクレレを持ってるって、冷静なウクレレが趣味でない常識的な人たちからすると非常識ですよね。これからはお金をあまり使わず、本数も増やさず、常識的な趣味の範囲でやっていこうとちょっと思いました。ビンテージに何十万も払うってお金使いすぎじゃないかな。ちょっとブレーキをかけてみます。































  1. 2012/06/21(木) 16:17:03|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2500安打








ichirosuzuki2011.jpg






マリナーズのイチローはダイアモンドバックス戦で5打数4安打で2500安打を達成した。メジャー史上では91人目ということ。そして本日5打数1安打で、打率は2割6分4厘とした。ここ10試合のヒット数は11本、1試合当たり1.1本と今一つの成績となっている。マルチヒットは昨日も含め2試合、ノーヒットが3試合と調子はあまり良くない。





2500安打達成スピードとしてはシモンズ1784試合、カッブ1790試合、シスラー1808試合、イチロー1817試合でイチローは4番目であるが、91人というのはかなり人数のいる記録ですね。3000安打となると28人です。是非3000安打を狙って欲しいものです。





しかし、今年の状況はというとシーズン初めから3番に起用させましたがほとんど活躍がありません。成績的には今までのイチローの成績からすると不振、レギュラーの選手の成績からすると普通か普通以下じゃないでしょうか?このままの成績で来年レギュラーの座があるのかも難しい状況かもしれないですね。イチローがどのように現実と立ち向かっていくのかを見ていきたいと思います。















イチローカウントダウン
6月21日現在今期76安打
メジャー新記録200本安打11回まであと124本
メジャー通算2500安打達成






































  1. 2012/06/21(木) 13:31:34|
  2. イチロー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カマカデラックス入荷しました











カマカのデラックスモデルのローズウッドバインディングバージョンがハワイのショップには入荷しているようですね。このショップにあるのはKamakaのHB-2Dのオータサンモデル、HF-1DSのスプルーストップソプラノデラックスモデル。どうもSはスペシャルじゃなくてスプルースのようですね。それにHF-1DCのセダートップソプラノデラックスモデルですね。オールコアのソプラノデラックスモデルはないようですね。価格はソプラノが1690ドル、コンサートが2090ドルです。





もしかするとソプラノはスプルーストップはレギュラーモデルなのかもしれないですね。日本限定10本って言うのはコンサートとテナーだけですかね?そこのところが今一つわかりにくいですが。ソプラノのスプルースは日本から輸入したんですかね?それとも日本限定はなにか特別なスペックなんですかね?ちょっとわからないですね。







http://www.theukulelesite.com/
Hawaii Music Supply






























  1. 2012/06/20(水) 06:01:34|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

でた~2









カマカのパイナップルデラックススペシャル日本限定10本モデルです。トップスプルース、サイドバックがカーリーコアでロープバインディングのモデルですね。ショップの新品価格からの開始です。






http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/156432698
Kamaka HP-1DS
















新品という記載ですが、この人はショップを経営してるんでしょうか?それとも個人で投機目的ですかね?厳密な新品の定義ですが、個人に売買された時点で新品ではないようです。購入してからケースから出して開封しているし、音について言及しているので、ちょっとは弾いているでしょう?そうするともう新品でも、未使用品でもないのでは?評価を見てみると新品と出しているウクレレで目立つ傷があったと評価されているので、個人の出品者は気を付けたほうが良いですね。現在ウクレレに投資価値があるのか?知るうえで非常に興味深いですね。





ところで完売ということが書いてありますが、パイナップルモデルはクロサワとイケベと新星堂ロックインに在庫がありますので完売というのは誤りですね。まだ新品がありますので欲しい方はショップから購入したらどうでしょうか?





日本限定モデルをいち早く購入してオークションで売って儲けようってことでしょうか?ウクレレを愛好するものとしてはウクレレで儲けようっていうのは感心しませんね。

































  1. 2012/06/20(水) 02:30:33|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

でた~









さて、マーチンの2Ukeシリーズのコアテナーの中古です。昨年の夏発売ですが、まあもうそろそろ中古が出始めても良いころですよね。まあもうすでに出てますが。定価199950円、実売価格159960円です。1000円開始です。今のオークション利用者がいくらまで出すのでしょうか?マーチンの相場を知るうえでも非常に興味深いですね。





http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p291721766
Martin 2K Tenor Uke























3K Uke、3Ukeが定価の半額で中古ショップで販売される世の中ですが、それに伴って買取価格も、オークションでの落札価格も下がって、3Ukeシリーズは財産価値激減だと思います。さて2Ukeシリーズも同じ道を歩むのか?今のところ2Ukeシリーズはまだ発売されて1年経っていないので、定価の55%で出ている感じですが。この個体は木目的にはあっさりしている感じですね。





6月5日に購入して19日の夜にはオークションに出ていますが、何がしたかったんでしょうか?買って2週間で中古として出てしまうということは、ちょっと音を試してみたい程度で買うとすぐに弾かなくなってしまうということですね。ちょっと楽器店に立ち寄った時に試奏すれば済むことじゃないでしょうか?良く考えて本当に欲しい物を買わないといけませんね。



























  1. 2012/06/20(水) 02:10:59|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コナ












コナのソプラノマーチンの5Kコピーモデルですね。コアの木目はなかなか見事ですね。開始価格15万円です。T'sの製作ということです。





http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d130299780
Kona CS-5K





















定価はいくらかわかりませんが、中古ショップで159600円で出ていたようです。中古ショップと変わらない価格帯での開始と考えていいですね。


























  1. 2012/06/19(火) 16:15:09|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

売れ筋












さて~、高額にもかかわらず東京ハンドクラフト展示モデルとカマカのトップスプルースのデラックススペシャルモデルは飛ぶように売れましたね。全くボーナス時期でもなく物が売れるタイミングでもなかったのですけれどね。






やはり売れるには、新品、手の込んだ丁寧な作り、木目がかなりよい、限定品などがキーワードなんですかね。ウクレレとしてはかなり高額と言われるようなものが2、3日でかなり売れましたよね。

















さて、自分の弱いのがビンテージの見分けです。今日はビンテージで安い物、長い間在庫となっているものを見てどの辺が安いのか、どの辺が長い間在庫になってしまうのか考えてみたいと思います。











・全体的に傷が多くみられる。

・端から端までなどかなり大きな修理痕がある。

・修理個所が多い。

・リペア痕がある。

・オーバーラッカーがある。

・プレーヤーズコンディションとある。

・かなり弾きこまれている。

・使用感がある。

・塗装がオールリフィニッシュされている。

・ウェザーチェックがかなりある。

・オリジナルパーツが交換されている。

・木製ペグのかなり古い物。












在庫期間が長いのはその機種の中でも高めの値段設定や単に高額であるということが影響しているようですね。やはり価格の安い物を見るのがビンテージではわかりやすいのではないでしょうか。かなり大きな修理痕がある、全体的に傷がある、修理個所が多いというのは安くなってしまいますね。







すぐに飽きてすぐに売却する人は今ビンテージのウクレレを買っても、ウクレレの財産価値は下がっていますから、投資にもならないですし、買い取りに出してもかなり安く買い取られる、オークションで高めな価格設定で出してもなかなか売れなくて困るということになるのでしょうね。






ビンテージ難しいですね。


































  1. 2012/06/19(火) 15:57:12|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さて~










martin style 0 front







さて~。マーチンのスタイル0を3月末に買って、ティーズのビンテージマホガニーモデルを5月初めに買ってクレジットカードの引き落としが2か月連続であったただ今新しいウクレレの購入は大我慢しています。25本に増えてさすがに置くところにも困ってます。25本ともなると結構な金額行ってしまいますものね。散財も良いところです。いい加減にしないといけませんね。






ちょっとグロイ話になりました。嫌いな方は飛ばしてください。




それでただ今ウクレレの練習ですが、ちょっとおやすみ気味。ちょっと左手の薬指が痛いなと思っていたら血豆ができてました。1週間ぐらい放置してたのですが、そろそろ血豆もとれるだろうと皮が破けたら出血。血豆じゃなくて血が溜まっていた?昨日かさぶたをいじったらまた出血。結構指から出血するもんですね。大丈夫かな?バンドエイドがなくなったので今日買ってきました。なんかこれやばい。明日医者行ってこよう。





なんかネットで調べてたら、麻酔して手術とか書いてあって冷や汗が出てきた。なんかブログを書く気が減退。ここまでにしておきます。








































  1. 2012/06/19(火) 02:50:52|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナツコ







ナツコのマーチンのコピーモデルです。マホガニーモデルで色はチェリーブラウンですね。定価は141700円です。開始価格は7万円です。7万で落札できればお買い得ですね。






http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r91383651
Nutsco 3M CB






















前々から注目しているナツコですが。なぜ注目しているのか?考えてみるとまあマーチンの3Mのコピーモデルだから。ということでしょうか。ということは単に興味があるというだけでしょうかね。新品は13、4万しますから完全に予算オーバーです。中古も10万以下で出ることはありますが、オークションの競争も厳しくちょっと参加したくないという感じでしょうか?






ウクレレって難しいですね。実際に弾いてみてなかなか良い音がする、良い買い物をしたと思うウクレレってありますから弾いてみないとわからないんですよね。






ウクレレの財産価値も激減している昨今。たぶん自分的にはナツコは試奏してみたい程度なんでしょうね。まあ持っていたら持っていたで価値のある一本なのでしょうが、試奏程度で試に弾いてみて気に入らなかったらオークションで売却すればいいやって言うのはしない方針ですので、まあセリには参加しないということですね。長い間持ち続けて弾いてみたいという1本を買うようにしたいと思います。次買うとしたら、まあマーチンですかね?








この人はオークションで1年ぐらい前に中古でこのウクレレを購入しているみたいですね。












































2人目の人が7.1万入れてあっけなく決まりましたね。1人目の人は入札し返さなかったですね。まあこのナツコのウクレレオークションで次から次へと出品されているウクレレです。中古で製造から時間も経ちつつあるので価値が減っているのかもしれないですね。ナツコブームもおしまいという感じなのかもしれないですね。


























  1. 2012/06/19(火) 01:16:39|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

???????












このブログでも注目していますが、1月末から出品しているティーズのウォールナットのミニテナー5月末に86000円開始で、89000円即決価格で落札されたようですね。






そのウクレレがまた出ているようですね。写真と発送地域は変わってますが、商品説明文は同じで、開始価格と即決価格は同じ。どうしたんでしょうかね?








http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h165419042
T's MT-720pf 2009















このウクレレ随分転がる運命なんですかね?試奏したい程度で衝動買いした人が、すぐに飽きて不要になったら、処分される。そんな感じですかね。定価147000円だと思われますが、ショップで定価の60%で出ても88200円、定価の55%でも80850円というところでしょうか?個人で保証が付かない出品としてはちょっと高いかなという感じですね。リーマンショックがあって、そのまた震災のあと、ショップの下取り価格が激減して、すぐ下取りに出すウクレレが趣味な人はかなりがっかり気味のようでしたが、まあウクレレの財産価値が低下しているのは事実ですから衝動買いしないようにしないといけませんね。まあ、末永く弾くつもりのあるウクレレを買わないといけませんね。




























  1. 2012/06/19(火) 00:49:38|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

へー










マーチンの5Kの1920年代製です。70万円開始だそうです。まあ木目だけでも見て目の保養をして頂ければと思います。






http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f117212951
Martin 5K 1920's
















マーチンの3Mの特注品のようです。ヘッドに天使の絵が入っていますね。普通のタイプなら欲しいところですが、ちょっと変わっているのが好きな方向けですね。






http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r91090554
Martin Style 3 1960’s


















まあみなさん70万円の物を買おうと思えば買えると思いますが、10万円ずつ貯金したとしても7か月かかる金額です。自動車なら生活の中で役に立ちますが、楽器って自分が楽しいぐらいですから良く考えて買わないとですね。まあお金に余裕のあるコレクターやマニアの人なら問題ないのでしょうけれど。






この方以前にも3Mを3本出してた方ですね。この天使イーベイで見たことあるような気がします。アメリカのオークションで買って、ショップほど高くない価格で手放してるので利益はあまりないとは思いますが。もしかすると楽器の売買を生業としているのかもしれないですが。不要になって手放すならアメリカのオークションの時点で買わない方が良いのではないかなとも思います。まあ売る人からするといいお客さんなのかもしれないですが、アメリカのウクレレ愛好家からは市場の相場を上げている、アメリカからビンテージの流出とも思われかねないですからね。自分が弾く分だけ買ったほうが良いのかなとも思います。


















http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/156328390
Martin 1K 1920’s





























  1. 2012/06/18(月) 01:28:03|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんかよさそう


































滋賀県のKige工房のソプラノシンプルです。なんか面持が良さそうな感じですよね。シリアルナンバーからすると2011年の5月製ですかね。3Aのコアボディーのようです、ネックはマホガニー、指板とブリッジがエボニーです。14フレットジョイントで18フレットまでです。と結構良いスペックで、中古で49800円はお手頃じゃないでしょうか?ヘッドとサウンドホールの形が個性的ですね。しかし、このショップ大きいショップなのに保証は対象外ってなんかあるのでしょうか?






http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01670607
KIGE工房 SOPRANO SIMPLE
















価格も手ごろだし、なかなか良さそうなウクレレですよね。欲しい感じもしますが、試奏程度で買わないという方針でしたね。このウクレレのルックスと音がすごく気に入ってぜひ欲しい、長く弾いてみたいという人向けですね。





価格調査をしていたら9万ぐらいということなので、定価販売で9万だとすると、中古の498というのは定価の55%となって、普通の価格設定かなという気もしますね。








































  1. 2012/06/17(日) 15:26:17|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

ジン

05 | 2012/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search