FC2ブログ

ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

テナー










カマカのテナーホワイトラベル1990年代製です。ボディーとネックがハワイアンコアですかね。指板とブリッジがローズウッド。14フレットジョイント18フレットまで。ペグはオリジナルではないようです。20年近く前のテナーなんですかね?このぐらいになると全然わかりません。ボディートップの肩の部分が随分擦り切れていますが。使用感があるようなので、古いもの好き向けですかね。まあ実物みて試奏した方が良いかもしれないですね。





以前はゴンチチがカマカのホワイトラベルを使っていたので欲しいなと思っていましたが、1本カマカのテナーを買ってしまったので、2本はいらないかなという感じです。







http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01661748
Kamaka HF-3 1990's
















ギブソンスーパー400の1937年製です。トップスプルース、サイドバックがメイプル、ネックもメイプルです。ピックアップなしのアコースティックです。グローバーインペリアルペグです。Xブレーシングだそうです。ピックアップを取り付けるためにトップに穴をあけるとブレーシングが切れてしまうタイプですね。リフィニッシュで割れの修理歴があるようです。ろくななぱということですがS400ってこんなに安いものでしたっけ?






http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01662271
Gibson Super 400 1937

































スポンサーサイト



  1. 2012/06/07(木) 20:54:44|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

営業トーク












さて、カマカのウクレレをケースから出して、チューナーで音程を確認してみましたが大きく狂うこともなく、ほぼ合ってました。チューナーでちょっと合わせてチューニング完了。まあティーズの優秀なペグと比べるとちょっと硬いかなとは思いますが、調整すればいいだけです。まあ交換するほどでもないと思いますが。シャーラーのペグの固さにイライラするとかストレスが溜まる人もいるようですが。






さて、ショップの営業トークです。カマカのペグを交換しようと思っている人への一言。「シャーラーのペグはまったくもってダメなペグです。」ギアペグ代7000円、ペグ交換手数料5250円だそうです。ペグを交換しようと思っている人にそれぐらいのことは言うはずです。それなりの売り上げがあるわけですから。私はペグを交換しなくてもカマカのウクレレは使えると思いますが。






オークションを利用しなくなった理由の一つが熱くなりすぎる人が多いこと。まあ欲しいっていう気持はわかりますが、癒し系の楽器ウクレレで貪欲に熱くなって次から次へと金額を上げて入札相手と争うっていうのもなんだし、結局落札してもそれほどお得感がないことも多いですよね。ということでオークションの利用って考えてしまいます。






さて、G7蔵相と中央銀行総裁の電話会議で各国の協調と日本は為替の介入も発表されましたが、2日ぐらいで、78円から1円40銭ほど上がって79円40銭ほどになってしまいましたね。海外のオークションで入札したり、海外の楽器ショップで買い物をしている人には痛い話ですね。当分様子を見るためにお休みという感じでしょうか?まあ世界同時株安とかになって不況になってしまうともっと怖いですが。







































  1. 2012/06/07(木) 16:45:53|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジン

05 | 2012/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search