FC2ブログ

ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

お金って難しいですね








さて、お金って難しいですね。G7蔵相、中央銀行総裁の電話会議があって、日本は円高を容認しない為替介入もあり得るとして、各国反対しなかったということで1ドルが78円から79円台中盤までになり円安の方向に向かってましたね。





リーマンショック以来経済的理論から外れた円高アノマリーというのがあって、日本の決算前の2、3月は円安ドル高になり、ゴールデンウィークをはさんで円高ドル安になるという話をしましたが、この感じだと夏休みに海外旅行に行く人もいるとこれまた円高ドル安になるんじゃないですかね。





今年は日銀の10兆円の緩和策などもあり、2月に円安ドル高になったのでウクレレの海外での購入も控えていましたが、今回の介入発言もありまだ以前の水準の1ドル78円以下には戻ってないですね。





ところで怖いのがデリバティブ。怖いですね。銀行の商品らしいのですが、1ドル120円の時でも1ドル100円で入手できますという商品です。ところが結構契約期間が長いらしく1ドル79円の今でも1ドル100円払ってドルを買っている中小企業があるとか。1ドル79円で調達した場合と比べると21円の差がありますよね。ずっと1ドルにつき21円損し続けるというのは怖いですね。






でもこれ考えてみると商品でもありますよね。2008年の夏マーチンの3Ukeシリーズが発売されたわけですが、その時は1ドル110円だったのではないかと思います。付けた定価(販売価格)は3KUkeが336000円(268800)、3 Ukeが294000円(235200)、3C Ukeが283500円(226800)です。





直後の2008年9月のリーマンショック以来ドルはどんどん下がって、2011年10月に円は戦後最高値の75円78銭を記録するわけですね。当時の1ドル110円と現在の1ドル79円では31円差があるわけですから、これだけ円ドル相場か変わっているのだから定価を改定すればいいのではと思うのですが。これ考えてみると金融デリバティブと構造的には一緒の、消費者に負担を求めるウクレレデリバティブですよね。





アメリカで定価で買ったとすると、簡単に各モデルのアメリカでの定価に2008年当時の1ドル110円、現在の1ドル80円としてかけてみました。当時と現在では30円違いますから換算すると6~7万円価格が変わることになりますよね。これだけ価格が変わってくるのに価格を改定しないのもすごいですね。





各モデルの定価 1ドル110円 / 1ドル80円
3K Uke 2499ドル 274890 / 199920円
3 Uke 2249ドル 247390 / 179920円
3C Uke 1999ドル 219890 / 159920円























今日も昼にIMFの円が過大評価されている、日銀の緩和策の余地があるという声明で円安になりましたね。これで円が1ドル89円の中盤まで行ったわけですが、海外で買い物するときは多少の為替の上下動は予想したうえで購入しないといけませんね。でも、運が悪いとちょうど買おうとしたタイミングで何かありますよね。何か発表のあるタイミングは気を付けたいですね。



































スポンサーサイト



  1. 2012/06/12(火) 12:31:43|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全然わからない









マーチンスタイル3の1930年代製と思われるウクレレです。センターストライプ、ヒゲの装飾、指板のポジションマークがダイアモンド型です。最低落札価格ありをやめて26万円からの開始です。写真の通り修理歴があるようです。







http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d130546975
Martin Style 3 1930's























全然わからないですね。この年代のこのスペックで、この状態でいくらぐらいが相場なのか?やっぱり素人はダメですな。相場がわからないから、当然入札できるわけもありません。まあその前に完全に予算オーバーですが。






例えばある日自分のウクレレを見てみたら、クラックがある。があああああああん。ショックですよね。まあ人それぞれ感じ方の違いはあると思います。自分の場合はクラックは気になるでしょうね。中古の使用感があるのも慣れるまでは結構気になりますね。ということで、中古やビンテージは自分は向いていないということですかね。新品でピカピカという方が自分は気持ちよくつかえるのかな。まあ見ていてもきれいですよね。






反省の仕方

さて、ウクレレを何本も持っている方も多いと思いますが。自分の場合は購入するときの予算は10万円です。まあ買っても10万円をちょっとオーバーするぐらいまでです。5万円~10何万かのウクレレをたくさん買ってしまっているわけですが、ちょっと反省してみましょう。






ウクレレと同じ価格帯で何が買えるのか?他の物を買ったら結構生活が豊かになりますよ。5~10万円ぐらいの品物を価格コムでチェックしてみましょう。




テレビ、パソコン、冷蔵庫など家電類、家具、カメラ、ビデオカメラ、腕時計などなどなど。ウクレレを買うのやめたらかなりの生活用品が新品に買い替えができますね。ということでいかに無駄遣いをしているかを反省。たまには反省することにしましょう。





最近はウクレレを買取に出してもほとんど購入した時の価格の価値は無いようですからね。購入した時の3分の1の価格で買い取ってくれるか微妙ですよね。4分の1や5分の1なんてことがざらにあるのではないでしょうか。
























  1. 2012/06/12(火) 04:35:00|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーストラリア









オーストラリアのメーカー、マトンのコンサートです。ボディーオーストラリアンブラックウッド、ネッククイーンズランドメイプル、指板とブリッジがローズウッドです。Eということでピックアップ搭載のエレクトリックということでしょうか?オーストラリア製のウクレレに興味ある方いかがでしょうか?







http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01667503
Maton Concert-E





















オーストラリアでウクレレフェスティバルがあるようなので、オーストラリアでもウクレレがはやってるんですかね?マトンというと???知らなかったのですが、トミーエマニュエルが使っているメーカーだそうです。






日本では新規参入なんですかね。日本のウクレレの現状、今後の展開について考えてみると。。。まず、ギターからウクレレへと入る人もいるでしょうが、ウクレレの場合ほとんどが楽器については知らないという人も多いのでは?ということでマトンというギターメーカーも知らないし、トミーエマニュエルも知らない人がほとんどではないでしょうか?





日本のウクレレ勢力図ですが、まずはフェイマスを中心としたお手頃な価格のウクレレを買う人がほとんどではないでしょうか?





そして、教室へ行ったり、趣味で弾いている人がカマカを中心とするハワイ系のウクレレやマーチンなどアメリカ・カナダ系のウクレレ、ティーズを中心とする日本のウクレレを買っているのではないでしょうか?





コレクターやマニアックな人も存在するはずです。たぶんマニアの人は相当量ウクレレを所有しているはずです。ウクレレを買いすぎてオークションなどで処分する時期に入っているのではないでしょうか?しかし、カマカの日本限定10本レアアイテムなどとなると高額でもポンと買ってしまう人が数十人はいるのではないでしょうか?







2005、6年ごろからマーチンがウクレレに再参入して、相当売れたのではないでしょうか?リーマンショックを経て、さらに日本は震災を経験し、ただ今15万円以上のウクレレは売れないと言われています。ウクレレを趣味としている人も結構な本数を所有していて、もう買わないと言いつつ、たまに買ってしまうという感じでしょうか?






フェイマス、カマカ、マーチン、ティーズなどウクレレ界で売れているメーカーも固定されてきている感じもします。マーチンあたりは普及モデルの1Ukeシリーズは人気ですが、2、3Ukeシリーズとなるとなかなか売れない状態ではないかと思います。






数年前は見かけたメーカーも最近は見かけなくなったというメーカーもあるのでは?15万円以上のウクレレは売れないとか、不況による買い控えとか、もうすでにウクレレが好きな人はかなりの数を持っていて買う必要がないとか、これから爆発的に売れるには何かブームでも起きないと難しいのでは。。。。。





ウクレレの場合、ギターからウクレレへと入っている人もいますが、ギターを通らずにウクレレという人も多いのでは。ということである程度名前のあるギターメーカーでも、ウクレレ界参入や生き残りは結構大変なのでは?






まとめてみるともうすでにいろいろなメーカーが参入してしまって、いろいろな競争があり、人気のあるメーカーは生き残り、売れないメーカーは生産が減り、ウクレレのブームもひと段落ついて落ち着いてしまったという感じでしょうか。







さて、じゃあ将来的には?最近ブログでもウクレレという言葉を使う人は、ウクレレという単語を使っているだけで、ウクレレを買ったとか、ウクレレを実際に弾いているという人は減ってきてますね。まあブログ自体を利用しない人も増えてるのではと思いますが。当分ウクレレは停滞期が続くのでは。またNHKでウクレレ講座が行われたときにでもちょっとしたブームが来る感じじゃないですかね?






音楽でポップ系だと若いミュージシャンでも結構稼いでいますが、ジャズなんかは実力があってもなかなか儲けるのは大変です。それを考えるとウクレレブームでウクレレの音楽を聴く人口がふえたのでしょうね、結構プロのウクレレプレーヤーがライブしたり、教えたりしていますよね。







































  1. 2012/06/12(火) 02:50:25|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジン

05 | 2012/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search