ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

コンパウンドとカッター











acrysunday compound and olfa p cutter s type






さて、月末までが期限のポイントと通常ポイントで400円ほどあったのですが、何を買うか?フェンダーの白のエクストラヘビー12枚か、ウクレレのサドルか、何を買おうか迷っていたところ。駅前の量販店にコンパウンドもプラスチック専用のカッターもない。東急ハンズまで行くことも当分ないだろうし。一番近くのホームセンターまで10分ちょっと歩く気も全くないし、行ってなかった時のショックも大きい。ということで今一番必要なのはということで考えてみると、アクリルピックを作るためのコンパウンドとカッターです。とりあえず送料はポイントを使って買おうという感じです。





カッターはOLFAのPカッターS型です。アクリルのような硬質のプラスチック板の場合、カギ状のもので表面をひっかいて筋を作るという感じで溝を掘って、そのあとパキッと割るかんじです。




続いてアクリサンデー研磨剤です。これはアクリル専門店でも良く売っているアクリル専用の研磨剤です。あまり売ってないので東急ハンズに行ったときか、通販で買うことになるでしょう。硬質プラスチック用で、柔らかいフラスチックにはあまり効果がないようです。













































スポンサーサイト
  1. 2012/09/30(日) 20:38:04|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マーチン











マーチンの3Uke2010年以前製の物です。サウンドメッセ用だと思いますが、売れなかったようですね。価格的にはイベントプライスだったのですが。ヘッドにマーチンのロゴがないタイプですね。2011年からヘッドにマーチンのロゴが入っています。ボディーマホガニー、ネックセレクトハードウッド、指板とブリッジがエボニーですね。指板にセンターストライプとスノーフレークポジションマーク、ボディートップ下部にペンダログの装飾、白黒のセルバインディングとロゼッタが施されています。定価が294000円、実売価格が235200円が138000円、定価の47%の販売です。最近中古で定価の半額の147000円という価格でマーチンの3Mが出るようになりましたが、138000円というのは中古価格では安い方だおと思いますが、売れなかったですね。




http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01778636
Martin 3 Uke 2010








中には普段ショップで売れないと思われるウクレレをたいして安くもない価格でごっそり持って行っているようなショップもありましたが、それと比べると良心的な価格だとは思います。ただこの価格で売れなかったということはマーチンの現行のウクレレに対する評価はかなり下がっているのでしょうね。オークションの落札価格11万円ぐらいの価格設定をしたらイベントの目玉として盛り上がったのかもしれないですね。















































  1. 2012/09/30(日) 19:16:41|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カマカソプラノ













カマカのソプラノ2004年製です。ボディーコア、ネックマホガニー、指板とブリッジローズウッドです。すでに2004年製で16フレットまであったんですね。5.25万円と中古の定番の6万よりはお買い得です。





程よく弾いてあるということで使用感はあるのでしょうね。ほぼ現行モデルと仕様は同じですが、シャーラーのペグのつまみは白です。現行の物はパール調ですね。サドルはオクターブ調整されたものではないですね。ケースも現行の物はカマカのロゴ入りのケースですね。ラッカー塗装なので年月が経つと劣化が見られる場合もありますね。







http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01777761
Kamaka HF-1 2004








































  1. 2012/09/30(日) 18:18:49|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マーチン












マーチンコンサートのコアの2012年製です。ボディーコア、ネックハードウッド、指板とブリッジローズウッド、セルバインディングが施されています。ギアペグ搭載です。ボディー下部のカーリーコアは見事な感じですね。前面にカーリーコアという感じではないですね。杢目とは難しい物です。まあ植物ですからしょうがないですね。すべて規則正しく木目が出るというわけではないですから。こちらのウクレレ2012製ですが、新品同様で購入して、ほとんど弾かずに見ていた程度ということです。ということはただ今セカンドオーナーで、次はサードオーナーですね。随分次のオーナーから次のオーナーへとウクレレが点々としますね。





http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r94529893
Martin 2K Concert Uke






昨年夏に発売されて1年経ちましたね。昨年あれだけ在庫がナイナイと言っていたマーチンの2Ukeシリーズです。今年2月ごろからやっと在庫が出来てきたウクレレですが、中古でも結構見かけますね。買ってはみたものの、あまり人気がないのでしょうか?理由はなんでしょうか?1つはウクレレ欲しい欲しい病ですかね。新しい物好きで欲しくて欲しくてたまらなくて買ってみたものの全然弾かなかった。これはある意味買い物依存症の症状ですよね。




他にはオークション利用者特有の試奏程度で買ってみて、気に入らなければオークションで処分すればいいという、気軽な楽器の購入も理由でしょうか。まあオークションを見ていると、この人結構良いウクレレなのに手放してしまうのもったいないなと、履歴を見てみるとこの人あの注目のウクレレ買った人だという人がかなりいますよね。それも何か月かで何本もウクレレ購入していて、ウクレレ買い過ぎ状態の人がかなりいますね。





それからマーチン2ウケシリーズの価値も理由ではないでしょうか?定価は約18~20万円、販売価格は14~16万円とかなりの高級ウクレレですね。しかし、コアなどは木目はバラバラです。カーリーコアの全くないジャガイモみたいなコアからある程度カーリーコアは入っているがうっすらと入っている感じとか、カーリーコアが入っているが縦線が真っ直ぐではなくかなりゆがんでいるとか、美観に厳しい日本人にはちょっと合わない気もしますね。




作りも3ウケシリーズと比較すると2ウケシリーズは雑な感じがするのは私だけでしょうか?価格的にはアメリカでの価格を見ると、送料、関税、クレジットカードの利用料は入れてませんが、販売価格は1049ドル~1249ドルですから、1ドル80円で計算すると、83920~99920円の価格帯のウクレレなんですよね。ソプラノの2ウケの場合送料と関税入れて9万5千円ぐらい、2Kウケで104000円ぐらいというのはなんか納得できる価格です。この円高ドル安で不況の時代に日本ではマーチンを高く売り過ぎてる感じもしますね。2ウケシリーズの品質からしても14~16万円の価格帯というのは見合わないと思います。







Martin 2 Uke 1049ドル / 83920円 
Martin 2 Concert Uke 1099ドル / 87920円 
Martin 2 Tenor Uke 1149ドル / 91920円
Martin 2K Uke 1149ドル / 91920円
Martin 2K Concert Uke 1199ドル / 95920円 
Martin 2K Tenor Uke 1249ドル / 99920円
 















2ウケシリーズはちょっと手が出ないという方に、マーチンのS0ウケの中古はどうでしょうか。ボディーマホガニー単板、ネックハードウッド、指板モラド、ブリッジマホガニーです。生産完了になってしまって買う機会を逃した人は1円スタートなので安く買えるチャンスかもしれないですよ。





http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/164847239
Martin S0 Uke


















































  1. 2012/09/30(日) 07:35:40|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カマカ










さて、世の中は秋ですね。9月もかなり暑かったですが、月末になると涼しくなってきましたね。大阪でサウンドメッセをやっているとか。まあ気温的には夏よりは秋の方が楽器は弾きやすいですね。夏は汗をかきますからまあ弾きにくいと言えば弾きにくいですね。そして冬がそのうち来るわけですが。毎年思うわけですが空気が乾燥していてウクレレやアコースティックギターは良い音しますよね。しかし楽器管理には湿度50%が良いと言われているわけですから、30~40%になる冬は塗装や木にはかなり良くないわけですね。塗装やボディーにクラックが入ったりすることがあるわけです。





さて、カマカのレギュラーモデルですが、以前は定価販売が多かったですが、最近は大手・有名ショップでも定価の80%で販売するところが増えてきましたね。まあデラックスモデルの販売価格が定価の80%ですから、あってもおかしくないですね。まあ80%の販売というのは消費者としてはありがたいですね。定価99750円のソプラノが79800円で買えるわけですからね。それに伴って小さいショップでカマカを扱うショップが減っている気もしますね。まあ大手に対抗して最新モデルを定価の75%の74800円で販売するショップもあります。カマカの価格が下がってありがたいことはありがたいですね。






定価があると影響されるのが、中古価格ですね。この定価の影響でカマカのソプラノの中古は6万円というのは楽器ショップの間では定番になっているようです。不況で5万円前後にしているショップもありますが、全く変えないショップも結構あるようですね。下取り価格はかなり下がっているようですが。






不況の影響をかなり受けているのはオークションですね。熱くなる人がいなければソプラノが3万円前後で手に入ることもありますね。さて、オークションでお得なカマカの出物はあるでしょうか?















カマカのソプラノホワイトラベルの1996年製です。ボディーとネックコア、指板とブリッジもコアでしょうか?このあたり素人には判別難しいですね。12フレットジョイントで12フレットまでです。ナットとサドルは黒ですが、この時期はプラスチックなんでしょうか?トップとバックにトラ目が出てますね。木目が良いと熱くなる人が多くなりますね。1000円スタートですが、すでに3.15万円まで行っています。







http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e130961913
カマカソプラノホワイトラベル1996














さて、こちらはかなり古いカマカのパイナップルですね。まずブリッジが飛んでいて修理が必要な個体です。修理や改造が趣味な人には向いているかもしれないですね。割れもあるという記述もありますね。ヘッドにパイナップルのデカール、指板がないタイプのパイナップルです。






http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/159422342
カマカパイナップル

















カマカのホワイトラベルソプラノ1999年製です。ボディーとネックがコア、指板とブリッジがローズウッドですね。ネットとサドルがちょうど牛骨になった頃だと思います。ヘッドにはKKのデカールシールですね。杢目もなかなか良いんじゃないですか。ペグはシャーラーの白つまみのペグです。






http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d133236730
カマカホワイトラベルソプラノ1999

















カマカのコンサート2008年製です。ボディーコア、ネックマホガニー、指板とブリッジローズウッドですね。なかなか木目は良さそうですね。ただ今3.65万円です。熱くなる人がいなければ安く入手できるかもしれませんね。





http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w78685030
Kamaka HF-2 2008
















カマカのパイナップルホワイトラベルです。何年製かは不明です。ボディーとネックはコアだと思います。指板とブリッジも色的にコアですかね?12フレットジョイントで12フレットまでです。指板のエンドがまっすぐなので80~90年代の物かと思います。トップ板がゆがんでいるということです。んんん~、トップがゆがんでいるということは力木が剥がれていますかね?





http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u43134527
カマカパイナップルホワイトラベル















カマカのパイナップルホワイトラベル2000年製です。ボディーとネックコア、指板とブリッジローズウッド、ナットサドルは牛骨、ヘッドのKKデカールはシール、ペグはシャーラーの白つまみペグです。この方ウクレレを調整するのが好きな人見たいです。本人によるものか、プロによるものか不明です。素人の調整ってひどい物からちゃんとしたものまで差が激しいので気になる人は問い合わせた方が良いかもしれないですね。






http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n116620540
カマカパイナップルホワイトラベル

















カマカのソプラノホワイトラベル1972年製です。ボディーとネックがコア、指板とブリッジもコアですかね?指板エンドが斜めになっている仕様です。ペグ、ナット、サドルは交換されています。上のパイナップルと同じ出品者で調整がされているようです。ブリッジはクラシックギターと同じ結ぶタイプです。カスタムとありますが、メーカーが特注で作った、もしくはレギュラーモデルと違い特別仕様の物を作ったのと、購入してから改造したというのでは全然違いますのでカスタムの使い方は難しいですね。ちょっと価格設定高いですね。特別なものなのでしょうか?




http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f114860732
カマカソプラノホワイトラベル




















































  1. 2012/09/29(土) 17:25:55|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギブソン









gibson pure pick black heavy




さて、今までフェンダーやヤマハのピック中心でギブソンのピックはあまり持ってなかったですね。ということでギブソンのピックを買ってみました。まずはギブソンのPureと入っている黒のヘビーのピックです。現行のピックではPureという文字はなく、Pureと入っているのは旧タイプのピックのようですね。町の小さな楽器店へ行けばまだ売ってるかもしれないですね。私が買ったのは茅ヶ崎の駅前の本屋の中にある楽器店です。まだヘビーはたくさんありました。





現在はギブソンは黒しかないのですかね。しかし、1枚100円だとなかなか売れないでしょうね。こんな小さなプラスチック製の物が100円ですものね。100円ショップへ行けばかなり使えるものが100円で売ってますからね。フェンダーが1枚53円に値下げしたのは正解かもしれないですね。





以前は赤のマーブル、べっ甲柄、白などのピックもあったようですが、現在は黒一色ですね。ということで白のギブソンぷっくを探してみました。話によるとけいおんの唯が白のGibson USAと入っているピックを使っているとか。それとは全然関係なく白のピックを買ってみました。青文字でGibson、赤文字でUSAとHと文字が入っていますね。ビンテージ?らしく2枚で送料込で11ドルぐらいでした。はるばるアメリカから送られてきました。まあピックの無駄遣いはこれでおしまいですね。






gibson usa pick white heavy










無駄遣いメモ
カーリーメイプル板
Korg AW-2G YE
Martin Heavy ピック 2枚
Martin ピックケースキーホルダー
Fender レッドモトHeavyピック 6枚
Fender Medium Pick Key Chain
Fender シェル 2枚、ホワイト 2枚、ブラック 2枚、コンフェティ 4枚 計10枚
Fender Red, Green, Black, White, Blue, Purple Motoピック 各2枚 計12枚
城商会べっ甲ピックティアドロップ、ジャズ 各1枚 計2枚
V-Pick Tradition, Lite Tradition 各1枚 計2枚
Takamineウルテム素材ティアドロップピック Heavy 3枚
Takamineグリーンティアドロップピック Heavy 5枚
STR Guitars ウルテム素材ティアドロップ Heavy 2枚、Medium 1枚 計3枚
Korg AW-2G RE
Fender Christmas Guitar Pick 12枚
Ibanez Pick 10枚
Fender Red Moto 12枚
Fender Blue Moto 12枚
Fender Green Moto 12枚
Fender 60th Anniversary pick 6枚
Gravity Classic Standard Red 1枚
Martin 175th Anniversary pick 2枚
Fender 50th Anniversary pick of Fender picks 2枚
Fender 60th Anniversary black pick 1枚
Fender 50th Anniversary pick 1枚
ビーズケース 6個
ソフトカードケース 3枚
Martin Guitar Strap Button black 2個、brown 2個、natural 2個
Gibson Pure Black Heavy 2枚
Gibson USA White Heavy 2枚

ピック120枚












































  1. 2012/09/27(木) 19:32:20|
  2. ピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビンテージマホガニー









asturias soprano custom vintage maho top


2009年に24本限定で発売されたアストリアスのソプラノカスタムビンテージマホガニーです。40年物のマホガニーをボディーに使っています。リボン杢が出ていてきれいなマホガニーですね。ネックマホガニー、指板とブリッジがローズウッドですね。12フレットジョイントで17フレットまで。カーリーメイプルのバインディングです。サドルは調整されたサドルです。ポジションマークはスノーフレークで5、7、10フレットに1つずつ入ってます。マーチンの3Mの60年代のコピーモデルですね。当時の販売価格は5万円ぐらいでしたか。定価は63000円かな。3.28万円の販売価格です。写真は私のソプラノビンテージマホガニーです。きれいにリボン杢出てますね。






http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01775167
Asturias Soprano Custom V. Maho








































  1. 2012/09/27(木) 12:21:35|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あなあいた












cambridge university polo club business bag


普段使っている物って日々消耗していくものです。私って穴が開いてこれ替え時なんて言うのが良くあるタイプなのですが普段使っているビジネスバッグの上部のファスナーの横に穴が開きました。普段荷物を入れ過ぎて荷重がかかっている部分ですが、穴が拡大しつつあるのでこれは新しいのを買わなければと駅前の大型スーパーへ行ってきました。





見た感じどれも同じようですね。最近スーパーなのに5000円前後の安いバッグがなくなりました。とりあえず丈夫そうでたくさん入りそうなビジネスバックを選考。考えた上に丈夫そうでシンプルでたくさん入るのということでCambridge University Polo Clubというバッグを選択。なんか中の生地が食欲がなくなりそうな青の生地なんですがしょうがない。ケンブリッジ大学には使用料とか払ってるのかなとか考えつつ、この品ぞろえだとまあこれが無難かという感じの選択でした。後で家で調べたら定価9800円のようでした。ちょっと安くなってました。ラベルを見たらベトナム製でケンブリッジとはあまり関係ないか。












































  1. 2012/09/26(水) 02:25:49|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ティーズ中古












ティーズのソプラノハワイアンコア2007年製です。ボディーコア、ネックマホガニー、指板とブリッジローズウッドです。当時定価は68250円、実売価格は6万円前後でしょうか。36750円ですから定価の53.8%ですね。まあ中古としてはふつうの価格ですね。





http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01772338
T's SD-200 2007









コアのソプラノが欲しいという場合、まあカマカが候補に挙がるんじゃないかと思います。カマカは高すぎるという場合、ティーズやコアロハが次の候補に挙がるのではないかと思います。日本製が良いという場合はティーズということになるでしょうね。




コアのベーシックモデルですが、好みにもよるのでしょうね。私のように素朴な音が好きという場合はベーシックモデルでも構わないですが、スペックや弦などにこだわって音を追求する人は売却して次のウクレレを買う足しにするパターンになるかもしれないですね。
























ティーズのミニテナーコア2007年製です。4Aのコアボディー、ネックマホガニー、ローズウッドブリッジと指板ですね。ギアペグです。





http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01772344
T's MT-200pf 2007












写真って難しいですよね。正面からだと4Aのカーリーコアの感じがわかりにくいですね。斜めからの写真だとカーリーが写っている感じです。実際に手に取ってみるとどんな木目でしょうか?





ミニテナーの需要ってどうなんでしょうか?ブームの時は需要がありますから、サイズや材などさまざまなものを求めるわけですが、ブームが終わるとシンプル化しますね。コアかマホガニーのソプラノ、コンサート、テナーの好みのサイズという感じですね。まあソプラノが小さくて弾きにくいという人は結構いるんですかね。でもコンサートやテナーが弾きにくいと言うのはサイズが大きいから、またはテンションが高いからですかね。まあ好みは人それぞれだと思いますが、コンサートが小さいならテナーを弾けばいいし、テナーが大きいならコンサートで間に合うのではないでしょうか?





まあ最初ウクレレにソプラノ、コンサート、テナーと同じチューニングなのに3種類もサイズがあるというのが新鮮だったり、ちょっとした驚きでした。ウクレレ人口を見るとソプラノっていうのはスタンダードと言われていますが、小さいのであまりスタンダードではないのですかね。しかし初心者は手ごろな価格なのでソプラノから入る人が多いかもしれないですね。ジェイクシマブクロの人気もあってテナーを使う人は確実に増えているのでしょうかね。


















































  1. 2012/09/24(月) 14:06:57|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ストラップボタン










martin guitar strap button 2 blacks, 2 browns, and 2 naturals






さて、本当は楽器を海外で買ったときに、ついでにピックやアクセサリーなど小物類を買おうと思っていたのですが、指の故障の関係で、楽器は当分買わないだろうということで、ピックだけで116枚、結局送料だけでもかなり払うことに。(笑しかし、海外のオンラインで買うと送料がかかっても、日本の楽器店で買うより格安になることもしばしばありました。





2K Ukeを買った際に、前から欲しかったものを買ってみました。マーチンのギターストラップボタンです。色は黒、茶、ナチュラルと3種類あって、日本では定価1575円、実売価格は、送料がかかって840円~、送料込で1090円ぐらいからですね。こちら1つ7.5ドルです。ということは1ドル80円で計算すると600円ですね。




まあマーチンロゴ入りの革製品で安く手に入るものではないでしょうか?使い方はもちろんヘッドのところに巻いてストラップを付けるボタンとして使えますね。あとはケースの取っ手につけてアクセサリーとしても使えるのではないでしょうか。











無駄遣いメモ
カーリーメイプル板
Korg AW-2G YE
Martin Heavy ピック 2枚
Martin ピックケースキーホルダー
Fender レッドモトHeavyピック 6枚
Fender Medium Pick Key Chain
Fender シェル 2枚、ホワイト 2枚、ブラック 2枚、コンフェティ 4枚 計10枚
Fender Red, Green, Black, White, Blue, Purple Motoピック 各2枚 計12枚
城商会べっ甲ピックティアドロップ、ジャズ 各1枚 計2枚
V-Pick Tradition, Lite Tradition 各1枚 計2枚
Takamineウルテム素材ティアドロップピック Heavy 3枚
Takamineグリーンティアドロップピック Heavy 5枚
STR Guitars ウルテム素材ティアドロップ Heavy 2枚、Medium 1枚 計3枚
Korg AW-2G RE
Fender Christmas Guitar Pick 12枚
Ibanez Pick 10枚
Fender Red Moto 12枚
Fender Blue Moto 12枚
Fender Green Moto 12枚
Fender 60th Anniversary pick 6枚
Gravity Classic Standard Red 1枚
Martin 175th Anniversary pick 2枚
Fender 50th Anniversary pick of Fender picks 2枚
Fender 60th Anniversary black pick 1枚
Fender 50th Anniversary pick 1枚
ビーズケース 6個
ソフトカードケース 3枚
Martin Guitar Strap Button black 2個、brown 2個、natural 2個

ピック116枚


























































  1. 2012/09/23(日) 08:17:05|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キルトメイプル












ティーズのソプラノメイプル2005年製です。ボディーキルトメイプル、ネックマホガニー、指板とブリッジローズウッドです。ギアペグに改造してあります。現在の定価は110250円、実売価格は9万円ほどです。販売価格はごっきゅっぱですね。7年前のウクレレですね。






メイプルはウクレレでは、コアとマホガニーの次に使われる材ではないでしょうか。最近ティーズでは新品を見ないので受注生産になるでしょうか。私の持っているのはかーりーメイプルです。キルトメイプルのほうの人気はどうでしょうか?ティーズはペグの性能が良いのでギアペグにしなくても十分に使えると思います。しかし、絶対ギアペグのほうが良いという人にはお勧めですね。






http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01770895
T's SD-320pf

























































  1. 2012/09/22(土) 22:23:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マーチン











9月29日から30日に大阪南港ATCホールで行われるサウンドメッセ2012用の販売ですが、マーチンの5 Daisy、ボディーフレームマホガニー、ネックハードウッド、指板とブリッジがエボニー、装飾は5Kと同じヘッドのフラワーポッドインレイ、豪華なポジションマーク、アバロンのバインディングとロゼッタです。販売価格が298000円です。定価が756000円なので、定価の39%の販売です。





マーチンの3Uke2010年以前製の物だと思います。ヘッドにマーチンのロゴがないタイプですね。ボディーマホガニー、ネックセレクトハードウッド、指板とブリッジがエボニーですね。指板にセンターストライプとスノーフレークポジションマーク、ボディートップ下部にペンダログの装飾、白黒のセルバインディングとロゼッタが施されています。定価が294000円、実売価格が235200円が138000円、定価の47%の販売です。イベントプライスなのかもしれないですが、不況でマーチンの価値が下がっているので世間的にはこの価格で出てもおかしくない価格ですね。お買い得なウクレレがたくさん出品されてもりあがるんでしょうね。









http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01769259
Martin 5 Daisy Uke








http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01769232
Martin 3 Uke







































































  1. 2012/09/21(金) 23:56:12|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マーチンソプラノコア










さて、2月の話、マーチンのマホガニーソプラノの2ウケを買ってローズウッドの指板も悪くないということで、コアのソプラノのローズウッド指板の2Kウケも買おうかと、2Kウケ欲しい欲しい病になっていたのですが、なかなか木目の良い2Kウケが海外のショップにない。買おうか、木目が良くないのでやめようか悩んでいるうちに、日銀の緩和策でアッという間に円安になり1ドル82円まで上昇してしまいました。その後海外での2Kウケの在庫はほとんど見つからない状態。完全に円高ドル安を利用した買い時を逃してしまいました。






これは当分海外での買い物はなしでしょうという感じになったわけです。それで指板がトップ板を干渉しないマーチンはどんな音だろうかことでマーチンのスタイル0を3月に買ったり、前々から欲しかったティーズのビンテージマホの12フレット仕様が出たので4月末購入しました。





その後円高アノマリーで夏には日本人が海外に行くため、その影響で円高になるということで2Kウケの出物を期待していたのですが、全く出物がなく、指の不調もあり、これは楽器購入は当分無理だろうということで夏はピックを買って楽しんでいたわけです。





そんな秋、検索していると、2Kウケの出物を発見、1ドル78円ぐらいでしょうか。まあ2月から欲しいと思っているウクレレだし、誕生日だし、ウクレレの1本ぐらい買ってもいいでしょう。2kウケに木目は期待できないので木目は確認しなくてもいいでしょう。杢目は運でしょう。問題点は送料が10ドル上がってる。保証書を入れるようにメールしたんですけど、入ってなかったです(笑 まあ海外で購入の場合、楽器が着いて壊れていた場合は即返品ですな。海外で調整修理をお願いすることもできないので基本的にアウトレットと思って買ったほうがいいですね。





注文して、3日で日本に着いたのですが、ショップが気が利かないのか、フェデックスが休日は働かないのか、平日配達になってました。その影響で配達まで5日掛かりました。楽器は冬の寒い時、夏の暑い時に温度湿度で塗装が割れたり、木が割れたりする可能性があるので無責任な話ですよね。


















martin 2k uke front



マーチンの2Ukeシリーズのハワイアンコアソプラノの2K Ukeです。全長53.5センチ、12フレットジョイント、のソプラノウクレレです。定価1549ドル、実売価格1149ドルです。ケースはマーチン純正のサーモプラスティックソプラノウクレレケースです。マーチンの3Ukeシリーズには標準付属しているハードケースですね。定価150ドル、実売価格115ドルです。















martin 2k uke body front



ボディートップです。ボディ長は24センチ、上部幅は12.5センチ、中部幅は10センチ、下部幅は16センチですね。かなり小さいですね。ワンピースのカーリーコアトップに、白黒のセルバインディングとロゼッタ、ローズウッドのブリッジにブラックタスクのサドルですね。





物議を醸しだしている調整サドルですが1弦真ん中、2弦後ろ、3弦前、4弦後ろです。ちゃんとオクターブピッチがあっているのか?まだチェックしてません。




サドルの溝ですが、サイドまで切れていない形ですね。この点は3Ukeシリーズのウクレレとは異なりますね。なんでこの形にしたかは理由があるのでしょうか。2ウケと3ウケの差別化でしょうか?




コアの杢目ですが、非常に個体差がありますね。きれいなカーリーコアの杢目もあれば、ジャガイモみたいにほとんどカーリーのない物もありますね。基本的に控えめなコアです。5Kや3Kの杢目の良いコアと比べると控えめと言わざるを得ないですね。こちらはカーリーは入っていますが、左上が太くて左下がりになってますね。





内部にはC.F.MARTIN & Co. NAZARETH, PA MADE IN U.S.A.と刻印されてますね。
















martin 2k uke body back



バックもワンピースのハワイアンコアの板です。白黒のセルバインディングが施されていますね。バックの杢目の方がわかりやすいですが、縦の線がかなり波打っている感じですね。木ですからしょうがないですが、やはり不規則な木目という感じですね。

















martin 2k uke back




ウクレレのバックの全景はこんな感じです。ボディーコアとマホガニーネックでしょうか、2Ukeは色合いがマホガニーで統一された感じですが、2K Ukeはコントラストがありますね。














martin 2k uke fingerboard





指板はインディアンローズウッドですね。12フレットジョイントで17フレットまであります。5フレットに1つ、7フレットに2つ、10フレットに1つドットのポジションマークがあります。MOPマザーオブパールでポジションマークはできているということです。ナットはブラックタスクの素材ですね。ビンテージならエボニーでできているところでしょうか。牛骨よりブラックタスクは安いのでしょうか?サドルナットとも牛骨に替えると音が良くなる可能性もありますね。















martin 2k uke neck



ネックはセレクトハードウッドですね。マーチンの場合マホガニーとか材を特定せずハードウッドと仕様には記載されてますね。マホガニーかスパニッシュシダーらしいですが、その時あるものを使っているという噂です。さてこのネックはマホガニーなんでしょうか?全くわかりません。














martin 2k uke head stock




ヘッドは化粧板がカーリーコアですね。人によってはべニアと呼ぶ人もいるようですが、いかにも安っぽい感じがする呼び方ですね。これも木目には個体差があるのではないでしょうか?2011年以降は3ウケも含めてMartin & Co. EST. 1933のロゴが入るようになりましたね。糸巻の金属パーツはニッケルですね。マーチンのウクレレは弦の巻き方が1、4弦が外から、2,3弦が内から巻いてますね。これなれないと巻く方向が違うのでチューニングするときややこしいですね。















martin 2k uke tuners



ペグは白ボタンのグローバーのニッケルペグでしょうか?3ウケシリーズはグローバーと書かれてますが、2ウケシリーズはメーカー名が書かれてないですね。上部にはC.F.MARTIN & C0. NAZARETH. PA.と刻印されてます。
















martin 2k uke side



塗装はサテンフィニッシュですね。サイドのカーリーの杢目はまずまずですね。ボディーの厚みですがボディー上部が5センチ、株が6センチですね。





3ウケシリーズと比べると、2ウケは今一つ仕上がりが雑なのかなと感じます。塗装の仕上がりとかネックのジョイントの技術が未熟な人が作ってるのかなという感じもします。





とりあえず外見だけですが。音的には2ウケと2Kウケを比べると面白いのかも。3KUkeと変わらない音なら2Ukeシリーズの方がコストパフォーマンスが良いのですかね。徐々に比べてみたいと思います。





















Martin 2K Uke
ボディー:コア
ネック:セレクトハードウッド
指板:イーストインディアンローズウッド
ブリッジ:イーストインディアンローズウッド
ジョイント:12フレットジョイント
フレット数:17フレット
全長:53.5センチ
弦長:35センチ
ボディー長:24センチ
ボディー上部幅:12.5センチ
ボディー中部幅:10センチ
ボディー下部幅:16センチ
ボディー厚上部:5センチ
ボディー厚下部:6センチ
指板長:23センチ
指板幅:3.5センチ
ナット・ナット: 調整済みブラックタスク
ペグ:グローバーニッケル白ボタン
フィニッシュ:サテンフィニッシュ
*セレクトハードウッドはマホガニーかスパニッシュシダーらしい




























































  1. 2012/09/20(木) 12:55:32|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ビンテージマホガニー










アストリアスのコンサートのビンテージマホガニー2009年製です。当時24本限定で発売された40年物のビンテージマホガニーボディーのウクレレです。ネックマホガニー、指板とブリッジローズウッドです。カーリーメイプルバインディングで60年代のマーチンの3Mのコピーモデルです。当時定価は63000円で実売価格は50000~53000円だったと思います。5万円開始です。オークションでの目安は定価の45%ではないでしょうか。28350円ほどですかね。






http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h168256210
アストリアスビンテージマホガニーコンサート2009






























































  1. 2012/09/19(水) 23:57:57|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

金融緩和策











日銀の10兆円の金融緩和策が発表されましたね。1時ごろ1ドル79円台に入りましたが、今は78円台公判に戻っていますね。2月にも10兆円の金融緩和策があり82円ぐらいまで上がりましたね。海外でオンラインショッピングと楽しむ人には痛手ですね。当分様子見ではないでしょうか。夏の間海外のオンラインショップでだいぶピックを買いましたが、これで当分海外での買い物はお休みでしょうか。






















2月の初旬から出ていたマーチンの5KUkeです。しばらくお休みしていたようですがまたでましたね。アメリカのショップで購入ということです。5年経っている中古ですからどのぐらいが相場でしょうか?以前に5Kが出た時に26万落札だったと思います。どうなんでしょうね?






http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/153108160
Martin 5K Uke 2007









































































  1. 2012/09/19(水) 22:29:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ティーズ















ティーズのエレクトリックのfホールのあるコンサートウクレレです。シリアルナンバーから2012年製ですかね。マホガニーボディーとネックですね。こちら最近随分中古で出るようになりましたね。







http://page15.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t282076699
T's ECF-101 2012


















ティーズの4Aコアテナーです。コアボディー、マホガニーネック、ローズウッドの指板とブリッジです。ペグはギアペグですね。価格帯からいってカマカのテナーの対抗馬と言っていいでしょう。





http://www.j-guitar.com/product_id133165.html
T's TM-200pf






写真撮影って難しいですね。いろいろな角度で撮影してもコアの杢目がしっかりとれるわけではないですもので。4Aコアということですが、なかなか写真に写りにくいようですね。実際に手に取ってみるとわかるのかな?興味のある方は試奏に行ってみるといいですね。


















































  1. 2012/09/19(水) 20:19:21|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デラックスモデル











最近ニュースを見ていたら富裕層向けビジネスというのが盛況らしい。十数万円の料金のファーストクラスという感じの座席の豪華バスツアーとか、数十万円する豪華列車ツアーとか、高額商品とか裕福な年配の層に大盛況だそうです。







豪華というのがキーワードとするとウクレレもありますね。今年はカマカのデラックスモデルが大ヒットだったのではないでしょうか?トップスプルースの日本限定40本のカマカデラックススペシャルモデル6月に発売されましたね。価格は20万円~24万円という高額モデルでしたが、アッという間に40本完売しましたね。






ローズウッドバインディングの新しいソプラノデラックスとコンサートデラックスモデルが7月に発売されましたね。こちらも20万円と24万円という価格帯ですね。こちらもネット上に20本近く出ましたが、アッという間に十何本売れてしまいましたね。





ただ今コンサートデラックスが5本、ソプラノデラックスが3本でていますね。それほど在庫が多いという状態ではないですが、20~24万円するウクレレがいつまで飛ぶように売れ続けるのか非常に興味深いですね。カマカの生産能力は現在年間3300本ほどだと思います。その生産能力をどのぐらいデラックスモデルに当たられるかでしょうね。ゆっくり試奏して何本かの中から選べるように早くなると良いですね。








http://www.j-guitar.com/instruments/search?data%5Bcid%5D=5&data%5Bkeyword%5D=kamaka+hb-2d&data%5Bexclude%5D=&st=&data%5BselectedOptions%5D%5B10%5D=&data%5BselectedOptions%5D%5B112%5D=&data%5BmadeYearFrom%5D=&data%5BmadeYearTo%5D=&data%5Bmovie%5D=0&data%5Bbrand%5D=&data%5Btype1%5D=&data%5Btype1Ope%5D=0&data%5BageType%5D=&data%5BsalesType%5D=&data%5Bprice%5D=&data%5Bdisplay_sold%5D=&data%5Bdisplay_type%5D=&data%5Bdisplay_excluded_shops%5D=1&data%5Bdisplay_limit%5D=&data%5Border%5D=opened+DESC&x=0&y=0
カマカコンサートデラックス










http://www.j-guitar.com/instruments/search?data%5Bcid%5D=5&data%5Bkeyword%5D=kamaka+hf-1d&data%5Bexclude%5D=&st=&data%5BselectedOptions%5D%5B10%5D=&data%5BselectedOptions%5D%5B112%5D=&data%5BmadeYearFrom%5D=&data%5BmadeYearTo%5D=&data%5Bmovie%5D=0&data%5Bbrand%5D=&data%5Btype1%5D=&data%5Btype1Ope%5D=0&data%5BageType%5D=&data%5BsalesType%5D=&data%5Bprice%5D=&data%5Bdisplay_sold%5D=&data%5Bdisplay_type%5D=&data%5Bdisplay_excluded_shops%5D=1&data%5Bdisplay_limit%5D=&data%5Border%5D=opened+DESC&x=0&y=0
カマカソプラノデラックス


































































  1. 2012/09/19(水) 08:04:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクリル製ピック 放置中









acrylic pick 918






さて、素材をアクリルにしてピックを作ろうという企画ですがただ今放置中です。さてさて、アクリルの特徴ですが、両面をカッターである程度けがいて筋を付けると結構簡単にポキッと手で折ることができます。この要領でピックより少し大きめの正方形のアクリルの板をたくさん作ればいいわけですね。アクリル用のカッターもありますが、普通のカッターでも大丈夫だと思います。






次にピックの形の形成ですが、ニッパーではさんで横にひねると結構簡単に破砕することができます。ニッパーも100円ショップで売っているもので大丈夫だと思います。





写真にあるのはある程度形を整えたものです。さて、ここまで作って問題点は。まず、ピックをアクリル板に両面テープで貼り付けてピックの形をカッターなどでけがくわけですが、ピックが傷つきます。いらないピックを使うほうがいいですね。私は厚紙でピックの型紙を作ってみました。




ピックの形成の仕上げはカッターでは無理で、やすりを使うわけですが、アクリルの細かい粉ですが、これ危険ではないでしょうか。これ吸いこんだら確実に病気になります。扇風機や空調は止めてマスク着用が重要ではないでしょうか。夏には向かない作業かも。





ニッパーで破砕して形成するときも、やすりで削って形成するときもビニール袋の中にアクリルごと手を入れて作業すると破片が飛び散りにくく、削った粉も飛散しにくいのではないでしょうか。





あとはコンパウンド買ってこないとという感じです。





































  1. 2012/09/18(火) 15:30:55|
  2. ピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マーチンソプラノ










マーチンのスタイル0です。説明が全くなく、何年製か不明です。ボディーとネックマホガニー、指板ローズウッドです。made in USAと刻印があると1962年以降の製造とかあるようです。






http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n110609823
Martin Style 0















マーチンS0Ukeのカスタムということです。ボディーとネックマホガニー、指板ローズウッドです。ボリュームコントロール付のピックアップ搭載です。





カスタムをいろいろな意味で使う人が多いのでどのような形でこの仕様になったかは不明です。基本的にカスタムというと製造メーカーがレギュラー製品とは違う仕様の楽器を作った場合カスタムとなるのだと思います。そのような製品かどうかは不明です。まあ普通のS0 Ukeにピックアップがついているという感じですね。






http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m104923115
Martin S0 Uke

















さて、オークションの2K Concert Ukeですが、落札されませんね。高額なため購入の候補として上がらないのでしょうか?新品と謳っている方が109000円開始となりました。中古の方は最低落札価格がまた設けられ5万ぐらいまで試に入れる人がいるぐらいで積極的に欲しいという感じではないですね。マーチンの2ウケシリーズ人気があまりないという感じですね。





そして、3Ukeシリーズのセールですが、売れなかったのでしょうか?また元の販売価格に戻ったページができていますね。まあ売れたかどうかは不明です。現在1ドル79円ぐらいですが、2Ukeと3Ukeシリーズ完全に現在の物価との比較で定価と販売価格の設定ミスではないでしょうか?一番高価な3KUkeでもアメリカでは1899ドルが販売価格ですから円に直すと15万円ですね。それプラス送料と関税が必要になりますが、日本の販売価格との差があり過ぎですね。





Martin 2 Uke 1049ドル 
Martin 2 Concert Uke 1149ドル 
Martin 2 Tenor Uke 1099ドル 
Martin 2K Uke 1149ドル 
Martin 2K Concert Uke 1199ドル 
Martin 2K Tenor Uke 1249ドル

Martin 3 Uke 1799ドル
Martin 3K Uke 1899ドル
Martin 3 Cherry Uke 1549ドル

















































  1. 2012/09/18(火) 09:21:38|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ラウケ コールクラーク










ヘッドウェイの高級ブランドのラウケのマホガニーテナーのカッタウェーです。ボディーネックマホガニー、指板とブリッジローズウッド、ナットとサドルは牛骨です。定価131250円です。47000円開始ですから、定価の35%開始ですね。





http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k151437246
LA Uke TEC-200MM
















コールクラークのコンサートウクレレ2007年製です。ボディーブンヤ、ネックメイプル、指板とブリッジがエボニーです。





http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m101914829
Cole Clark UL3

























さて、ラウケですが日本のギター界ではある程度名前の知れたヘッドウェイのブランドですが、最もアウトレットが出たウクレレの一つではないでしょうか。10万円を超えるかなり高額ウクレレでしたがソプラノが5万円ほどのアウトレットでかなりの本数出ていましたね。そのアウトレット販売が終わるころラウケブランドがなくなり、2009年ごろヘッドウェイブランドでウクレレを出すようになりましたね。しかし、新しく出した廉価版のHUSモデルもかなりのアウトレット出てニッキュッパあたりでかなりの本数でていましたね。今でもまだ在庫が残っているのではと思います。






さて、コールクラークですが、70%オフでウクレレが何本か出ていたのが今年の2月ですね。新木場にショールームがオープンしたのが2008年ですね。当時は2000年初頭に設立された新しいメーカーに注目した人もいたのではないかと思います。しかし、2012年今年に輸入代理店が閉鎖されたそうです。たぶんそれに合わせての在庫処分かと思います。ネットですから信憑性はどうかわかりませんが、ギターは価格に見合わないとあまり評判は良くないみたいですね。






ウクレレブームで、日本や海外、そしてハワイのギターやウクレレメーカーや工房のウクレレが日本でかなり出ましたね。ある意味乱立だったのかもしれないですね。リーマンショックや震災の影響で不況になり、かなりのメーカーが縮小や撤退している状態ではないでしょうか。その中でカマカ、マーチン、ティーズ、フェイマス、コアロハあたりは影響を受けながらもしっかり生き残っているという感じでしょうか。




























































  1. 2012/09/17(月) 18:39:45|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カマカカスタム











カマカのカスタムテナー2004年製です。たまに何十万もするカマカのカスタム品を見ますね。こちらは40万という感じです。ボディーコア、ネックマホガニーですね。通常のレギュラーのテナーとの違いは指板とブリッジがエボニーにではないでしょうか?ウッドバインディングとアバロンのロゼッタですね。コアのグレードは高そうですが、素人にはっきりわかるトラ目びっしりのジェイクモデルみたいな感じではないですね。




http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01765585
Kamaka Tenor Custom 2004







バインディングもアバロン貝だとプレミアムもつけて70万、80万でカマカのカスタム品を売るショップもありますが、こちらのモデルはバインディングがアバロンではないので高くもなく安くもなくという価格設定でしょうね。


















カマカのコンサートオータサンモデルです。オータサンがこのモデルのデザインに携わったというモデルですね。実際に弾いているかは不明です。ボディーコア、ネックマホガニー、指板とブリッジがエボニーです。バインディングはカーリーメイプルですね。木目はどうでしょうか?写真ではちょっとわかりにくいという感じでしょうか?ギアペグに改造してあるようですね。素人が改造したりするとずさんな改造になっていることがあるので、適切にペグが取り付けられているか購入希望の場合は確認したほうがいいですね。






http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01765593
Kamaka HB-2D 2008











ローズウッドバインディングの新モデルが出て、旧モデルの中古価格が下がるのかなとも思いましたが、通常K楽器では20~23万ぐらいで販売していた感じですので、もしかしたら旧モデルの価格が下がりつつあるのかもしれないし、ペグがギアペグに改造してあるので価格がこの価格なのか?という感じもしますね。












































  1. 2012/09/17(月) 01:39:13|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アストリアスハカランダ











アストリアスコンサートハカランダ2009年製新品です。ハカランダボディー、ネックマホガニー、指板とブリッジがローズウッドです。バインディングありのマーチンのスタイル3の1960年代のコピーモデルですね。ハカランダのウクレレが欲しいという人向けですね。




http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01764880
Asturias Concert Jacaranda 2009

















アストリアスと言えば40年物のビンテージマホガニーをボディーに使ったマーチンタイプのウクレレが実売価格5万円ほどで限定発売ということで2009年に話題になりましたよね。その関係でソプラノハカランダモデルで実売価格10万円ほどのコストパフォーマンスということで注目していて、年末になるとどうしようかななどと悩んでいたと思います。でももう3年オチの商品になってしまったんですね。まあ結局音的にカマカ、マーチン、ティーズの方が好みということと10万円という高価なこともあって買わなかったのですが、6万円ぐらいで状態の良い中古で出たら欲しいですね。でもほとんど中古では見かけませんね。ハカランダという希少な材のため売らずにストックしている人がおおいのですかね?



































































  1. 2012/09/16(日) 16:58:19|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アウトレット











さて、ウクレレのアウトレットやB級特価ですが、安くてお得な感じですよね。つい安いと欲しくなってしまうものです。安いから買うってOKなのでしょうか?考えてみたいと思います。





まずなぜ安いのでしょうか?アウトレットやB級特価の理由をチェックしてみましょう。







展示品で弾き傷がある
傷、塗装不良、ブリッジ浮
決算
工場移転、1人で製作
生産完了
ブランド自体が終了
モデルチェンジ、旧タイプ
長期店頭展示品






まとめてみると、仕入れて店頭に展示して販売していたが、長期間経っても売れず、試奏や取扱いの悪さの傷によることや、旧タイプになってしまったことにより値下げによる在庫処分を行うというのが主な理由ですね。他には生産完了やブランドの終了により今まであった在庫を処分するため、メーカーから処分品を引き受け安く販売するということもあるでしょうね。






気を付けないといけないのは安いから良いということではないですね。ウクレレの下取り価格も下がり、ウクレレの財産価値も下がっている時代です。需要があまりなく販売価格が下がっているウクレレということは財産価値もさらに下がるということです。まあメーカーが気に入って弾くために購入するなら全く問題ないですが、試奏程度ですぐに売却して次のウクレレを買う資金にと考えている人は気を付けた方が良いかもしれないですね。






このブログでも紹介しましたが、ある外国のメーカーのウクレレが以前70%オフ前後でアウトレットで出て、アッという間に売り切れたのですが、ネットで調べていたら、そのメーカーのギターは中古ギターショップでは買い取らないという噂がでていました。あくまでも噂ですが。例外的なメーカーなのかもしれないですが。






まあアウトレットで大量在庫処分というのがあるメーカーは価値的にはだいぶ下がっていると考えても良いかもしれないですね。

























































  1. 2012/09/16(日) 15:35:56|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マーチンスタイル0











マーチンのスタイル0の1992年製です。年代的にはビンテージでもなく、新しくもなくという20年前の物です。マホガニーボディーとネック、ローズウッドの指板とブリッジ、ナットとサドルはエボニーです。豪華なケースもついてなかなか状態も良いということです。欲しい人はいかがでしょうか?






http://www.j-guitar.com/product_id132244.html
Martin style 0 1992















さて、楽器選びですがなかなか難しい物です。究極の1本、この1本というものを買えると良いですね。楽器ですから音の良い物が目標となるわけです。好きなプロのプレーヤーが使用しているモデルとか、好きなメーカーの上級モデルとかがあげられますね。





しかし、そう簡単に30万円、40万円もする高額のビンテージとか上級機種を買えるわけではありません。自分のあこがれのメーカーの予算の範囲の楽器を買うのが現実的でしょう。長く愛用できる楽器を購入するといいですね。





まあ、ウクレレだと小さいし、場所を取らないので、何本も欲しくなってしまいますね。まあ私を含めてウクレレが趣味の人の場合良く聞く話です。自分がぜひ欲しいというものに限定して買ったほうが良いですね。





どんな音だろうと試奏程度の気持ちで買って、気に入らなければオークションで処分すればいいという感じで買わないほうがいいでしょうね。





もし欲しいウクレレがあれば、たまに買うことを前提にショップまで試奏に行くことですね。その中でぜひ欲しいというものを買うのがいいのではないでしょうか。くれぐれも衝動買いはしないようにということですね。






何か月とか何年という期間ずっと欲しいと思っていて出物を狙っているなら、出物があった時が買い時なのかもしれないですね。長い間飽きない物を買うっていうのも大切ですね。





まあ趣味は生きてる間は趣味でしょうから、楽しみながら長年できると良いですね。











































  1. 2012/09/15(土) 22:08:28|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マーチンセール











K楽器店で3日間のマーチンのセールがあるそうです。太っ腹ですね。Martinの3Uke、3 Cherry Uke、3K Ukeのセールですね。どの機種も普段の販売価格は定価の80%なのですが、セールでは定価の62~66%の44800~58800円引きになります。欲しい方はいかがでしょうか?





Martin 3 Uke 定価294,000円 実売価格235,200円 → セール価格189,000円 (46200円引き)64%

Martin 3 Cherry Uke 定価283,500円 実売価格226,800円 → セール価格182,000円 (44800円引き)66%

Martin 3K Uke 定価336,000円 実売価格268,800円 → セール価格210,000円 (58800円引き)62%












































  1. 2012/09/15(土) 05:38:19|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

傷つけた人は反省しましょう














コリングスのコアテナーです。ボディーコア、ネックマホガニー、指板とブリッジローズウッドですね。通常22万円ほどで売られているウクレレですが、弾き傷があるということで147000円です。写真ではちょっと傷の感じはわからないですが、欲しい方はいかがでしょうか?





http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01763016
Collings UT-1K















ウクレレを弾く人には随分雑な人がいるようで、ウクレレを弾くと傷がつくのは当たり前と思っている人がいるようです。まあ自分のウクレレならまだしも、誰かがお金を出して買うだろう商品のウクレレにも傷をつけて平気というのは無神経すぎますね。まあ中には楽器に傷が付くのがかっこいいの考える人がいるようですが、楽器を弾いているのではなく、楽器を壊しているような弾き方をしているのに気付かない人がいるのも怖いですね。




ショップによっては試奏の前に弾き傷がつかないようにフィルムを貼ってからお客に丁寧に渡すショップもありますね。まあ弾き傷防止とウクレレを丁寧に扱っているというショップだというのがアピールできますね。客にも丁寧に扱うようにアピールにもなりますね。無神経な人が多いので商品なので試奏する場合丁寧に扱ってくださいと貼り紙をするのも良いかもしれませんね。




弾き傷のあるウクレレを検品済みと平気で送ってくるショップもあるので、新品でも展示品の場合弾き傷がないかチェックしたほうがいいですね。まあ楽器店は信用しないという方向で間違ってないと思います。平気で傷のある楽器を送ってくる楽器店の多いこと。楽器は故障や傷が多いのでちゃんと前もって状態を客に知らせることができる良い楽器店を選ぶようにしましょう。





Martinの5Kの場合はさすがにショップに試奏を断られたという人もいるみたいですね。別件でショップに行ってこの客は買わないというのを見破られたのでしょうが、5Kの試奏は購入前提でお願いしますと断られたそうです。まあ基本的に試奏は購入前提でしょうね。買いもしないのに平気で弾いて、最終的に傷物の楽器を買う人の身になったらかわいそうな話ですよね。





技術的な話になると基本的にアコースティック楽器の場合弦以外にピックや指が当たるというのはノイズですので、丁寧に弾くのが重要ですね。感度の良いコンデンサーマイクで演奏を録音すると、自分の演奏を自分で聞いてみてノイズが多いのに愕然としますよね。ウクレレだから勢いで弾いていいということはないと思います。丁寧に弾くようにしましょう。




















































  1. 2012/09/15(土) 02:36:32|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マーチンカスタムモデル











マーチンの3K Ukeカスタムモデルです。トップシトカスプルース、サイドバックがコア、ネックハードウッド、指板エボニー、ブリッジがコアです。指板のセンターストライプ、ダイアモンドインレイポジションマーク、ボディートップ下部のペンダログの装飾、白と黒のセルバインディングとロゼッタが施してありますね。ライトの関係で実物と写真の差はあるかもしれませんが、前から見たトップとサイドの色合いはすごくいいですね。バックの杢目はどうでしょうか?はっきりとカーリーコアという感じではないですね。好みは個人差があるので欲しい方はいかがでしょうか?




http://www.j-guitar.com/product_id131971.html
Martin 3K Uke Custom












レギュラーモデルとの差別化なのか?よく売れるからなのか、マーチンのカスタムモデルは良く出ていますね。最近はかなり高額なのですぐにソルドアウトという感じではないですが。中古2本と新品4本合わせて6本出ていますね。5Ukeクラスになると75万とか60万とか簡単に手が出ないですね。3Ukeでも30万円前後とかなり高価です。さてどのぐらいでソルドアウトするでしょうか?マーチンの人気を見るうえでも興味深いですね。




3 Cherry Uke used グロスフィニッシュ
3 Uke Custom used 2009 トップアディロンダックスプルース、サイドバックローズウッド
3K Uke Custom ペンダログとバインディングがブラック
3 Uke Custom ボディーローズウッド、指板センターストライプなし、ヘッドに5Kタイプのインレイ
5 Uke Custom アルパインスプルーストップ、マダガスカルローズウッドサイドバック
5K Concert Uke ツリーオブライフ































































  1. 2012/09/14(金) 22:25:32|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結構冷静?












この前出たT's SD-200f 2007年製の中古ですが、38900円の落札でしたね。定価84000円でペグとブリッジの改造に5万円かかっているというやたらと改造にお金をかけているウクレレなのと5回しか弾いてないということで高値がつくかなと思ったら、意外と冷静でしたね。




冷静に考えてみれば初めからギアペグとクラシックギタータイプのブリッジにしておけばそれほどお金がかかってなかったのでは?要するにオーダーした時に初めからギアペグにしておけば84000円プラスギアペグ代は3000円です。ギアペグは見積もりでチェックできるようになってますね。ということはブリッジも初めからクラシックギタータイプにしておけば3000円ぐらいで済んだかも。ブリッジに関してはオンライン見積もりにありません。たぶんということです。ということは価格的には9万円のウクレレということですね。9万円とすれば38900は43%ですね。オークションのティーズの価格としてはふつうですかね。




ギアペグもブリッジも後付けなので、ギアペグ代、ギアペグへの交換手数料、ブリッジの剥離とブリッジの取り付けの手数料がかなり高くて改造に5万円かかったのではないかと思います。


















































  1. 2012/09/14(金) 21:15:38|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミニテナー












ティーズのコアミニテナーのサウンドホールがボディー端にあるタイプですね。2005年にハワイの展示会で賞を取ったモデルが元になっているモデルですね。2006年も賞を取っていますがカッタウェイがあるタイプです。ティーズを代表するモデルと言っていいでしょう。しかし、最近あまり見かけないですね。ボディーコア、ネックマホガニー、指板とブリッジがローズウッドでしょう。ギアペグです。バインディングは白と黒のラインの物にウッドバインディングです。ティーズではこれは4万円ほど価格高価なものですね。最近あまり出ていないモデルなので定価はわかりません。たぶん20万円前後でしょう。





http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01762483
T's MTX-220spf 2012




















































  1. 2012/09/14(金) 18:18:04|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カマカソプラノ
















カマカのソプラノ2005年製です。ボディーコア、ネックマホガニー、指板とブリッジがローズウッドですね。現行モデルとの違いはペグのつまみが白ですね。現行モデルはパール調です。あとはサドルが調整されていません。現行モデルはサドルが調整されたものです。オクターブ調整されているサドルですね。あとはケースが黒の革調の物ですね。現行モデルはカマカのロゴ入りのケースです。旧仕様のカマカですが欲しい方はいかがでしょうか?もう2万円超えているので、中古ショップの買取価格が2万円台ですので、ウクレレを売って商売している人は少なくなると思いますが、熱くなる人がいると割高になるかもしれないですね。




http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k157191485
Kamaka HF-1 2005











































  1. 2012/09/14(金) 17:40:17|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ジン

08 | 2012/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search