ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

ニス













さて、3年前に盗まれたストラディバリウスが戻ったというニュースがありましたが、その関連ニュースで、ストラディバリウスの特別な音色の秘密はという記事があり、塗装のニスに特別な成分が含まれているから素晴らしい音色がするのではないかということで、ニスの成分を調べたところ、当時一般的に使われていたニスの成分、油と松やにのみが検出されたそうです。ということで、ストラディバリさん、特別な秘密の材料など使わずに、優れたバイオリンを製作するバイオリン製作家という結論が出たようです。





そういえば、現代のクラシックギターの名工と呼ばれているロマニリョスさんも、講習会では普通の良く知られている伝統的なスパニッシュギターの作り方を教えていたとか。ということは楽器作りに特別な秘密の技法などはなく、良い木材を選び、シーズニングを何年もかけて行い、伝統的な技法で丁寧に作れば良い楽器ができるということでしょうか。まあ、職人さんは良い楽器を作るために相当の努力をされているとは思いますが。





まあ、最近はより良い物を求めて革新的な技法を用いる製作家もいますから伝統を守ることが全てではないとは思いますが、良い楽器はビンテージの事が多いですから、昔の楽器を再現するには伝統的技法を守るというのも大切でしょうね。






















































スポンサーサイト
  1. 2013/07/31(水) 22:45:15|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビンテージマホガニー











ティーズのビンテージマホガニーソプラノですね。2012年に5本限定で作られた12フレットまでの、ボディー、指板がビンテージマホガニーのウクレレですね。りぼん杢がなかなかきれいなビンテージマホガニーですね。





http://www.j-guitar.com/product_id295091.html
T's SM-100vm











2012年のゴールデンウィーク中に5本限定で製作されたのを知って、私も買ってしまいましたね。12年の5月2日を見ていただけると詳しくレポートがあります。販売店で購入したので随分お得な価格で買えたのですね。グロスフィニッシュでピカピカでリボン杢も見事なウクレレですね。














































  1. 2013/07/30(火) 23:49:23|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師事とは?














ギターを検索していて、師事という言葉が良く出てきます。師事するとはどういう意味でしょうか?ちょっと気になったので調べてみました。「師として尊敬し、教えを受けること」とあります。師とは師匠、先生ということですから、弟子入りしているということになると思います。どのぐらいの程度で、どのぐらいの期間でしょうか?




やはり、一人前の弟子ということであれば、その工房に就職して、数年間働いて、一通りの工程の製作が師匠と同じレベルできるようになり、独立できる、もしくは後継者となれるということではないでしょうか。少なくともある程度長い期間である程度の高い技術を身に付けるという意味が含まれると思います。技術というものは一朝一夕で身につくものでもないと思います。師事というのは短期間の研修を意味するものでもないと思いますが、いかがでしょうか?

























  1. 2013/07/29(月) 20:55:42|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カマカソプラノ












カマカのソプラノホワイトラベルです。指板のエンドとペグから考えると70年代でしょうか?しかし、見事なネックの杢目ですね。思わず買ってしまいそうになりそうですが我慢ですね。





http://www.j-guitar.com/product_id294606.html
カマカソプラノホワイトラベル



















































  1. 2013/07/28(日) 18:37:42|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

欲しい









さて、今候補に挙がっているのが、桜井のパリコン。1988年のギター製作コンクールでグランプリを取ったモデルらしい。河野ギターの後を継いだ桜井ギターなので申し分ないギターかと。新品でも中古でもあまり出物がないというのが難しいところです。新品で、値引き率が良い出物だとすぐにソルドアウトするという感じですかね。新品だと60万前後するので、中古で状態の良い物が良いかと。





こちら、どうでしょうか?クラシックギターというと12フレットジョイントで19フレットまで。一番高い音でも19フレットのシまでですね。プロでも19フレットまでで充分演奏しているわけです。たぶん自分は演奏で22フレットのレまで使うことは一生ないかも。




自分の場合は右手はサウンドホール上で弾くことが多い。まあ個人差はあると思いますが。プロの演奏をチェックすると、サウンドホールとブリッジの間で弾いている人が多いですね。ただし演奏時弾く位置はずれます。サウンドホール上で弾くこともあるという感じです。




指板がサウンドホールの真ん中まできていますが、押さえるにはサウンドホール上を右手で弾いていたら、左手は押さえられないし、サウンドホール上で弾いたら、弾いた手が指板のでっぱりにぶつかるのではないか?というのが予想されます。特にトレモロ奏法、早いアルペジオやジャカジャカとかき鳴らすように弾いた時などです。まあ実際にひいてみないとわからないことですが。




あとここの工房最近はサイドバックが中南米ローズウッドでハカランダではないのですね。中南米ローズウッドというとココボロ、アマゾンローズウッド、マダガスカルローズウッド使用ということです。中古でこのぐらいの価格だと他の工房はハカランダということもありますが、ここの工房は最近ハカランダを使うと定価プラス20万という感じの価格になるのです。




良いなと思うのですが、実際にひいてみないとわからないですよね。やっぱりオーソドックスに普通のタイプの方がいいですかね。自分にはちょっと予算オーバーという感じがします。






http://www.j-guitar.com/product_id290681.html















































  1. 2013/07/27(土) 03:31:46|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロマニリョス











最近ギターを検索していると、ロマニリョス講習会というのを目にします。ロマニリョスと言えば村治佳織さんも使用している有名なギターですね。こちらがそのギターです。トップ松、サイドバックハカランダの72年製です。380ですか。



http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01401190
ホセルイスロマニリョス






スパニッシュギターの製作の仕方を絶やさないよう、多くの人に知ってもらうために、ロマニリョスがスペインで2週間の講習会を開いているそうです。世界的な製作家のギター作りのノウハウがわかるわけですから、日本のギター製作家も、専門とは言え講習料を払って参加して研鑽しているわけですから大したものですね。講習を受けたわけですから、ギター製作家も経歴としてそのことを書くわけですね。どうもそれが目に留まったようです。手工製のギター30万~するわけですね。その学んだノウハウでロマニリョスモデルを丁寧に作れば、50万、60万、80万というような価格になっていくわけですね。ロマニリョス講習会で検索してみると結構日本のギター製作家は受講しているようですね。今話題になっている製作家も結構いますね。本物は完全に無理、残念ながら日本の製作家が作ったロマニリョスモデルも予算オーバーですね。試に買ってみようという額でもないですね。さて、何を買ったらいいのでしょうね?



































  1. 2013/07/26(金) 20:49:36|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴダン












今年のNAMMショーで紹介されていたゴダンのウクレレマルチユークです。サイズはテナーですかね。なかなかナチュラルの色が良い感じですね。価格改定されたようで、値下げされたようです。ただ今5本出ているようです。





http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS02080068
Godin MultiUke Natural














オークションでは2本見かけましたが、買ってイメージが合わなかったのでしょうか?まあ主目的は完全にライブでアンプを通して使う人向けでしょうね。後は家でパソコンを使ってライン録音をする人向けでしょうか?生音の音量はわかりませんが、音量が小さいならサイレントウクレレとして使う人もいますかね?














































  1. 2013/07/26(金) 02:30:46|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソプラノロング











カマカのソプラノロングネックパイナップル2010年製です。





http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS02078734





















ソプラノロングネックと言えば、7月1日に147,000円から173,250円に26250円値上がりしたモデルですね。2010年製というと、サドルは調整されておらず、旧仕様のモデルですね。たぶんカマカのロゴの入っていない旧仕様のハードケースだとおもいます。3年前の旧モデルでもやはり26250円値上がりした新価格ですね。カマカ購入の際は何年の製品か、新仕様か旧仕様か確かめてから購入されることをお勧めします。



































































  1. 2013/07/25(木) 01:54:04|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2700












ヤンキースのイチローはレンジャーズ戦4打数1安打を記録した。打率は.276と若干下げた。ヒットは10試合で11本、1試合当たり1.1本と全盛期のヒットペースと較べると今一つですかね。メジャー通算で2700安打目を記録した。このペースだと今シーズン、あと63試合残ってますから、1試合4打席として、63×4=252打席残っていて、.276の打率だと70本ヒットが打てるという感じですね。今シーズンヒットは164本ではないでしょうか?そうするとメジャー3000本安打はもう2シーズン契約しないと達成できないという感じでしょうね。




イチローカウントダウン
7月24日現在今期94安打
メジャー新記録200本安打11回まであと106本
日米通算4000本安打まで22本
メジャー通算3000本安打まであと300本
800マルチ安打達成










































  1. 2013/07/24(水) 16:26:32|
  2. イチロー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マーチンテナー









マーチンの2Ukeシリーズのコアテナー2011年製です。定価199,500円で、新品販売価格は159800円、定価の80%ですね。中古の価格は定価の55%というところですね。2011年というと2Ukeシリーズの発売初年度で在庫がほとんどない状態でしたね。ただいまネット上には60本前後あって選び放題という感じですね。





http://www.j-guitar.com/product_id292353.html
Martin 2K Tenor Uke 2011





























2年前の物でしょう。ブリッジの剥がれがあるそうです。そういえば、私が返品したマーチンのソプラノもブリッジに剥がれがありました。私の場合見た感じブリッジはかなりしっかり接着してあるようで、ブリッジがトップ板から剥ぎ取られるように、ちょっとトップ板若干はぎとられていたかも、という感じです。どうもマーチンのフロロカーボン弦は気を付けたほうが良いかもしれませんね。フロロカーボン弦は伸びないということですが、その代わりに、ブリッジが剥がれたり、ブリッジの弦を止める溝が飛んだり、ブリッジの周りが膨らんだりするってことですね。マーチンフロロカーボン弦を張っているウクレレは長期間弾かない時は弦を緩めたほうがい良いですね。








































































毎度訪問ありがとうございます。14万です。
  1. 2013/07/24(水) 14:55:06|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3M











マーチンの3Mの1920年代製です。ボディー、ネック、ブリッジがマホガニー、指板がエボニーですね。指板のストライプとダイアモンドポジションマーク、白黒のバインディングとロゼッタ、白のペンダログの装飾ですね。22.5開始ですね。





http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h179175723
Martin 3M 1920's



















ヘッドに穴が開いてますね。ストラップを通す穴ということですが、アコースティック楽器としてはあまり標準的ではない改造と言えるでしょうか。先日も桜井のギターのヘッドに穴の開いているギターが出ていましたが、やはり知識のない人が自分の思いつきで改造すると楽器の価値が著しく低下することになるでしょうね。基本的に楽器は改造しない、修理や改造するならプロにたのんで標準的な加工を加えるというのが良いですね。













































  1. 2013/07/24(水) 09:15:36|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラシックギター











さて、クラシックギターの良いのを1本と思っているのですが、計画性がないとだめですね。ヤイリはポップやクラシックギターの練習も含めて、音量が少なく、小型のギターと思って買ったのですが、始めてみると本格的なギターが欲しくなるというパターンです。






しかし、欲しいとなると、意外とないものですね。クラシックギターの良いものはかなりの高額です。となると予算的には中古が適切かと。しかし、美品で、ネックとトップ板の状態が良く、改造・修理歴なしとこれだけ条件を挙げただけで、かなり高額になりますね。






サイドバックはハカランダが良いとか、となるとさらに高額になりますよね。ワシントン条約の効果もあってハカランダとなると最近は値段がうなぎ上りですね。検索をしてみると、高級ギターとなると、かなり高額ですね。ほとんどのものが買えないというのが現状ですね。





付属のケースとかも、意外と好みがありますよね。外に持ち運びをする人、特に海外に演奏旅行に行く人は、剛重なファッショナブルなグラスファイバー製のケースが良いということになるのでしょうけど、あれ、家で保管するぶんには、硬いし、重いし、形も個性的な形してるし、とてつもなく邪魔ですね。ウクレレのケースを買ったときに気が付きました。自分の好みとしては日本製の軽量の木製ケースがいいですね。





あと、高級ギターは、ペグも豪華ですね。ロジャースのような10数万円のペグが搭載されているギターなどと贅沢は言いませんが、ゴトーの数万円するペグは本当に豪華なのがありますね。




と、こんなことを言っていると、かなり高額になるのでほとんど選択肢がなくなります。しかし、クラシックギターは意外と保守的ですので、きちんとした技術できちんとしたギターを作っている工房のギターは価値があまり下がらない、良い材を使っているとむしろ価値が上がっている工房もありますね。ということで、少し知識を付けて良い物を選ぶ目も必要ですね。








































  1. 2013/07/24(水) 06:37:41|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

村治佳織さん療養











クラシックギターリストの村治佳織さんが舌腫瘍のため、長期療養すると発表した。予定されていたコンサートも全てキャンセルということ。腫瘍に関しては良性とも悪性とも発表されていない。村治さんも腱鞘炎で休養したり、舌腫瘍で長期療養になったり、災難続きですね。癌とかでなく、すぐに良くなると良いですね。































  1. 2013/07/22(月) 23:38:12|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジリコテ












ティーズのミニテナーです。トップスプルース、サイドバックがジリコテです。2008年ということでアメリカのバブルがはじける前で、ウクレレでいろいろな木材を試してみたいとか、木目が見事なウクレレが欲しいとかの時代のウクレレですね。





http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS02071871
T's MTX-1420s






































  1. 2013/07/22(月) 22:25:41|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オイハタ












オイハタのコアテナージェイストーム中古です。カーリーコアボディー、ネックマホガニー、指板とブリッジがエボニーです。スロッテッドヘッドでジェイクシマブクロモデル仕様ですね。





http://www.j-guitar.com/product_id289118.html
Oihata J Storm 2000's
















最近オイハタ見ないですね。I楽器、W楽器など新品中古を取り扱ってましたが、受注生産で最近はなかなか入荷しないのでしょうか?ジェイクシマブクロが流行って、各有名工房がそっくりコピーモデルをたくさん作ったり、本家が5500ドルのシグニチャーモデル100本まで出した人気モデルですが、最近は見なくなりましたね。まあ、テナーで高額モデルになりますが、マニアの人が十分所有してしまうと、飽和状態になってしまうのですかね。







































  1. 2013/07/22(月) 00:56:29|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

良い音とは?












良い音とは?考えてみたのですが、自分の良いと思う音とその楽器の定番と言われている良い音と違いがあるのではないか?とふと思ったのです。





というのは、ゴンチチなどポップ系で使われる茶位のクラシックギターは甘い音がします。それに対して、クラシックで良いと言われている河野はカチッとした硬質な音がします。ハウザーとかホセラミレスとか高級機種を弾いたことはないですが、バイオリンのストラディバリウスと同じように、ギターの定番の音がするのではないでしょうか?ギター製作家たちは、名門の工房で修行したり、世界の名器と言われているギターの構造を研究して、良い音が出るように努力しているというのは良くあることですね。楽器には伝統があって、定番の良い音というのは保守的である。昔ながらの良い音という感じでしょうか。





と考えていると、ウクレレにも昔ながらの定番の良い音があるのではないか?と思われてきました。本場はハワイですから、ハワイの人たちには昔ながらの良いウクレレの音というのは存在するのかもしれないですね。





そうなると新しい技術というのは別の楽器にしてしまう可能性もありますよね。例えば、フロロカーボン弦ですが、多くの人が良い音がすると言って使用していますが、もうそれはウクレレではなく、フロロレレになってしまっているのかもしれないですね。新しい技術を革新ととらえるのか、それとも別の楽器と考えるのか?まあ、昔ながらの定番のウクレレの音が心地よく聞こえるなら、もしかしたら別の楽器かもしれないですね。



































  1. 2013/07/21(日) 09:15:00|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

河野










桜井河野マエストロ2013年製です。新品購入で未使用ということです。トップスプルース、サイドバック中南米ローズウッド、ネックマホガニー、指板エボニー、ブリッジ中南米ローズウッドです。定価105万、販売価格は84万だと思われます。




http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c410963497
桜井河野マエストロ2013

































ウクレレでもあった現象ですが、これだけ高価なものを買って、何も触らず未使用で売却あるのでしょうか?まあ素人の場合、家でちょっと試奏程度弾いていて、試奏は使用したとは言わないという人がほとんどでしょう。つい最近同じショップから同じような説明の桜井のパリコン定価73.5、販売価格58.8も出ていたので、同一人物が2本買って売却したのかもしれないですね。しかし高い道楽ですね。このショップ、売り手から未使用という申告があったようですが、新品と記載していないので良心的なショップでしょうね。本当にこれだけ高価なものを購入して使用しないで売却するってあるんですかね?私の価値観では理解できません。
















































  1. 2013/07/18(木) 03:33:45|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰が作っているのでしょうか?











さて、ギターでもウクレレでも、手工製というのがあります。量産の物とは違って、職人が作っている物ですね。中には個人名の楽器もありますよね。クラシックギターでは個人名がラベルに書かれているって言うことが多いですね。




しかし、誰が作っているのでしょうか?工房で働いているのは作者一人だけというなら、作者が自分の名前を冠したギターを自分一人で作っているということになりますね。しかし、良くあるのが工房へ行くと7、8人の人が働いていましたという工房訪問記ですね。7、8人となると、弟子に全部作らせて、工房の主は内部に貼るラベルにサインをしているだけとか、弦を張った後、ギター全体をチェックしただけとか最終調整しただけとかありそうですよね。一般に言う監修ってことですかね。





あるギター工房のホームページを見ていたら、純粋手工製、一人で弦以外全部作るという工房がありました。月産1本のペースで、出来上がりはかなり美しい。工芸品並みです。知る人ぞ知るという作家らしく、価格を調べたところ1本130万円とのこと。お金があれば注文してみたいですが、いやせめて中古で。




スペイン製法ということで、例えばブリッジを止める時にクランプを使わないそうです。クランプの重みでゆがみが生じるということ。ロープを巻いて固定する方法を取っているということ。また、良く見かけるトップとサイドを止めるライニングですが、まあ長い切込みの入っている棒状の木でトップとサイドを止めるわけですが、これも音に影響するということで、1つ1つバラバラの木片をニカワで貼っていくという製法にもかなりこだわっているようです。というか、昔は電気工具とかなかった時代の昔ながらの製法ということでしょうか。




やはりこだわりときちんとした技術のある工房で頼んでみたいですね。









































  1. 2013/07/17(水) 03:11:48|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さて~











さて~、カマカもマーチンもウクレレは値上がりしましたね。ウクレレの話題としては大きい話題かと思ったら、ツイッターでちょっとつぶやいているぐらいで、ほとんど話題になってませんね。オークションで便乗値上げしている人もいますね。今まで2011年から売れないのに、値上げしたら余計売れないのではと思うのですが。





マーチンも2011年製が、現在の値上がりした価格で売られてたりしますが、これってどうなんでしょう?2012年製なら昨年出来上がったウクレレが2013年になって入荷したというのはあるのかもしれませんが、2011年製って2013年の2年も経って入荷するんでしょうか?まさか残ってた在庫に新しい価格を付けてるとかありませんよね。まあ購入するときは製造年をご確認ください。食品だったら製造年月日や消費期限ちゃんと確認しますよね。






さて、それでは、ウクレレ界の今後を勝手に予想してみましょう。リーマンショック以来15万円以上のウクレレは売れないと言われていましたね。しかし、ここ最近は中高年のプチ贅沢というのが流行っているみたいで、昨年のカマカのデラックススペシャルモデルやデラックスモデルが売れたのもその現象かもしれないですね。





しかし、まあソプラノデラックスが30万、コンサートデラックスが35万となると、いくらなんでも買わないんじゃないでしょうか?普及モデルでもソプラノが12万円、コンサートが14.7万、テナーが19万となると簡単には買わないですよね。ソプラノで12万と言ったら、人気のある丁寧に作ってあるルシアー物のソプラノが買える価格帯でもありますよね。





マーチンに関しては中古の販売価格が定価の50%、そうなると下取り価格はその50%ですから、新品で購入した時の価値の3分の1以下になってしまうという価値の暴落が起こってますね。痛の人に言わせるとマーチンはビンテージが音が良い、現行物は今一つということですから、まあ現行物はぼちぼち売れているという感じでしょうか。新品でも2年落ち、3年落ちの物が結構出ているのも現状ですね。





そうなると、町の小さな楽器店や地方の楽器店ではカマカやマーチンが長期在庫になっては困るので取り扱わなくなるでしょうね。通販でも安く値引きしていれば、小さな楽器店から買う人がいたようですが、これだけ値上がりすると、多少割り引いても安いという感じはしないですよね。






ということで、今回の値上げでウクレレ界は盛り下がる可能性はありますね。というか随分前からウクレレを買い込んでいる人が多いので、もう買う時期は終わって、楽器機材の整理の時期になってるのかもしれませんね。ウクレレは何本か買い込んではすぐに売るというサイクルの人が多い傾向はありますね。






最近ブログの時代が終わったという感じもしますが、カマカやマーチンのウクレレの話題を扱う人もかなり減ってきているのという感じですよね。






  1. 2013/07/16(火) 18:54:37|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘッドに穴







クラシックギターにピックアップを取り付けるのに、ヘッドに穴を開けたって初めて聞きましたが、一般的なことなんでしょうか?むしろ壁に掛けておくのに便利そうだからヘッドに穴を開けてみたっていう人はいそうな気がしますが。まあどちらにしろ、大胆なことしますよね。楽器としての価値は下がるでしょうね。





http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e141228523













































  1. 2013/07/16(火) 06:32:11|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラシックギター











さて、ウクレレもかなり値上がりしましたね。もうカマカもマーチンも手に入る金額ではなくなったので完全にウクレレは諦めました。もうウクレレを買うことはないでしょうね。ということで後は弦を替えるぐらいでしょうか。2008年ごろから始まったウクレレ期も終わりを迎えようという感じです。






ということで、ただ今クラシックギター期に入りました。しかし、買うには知識が少なすぎます。買うと場所を取りますから、慎重に購入したほうがいいですよね。





今まで持っているクラシックギターと言えば、古いヤマハの普及機これは調整をしないと弾けるという感じでもありません。タカミネ製作のエリート。これも普及機です。そして、茶位の60号、これはゴンチチの演奏用に買ったので、クラシックというよりはポップ向きなのかもしれません。そして、河野のプロフェッショナルジェイ、これは日本では老舗のギター製作所ですが、茶位とは音が違います。両方ともトップスプルース、サイドバックがハカランダですが、河野の方は音が固い感じです。






ヤマハってどうなんでしょうか?高い日本製の機種もあるようですが、普及モデルはほとんどが外国製のようです。ネットで見つけたのですが、ヤマハのグランドコンサートの35本限定の機種、トップスプルースで、サイドバックがバリサンドル、バリサンドルってインディアンローズウッドのようです。2003年製で定価35万でした。35というと手工製ギターの普及モデルの価格という感じですね。ヤマハの手工製ギターで有名な江崎秀行監修ということですが、監修と作では大きな違いがありますよね。また限定って言葉の響きに弱いんですよね。ヤマハって音はどうなんでしょうか?





ではプロの弾いているギターを参考にしてみては?と思うところですが、クラシックギターの場合、プロの使用しているギターはイグナシオ・フレタ・エ・イーホス、ホセラミレス、トーマスハンフリー、ヘルマンハウザー、ロベールブーシェ、ホセ・ルイス・ロマニリョスなど、200~800万円と全く素人には手の届かない参考にならないという感じです。





まあそこで、日本のギター工房の手工製ギターで30~100万円の素人でも手の届きそうな手工製ギターを狙うことになるわけですが、知識不足でなかなか簡単に選べるものでもないですね。まず音を聞いたことがないので衝動買いはしない方がいいですね。





ということで動画サイトでまずいろいろなギターの音を聞いてみるというのが手っ取り早い方法ですかね。














































  1. 2013/07/15(月) 06:23:11|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コンサートデラックスカスタム










カマカのコンサートデラックスカスタム1985年製です。トップスプルース、サイドバックコア、ネックコア、ロゼッタはコアですかね。ペグはグローバーに変更されてますね。ピックアップ付きです。





http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS02067021
Kamaka Concert Deluxe Custome 1985















昨年の5月からはカマカの勢いはすごかったですね。各10本限定のデラックススペシャルモデル、7月にはデラックスモデルの再発売開始、そして11月に限定が解除されたデラックススペシャルモデル再発売。20~24万円するウクレレが飛ぶように売れるわけですからね、日本人にはカマカはいくら高くても売れるという感じになりますよね。ということで、デラックスモデルは10万円の値上げになりましたね。値上げが続き、庶民の私には、カマカのウクレレも、マーチンのウクレレももう一生買うことができなくなったという感じです。今年は何か新しい企画はあるのですかね?


























































  1. 2013/07/14(日) 14:09:34|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

河野ローズウッド











河野賢コンサート1982年製です。トップスプルース、サイドバックがローズウッドです。状態が良いということですが、ローズウッドだけあって16.8とお手頃な価格です。




http://www.j-guitar.com/product_id284141.html
河野賢コンサート1982











集めるのが好きな私としては、コンサート、プロフェッショナルJ、スペシャル、マエストロと河野ギターを4本そろえたら面白いのではないかとも思いますが、そんなの事すると軽く100万は超えるのではないでしょうか。買うならマエストロか。お金ちょこちょこと使ってるとキリがないんですよね。





どうですかね。ラベルに河野氏のサインありますかね。普及機種だとお弟子さんが全部作った可能性もありますね。



















































  1. 2013/07/10(水) 22:45:17|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニットノ











ニットノギターのモデルTナイロンです。見た感じフルアコ風のソリッドエレガットということでしょうか。中に空洞があって多少なるんですかね。感じ的にはテレキャスをエレガットにした感じでしょうか?価格的には95でしょうか。十分高級ギターです。




http://www.j-guitar.com/product_id283735.html
Nittono Guitars Model-T Nylon


































  1. 2013/07/10(水) 22:18:02|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レイズドフィンガーボード











川田一高のレイズドフィンガーボードです。トップスプルース、サイドバックがハカランダです。新品価格は号番号からすると85万プラス消費税の価格ですね。レイズドフィンガーボードというと桜井の最上位機種ですが、桜井だとただ今ハカランダだと126万ですか。44.1ですか、それと比べると中古でお安くなってますね。






http://www.j-guitar.com/product_id283725.html
川田一高prestiFP-85













このぐらいのグレードのギターになるとどれを弾いても良い音するんでしょうね。いろいろなギターを試奏していい音のギターを選ぶのも大切ですね。しかし、この暑さ、汗ばんでショップに入って試奏を頼んでも楽器ショップも迷惑でしょうね。セラック塗装は汗に弱いですよね。夏は試奏の時期ではないですね。








































  1. 2013/07/09(火) 21:35:57|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パイナップル












カマカのパイナップルロングネックカスタムです。パイナップルのカスタムは珍しいですね。ボディーカーリーコア、ネックマホガニー、指板、ブリッジ、ヘッドプレートがエボニー、ヘッドロゴ、ポジションマークがコア、ペグはゴトーのギアペグです。ロープバインディングのロゼッタです。





http://www.j-guitar.com/product_id283727.html
Kamaka HP-1L Custom













































  1. 2013/07/08(月) 22:29:02|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さて~











さて~、先月あった土曜日の仕事も終わり、土日ゆっくりできて余裕が出てきました。ボーナス時期で興味深い楽器がたくさん出るのかなと思ってましたが、今はちょっと停滞ぎみでしょうかね。めぼしいギターも、掘り出し物のウクレレも出てないようです。楽器の話題はネタ切れです。




しかしウクレレは随分値上がりしましたね。どうも2008年ごろから始まったウクレレ期も終わりを迎えたようです。ウクレレを完全に弾かなくなってしまうわけではありませんので。楽器の趣味は中学からずっと続いているので、持っておけば時間のある時にひくでしょうという感じです。ただ今クラシックギター期に入っているようです。ヤイリの薄型エレガットを買ってから、ジャズのスタンダードやクラシックの曲を練習始めました。



禁じられた遊び
舟歌
アルハンブラの思い出
サマータイム
スターダスト
いそしぎ



計6曲を練習すると大体30分ぐらいですかね。ちゃんと弾けるようになると15分ぐらいで終わる内容でしょうか。まあ半年ぐらいやると結構弾けるようになると思うので頑張ってみようと思います。




腱鞘炎などにならないように力を入れなくても押さえられる左手のポジションを研究しながらやっています。














































  1. 2013/07/07(日) 01:23:39|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カマカソプラノ










カマカのソプラノ2013年製中古です。3.98万と安い。ケースが純正ではないようです。




http://www.j-guitar.com/product_id281019.html
Kamaka HF-1 2013









さて、カマカが大幅値上げをしましたが、例えばソプラノで21000円の値上げ、すごい値上げでびっくりですが、これも経済の需要と供給の法則でしょうか。買う人がたくさんいるから、高くなる。まあ高くしても売れてしまうってことですね。





もうすでに便乗値上げも出ていますね。2012年製とか2011年製とかは旧価格のはずですが、値上げに便乗して価格を釣り上げて販売も出てますね。





ウクレレって風情があって癒されるものだと思ってましたが、この価格は癒されないですね。













































  1. 2013/07/03(水) 22:41:30|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソプラノデラックス










カマカのソプラノデラックスです。価格が改定されて、294000円です。ソプラノのウクレレにほぼ30万円ですか。すごい価格の高騰ですね。





http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS02053632
Kamaka HF-1D


























やはり、80円から100円と円安が進んだ影響でしょうか?アベノミクス効果はすごいですね。しかし、ソプラノに30万円という価値観はなかったですね。まあ結論としてウクレレはお金持ち向けの趣味ということでしょうね。マーチン3Mのビンテージに30~40万円、カマカの特注モデルに20~30万円払う人がたくさんいる日本ですから、このぐらいの価格になってもおかしくないですよね。





もしかしたらコアも枯渇して高騰しているのではないかとも思いましたが、そうだったら、エコ好きな人だったらコアは諦めて別の木材を使うのも手ではないですかね。ハワイと言えば美しい常夏の島、自然と一体になっているというイメージもありますが、自然を愛する人ならば、コアを使わないという選択肢もあるのではないでしょうか。
































































  1. 2013/07/02(火) 09:35:30|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こだま












なかなかきれいそうな加納木魂の#60が出ていましたが、結構行きましたね。60号ですから定価は63万だと思われますが、落札は23.1ですか。中古ショップで18.9で出ていたようなのでそれほど行かないのかなと思ったのですが、結構行きましたね。出物があったら買おうと狙ってないと買える価格ではないですね。





http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h178408001
加納木魂#60 2005





















余った弦は切った方がいいのでしょうね。演奏中に弦がカタカタなってノイズとなることもあるでしょうし、弦の先が目に入ったりしたら怪我をすることになるでしょうね。演奏者としてはしないほうがいいことでしょうね。私も不精をしないように、弦を張ったら処理はちゃんとするように気を付けたいと思います。































































  1. 2013/07/02(火) 09:15:02|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ジン

06 | 2013/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search