ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

連敗中











さて、1本目、Sギター、2本目、Sギター、3本目、Aギター状態が今一つ、4本目、Nギター予算に合わず、5本目、Kギターソルドアウト、6本目、Sギター予算に合わずということでクラシックギター問い合わせ6連敗中です。





さて、連敗追加です。Sギターですが。。。トップに目立つ打痕ちょっと美品ではなさそうです。バックにこすったような傷。傷の付きからからいって、木製のスタンドに立てられて保管されていたようです。置くときに丁寧に置かないオーナーだったのかという感じです。





ネックの1弦側が真っ直ぐ、6弦側に少し反りって。。。こういうのをネックのねじれというのではないでしょうか?????





トップに膨らみとうねりが若干あるというのですが、中古3年でこういう風になるものなのか?素人の私には全然わかりません????????10年、20年と経って大丈夫なのか?






日本のクラシックギターのアマチュアのギターの保管の方法に問題があるのか?それともギター自体に問題があるのか?





クラシックギターはトラスロッドがないので、ネックが反ると修正が厳しい。トップが膨らんだりゆがんだりすると弦のテンションが異常になりますよね。弦を緩めないまま長期間放置しておくとネックが反ったり、トップがゆがむのは当たり前と言えば当たり前。日本は梅雨は湿度が高く、冬は乾燥して湿度が低い。木材にとっては過酷な環境ですよね。部屋にギターを出している人って湿度管理をしているのでしょうか?最近の中古で近年物で状態が変化している出物が多いということは管理のずさんなアマチュアは多いのかもしれませんね。





気になったのが、トップ板の振動をより良くするために力木を減らしたりしているようです。トップ板も結構しなって薄い印象もあるのですが。ショップで新品ギターを部屋の蛍光灯で照らしてトップ板を見ると、光の反射の仕方が、平らなものの反射ではないような気もするんですよね。もしかすると楽器自体の製作に問題があるのか?????まあ、素人の意見なので?がたくさん付きますが。





なんかクラシックギターを買うのって厳しいですね。














































スポンサーサイト
  1. 2013/09/30(月) 20:30:57|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽器店巡り 横浜











さて、横浜国大のTOEICテストの会場は最悪です。三ツ沢上町電車を降りると、エスカレーターを3階分上って、改札に着いたと思ったらまだ、階段がある。今日はかなりの天気の良さ。昼の日差しの強い時に歩くこと18分。途中で歩道橋があったりと大変。国大の入り口に着いたと思ったら上り坂でもうかなり汗だく。大学が広くて会場の校舎も奥の方にあり、校舎に着くにも相当時間がかかりました。結局、電車を降りてから、会場まで30分、受付締切になりそうになり走りました。会場に入って落ち着くまで30分ぐらいかかりました。テストにも影響するでしょ。これは試験会場としては不適切ですね。最悪です。横浜国大の学生、授業前ぐったりなんじゃないでしょうか?





さて、帰りは楽器店巡り、Y楽器へ。グランドコンサートの新しい機種のちょっと見てみました。サイレントギターは結構在庫あるようですね。




そしてI楽器へ。ここではケースをチェック、それなりにしっかりしたケースだと結構な値段しますね。まあショップだとコーナーの面積に限界がありますからね。やはりマルエのケースは安定して人気があるのか?いくつか展示してありましたね。




次にK楽器へ。クラシックギターはあまりいろいろな種類が出てなかったですね。ケースですが、G社ですが、あまりクッションがなかったですね。むしろ薄っぺらいケースと同じような感じ。安いギターを場所を取らないように入れて置くには良いかもしれないです。ウクレレはマーチンとカマカの品ぞろえが良かったですね。ソプラノデラックスもありました。なかなかの杢目でした。マーチンの3シリーズもソプラノデラックスも今はじっくり選んで買えるようになったのではないでしょうか。ということで何も買わずに帰ってきました。





クラシックギターも含めてこれは何も買わずにおわりそうですかね。
























  1. 2013/09/29(日) 21:15:58|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽器店めぐり










さて、久しぶりに東京まで行ったので御茶ノ水で楽器店巡りをしてきました。ただ今クラシックギターを探しているので、クラシックギターのみでした。





さて、1件目はひっそりした細い道にある楽器店です。クラシックギターはまったく素人なのに、買いもしないのに新品の高額ギターを試奏するのは悪いので、ショップの人に弾いてもらいました。やはり高額ギターだけあって良い音してました。





Sギターですが、動画再生サイトなどで音をチェックしていた感じとほぼ同じでしょうか。中南米ローズウッドは低音にボリュームがあって、和音は好みな感じです。高音は固く、木の音という感じですね。これが正統派のクラシックギターと言えばそうなのかもしれないですね。個人的な好みとしては艶のある感じのほうが良いですかね。2本あって、同じ機種でも響きのボリュームが違いましたね。倍音がが出るか出ないかという感じのようです。Kギターを最近買う人は、昔、名器と言われていたKギターにあこがれていて、年配になって今Kギターを買う人が多いそうです。




Sギターのローズウッドがありましたが、ほぼ同じような感じでしょうか。しかし、高音に艶があってローズウッドのほうが好みですかね。ただ中古で、外観を近くで見てみると、結構使用感がありましたね。きれいという感じでは無かったですね。




ということで、音の好みがある、個体差がある、中古は近くで使用感を見る必要がある、ということでは試奏してみるということは重要かもしれないですね。




話しによると。。。SギターとKギターあまり差がないということです。同じ工房で同じ職人が作っているということは違いがなくてもおかしくないですよね。力木の配置も変わりなく、音も変わりないということ。価格ごとに木材が良くなり、音が良くなるという感じらしいです。





となると。。。。。Kギター所有しているので、Sギター必要ないかなという感じもします。Kギターを引き取りでグレードアップというのも考えられますね。




で、しばらくお邪魔した後、K楽器へ。めぼしいギターは、1本もなく。他の楽器店へ行く気力もなくなってきたのでまっずぐ帰ることに。





まあ、何も買わなかったですが、実際に楽器店に行くと参考になりますね。んんん~。難しいですね。なんかもう買わなくてもいいかなという感じもしてきました。










































  1. 2013/09/29(日) 09:22:48|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さて~、その後











さて~、買い取られて行った自分の楽器はどうなったのか?まあ気になるところです。いくらぐらいで販売されているのかぐらいは確かめたいところ。





その楽器店のサイトでソプラノはだいぶ出てましたね。ソプラノウクレレは1万円で買い取られて、4万円で出てるという感じですね。まあ家まで行って買い取ってきてというのを考えるとその位利益が出ないとだめなのかもしれませんね。やっぱりカマカは高く売ってますね。テナーは相場より高めかも。1本オークションで出品されてました。大手楽器店も楽器店と名乗らずオークションに出品してるんですね。





ギターの方は1本確認できただけで、他は見かけないですね。もしかしたら整備されてるのかな?




ぼちぼち売れているようですね。まあ、私が売却した楽器が他の人の所で大切に活用していただければ楽器にとっても良いのではないかと思います。


















































  1. 2013/09/29(日) 07:28:11|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3M











マーチン3Mの1960年代製です。ボディー、ネック、ブリッジがマホガニー、指板がエボニーです。ヘッドにロゴ、ドットポジションマーク、白黒のロゼッタとバインディングとシンプルな装飾のウクレレです。




http://www.digimart.net/cat04/shop4805/DS02140570/
Martin 3M 1960's

























マーチンに3Mですが年間に何本もでますね。やはり人気があるモデルですね。しかし、自分の場合予算が10万円、出しても20万円未満だったので、結局購入することなく終わりました。まあ、物を買う時は予算というものはあるものですね。















ただ今クラシックギターを物色中ですが、出物がない上に、あまり予算がエスカレートして行っても切りがない。まあ、趣味でやっているものに常識的な予算というのはありますものね。クラシックギターはアマチュアでも、日本製で100万、世界の名器で数百万出す人が多いわけですが、それにつられて予算が膨らんでもしょうがないので、余裕を持って買える予算で、状態が良い美品というふうに修正するのが良いかなと思っています。クラシックギターは難しいですね。まあ、ウクレレみたいに予算10万円で何本も買ってしまうことのないようにしたいと思います。安易に楽器を買わないというのは大切ですね。



































  1. 2013/09/23(月) 22:47:02|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカでは











アメリカのウクレレの価格をチェックしてみたいと思います。1ドル100円で計算してみると、新品の販売価格は次のような感じになります。


マーチン
2Ukeシリーズ 110000~125000
3CUke 155000
3Uke 180000
3KUke 190000

カマカ
ソプラノ 90000
コンサート 110000
テナー 130000
ソプラノデラックス 170000 





需要と供給で価格が決まるのでしょうけれども、有名メーカーの人気のウクレレでも、日本人の私からすると、それほど高価という感じでもないですね。もしかしたら、アメリカ人にとってはウクレレにこの金額は簡単に出せない。かなり高価なウクレレですよということかもしれませんが。






日本に輸入すると、送料と関税がかかりますが具体的にどのぐらいかかるものなのか。たぶん仕入れ値があると思いますので、上記の新品販売価格では輸入してないと思いますが。





市場価格は需要と供給で決まりますから、2012年の20~24万円するデラックスモデルが飛ぶように売れて短期間でソルドアウトという現象を見ると、現在のソプラノデラックス26.5万、コンサートデラックス31万もしょうがないのかなという感じですね。ウクレレの価格がこの金額というのもすごいですね。今カマカのデラックスモデルやマーチンの3Ukeシリーズが欲しいという人は簡単には買えなくなりましたね。日本人の高額ウクレレへの熱狂ぶりというか過熱はすごいですね。












































  1. 2013/09/22(日) 19:58:25|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マエストロ











河野の最上級モデル、マエストロ1992年製です。トップスプルース、サイドバックハカランダです。今では中南米ローズウッドになって使われていないハカランダですね。木目も正目で良い木目ではないでしょうか。弾き傷が多いということ。




http://www.digimart.net/cat09/shop63/DS02139912/
河野賢マエストロ1992















弾き傷が多いが弾き込まれている、楽器店の説明の典型的パターンでしょうか。ネガティブなことをポジティブに書く表現方法ですね。






村治佳織がテレビ番組でロマリニョスの工房を訪れた時、自分の使っているロマリニョスのギターをロマニリョスに見せて、彼が自分のギターを見てパーフェクトという場面がありましたが、やはりギターは人前で弾くということが前提ですから、外観もきれいに保つ必要もありますし、長く良い音が出るようにいい状態を維持する必要がありますね。スパニッシュギターの激しい弾き方をするならゴルペ板を付ければいいわけですね。










さて、Sギターを問い合わせしてみたのですが、なかなかの杢目のローズウッドでした。しかし、日本製で70万でローズウッドというのはかなり高価。手が出ないですね。まあ、簡単に自分の条件に合ったギターはないということですね。





さて、ギターですが、簡単に手ごろで美品で気に入るギターは出てくる感じじゃないですね。世の中そんなに甘くないということでしょうか。それよりもフルアコ期、ウクレレ期、とあったようにその時によってマイブームは動きますのでとりあえず、クラシックギター期が続くかどうかですね。うっかりオーダーを出して、出来上がって届いた時にはブームは終わっていたなんてありがちです。とりあえず練習をしましょう。ある程度続くようなら買うということで。安易に楽器を買ってはいけませんね。











































  1. 2013/09/21(土) 18:30:33|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

断捨離











さて、中2からギターをやっているわけですが、学生の時は思うように買えないわけですね。社会人になってから随分買いましたね。ギターとウクレレで500万円超えたでしょうか。




楽器が所狭しと部屋を占領してちょっと大変な状態になってました。そして、右手薬指の指先の違和感があるということで、ウクレレ期終了です。今後ウクレレを買うことはないでしょう。今持っているウクレレの本数全部必要という感じでもありません。




ということで、今年夏の最大のイベントとなりました。初めての機材整理を行いました。本数的には3分の1、2005年~2010年あたりに買った、あまり楽器の知識もなく、入門用にという感じで、勢いでたくさん買ってしまった楽器中心で、比較的新しくて完動品という感じです。ウクレレ10本、ギター6本、ベース1本、アンプ類3点を処分しました。




楽器を売却するのも大変ですね。まずケースをきれいに拭いて、ケースの金属ハーツのさびている部分はさびとりをして、パッチン錠の壊れている部分は修理をして、ピックガードをオリジナルに戻して、楽器を1本ずつチューニングして、正確に作動するかチェックをして、保証書類など付属品を引っ張りだして探してケースの中に入れと、これだけの数になると1~2週間かかりました。






ケースの金属パーツのくすみは雑巾の水拭きで結構きれいになりますね。これは勉強になりました。さびとりを使うと研磨剤で傷ついて余計さびやすくなりますよね。





楽器の機種と状態など詳細を記入して、楽器店へ連絡、これも大変ですね。





オークションで売るというのも考えましたが、機材の整備、出品の準備、詳細な商品説明、写真の撮影、出品手続き、落札後のメールのやり取り、梱包材の準備、梱包して、発送のあて名書きや宅急便の手配、クレームがあった時の処理と考えたら大変な労力なので諦めました。まあオークションで処分したほうがだいぶ利益は出るのでしょうが。





梱包して宅配便で送るもの大変なので、楽して一気に引き取りに来てもらいました。





残ったのは、初期に買った古くて状態も良くないので売れないだろうという物。モーリス2本、ストラト、ヤマハのSGとフェンダーのストラト、まあこれは思い出の品ですね。最近買ったヤマハのサイレントギターとヤイリのエレガット。これは利用価値があるので。あとはギブソンのフルアコ2本と、クラシックギター3本、マーチンのアコギ1本です。全部で計13本ですね。もう状態が悪すぎて弾けないクラシックギターがあるのでこれはばらして処分するつもりです。





ウクレレはというと、単純にカマカ、マーチン、T'sのソプラノ17本を残しました。ということで自分の中では結構良いと思うウクレレも処分しました。





総計で処分した楽器に使った金額は100万超えるでしょうか。買取価格はというと30行きませんでした。最近は買取が厳しいと聞いていたので最初は10万円台かと思いましたが。。。。。思ったより10万高い買取でしたか。丁寧に弾いていたのと、金属パーツには湿気取をケースに入れていたので、金属パーツの曇りはなし、ほぼ新品同様という感じの買取でしょうか。





基本的に買取は新品同様で買った価格の20%が目安と見て間違いないでしょうね。マイナーなメーカーは5%でした。気持だけつきました。安価はアンプは買取不可でした。これなら知り合いで大切に使ってくれる人がいたらタダでお譲りした方が良い金額ですね。誰もが欲しいと思う売れ筋は買取が高くなります。と言っても大した金額ではないですが。やはり楽器は誰もが欲しいと思う良い物を買わないと財産価値はないということですね。







ここで学んだこと。。。。。






安易に楽器を買ってはいけない。





今日残高をチェックしたら振り込まれていたので、初の機材処分終了という感じですね。もうウクレレは買うことはないでしょうね。ただ今ちょっと質の良い美品のクラシックギターを物色中です。安易に買わないで、ある程度良い物が出るのを待って買いたいと思います。このままだといつになるかわからないですが。ということで今回の楽器整理の分は新しい楽器を買う資金に回したいと思います。元々の予算とプラスすると日本の最上位機種の中古が買える感じになりました。














































  1. 2013/09/21(土) 05:28:52|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3M













マーチンの3Mの1950年代製です。ボディーネック、ブリッジマホガニー、指板エボニーです。ヘッドにロゴあり、センターストライプなし、ドットポジションマーク、白黒のロゼッタとバインディング、ペンダログの装飾なしです。一番簡略化された3Mですね。状態はきれいなようです。




http://www.digimart.net/cat04/shop4805/DS02136853/
Martin 3M 1950's

















今年の春前ぐらいまではマーチンの3Mの状態の良いビンテージか近年物の3Mが欲しいと思っていたのですが、これだけ状態の良さそうな3Mにも反応しなくなりましたね。一つは20万円以上のウクレレってやっぱり価値観に合わないですね。20万円未満で大概のウクレレは買えるわけで、20万円以上のウクレレって別の付加価値を持ったような物のような気がします。もうマニアの人、コレクターの人も、3Mが10本とか、十分に所有しているでしょうし、今オータサンが大好きで、オータサンと同じ音を出すにはビンテージのマーチン3Mを絶対買わなければという人がどのぐらいいるのでしょうか?





日本人がアメリカのオークション市場の価格を上げているというのもあるかもしれないですね。マーチンの3Mというと1500ドルぐらいで落札できることもあるわけですが、日本人向けに?2000~3000とずいぶん高目に設定してあることもありますね。後は日本に発送しないという注意書きも結構ありますね。多くの日本人が問い合わせしているということでしょうか?





後は昨年8月に処置した指の指先の違和感でしょうか。今違和感が出ないためにベストだと思うのはウクレレを弾かないことですね。今後はたまに出してぽろんと弾いて指の調子をチェックするという感じでしょうか。





























  1. 2013/09/21(土) 03:47:01|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変な夢












たまに見る変な夢ってありませんか?内容は前に見た夢と酷似しているわけです。なんで同じような夢を見るのでしょうか。起きてしまったので暇つぶしに書いてみましょう。





あっ、電車来た。駅は東京のどこかの駅のようです。山手線内の中央線という感じです。水道橋でもなく代々木でもなく、そんな感じです。焦って飛び乗るわけです。乗ってみると、間違った電車に乗ったようです。どこ行きだろうかと、路線図を探してみてもないですね。。。よく見ると電車も随分古い感じです。と思っていると、次の駅に着いたようです。全く知らない駅です。カタカナの駅名ですね。なんとかスキー駅。そのうち自分の乗りたかった電車へ乗り換えできる駅に着くかもしれません。しばらく様子を見ていると、次の駅は随分人が降りました。あの駅が乗り換えの駅だったのかな、失敗したなと思っていると、新宿のビル群のような建物が、このまま乗ってれば新宿にでもつくかな。でもこんな路線ないし。ビル群が見える割には雲が多いな。どうも変な夢見てるようだ。もしかして、天国行き?これは起きておいたほがいいな。ということで目が覚めました。




























  1. 2013/09/21(土) 03:11:46|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

普及モデル










今井勇一の普及モデルです。トップスプルース、サイドバックがローズウッドです。ウレタン塗装ですね。普及モデルですが定価は39.9万円と高価なギターです。




http://www.j-guitar.com/product_id322571.html
今井勇一YJ-EX 2010























今井勇一というと注文すると2、3年待ちという話しは聞きますね。よっぽど人気があって、本数も大量生産してないようなので入手も難しいということでしょうか。ショップなどから普及モデル製作の依頼もあったのでしょうか?設計、監修、トップの板の製作が今井氏の担当で、組み立てと塗装はアストリアスで行われているようです。これはご本人の普及モデルというよりは、今井勇一アンドアストリアスという感じになるんですかね。




アランフェスは桜井正毅氏が監修、トップ板を作っている機種もあるようですが、桜井正毅ブランドではないですね。やはり設計者が重要なんでしょうか?有名作家が作家名アンドサンと息子と共同制作している場合もあるようですね。ロマリニョスはトップをロマニリョスが作って後は息子が製作するロマリニョスアンドサンというギターがありますね。





アストリアスは量産ギター工場ですから、複数の担当者で製作していることも考えられますね。そうなると手工製というよりは、今井勇一のアストリアスギター工場における量産ギターという感じかもしれませんね。





アストリアスの製品は良く辻渡のサインがしてありますね。辻渡という機種もあって、105万の最上機種のグランスプレマという機種もありますが、全行程辻渡が監修とありますよね。製作ではないのですよね。これも好みかとは思いますが、量産品の良いギターということでは欲しいギターのリストに入るかもしれないです。手工製の良いギターということでは欲しいギターのリストに入らないかもしれないですね。












































  1. 2013/09/19(木) 04:09:23|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安物










偽物のフェンダーのギターをオークションで販売したということで初めて逮捕者が出たらしい。フェンダーとかギブソンとか大手オークションで出ることがあるようですが、偽物は販売してはいけませんよね。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130918-00000031-asahi-soci























さて、今日は練習用に買ったタカミネのクラシックギターを弾いて、しまおうと思ったら、ソフトケースのファスナーが、かみ合わなくなって、壊れました。安い物を買ってはいけませんね。ファスナーの部分が開きっぱなしなので、ケースを物色しないといけません。ギター自体も安物なので高いケースは必要ないのですが、どうしましょうか。




GEWAのソフトケースはどうかと思うのですが。輸入品は円安の影響で価格が上がっているので、以前より割高になっているかもしれないですね。














































  1. 2013/09/19(木) 02:28:57|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリコンローズ









桜井パリコンローズウッドです。桜井とS楽器のコラボだそうです。仕様はパリコンのインディアンローズウッドで、5フレットサイドにポジションマーク、1弦が20フレットまで、オリジナルハードケース付属とこれは欲しいという感じですね。販売価格が68.25です。ちなみにローズウッドの普通のタイプの定価が682500円です。





http://www.shimamura.co.jp/chiba/index.php?itemid=111896
桜井正毅PCSR





















予算が限られているのでいろいろ考えてしまいますね。普通のローズウッド仕様の定価は68.25です。ローズウッドはどちらにせよ受注生産なんですかね。中南米ローズウッドの定価は73.5で、2割引きのショップでは販売価格は58.8です。70万前後というのは日本のルシアーの最上級モデルの中古美品が出た時に購入できる価格ですよね。パリコンだと中古美品が40万円台で出てますね。これを考えると。。。欲しい順としては。。。





日本のルシアーの最上級モデル中古美品 > パリコン中古美品 > パリコン中南米ローズウッド新品 > パリコンローズウッド新品






70万円って言うともう少し貯金すると最上級モデルの新品に手が届きそうですよね。中古ならこの価格で買えそうです。日本人のルシアーの最上級モデルの中古美品って出たらすぐ押さえないとソルドアウトしてしまうんですよね。前もって決めておく必要があるかもしれないですね。



河野マエストロ(現在所有の河野を下取りで買い替え)
桜井マエストロ
今井勇一リミテッド
アルベルトネジメオーノ
中野潤

桜井パリコン


今の知識で人気がありそうで、欲しいと思うのはこんなところでしょうか?




































  1. 2013/09/18(水) 05:15:39|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの3Uke中古











マーチン3Ukeの中古です。ヘッドにロゴがないので2011年より前の製造ですね。ボディーマホガニー、ネックハードウッド、センターストライプにスノーフレークポジションマーク、白黒のロゼッタにバインディング、ペンダログの装飾です。定価294,000円で、新品販売価格が235,200円でした。中古販売価格が14.8です。某楽器店の下取り価格を見ると新品同様で7万ですので買ったときの支払った価格の29.7%以下になってしまうということですね。






http://www.digimart.net/cat04/shop4734/DS02134863/
Martin 3Uke used






























  1. 2013/09/18(水) 03:42:33|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手工製













































手工製と量産どう違うのか?手工製は手作りってことですかね?量産ギターだって人が作っているんだから手作りなんじゃないかと思いますが。難しいですね。




さて、ヤマハの中国の量産ギター工場です。見てみると、まずトップ板を電動工具でトップ板の形に切る。サイドは薄い板を張り合わせて、プレスアイロンで一気に曲げ作業。トップの力木の配置はテンプレートがあって、テンプレートに沿って力木を置いてプレス機で接着。力木の調整。電動工具でバインディングの溝を掘って、バインディングを接着。電動サンダーでネックの形に成形。ダボテールジョイントでネックを接合。塗装して、電動工具でフレットバーの打ち込み、ブリッジの接着、専用の機械でペグを装着、調整して出荷。






量産ギターも人が作っているので手工製ではないかという感じもしますが、量産ギターの特徴としては、各工程が分業制、つまり違う人が作っている。それから電動工具や近代的な道具を使って能率や仕上がりのきれいさを重視している。






では、手工製はというと、糸巻以外は一人の職人さんが自分で作る。要するに手作り。基本的に電動工具を使わない、近代的な工具を使わないらしい。と言っても板を作るのに電動工具を使わざるをえないらしいが。






手工製とは謳っていても、大きい工場になると、分業制だし、電動サンダー、ベルトサンダー、電動バフなど電動工具や近代的な工具をかなり使っているギター工房もあるようですね。ということは。。。手工製というよりは半手工製という手工製ギター工房がかなり多いのでは。量産工場なみに、手工製ギターを生産している個人のルシアー名の工房もありますよね。





一人のギター職人が、純粋手工製で作っている伝統的製法の手工製のギターを所有してみたいというのはありますね。














































  1. 2013/09/14(土) 22:18:05|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラリーカールトン
























東京ジャズフェスティバルで来日しているラリーカールトンが3本の本人のギブソン335のシグニチャーモデルを弾いてチャリティーオークションをするという企画のようです。カールトンのファンなら是非欲しいという感じでしょうね。




http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c396570882?u=%3btokyojazz_charity
Gibson ES-335 Larry Carlton





























  1. 2013/09/13(金) 10:41:24|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネタ切れ










さて、ウクレレもクラシックギタ-も目ぼしい物が全くでないお休み期間に入ったのでしょうか?ネタ切れでございます。





クラシックギターですが、まだ買ってません。クラシックギターは難しい。ウクレレみたいに簡単に買えるものではないですね。予算的に世の中に良く出回っているSギターが無難なのかなと思っているのですが、やたらと本数が出回っていますね。ルシアー物というよりは量産品という感じが難点ですね。個人名が付いているが、メーカーと変わらないというクラシックギターがいかに多いかということでしょうか。





さて、クラシックギターと言えば、一般の人からすると、禁じられた遊びとかアルハンブラの思い出でしょうか。私もその程度の知識です。その2曲が弾ければ十分という感じですが、クラシックギターを習いに行くとどんな曲を練習しているのでしょうか?ちょっと調べてみました。





カルカッシ25の練習曲

セゴビア選ソルの20の練習曲

カルリ45のエチュード

コスト25のエチュード





カルカッシやソルが結構使われているようですが、全部やると45曲。1月に1曲としても4年はかかるという感じでしょうか。1冊2年という感じですね。根気のいるものですね。































  1. 2013/09/12(木) 17:36:28|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お問い合わせ連敗中











ただ今クラシックギターを探している所ですが、1本目、Sギター、2本目、Sギター、3本目、Aギターと問い合わせたのですが、状態が今一つだったので、3連敗中です。2点問い合わせしたので追加です。





4本目、Nギターです。某Lギターショップで73.5で出ていたものが、処分されてKギターショップに出ていましたが、ここでも価格は73.5でした。60万円台で出ないかなと思ったのですが、甘いですね。突然出て、即買うという価格ではありませんでした。その日の内にソルドアウト。




5本目、Kギターの最上機種です。今持ってるギターを下取りに出して買おうかなと思ったのですが、問い合わせで回答をもらう前にソルドアウト。縁がなかったという感じですね。





ということで5連敗。ウクレレだったら5回問い合わせたら3本は買っているところかもしれないですが、クラシックギターは難しいですね。




ということで今年買ったヤイリのエレガットで6曲夜練習して、今日の練習おしまい。











































  1. 2013/09/09(月) 22:10:08|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バンブー












バンブーギターです。ボディーとネックが竹、指板とブリッジはエボニーでしょうか。珍しいですね。竹の杢目も出ていていい感じです。竹はクラシックギターとしては珍しい素材ですね。




http://www.digimart.net/cat09/shop4860/DS02125778/
中山修バンブーギター












































  1. 2013/09/09(月) 08:00:17|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クールダウン












さて、クラシックギターが欲しいと探していたのですがだいぶ冷静になってきました。





条件としては、中古・上級機種・美品・状態良し、音良し、予算40万円の手工製クラシックギター





そして今までで調べてみて、有名、評判が良い、技術があるなどで挙げてみると、




河野賢
桜井正毅
アルベルトネジメオーノ
中野潤
今井勇一





問題点はというと


河野以外試奏したことがない

なかなか出物がない

出物があっても70万程と高い。(これは狙っていないと買える価格帯ではないですよね。たとえば今井勇一のリミテッドの中古が出て、状態が良ければ買おうと決めてないと買えないですよね)

出物があってもすぐに売れてしまう

サイドバックがハカランダだとやたらと高い





今井、中野、ネジメの上位機種は40万円ではなかなか買えないだろうというのも段々わかってきたし、じっくり選んでいることもできないとなると、クラシックギター選びは難しいというのだけがわかってしまいましたね。ということで、今の所出物がないのでよって買えないということですね。予算を替えるか、掘り出し物がでるのを待つか。










































  1. 2013/09/07(土) 00:12:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エンプロイー










マーチンのエンプロイーモデルです。1920年頃製のようです。ヘッドに菱形のインレイ、センターストライプ、蝶ネクタイのポジションマークなど珍しい物ですね。30弱から開始です。




http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k169197283
Martin 3M Employee










ビンテージの音を是非味わいたいという人にはおすすめでしょうね。
























































  1. 2013/09/06(金) 19:16:14|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨコヤマ












ヨコヤマのスプルース・メイプルソプラノロングネックです。トップホワイトスプルース、サイドバックがカーリーメイプル、ネックホンジュラスマホガニー、指板カーリーコア、ブリッジローズウッドですね。ルシアー物だけあって凝ったスペックですね。定価126000円ですね。





http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k163735928
Yokoyama Spruce Maple











ルシアー物で丁寧な作りのようなので一度弾いてみたいなと思いましたが、もうあのメーカーのウクレレを弾いてみたいとか、あの材のウクレレを弾いてみたいという感じでもないですので弾く機会はないかな。





























  1. 2013/09/05(木) 18:15:40|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パイナップルスペシャルデラックス










カマカのパイナップルスペシャルデラックスです。トップスプルース、サイドバックがコアです。新品販売価格が198000円ですね。こちら販売価格の78%の15.54です。日本限定10本ということで発売したこの機種ですが、初回は2012年の5月に販売し始めてから1ヶ月ほどで完売で、あまりの人気で増産で秋に2回目の販売があった機種ですね。結局何本販売されたのでしょうか?20本以上でしょうか。その後も少量ずつ生産しているという話ですよね。この機種の販売が現在のデラックスモデルの高騰につながっていると言っても過言ではないですね。20~24万するウクレレが飛ぶように売れたわけですから、需要と供給の問題でこれは価格が安すぎたということになるでしょうね。





http://www.j-guitar.com/product_id316140.html
Kamaka HP-1DS 2012











人間の所有欲というのは強い物で私も2012年ぐらいまではデラックスモデル欲しいと思っていたのですが、手の不調でウクレレを弾くことが合わなくなってからはかなり所有欲も減退しました。今ではもうウクレレは買わないのではないかという感じです。デラックスモデルが欲しい方にとっては厳しい価格になりましたね。

































  1. 2013/09/03(火) 23:45:50|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のスポーツ












本田選手のACミラン移籍の話は消滅したようですね。ずっと噂ばかりでて、なかなか移籍話が決まらなかったですが、今回は当分移籍しないのは決まったようですね。来年の1月という話も出てますが噂なのか?




もっと問題なのはマンUの香川選手ですね。開幕して3試合、最初の2試合がベンチ、3試合目のリバプール戦はベンチ外で、3試合出場なしです。前監督のファーガソン監督は重鎮でしたから、いろいろなことを自由に試すことができたはず。アジアの若い選手を起用するというのも力があったのでできたはずです。しかし、モイーズ監督は名門チーム1年目、すぐ結果を出したいはずです。激しいあたりにも強い選手を使いたいというのが念頭にあるのではないかと思います。香川が力を発揮するのをじっくり待つ余裕などないと思います。そうすると問題なのはワールドカップですね。普段試合に出てない選手がワールドカップで活躍するというのは難しいかもしれません。





最近のイチロー選手ですが代打起用が多くなってきましたね。チームの勝利に貢献できなければ出場できないというのはしょうがないですが、このペースで行くとメジャー3000本はかなり厳しくなるかも。いまヤンキースもそれほど勝ってないですから余裕でイチローを起用するわけにもいかないのか?






田中将大選手はすごいですね。開幕19連勝、通算23連勝を記録しましたね。開幕19連勝は世界記録に並んだそうです。通算連勝世界記録は24勝ということなので次勝つと世界記録にならぶわけですね。同一シーズン内の連勝は稲尾さんの20連勝ですから次勝つと並ぶわけですね。稲尾さん42勝が最多勝利ですから、現在のシステムでは達成できない当時の記録って感じですね。しかし、楽天はすごい。1対1の同点で投手に勝ちが付かないとか、0対1で敗戦投手になるとか結構あると思いますが、田中投手連勝しているわけですから、チームメートの力というのも大きいですね。





































  1. 2013/09/03(火) 22:46:28|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソプラノデラックス











カマカのソプラノデラックスです。トラ目というよりはメラメラという感じの杢目の入ったコアですね。アメリカでは1699ドルです。日本では定価が294000円、販売価格は定価の90%の26.46ですね。円安ドル高でソプラノウクレレとしてはかなり高価な20万円台後半ですね。アメリカだと1ドル100円だとすると17万ぐらいの楽器ということでしょうか。ウクレレも大変高価な楽器になりましたね。




http://www.digimart.net/cat04/shop176/DS02119348/
Kamaka HF-1D






















  1. 2013/09/01(日) 18:17:09|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マンゴー










山崎ギター工房のソプラノマンゴーパイナップルウクレレです。ボディーはカーリーの入ったマンゴーですね。山崎というと個性的なデザインで、木目に味わいがあって、音が良いという評判です。シンプルでルシアー物ではお手頃な価格ですね。自分がウクレレ期だったら買っていたかもしれません。





http://www.j-guitar.com/product_id309792.html
Sofla Soprano Mango Pineapple
































  1. 2013/09/01(日) 12:24:38|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハカランダ











桜井のパリコン2003年製です。当時はサイドバックがハカランダでできていたということです。現行物では中南米ローズウッドが標準です。ということで中古にも関わらず現行の新品よりはるかに高い110ということです。なるほど。





http://www.j-guitar.com/product_id313165.html
桜井正毅PC 2003









































  1. 2013/09/01(日) 02:59:23|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さて、夏の反省会











さて、クラシックギターを買うという話ですが、まだ買ってません。まあ、衝動買いをしないという点ではいいでしょうね。2008年からのウクレレ期では26本買ったわけですから、大人気ないという感じでしょうか?まあ、現行物か近年物のカマカやマーチン、それからT'sのソプラノのウクレレが自分には良いというのはわかりました。その勢いでクラシックギター買ってると浪費しそうですから、押さえて行きましょう。





しかし、クラシックは難しい。まず、自分はクラシックを聴き込んでないので、理想の音というのがわかってない。このギタリストと同じ音を出したいということで、好きなギタリストと同じギターを買うのが一番簡単ですが、200~400万は予算として出ない。~モデルと言って手が届く範囲のコピーモデルを何本も買うんだったら、本物を買うのが一番良いというのもわかるのですが、完全に予算オーバーの世界ですね。





さて、ではどうするか?とりあえず茶位と河野があるのですが、最上位機種もしくは2番目の機種が欲しい。予算は40万ほどか?これが難しい。最上位機種は100万ほどすることが多く、中古でも60万。ということで最上位機種は難しい。最上位機種を買うためにお金を貯めればいいという話もあるが。





出物がないという難点もありますね。この機種が欲しいと思ってもどのショップにも在庫がないということが多いですね。有名工房に新品を直接注文するという手もありますが、新品定価で注文して、2年後に出来上がってもね。クラシックギター期が終了している可能性もありますね。これは待ちきれません。





お金に糸目をつけないから、最高の音の最高のギターが欲しいなんて行かないのが世の中ですね。







そして、もう一つ難題が状態ですね。中古の古い物は状態を見極めるのが難しい。ギターショップまで行って試奏したとしても、傷の見落としがあったりしますね。ネックの反りやトップの膨らみなんて目視じゃわからないですね。まあ、弦高に気を付けて弾き易いか確かめる程度でしょう。素人は見落としってかなりありますから、冷静になって家でじっくりチェックってことでもしないと厳しいですね。また前オーナーの取り扱い方や弾き方でも中古の状態は違ってきますから、人任せということですよね。最終的に売却するなら、自分勝手に改造しつくしたり、めちゃくちゃな弾き方はしないでほしいですよね。






ということでまとめると中古・上級機種・美品・状態良し、音良し、予算40万円の手工製クラシックギターってないでしょうかね?ないでしょうね。まあ知識のある人だったら、それだったら100万は出してもらわないとと言うところでしょうね。






結局出物がなく、河野のペグをゴトーの良いペグに交換しておしまいという可能性もあるかもしれないですね。どうも河野のペグがきしむので替え時なんでしょう。





























  1. 2013/09/01(日) 02:33:24|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジン

08 | 2013/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search