ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

おいしそう












茶位コンサートメイプルグリーンです。ボディーメイプル、ネックはマホガニーでしょうか?指板とブリッジがローズウッド、バインディングもローズウッドですかね。色がグリーンで、メロンというかおいしそうな色してます。





http://www.j-guitar.com/product_id349463.html




































スポンサーサイト
  1. 2013/10/31(木) 23:09:19|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジェイク












11月9日に開催される大阪サウンドメッセでなりきりジェイクシマブクロという企画があるようですね。先着順で締切が11月5日までなのでまだ出場わくがあるかもしれませんね。ジェントリーウィープスが動画サイトにアップされたのが2006年で世界的に注目を浴びたのではないかと思います。日本でもこの曲をコピーした人がたくさんいるのではないかと思います。100本限定5500ドルのジェイクのシグニチャーモデルが出たり、コピーモデルがいろいろなウクレレ工房から出たりとかなり評判になりましたね。現在はどうなのでしょうか?あまりジェイクのコピーモデルも見なくなりましたね。関西方面のジェイクファンが大勢出場する感じなのでしょうか?動画サイトを見るとかなり上手な人もたくさんいるので自信のある人はたくさんいるかもしれないですね。





ちなみに私はジェイクの曲は難しすぎて、挑戦すらしてないですね。






















  1. 2013/10/29(火) 00:53:05|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コアネック










カマカのソプラノホワイトラベル2000年製です。ボディーとネックがコア、指板とブリッジがローズウッドです。サドルとナットが牛骨、12フレットまでです。ヘッドにはKKのデカールです。ちょうど2000年前後というのはかなりの過渡期のウクレレでこの後現行ラベルになったのではないかと思います。この2年ぐらい前は黒いカーボンのサドルとナットでしたが、牛骨に変わってますね。今では珍しいコアネックです。マホガニーのネックと比べても音が違いますね。全体的に甲高い音になります。12フレットまででコアネックということで素朴な音が好きという人向けですね。ただ今デジマートはセールをやっているようで5.5万ですね。





http://www.digimart.net/cat04/shop2740/DS02168194/






















  1. 2013/10/27(日) 14:26:31|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マエストロ
















http://youtu.be/w0TTNQVNsHM







桜井河野マエストロの特別モデルのようです。河野モデルにも関わらず、ヘッドの先に穴の開いているような装飾もなく、ヘッドに桜井の上位機種に入っている銀の星のようなロゴが入っていますね。レイズドフィンガーボードのような感じもしますが。音的にはすごく好みなのですが、生音なのか?エフェクターがちょっとかかっているのか、わからないですね。





河野の50周年モデルに近い感じもしますね。ちなみにこの前出た50周年モデルですが、新品定価が189万円で、中古販売価格が157.5万ですね。この価格帯だとラミレスのC650やハウザーの中古が買えそうな感じですが。それなりのギターが買える価格ですね。














































  1. 2013/10/26(土) 06:32:19|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

gc























ヤマハのクラシックギターグランドコンサートシリーズのカスタムショップの映像です。ギターを作る工程を3分間で映像にしてあります。カスタムショップが手工製で作るのはどの機種でしょうか?わかりませんが、セラックス塗装をしているところを見ると、もしかしたら上級機種だけかもしれないですね。





































  1. 2013/10/25(金) 20:59:02|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう買いません












さて、カマカのデラックスモデルですがだいぶ在庫が増えてきましたね。2012年はかなりのデラックスモデルがうれのではないですかね。5月にデラックススペシャル各機種10本の40本、7月末にデラックスモデル再発売、10月にデラックススペシャルモデル再販売とたぶん、20~24万円するウクレレが100本以上は売れたのではないかと思います。これだけ売れれば値上げもしますよね。2013年になってほとんどネット上に在庫がない感じでしたね。7月にソプラノデラックスが294000円、コンサートデラックスが346500円に脅威の値上がりをしてから、徐々に在庫が増えてきましたね。ソプラノデラックスが8本、コンサートデラックスが10本ありますね。







http://www.digimart.net/search?dispMode=ALL&shopNo=&keywordOr=&keywordPhrase=&category12Id=401&category3Id=&brandnames=&brandnames=&brandnames=&keywordAnd=hf-1d&areaId=&priceFrom=&priceTo=&manufactureYearFrom=&manufactureYearTo=&weightOptionFrom=&weightOptionTo=&term=&stringsoption=&pickupOption=&pickupComponentOption=&otherOption=&fretOption=&neckScaleOption=&bodyOption=&tremolantOption=&fingerboardOption=&neckjointOption=&neckOption=&topMaterialOption=&sideMaterialOption=&backMaterialOption=&bodysizeOption=&bodyShapeOption=&materialOption=&specOption=&keywordNot=&x=0&y=0








http://www.digimart.net/search?dispMode=ALL&shopNo=&keywordOr=&keywordPhrase=&category12Id=401&category3Id=&brandnames=&brandnames=&brandnames=&keywordAnd=hb-2d&areaId=&priceFrom=&priceTo=&manufactureYearFrom=&manufactureYearTo=&weightOptionFrom=&weightOptionTo=&term=&stringsoption=&pickupOption=&pickupComponentOption=&otherOption=&fretOption=&neckScaleOption=&bodyOption=&tremolantOption=&fingerboardOption=&neckjointOption=&neckOption=&topMaterialOption=&sideMaterialOption=&backMaterialOption=&bodysizeOption=&bodyShapeOption=&materialOption=&specOption=&keywordNot=&x=0&y=0


















まあ、これも需要と供給のバランスですからしょうがないですね。20~24万円もするものが飛ぶように売れるわけですから、品薄になって値上げするのもあたり前ですね。まあウクレレファンが引き起こした現象ですから、ウクレレファンがその代償を払うということになりますね。ただ、疑問なのは、ソプラノウクレレへ26万円以上、コンサートウクレレへ31万円以上支払っても欲しいと思う人がどのぐらいいるかですね。買う人は相当のウクレレバカかもしれませんね。






私はというと、ウクレレを弾くと指の調子が悪くなるのでもうウクレレは買うことはないでしょうね。ウクレレを10分か20分ぐらい弾くだけで指に違和感が出てしまいます。ウクレレを10本整理してかなりすっきりしたので、細々とちょっとずつ弾いて行きたいと思います。

































































  1. 2013/10/25(金) 03:14:59|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

50周年記念モデル











河野賢50周年記念モデルです。1999年製で8本限定だそうです。製作途中で亡くなられたため、後を継いだ桜井市が塗装と仕上げをしたそうです。中古で160万円近くですか。まあちゃんと管理のできるコレクターか演奏家向けでしょうね。





http://www.j-guitar.com/product_id345403.html





























とても良いハカランダを使っているようなので、欲しいという感じもしますが、まあ、価格的に無理ですね。趣味に一気に大金を使うのはあまり良いことではないですね。まあ、演奏技術的にも分不相応ですか。




































  1. 2013/10/22(火) 17:43:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電化製品の粗大ごみ困りますよね












何年前でしょうか、まだカセットテープなるものを使っていたころ。と言っても、他の人にとっては、カセットテープって何それ?録音するって、カセットプレーヤーがいるんじゃないの?そんなの持ってないし、とカセットテープが完全に世の中から消えようとしている頃でした。カセットをダビングできるように、ケンウッドのダブルカセットのCDラジカセを買ったのですが、初期不良で、すぐに修理、完全に外れの電化製品でした。それがとうとうCDのトレーが出るには出るが、入らなくなり、CDでさえ再生できなくなり粗大ごみになりました。今見たら2002年製でした。今ではCDも時代遅れ?なのではないでしょうか。まあCDが再生できないとかなり困るので、コンパクトでCDが再生できて音が出ればいい。余分な機能はいらないということで買ったのがこれ。ソニーのCDラジオ。ラジオは。。。とりあえず使う予定はありません。





横浜は粗大ごみは予約を入れて、料金を支払って、取りに来てもらわないといけないのですが、これっていくらかかるのでしょう?






http://www.sony.jp/radio/products/ZS-E20CP/
















  1. 2013/10/18(金) 22:58:50|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

木の音













動画サイトでいろいろな方のアルハンブラの思い出を聞いていますが、この方の使用ギターたぶん今井勇一リミテッドだと思われます。自分の感覚ですが、木の音がするギターですね。演奏活動されているギタリストのようで上手ですね。






http://www.youtube.com/watch?v=SE8S96HMPMA

































  1. 2013/10/17(木) 22:47:13|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テナー












カマカのテナー2009年製です。8.6とお手頃な価格でしょうか?ボディーコア、ネックマホガニー、指板とブリッジローズウッド、ギアペグです。





http://www.digimart.net/cat04/shop63/DS02164278/











ジェイクシマブクロの影響でしょうか?カマカのテナーが欲しいという人は多いのではないでしょうか?以前なら即日ソルドアウトという感じですが、まだ売れてませんね。もうウクレレファンならカマカのテナーはすでに購入済みかもしれませんね。ジェイクのファンならジャカジャカ弾いている可能性もありますから弾き傷のチェックはしたほうが良いのかもしれませんね。





私がカマカを探していた時はネット上に1本もなかったのですが、ただ今16本ありますね。中古で10万円台だと試奏に行くのに十分な期間在庫として残っているので今は木目や音など十分選ぶことができますね。





























  1. 2013/10/15(火) 23:33:51|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

機材整理品











コアのトラ目の杢目を売り物に、ジェイクモデルを作ったりして、一部のウクレレファンに人気の北海道の工房。音は良かったので、惜しいとは思ったのですが、カマカ、マーチン、ティーズのみを残して売却。オリジナルのフロロカーボン弦装着でクリアな音でした。購入価格は9万だったっけな?まあオークションで売却しても6割の5.4万が良い所でしょうか?





当時はちゃんと試奏に行って、カマカのソプラノと比較したうえで買ったのですが、カマカやマーチンへのこだわりから、まあ手放してもいいかという感じです。まあ、購入してくれた人が大切に弾いてくれればと思います。大手の楽器店が名前を出さずにオークションで売っているようですが、設定価格が高すぎるのかまだ売れてませんね。






























  1. 2013/10/14(月) 00:49:27|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピンク










茶位コンサートメイプルピンクです。ボディーと指板とヘッドプレートがメイプル、ネックマホガニー、ブリッジがローズウッドです。ウッドバインディングはローズウッドでしょう。ピンク色のボディーです。やはり、ウクレレは女性人口が多いのかピンクを好む人もいるのではないかと思います。




http://www.j-guitar.com/product_id338543.html
Chai Concert Maple Pink





































  1. 2013/10/13(日) 23:19:07|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブリッジ













ヤマハのクラシックギターのグランドコンサートって良く聞きますよね。特に35本限定で発売された35周年モデルは興味があるのですが、有名は江崎さん監修ということは江崎さん自身は作ってはいないのかな。どんな音か試してみたいですが、安易に買ってはいけませんね。せめて試奏してみたいものです。



さて、日本のクラシックギターでオール単板となると最低でも20万円ぐらいするのですが、ヤマハのグランドコンサートの新しいシリーズ32が定価21万円するモデルですね。価格からすると量産品でしょうか?車でいうリコールが出ていたようですね。期間によってブリッジが飛びやすい個体があるようです。このモデルを在庫で抱えてるショップは厳しいですね。ラベルにサインしている人もちょっと恥ずかしいですね。





http://www.yamaha.co.jp/service/2013/13082801.html





















まあ、ウクレレはブリッジの接着面積が小さいのでブリッジが飛ぶことは良くあるようですね。ある日ケースのふたを開けたらブリッジが飛んでいたという話は聞いたことがあります。きれいに飛べば、問題は小さいようで付着した接着剤をきれいに取り除いて、再接着すれば良いようですね。最近はM社のようにブリッジをしっかり接着しているメーカーは伸びないフロロカーボン弦で引っ張られてトップが膨らんだり、トップ板をはぎ取るようにしてブリッジが剥がれ始めるので修理が難しい例も出ているようですね。





さて、クラシックギターの場合ブリッジが大きいため接着面は広いので簡単にブリッジが飛ぶなんて考えにくいですが、突然飛んでけがをすることが考えられるため重要なお知らせが出たのではないかと思われます。これだけ大きなブリッジが飛ぶって珍しい気もしますが。接着方法が悪かったのか?接着剤が悪かったのか?理由は書かれてないですね。クラシックギター弦のテンションもそれほど高くないので、普通にギター職人が適切に接着すれば飛ぶような箇所でもないと思いますが。前機種の31はすでに生産終了してしまってますね。32は今あまり市場に出回ってないようですね。




































  1. 2013/10/13(日) 04:33:25|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セミハードケース










ステンターのクラシックギター用セミハードケース、これ良さそうですね。ただ今買おうかどうか迷ってます。6000円ぐらいなのでお手頃な価格も魅力的ですね。




http://store.shopping.yahoo.co.jp/murauchi/4515515793911.html



















さて、物を買う時は分析も大切です。安易に楽器を買ってはいけないを座右の銘にしようかと思ってます。ケースは楽器と同じスペースを取ります。発砲スチロールのセミハードケースは厚みと大きさで普通のケースよりも一回り大きくなります。軽くていいのですが、普通のハードケースより場所を取ります。前回の楽器整理の際には、4つあったウクレレ用のセミハードケースは全て整理しました。元からそれに入っていたというのもありますが。






良いギターなら場所をとってもしょうがないですが、安いギターを入れる予定なので、ちょっと考えてしまいますね。普通のアコギが入っている大型ハードケース並みに場所を取るかもしれないですね。






































  1. 2013/10/11(金) 23:25:17|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハカランダ












昔のギターの教則本にギターのバックの杢目は正目で木目の間隔が均等で節のない物が良いと書いてあったと以前に書きました。ローズウッドならそのような杢目のきれいなものは結構ありますね。そのためローズウッドを使うギター製作家もいるということです。





現在ハカランダとなると、正目なのかもわからない杢目、正目であっても均等な杢目のものはほとんどなく、節ばかりということが多いと思います。ハカランダで木目のきれいなものは存在するのか?アコースティックギターですが、これは結構きれいな杢目ではないでしょうか?68年製ですか。やはりこの頃はまだきれいな杢目のハカランダもあったのでしょうね。しかし、ワシントン条約の影響もあってよい木目のハカランダはもうほとんどなくなっているのでしょうね。






http://www.j-guitar.com/product_id128086.html






















  1. 2013/10/10(木) 23:23:14|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

欲しい物がないのか?












一連のクラシックギター探しの旅ですが、欲しい物がないのではないか?とも思えてきました。普通30~40万円出すとギターでも、ウクレレでも、電化製品でも、ピカピカの良い物が買えそうな気がするのですが。。。クラシックギターとなるとそうでもない。





世界の名器と言われる海外のクラシックギターは高価すぎて対象外です。となると日本のクラシックギターとなるわけですが、たくさん弾いたこともないのでどの工房が良いのかわからない。





工房主が一人で作っていると出物がそう多くあるわけでもなく、工房にたくさん職人がいれば量産のメーカー品という感じが出てきますし。




結局試奏してないので余計わからなくなるということですかね。まだまだ修行が足りないということですな。





今回楽器整理をして、これだけ楽器というのは安く下取りされるということを考えると、本当に安易に楽器を買ってはいけませんね。




伝統的な手法で作られて、音が良くて、美品ってないですかね?ということで選ぶのが難しくなんか1本という雰囲気でもなくなってきました。






































  1. 2013/10/10(木) 03:34:10|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お買い得?













お茶の水大楽器祭というのが週末あるようです。マーチンのビンテージとかあるみたいだけどそれなりの価格。ちょっと購買欲をそそりますね。





http://www.digimart.net/search?category12Id=4&keywordAnd=%E3%81%8A%E8%8C%B6%E3%81%AE%E6%B0%B4%E5%A4%A7%E6%A5%BD%E5%99%A8%E7%A5%AD&x=0&y=0


























  1. 2013/10/09(水) 01:55:52|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コウノ











河野賢No.30の1980年製ですね。ヘッドの形状から上級機種の形状ですね。スペシャルでしょうか。トップスプルース、サイドバックハカランダです。河野ギターも最近はハカランダを使うと特別仕様で数十万価格があがりますね。




http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v323013807



















年配の人にとっては河野は名器という憧れがあって、若いころの憧れで、年配になってから購入する人が多いという話を聞きましたが、いつかはマーチンと同じような感覚でしょうか?氏がなくなってから15年経つので若い人は知らない人もいるのでは?私は河野という名前は最近まで全く知らなかったです。トップにひき傷がかなりありますが、かなり人気があって結構な価格まで行きますね。

































  1. 2013/10/07(月) 22:13:32|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残念











さて、糸を巻くとちょっときしむ河野の糸巻ですが、ゴトーの良い糸巻に変えようと思ったのですが、ポスト間の間が39とか40ミリのようです。現在は35ミリが標準のようで、珍しいタイプです。あることはあるのですが、39ミリというのは良い機種だとネジ穴の位置が違う。これはどういうことかというと、ネジ穴を一度埋めてから、糸巻を取り付けるという修理に出さないといけないということです。これは手間がかかる。ということで多少のきしみは我慢しましょう。























  1. 2013/10/06(日) 22:37:58|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラ目









カマカのソプラノデラックスです。ボディーコア、ネックマホガニー、指板とブリッジがエボニー、ローズウッドとロープのバインディングとロープのロゼッタです。いや~すごいトラ目ですね。




http://www.digimart.net/cat04/shop26/DS02154602/
Kamaka HF-1D


















トラ目に、白い部分サップが入って良い木目の感じが出ていますね。長年愛用するのに値する外観ですね。ただ楽器は安易に買ってはいけませんね。安易に高価なウクレレを買うと、需要と供給のバランスが崩れてウクレレが高騰します。カマカのデラックスモデルは良い例ですよね。すぐに楽器を手放す習慣のある人は購入されない方が良いかもしれないですね。さらにウクレレが高騰します。







































  1. 2013/10/06(日) 13:39:35|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アール












某クラシックギターですが、指板にアールが付いているそうです。クラシックギターではほとんどが指板が平らで、アールが付いていることはないようです。ということは。。。サドルやナットなどもアールに合わせて加工してあるのですかね。某番組では魔法みたいに言っていますが、ギターで指板にアールが付いているのは普通のこと。エレキギターやアコースティックギターでは指板のアールは標準装備ではないでしょうか。





伝統的工法なのか?それとも革新なのか?伝統的な力木の配置を替えたり、力木を減らしたり、薄くしたりして音の出方を工夫する。世界の名器のネックのネックの型を取って弾き易いネックの形を探す、指板にアールを付けて弾き易くする。より良い製品を作り出す企業努力と言っていいでしょうね。このような工夫に感銘を受け商品を購入するという人も多いのではないかと思います。



































中古のクラシックギターのサイトの評価を見るとB+の通常使用問題なしとか年代からみて標準的状態とか当たり障りのない評価を付けている場合が多いですね。問い合わせてみると、ネックが少し反っているとか、ちょっとねじれているとか、トップがちょっと膨らんでいるとか、クラシックギターは2、3年で変化が生じてしまうものなんでしょうか?中には割れの修理がしてあるのに特記してない楽器店もありますね。





革新的に力木の配置など変えていくというのも耐久性の面で結果が出るのは10年、20年は見る必要がありますよね。メーカーによってはビンテージのギターが豊富に出るというのは長年の使用に耐える設計ができているという証拠ですね。趣味はある程度の期間続きますから、オーナーが生きている間は使える楽器である必要はありますね。オーナーの保管の仕方もありますし、材料が木でできていますから、限界はあるでしょうが、2、3年で狂いが出るのもどうかとは思います。ちょっとSギター以外を考えるのも良いかもしれません。





欲しいのは伝統的工法で丁寧に作ってあるギターです。音が良く、外観が良く、状態が良く、長年の使用に耐える丈夫さも必要です。まあ、そうなるとクラシックギターの場合100万は出さないとという話になりがちですが。





ハイ、ということで、この出物のなさ、もしかすると1本も買わずにクラシックギター期終了なんてこともあるかもしれません。


































  1. 2013/10/05(土) 12:49:38|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コアネック











カマカのホワイトラベルソプラノデラックス1999年製です。ボディーとネックがコア、指板とブリッジはローズウッドでしょうか。現行モデルと違って、ヘッドのロゴはシールのような感じのものですね。ボディーにはカーリーメイプルバインディングです。現行物と違ってネックがコアということで昔のウクレレの音がするのではないでしょうか?コアネックなので甲高い音になりますね。やっぱりちょっと高いですかね。





http://www.digimart.net/cat04/shop4905/DS02150470/
Kamaka HF-1D 1999


































  1. 2013/10/03(木) 22:49:13|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぺぐ












ゴトーのクラシックギター用ペグ35G510Pです。これは豪華です。クラスでいうと70とか80万クラスのギターににならないと付かないペグでしょうか。





http://www.pop-guitars.com/shop/index.php?main_page=product_info&cPath=1_48&products_id=1880










































  1. 2013/10/02(水) 23:38:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その他











さて、どうもギター本体は難航しそうな感じです。本体の方は時間がかかりそうなので、今あるものの充実を考えるか。クラシックギターとストラトのソフトケースのファスナーが壊れているので、ソフトケースのかさばらないのを買いましょうか。それと河野のペグがきしむのでペグの交換をしましょうかね。






























  1. 2013/10/01(火) 23:59:18|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジン

09 | 2013/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search