ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

反省会













martin style 0 1981 front







さて、今年の反省会です。1月にマーチンのウクレレスタイル0を買ったのがウクレレの1本目でした。どうもこれでウクレレは最後の1本になりそうです。
























yairi rce-f






そして5月に買ったのがヤイリのエレガットです。コンパクトで、エレキギターに近いネックの太さで使いではある感じですね。まあ練習用には良いのではないかと思います。














9月にウクレレ10本、ギター6本とベースを楽器整理をしたのですが、安易に楽器を買ってはいけませんね。ほんとに二束三文です。数万したギターやウクレレが下取り価格が1万円という感じです。本当に安易に楽器を買ってはいけないと痛感しました。ただ今クラシックギター期で1本欲しいと思っているのですが、どうもこれだというものがなくてもしかしたらもう買わないかもという感じです。良い出物があったらという感じでしょうか。しばらくお金を貯めて、貯まったら買いましょうかね。

































スポンサーサイト
  1. 2013/12/31(火) 21:57:32|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大瀧詠一さん





















年末30日大瀧詠一さんが解離性動脈瘤65歳で亡くなった。おしゃれな歌詞とメロディーで自分にはちょっとおしゃれすぎる感じもするが流行りましたね。良く聞いたものです。懐かしいな。ご冥福をお祈りします。





















  1. 2013/12/31(火) 21:32:06|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ディアンジェリコ








ディアンジェリコのアーチトップソプラノウクレレです。トップスプルース掘り出し、ネックサイドバックカーリーメイプルでバックは掘り出しです。ディアンジェリコのジャズギターを小さくしたという感じですね。価格も高価で40万円。10万円台の普及モデルも出ています。





http://www.digimart.net/cat04/shop68/DS02235680/
















このウクレレどの層を対象にしたウクレレなのでしょう?40万円のウクレレだとかなり本格的な作りですが、ジャズを本格的にやっている人はかなりな玄人が多いはず。ジャズギタリストでウクレレを教えている人もいますが、玄人がウクレレに手を出すのか?10万円台の普及モデルでもシャレで買うのには高いですよね。



















  1. 2013/12/28(土) 19:38:59|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チェックした?









































最近CMで聞く曲ですが、オリジナルラブのレゲーバージョンカバーかなと思ったのですが、大企業なのにチェックしなかったんでしょうか?































  1. 2013/12/25(水) 04:17:23|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コアトップ












カマカのコアトップコンサートデラックスです。ボディーカーリーコア、ネックマホガニー、指板エボニー、ロープのロゼッタとバインディング、ローズウッドのバインディングです。




http://www.j-guitar.com/product_id382351.html















こちらはカマカのコンサートデラックスのシダートップです。最近日本に入ってきた28本目ですね。





http://www.j-guitar.com/product_id381260.html



















現在の売れ行きを見ると、コアトップデラックスのコンサートかテナーでしょうか?たぶん受注生産ではないかと思います。ネット上に出て次の日には売れてしまうので、これからはコアトップのデラックスモデルが増えるかも。ただオンライン上に出たのが2、3本ですから、新し物好きの人がすぐに買ったのかもしれません。ただ104円とさらに円安に向かっていることと、消費財が8%に上がりますから、値上がりは必至でしょうね。ただ現時点でかなりなマニア向け価格となっているのでソルドアウトするまでどのぐらいかかるのか?カマカの売れ行きの動向を見るうえでも興味深いですね。
































  1. 2013/12/25(水) 03:33:37|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1ぽん???????










さて、カマカのデラックスシダートップの動向をチェックして1ヶ月以上経ちますが、なかなか横浜のセールでの最初の20本を削除しなかったのですが、やっと削除したようですね。しかし全部削除せず、コンサート、ベルシェープコンサート、テナーを1本ずつ残したままです。もしかすると横浜でも在庫として残していて、テナー1本しか売れていないのかもしれないですね。






ソプラノ 定価294,000円 販売価格264,600円
コンサート 定価325,500円 販売価格292,950円
ベルシェープコンサート 定価346,500円 販売価格311,850円
テナー 定価357,000円 販売価格321,300円





そこから動向を見てみると、ボーナス時期にも関わらず、売れるのに時間がかかるということはシダートップモデルというのはトレンドではないのかもしれませんね。逆に新しく出ていたコアトップのコンサートとテナーデラックスモデルはこの価格帯にも関わらずインタネット上に出ると次の日にはソルドアウトしてしまうので、コアトップのデラックスモデルの価格はさらに上がる可能性がありますね。




生産本数的に、価格的に見ても、一般的なウクレレユーザー向けではなく、クレイジーなウクレレマニア向けの商品と言っていいでしょうね。クラシックギターの検索をしていてわかりましたが、定価105万円のギターを新品で買って、ほとんど弾かずに、同じ月に売却するような人が何人もいるようなので、日本での楽器の商売と言うのは、高額楽器を買ってはほとんど弾かずにすぐに売却する、クレイジーなマニア向けの商品を取りそろえるというのが一つのパターンになっているということでしょうね。





ということで、現在のウクレレの動向としては、カマカのデラックスモデル、マーチンのビンテージ、マーチンの3Ukeシリーズというのはそのようなクレイジーなウクレレマニア向け商品と断言していいでしょうね。





まあ2012年のカマカのデラックスモデル、20~24万円するウクレレが飛ぶように売れて、短期間でソルドアウトという現象を見ても、このような傾向になったのは、ウクレレが欲しいという欲にかられたマニアの購買行動による結果と考えて良いでしょうね。




自分も随分ウクレレを買いましたが、大人気ない行動でした。今年楽器を下取りに出して気が付きましたが、安易に楽器を買ってはいけませんね。楽器によってはほとんど価値がないなんてこともあります。今日片づけをしていたら、楽器店の納品書が出てきたのですが、ある楽器は下取り価格が、購入価格の5パーセントでした。家に持っておいてもかさ張るだけで、ほとんど価値のない楽器もあるのですね。いい勉強になりました。楽器は安易に買ってはいけません。良く考えて、一生持っていても良いと思うものを買うべきですね。





幸いなことに、今クラシックギター期で、出物はない、高額すぎて簡単には買えないということで当分買えそうにもないですね。もしかしたらこのままクラシックギター期も終わってしまうかもしれません。





今のところ、手工製と謳いつつ個人名の作家の名前が付いているギターなのに、大きな工房で職人が何人もいて誰が作っているかわからない、効率化のために電動工具や工作機械を多数導入している、量産型半手工製ギターはあまり魅力がなく買う気があまりなくなってきているので、もしかしたら、もう買わないかもしれないですね。逆に玄人向けのセラック塗装のモデルになると素人には保管や取り扱いが難しくなってきますから難しいところです。





もしかしたら、フェンダーのストラトやギブソンの335などそこそこのモデルを買っておいたら、家で趣味で楽しむ程度ですが、それほど取扱いに気を使わずにそこそこ出して、演奏を楽しむ機会があるのかもしれないですね。
































  1. 2013/12/22(日) 04:52:50|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特注









カマカのソプラノ、コンサート、テナーの特注品です。カーリーコアにヘッドプレートと指板がエボニーです。欲しいですが、指板に名前が入っているので、同名の人には良いのではないでしょうか?2回出品取り消しをしたようですが、どうしたのでしょうか?どのぐらいで落札されるか興味深いですね。




あと、マーチンの3KUkeの特注品です。今月買ったけど使わないですぐ出品ってもったいないですね。









http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w93343661



http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d149715927




http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e145508545




http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/180129781
























  1. 2013/12/19(木) 23:47:58|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0









カマカのシダーのデラックスモデルが入ってから1ヶ月が経ちますが、他のショップにも入っているようですね。関西の某ショップにソプラノ、コンサート、ベルシェープコンサート、テナーの各1本ずつ入っているようです。





http://www.digimart.net/search?dispMode=ALL&shopNo=&keywordOr=&keywordPhrase=&category12Id=401&category3Id=&brandnames=&brandnames=&brandnames=&keywordAnd=kamaka+dc&areaId=&priceFrom=&priceTo=&manufactureYearFrom=&manufactureYearTo=&weightOptionFrom=&weightOptionTo=&term=&stringsoption=&pickupOption=&pickupComponentOption=&otherOption=&fretOption=&neckScaleOption=&bodyOption=&tremolantOption=&fingerboardOption=&neckjointOption=&neckOption=&topMaterialOption=&sideMaterialOption=&backMaterialOption=&bodysizeOption=&bodyShapeOption=&materialOption=&specOption=&keywordNot=&x=0&y=0











あとは九州の某ショップにソプラノ、コンサート、コンサートベルシェープの各1本ずつが入っているようです。





http://auctions.search.yahoo.co.jp/search?auccat=&p=kamaka+dc&tab_ex=commerce&ei=euc-jp


















最初の20本と7本で全部で今の所27本入ってきて、4本売れたという感じでしょうか。どのぐらいで完売するのか、ウクレレの売れ行きの動向を見るうえでも興味深いですね。





カマカのデラックスモデルは価格的に30万前後、入荷本数的に言って、一般的なウクレレ愛好家向けというよりは、カマカを高額でも買うという、クレイジーなマニア向けでしょうね。高額なトップコアのデラックスモデルが入ると次の日には売れてしまうのを見ても、マニアと向け言っていいでしょうね。













































  1. 2013/12/17(火) 22:26:22|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動向


























さて、カマカ動向です。2012年1月にNAMMショー発表されたシダートップデラックスモデルですが、日本でレギュラー化されて、一か月が経ちました。売れ行きはというと、ソプラノ0本、コンサート1本、ベルシェープコンサート1本、テナー2本と動きがありませんね。スプルーストップモデルが2012年の5月と10月に売り出されましたが、その時は価格が10万円近く安かったので売れ行きが良かったのですかね。まあ、もう日本限定10本とかはさすがにやらなくなりましたね。




ソプラノ294,000
コンサート325,500
ベルシェープコンサート346,500
テナー357,000





さて、コアトップのコンサートとテナーのデラックスモデルがまた2本出ましたが、そちらは次の日にはソルドアウトとなっていましたね。前の2本に続いてコアトップモデルはこの価格帯にして売れ行きが良いようですね。この価格帯を即決購入というのもウクレレ愛好家もクレイジーなマニアがいるものですね。どうもカマカのデラックスモデルというのは価格帯から言ってクレイジーなマニア向けの商品で、一般的な愛好家は手に入らない物になったようですね。




ウクレレというと最初は500円で買えるものかと思いましたが、それは大きな認識不足としても、10万円以下でも音が良く作りの良いウクレレはたくさんありますので、木目がどうのとか、ジェイクと同じウクレレが良いとか贅沢は言わずに、私的には、カマカとか、マーチンとか、ティーズとか10万円以下のモデルでウクレレは十分良い音がするという結論に至った次第です。まあ、コンサートとかテナーも探せば中古で10万円以下でありますからね。

























  1. 2013/12/15(日) 18:46:04|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハンドメイド



























ハンドメイドというと手作りという意味です。反対語はマシンメイドです。楽器の場合、手工製と言っても、手では作れないので道具を使うわけですが、ノミやカンナを使って作るのが手工製でしょうね。マシンメイドが対義語ですから、電動工具や機械を使うのは厳密にはハンドメイドとは言えないでしょうね。純手工製となるとギターの場合、糸巻以外は全部自分で作るということになるのでしょうね。






ギターでもウクレレでもハンドクラフトと書いてある物は多いですが、大きい工房の楽器だと誰が作っているのかもわからない、効率化を求めて電動工具や機械を多用して、手工製ではない量産ギターと変わらない物が多いですね。





ロマニリョスのギター製作過程ですが、機械を使っている感じでは無いですね。サイド板はスクレーパーとカンナで削って厚みを整えていますね。アイロンを使って微調整しながらサイド板を曲げてますね。量産工場だと機械のボタンを押すだけで機械が曲げますね。力木は小さなかんなとノミで形成してますね。ここは量産工場でも機械化できないところですね。板をオノで割ってますね。ロゼッタの溝はコンパスでしるしをつけて、ノミで溝を削るんですね。ボディーのバインディングの溝はノミで削って、専用の工具で仕上げているようですね。ネックはカンナとナイフで形成、





全行程が映ってないですし、工房全体が映ってないですから確実に機械を使ってないとはわからないですが、かなり手作り感はありますね。工房によってはカメラが入るとかなり機械を使っているとわかる工房もありますが。手工製の定義というのは難しい物ですね。





































  1. 2013/12/13(金) 04:06:36|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まいど












まいど、訪問コメントありがとうございます。15万です。前のカウンターが32万ぐらいまで行きましたから、50万行ったらいいギターでも買いましょうかね?

























  1. 2013/12/10(火) 07:31:14|
  2. ちょっと一言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さて~











さて、たまに出物はあるわけですが、どうも定番のようでそれなりに高額。簡単に買う気になれないという感じでしょうか?やはり、先に買ってそのあと節約して我慢するか、お金を貯めてから買うか、どちらかですが、まあ大人ですから、貯めてから買うのが常識的でしょうか。





ギターは30万からと言いますが、相当高いギターを1本買うなら、ギブソンの335とフェンダーのストラト買ったほうが結構楽しめるのではないかと思うこともあります。





こう考えている間にもしかしたらクラシックギター期も終わるのではないか?とも思っているので、まあ、続くようだったら買いましょう。















  1. 2013/12/08(日) 05:35:33|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メイプル













桜井マエストロレイズドフィンガーボードです。豪華なカーリーメイプルですね。トップスプルース、サイドバックメイプル、指板エボニーです。





http://www.digimart.net/cat09/shop4938/DS02215391/






















さて、福田さんがマエストロのメイプルを使って有名だそうですが、クラシックギター界ではどのような位置なのでしょうか?1900年前半あたりは結構使われていた材のようですが。現在はクラシックギターとなると、ローズウッドかハカランダが定番のようですが。これだけ高額となるとメイプルも試してみようかという感じで買える価格でもないと思いますが。そうなると保守的になりますよね。ウクレレは手ごろな価格なのであの材を試してみたいとかはありがちですが。今年初夏に1本売れて、夏ごろ中古で出たのがすぐに売れましたが、次に入った1本はまだ在庫である感じですね。































  1. 2013/12/08(日) 02:51:27|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特注











カマカのソプラノ特注モデルです。ボディーコア、ネックマホガニー、指板、ブリッジ、ヘッドプレートがエボニーですね。コアのグレードがアップして、ペグはゴトーのギアペグだそうです。





http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w93343661























ソプラノ、コンサート、テナーの特注モデル同時出品のようです。やはり楽器を注文するときは、注文前に、自分の経済状況とか、今までの楽器の処分習慣とか、末永く所有するのかとか、マイウクレレブームは長く続くのかとか考えた方が良いですね。私のウクレレ期は終わってしまった事を考えると、注文が届く前にウクレレ期が終わってるなんてこともあるかもしれませんね。楽器の処分を考えると、自分の名前を入れるのはやめた方がいいかもしれませんね。



































  1. 2013/12/06(金) 02:26:26|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソルドアウト











カマカの受注生産でしょうか、それとも新しいシリーズでしょうか?テナーとコンサートのコアトップデラックスモデルが4日に楽器掲載サイトに出てましたね。コンサートは即日、テナーは今日ソルドアウトしたようです。26~28万後半の販売価格ですが、熱烈なカマカファンがいるものですね。





















  1. 2013/12/06(金) 00:17:10|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すごかった











さて、ボーナス時期になると高額商品がショップでも、オークションでも出ますが。河野のマエストロ2013年製数回使用というのが出ていました。定価105万円、新品販売価格が84万円ほどです。オークションで3000円開始で即決価格が64.8万円でした。隙があったら入札しようかなと思ってましたが、すぐに20万円ぐらいまでいってしまい、最終日に20万円から30万、40万と徐々に上がっていき、最後10分で59万まで上がり、最後は即決価格で落札でした。全く入り込むすきもなかったです。(笑





これだけみなさん貪欲だとお得な価格で欲しい物を落札というのはまずないので、オークションはやめてプレミアム料金もう何年も払ってないです。





新品価格80万以上するギターをすぐに手放す人が多いようです。これは自分も買わない方が良いかな。






















  1. 2013/12/03(火) 23:35:04|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訂正












カマカのシダートップデラックスモデルですが、記事を書いた後うごきがあったようですね。楽器掲載サイトとオ
ンラインショップをチェックすると、




ソプラノ0
コンサート1
ベルシェープコンサート1
テナー2




が売却済みのようです。大きいサイズのウクレレが人気のようです。コンサートとテナーは普段売ってないモデルですね。しかし、32万円以上するテナーが2本売れているというのもすごいですね。どのぐらいの期間で完売するのか興味深いですね。







































  1. 2013/12/02(月) 21:29:48|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カマカ動向










さて、この間行われた横浜でのセールの動向ですが、26~32万するカマカのデラックスモデルシダートップがどのぐらい売れたかですが、サイトに通販できるように再掲載された数を見ると、ソプラノ1本、コンサート1本、コンサートベルシェープ1本、テナー2本の計5本が売れたようです。もしくは横浜店に何本か残してきている可能性もありますが、この価格帯で5本売れるというのは日本のカマカウクレレマニアですがかなりクレージーと言っていいでしょうね。





ソプラノ 定価294,000円 販売価格264,600円
コンサート 定価325,500円 販売価格292,950円
ベルシェープコンサート 定価346,500円 販売価格311,850円
テナー 定価357,000円 販売価格321,300円




















  1. 2013/12/01(日) 16:49:19|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽器を安易に買ってはいけない










さて、12月です。この時期になると、毎年一年間がんばった自分にと言って、ここ最近はウクレレを買っていたわけですが、ウクレレを買わないと決めてからもうだいぶ経ちますね。最後にウクレレを買ったのはマーチンのスタイル0で、今年の1月です。ヤイリのギターを買ったのが5月ですから、ここのところでは珍しく何か月も楽器を買っていないということですね。






と言うのも、今年、置く場所にも困って、安い楽器を処分したわけですが、普通に買った価格の2割とか、最悪の場合は10分の1以下なんてこともあるわけですね。本当に安易に楽器を買ってはいけませんね。





さて、クラシックギター期に入って随分長い間物色してますね。クラシックギター期と言っても、今日もウクレレとギターの練習はしましたが。なかなか掘り出し物がないので買えないという感じでしょうか。






本数が出ているKとSギターを検討しているのですが、Kギターですが、玄人の人に言わせると音の分離が悪いとか。Sギターはというと、問い合わせするとネックかトップに狂いがある個体が多いようですね。また、どうも素人の人が多いのか楽器の取り扱いもあまり良くないようですね。弦をちゃんと張れない人も結構いるようです。昔から名器と言われているようで、若いころ欲いと思っていた人が、年配になってから買うというパターンが多いそうです。工房の風景をビデオで見ましたが、機械をだいぶ導入しているのが気になりますね。純粋な手工製ではないようです。






ただ、手工製でセラック塗装だと、中古でも60~70万とちょっと手が出ない価格帯です。やはり良い物は高いということでしょうか。






安易に楽器を買わないという姿勢は大切ですね。ということで当分楽器は買わないということになりそうです。


























  1. 2013/12/01(日) 03:22:56|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

味わい












チハレのソプラノスプルースロングネックです。シンプルですが、なかなか味わいのあるウクレレですね。作りも丁寧そうできれいなウクレレですね。スプルーストップ、サイドバックがマホガニー、指板とブリッジがウエンジです。ヘリンボーンのバインディングとロゼッタです。ペグはペグヘッドのギアペグですね。ルシアー物としてはお手頃な価格ですね。






http://www.j-guitar.com/product_id368477.html







































  1. 2013/12/01(日) 02:49:30|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジン

11 | 2013/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search