ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

ビンテージ







自分でビンテージは作れるか?つまり、自分がファーストオーナーで、それを所有し続けて、それがビンテージになるということ。ただ、現在13~15歳の中学生が10万円の入門や普及ギターを買って、50年後63~65歳になって、そのギターが50年という年数が経ったからビンテージになって500万円の価値があるとはならないだろう。




ウクレレで言えば、1930年頃のマーチン5Kが170万円とかかなり高価ですね。マーチンの3Mのビンテージは30万前後ですが、これは飛び切り高いというわけではないですが、手の届くビンテージという感じでしょうか。ただ、1930年に10歳でマーチンの5Kを買ったとしたら、今95歳ということですから、不可能ではないですが、かなり無理はありますね。




フルアコだと、ダンジェリコ1960年エクセルが650、ギブソン63年S400が250、68年L5が138という感じ。ダンジェリコは別格ですね。




レスポールだと53年スタンダードが480万円、ストラトだと54年が594万円です。全て最高値ではないですが、価格がわかるものということです。




例えば、55年に20歳で、ストラトを買ったとすると、現在は、80歳、60年に20歳で買ったとすると、現在は75歳。ロック界では相当な大御所となる年齢でしょうか。クラプトンが70歳ですね。クラプトンは70年に楽器店で1本100ドルで、6本ストラトを購入して、3本をハリソン、タウンゼント、ウィンウッドに譲り、残りの3本(56~57年製)のパーツでブラッキーを組んだということです。ブラウニーは56年製で67年購入ということですから、どちらもファーストオーナーではないでしょう。購入したこの頃はビンテージではなく、製造されてから10~15年ぐらいの中古という感じでしょう。1970年の初任給は4万ほどで、100ドルというと3.6万程ですから、1本1ヶ月の給料ぐらいという感じでしょうか。2004年に959500ドル(1億5千万)でオークションで売却ということですからレジェンドと言われるギタリストが使えばビンテージも跳ね上がるということでしょうね。ところで当時ストラトは中古1本100ドルということでそれほど人気機種ということではないという説明もありますね。クラプトン、ベック、ジミヘン、ブラックモアがメインギターとして使うことで人気機種になったのですかね。



現在ビンテージシリーズで57の2カラーサンバーストが買取価格が4~8.3で年代、状態、シンラッカーかで1万円刻みぐらいで変わる感じですかね。62の3カラーサンバーストが4~9.4です。勿論シンラッカーのほうが高いわけです。カスタムショップでも買取価格上限は10万円前後、良くて18万というのが多いですね。ビンテージシリーズとほぼ同じ買取価格という機種もあります。それを2倍以上の価格で販売するという感じでしょうか。私の購入したアメリカンスタンダードやビンテージシリーズのストラトは何年経ってもこの価格帯かもしれないですね。




このぐらいの価格帯の普及機種は普及しすぎて、それほど高くならない、50年代、60年代のビンテージだけ希少価値が上がり、マニア向けに価格がかなり高いという感じでしょうか。




ということで自分でビンテージを作るのは可能でしょう。10代か20代前半でギターを購入して、70代前後まで保有し続けるということですね。ただ、普及機種を買ってもビンテージにはならないでしょう。ただ古いだけです。人気機種である程度高価なギターでないとビンテージになっても高値にはならないでしょう。あと状態もありますね。




現在の最上位機種を買って、例えば100万円とかするものですかね。それが数十年後ビンテージになり、状態も良いので価値が跳ね上がるというのがビンテージなのですかね。これが現実的な話ですかね。





ネット調べ
1959年レスポール・カスタム$395
スタンダード$265
スペシャル$195

1954年フェンダーストラトキャスター$245.5
1960年フェンダーストラトキャスター$289.5

1ドル360円で、初任給は2万円前後というから、それなりに高価な楽器ということになりますね。































スポンサーサイト
  1. 2015/06/28(日) 04:03:26|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツイード











これは凄い。フェンダーのツイードl好きにはたまらないですね。フェンダーの70ストラトの塗装をはがしてツイードのクロスを貼った一本です。これは凄い。出来ればケースもツイードにしたら統一感があってぴったりではないでしょうか。ストラトは曲面があるのでクロスの継ぎ目はどうなっているのでしょうか?気になります。





http://www.j-guitar.com/product_id656563.html





















シンラッカーのストラトが高値になる日本ですが、音的にはどうなんでしょうか。薄いラッカー塗装と変わるんですかね。弾いている人のコメントだと振動が伝わるとか言って薄いラッカーは凄いという人もいますが。クロスの厚みってそれなりにありますよね。































  1. 2015/06/26(金) 21:35:43|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

57 2本












フェンダーの57年ストラト2本です。どちらもピックアップをノイズレスピックアップに交換してあります。まあエリックジョンソンなどもピックアップを交換しているようなので、ピックアップ交換は良くあることのようです。彼のスタジオに修理ブースみたいなものがあって、自分でギターやアンプをいじっているようです。ノイズレスピックアップに交換するのが流行ったのでしょうか?どちらも同じ価格でこのシリーズにしてはお手頃な価格なので、それなりの価格ということでしょうか。





http://www.digimart.net/cat01/shop61/DS02883694/

http://www.digimart.net/cat01/shop70/DS02883796/
























ところで話しは変わって半だですが、テレビを見ていたら、半だ付けするときは富士山のように山形に半だの形をするのがいいらしいです。丸く玉状になったりすると取れやすく良くないということ。改造する人ってDIY好きで自分でやる人も多いので状態も重要ですね。以前問い合わせした個体で、素人改造で改造が雑で、修理しないとならないので出品をやめますとショップから返事があったことがあるので、改造の上手、下手もチェックするのが重要なようです。

























  1. 2015/06/26(金) 01:34:18|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10年














さて、FC2が10周年とかちょっと前に出していましたが、このブログも10年です。10年前の今日に初めての記事を書いています。ということでこれはギターを買う口実が。まあ、実は昨年の12月に先取りでフェンダーのアメリカンスタンダードのスリーカラーサンバーストのメイプル指板を買ったのですが、この機会にもう一本ということで、フェンダーのアメリカンヴィンテージの62年スリーカラーサンバーストのローズウッド指板にしてみました。探しているうちに、アメリカンビンテージの57年のツートーンサンバーストのメイプル指板も欲しくなりましたが、1ヶ月にストラト2本買うというような大胆なことはせず、我慢しています。







fender usa american vintage 62 stratocaster case

ケースはブラウンなんですね。57年はツイードなので、やはり57年も欲しくなります。










fender usa american vintage 62 stratocaster front


トップの全体図です。やはりスリーサンバーストにローズウッド指板の色のバランスも良いですね。ツートーンサンバーストにメイプル指板も良いのでもう57年を買ってしまうのは時間の問題か?ただ、動画を見てみると62年と57年では音的には同じという感じがします。











fender usa american vintage 62 stratocaster back


後ろ全体図です。後ろから見るスリーカラーサンバーストとメイプルネックの色のバランス良いですね。










fender usa american vintage 62 stratocaster body front


使用感はありますが比較的美品でした。トップに打痕はなし、ピックガードに傷がちょっとあったぐらいです。











fender usa american vintage 62 stratocaster body back


ボディーバックです。一か所小さな打痕がありました。残念。小さなへこみなのでましですが、塗装が取れて木部がみえてしまうと、塗装の厚みがわかって残念すぎるので買わないですが、まあこれは小さなへこみ程度なのでできるだけ見ないようにしておきます。ちなみにシンラッカーではなく普通の塗装のようです。












fender usa american vintage 62 stratocaster fingerboard


フレットは21フレットと伝統的なものです。もう1音欲しい気もしますが、それを考えるとアメリカンスタンダードは22フレットまであって便利ですね。フレットの減りですが、10割の状態がわからないので、何とも言えませんが、それなりにすり減ってますかね?まああんまりチョーキングもしないのでフレットが減ることもないでしょうからいいでしょう。










fender usa american vintage 62 stratocaster neck


ネットの打痕・傷はありません。綺麗な状態です。指で直接触る部分ですから、気になるかもしれないですね。傷はない方が良いですね。










fender usa american vintage 62 stratocaster peg


ペグです。アメリカンスタンダードは現代的なペグですが、こちらはビンテージ風のものです。










fender usa american vintage 62 stratocaster headstock


ヘッドです。一度目撮影したらフェンダーのロゴが全部ボケてました。取り直したのでこれだけライトがちゃんと当たってます。検索していると意外とフェンダーのロゴが傷ついていて一部欠けていることがあるのでヘッドのロゴもチェックしたほうが良いですね。






楽器の打痕傷などの状態だけでなく、購入に際して、意外と改造が多くてネックのエンド、ネックポケット、ピックガードを外して中身までちゃんとチェックしているショップを選ぶのが良いかもしれませんね。トラスロッドの利き、重量も3.5キロぐらいが良いとか調べていると意外とチェックする部分が多くて中古購入は大変ですね。フレットもチョーキングやビブラートをかけてると意外と減りますから気になりますね。





結局検索しているともう一本欲しくなり57年かエリックジョンソンモデルを買ってしまいそうな感じです。さすがにカスタムショップものは買いませんが。せめて半年ぐらいは我慢してようかなと。人間の欲ってなくならないものですね。





























  1. 2015/06/19(金) 23:30:04|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

練習











kamakakun front






さて、そろそろ本格的な夏ですね。夏と言えばウクレレ。弾いておかないと、折角覚えた曲を忘れてしまうなんてありがちですね。と言っても何曲も弾けるわけではないですが。ということで、ウクレレを弾いてみました。緩めてあったカマカをチューニングして。長らくゆるめてあっても、こまめにチューニングすればそんなに狂うことはないですね。まあ、まあ覚えてました。忘れてしまうともったいないのでたまには弾かないといけませんね。指の違和感はほぼないのですが、指の調子が悪くなると困るのでほどほどにしておきたいと思います。










































  1. 2015/06/14(日) 21:34:00|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストラト

















さて、ギターと言えば、エレクトリックに、アコースティックに、クラシックと人それぞれ好みのタイプがあるとおもいます。エレクトリックなら、ストラト派かレスポール派か、まあ他にもあると思いますが。自分的には、やはりストラトが一番弾き易いかと。厚みもなく持ちやすいですし、なんといっても、アンプを通さなければ音もそんなに出ないですし、近所迷惑にもならない。何とも使いやすいギターです。





フェンダーのスペシャルシリーズでしょうか。工場で生産されるビデオです。やはり量産品は流れ作業でてきぱきと素早く作られていくという感じです。職人さんがコツコツと作っていく感じとは違っていますが。昨年アメリカンスタンダードを買いましたが、仕上がりはきれいだし、結構弾き易いので大したものです。これで長年狂わずに弾き易く使えると良いんですけどね。まだ買って半年なの今のところは狂いもありません。






























  1. 2015/06/13(土) 02:33:46|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エリックジョンソン






フェンダーエリックジョンソンシグニチャーストラトキャスターです。ボディーアルダー2ピース、ネックメイプルです。2トーンサンバーストです。ジョンソンの57年製のストラトキャスターをモデルにしているようです。良いですね。10万円台後半のギターは予算オーバーなので買えないので見るだけですが。




http://www.j-guitar.com/product_id646171.html




http://www.j-guitar.com/product_id649915.html




http://www.j-guitar.com/product_id654637.html



http://www.j-guitar.com/product_id657871.html



























1798
  1. 2015/06/07(日) 16:01:41|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ざくり












フェンダービンテージ62ストラトキャスターです。97年製です。アルダーボディー、メイプルネック、ローズウッド指板です。お手頃な価格です。ザクリが改造してあるのでリアをハンバッカーに改造したのでしょう。開けてみないとわからないですね。





http://www.digimart.net/cat01/shop4902/DS02857786/

































  1. 2015/06/07(日) 10:29:42|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェンダー












フェンダーのギターについてショップに問い合わせてみたところ。。。。。

手頃な価格のビンテージシリーズの1本

ピックアップが交換されている。サイトの写真をよく見ると外観が全然違うピックアップ。ショップの人って見た目でわかる改造点もチェックせずに載せてるんですね。
ガリがある。
素人の改造で汚く改造してある。
修理も必要で、販売できない。





その他検索など
純正部品が出回っていて、純正部品への交換だと判断できないことがあるようです。

騙されている人もいるようで、ショップで買って、故障したので修理に出してみてわかる場合もあるようです。
修理に出して見たら。。。。。
メイドインジャパンと刻印があった。

ネックとボディーが違う場合もあるようです。
ボディーがフェンダージャパン、ネックがフェンダーユーエスエイ。
ネックもボディーもフェンダーユーエスエイだが年代が違う。(機種が違うと外観でわかりやすいかも)
あとは不自然にこすった痕がある。刻印してある文字やロゴを消している場合もあるようです。(カスタムショップのレリックをビンテージとして売る)





ということは。。。。。。
中身を見ないといけないということですね。
フェンダーのロゴや刻印って何処に入っているでしょうか。機種によって違うと思いますが
ヘッド フェンダーロゴ
ヘッド裏 カスタムショップロゴ
ペグ フェンダーロゴ
ネックプレート シリアルナンバー、
ネックエンド 日付
サドル ロゴ


フェンダージャパン
ネックのジョイント部分近くに MADE IN JAPAN またはCrafted in Japanとシリアルナンバーが刻印
ネックポケットに機種名



修理用のロゴシールも販売してますから、外見のロゴが貼ってあるだけでは不十分かもしれませんね。
機種によっていろいろ場所が違うので確認は必要ですね。





まあ、ショップで買うにしても、付属品や保証書がそろっていて、年年製か、改造はないか質問をしてショップに内部を調べてもらうことが必要かもしれませんね。オークションも同様ですかね。




































  1. 2015/06/07(日) 04:50:04|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長い道のり











前回約1ヶ月前に規定打席到達と書いた次の日からイチローの出場機会は激減。代打かたまにスタメン、そして出場のない日もあるというかなり厳しい状況です。1ヶ月前に今季24安打で、ただ今34安打ですから、1ヶ月で10しかヒットを打ててない状況です。ただ今54試合で34本ですから年間100本ペースでしょうか。ただ、月に10本ペースが続くと70本台という可能性もありますね。










今季34安打
日米通算1967得点達成
日米通算4156安打 4256本まで100本
メジャー通算2878安打 3000本まで122本





























  1. 2015/06/06(土) 01:24:55|
  2. イチロー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

欲しい欲しい病











やはり欲しい欲しい病は終わらないのか?ウクレレ期も終わり、すっかり病気も治ったかと思ったら、すぐにクラシックギター期が来ました。しかし、クラシックギターは高価すぎて1本も買うこともなく終わりました。まあ、ヤイリのエレガットは買ったのですが。ということで今訪れているのがストラト期。昨年の暮れにフェンダーのアメリカンスタンダードを買っているので、少しは我慢しないといけないわけですが、アメリカンビンテージシリーズのツートーンサンバーストのメイプルネックが欲しい。まあ、買えないわけではないですが、立て続けに買っていると単なる買い物依存症なので少しは我慢しましょう。まあ、1本中古で14万前後するものなので、お小遣い程度という感じでもないし、毎月1本買うという程度の額でもないでしょう。まあ半年に1本とか、1年に1本とかいう感じでしょうね。当分様子を見るのが大人として妥当でしょう。まあ理想の状態と価格で出ていたら買ってしまうかもしれないですが。いつまでたっても煩悩が消えないということでしょうか。まだまだ修行が足りませんな。




























  1. 2015/06/02(火) 19:58:10|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジン

05 | 2015/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search