ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

ウェザーチェック










さて、ウェザーチェックって良いものだったんでしたっけ?経年の変化で塗装に割れが出始めるわけですが、塗装が極薄ですから出るのは当たり前で、ビンテージなんかでは良く入っていますよね。でも、2010年代製ですから、5年経っていなくて、ボディー一面にウェザーチェックって。





ネットでチェックしてみると、ひとそれぞれ好みがあるから好きな人は雰囲気が良いと思うとか。冷静な人は、下取りに出す場合、ビンテージではなく普通の楽器なら、新品と同じ状態なら下取り価格は高くなるでしょう。でも、傷があったり、塗装にウェザーチェックがあったら、下取り価格は下がるでしょうという冷静な考え方もありますね。




美品で状態が良くて手ごろな価格の個体が欲しいと言っている私には、極薄のラッカー塗装のEJモデルは合わないのかもしれないですね。問い合わせるとほとんどの個体でボディーとネックに打痕が結構あるという説明ばかり。塗装が薄すぎてちょっとしたことでも打痕ができたり、温度や湿度管理をちゃんとしてないとウェザーチェックが入りやすいということですね。どうもEJモデルは私には向いてない感じですね。




新しいフェンダーのビンテージシリーズもここちゃんと塗装したの?って言う感じの塗装の薄さのわかる個体がありました。塗装が薄いと傷がつきやすい、塗装が厚いと良い音が出ないと言われる。まあ難しいところですね。




最近写真をお願いすると送ってくれないショップがあるのですが、送るのが面倒なのか?最近写真を送らないショップが増えてるんですかね?通販だと説明不足で返品されないようにある程度説明するのが普通なのかと思ってましたが、最近は良いところばっかり強調して、詳細について聞かれると写真は送れないという感じのショップが増えてるんですかね。






































スポンサーサイト
  1. 2015/07/31(金) 21:18:40|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EJ












フェンダーエリックジョンソンストラトキャスターです。2010年代製です。アルダーボディーにメイプルネックです。ニトロセルロースラッカーフィニッシュです。このショップ写真の撮影が丈夫ですね。バックはほぼ全面、トップも上半分ウェザーチェックが入っているのがわかります。



http://www.digimart.net/cat01/shop4836/DS02936641/

































  1. 2015/07/31(金) 21:01:15|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メジャー通算2900安打










マーリンズのイチローはナショナルズ戦で4打数2安打1打点とマルチヒットを記録した。打率は249、今季ヒットを57とした。ヒット2本を打ち、これで、ヒット数をメジャー通算2900本、2901本とした。メジャー通算3000本ヒットまであと99本とした。イチローは珍しく長い間ノーヒットが続きましたが、1ヶ月に10~15本のヒットという感じでしょうか。このままですと後2カ月残っていますので、20~30本のヒットが見込めるという感じでしょうか。今季は70~80本台のヒットが良いところという感じでしょうか。



今季57安打
日米通算1967得点達成
日米通算4179安打 4256本まで77本
メジャー通算2901安打 3000本まで99本































  1. 2015/07/30(木) 11:15:02|
  2. イチロー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏ですね











夏ですね。暑い日が続いていますが。夏と言えばウクレレ。ということでウクレレを出してレパートリーのスターダスト、星に願いを、ワンノートサンバを練習。練習してない割には98パーセントは覚えてました。




ところで、円安ドル高、コアの希少性とは言え、ウクレレって高くなりましたね。ぽろんと弾くと素朴な良い音がするなんて言ってられない価格ですね。趣味という感じの価格ではない感じかと。早めに買い揃えておいて良かったです。




前の記事の続きですが、ウクレレも高いウクレレはラッカー塗装ですので、ゴムのスタンドに立てかけておくと化学変化で塗装が溶けますので高いウクレレが台無しになります。お気を付け下さい。



































  1. 2015/07/28(火) 23:10:38|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オモシロ出品 アンド 問い合わせ













オークションには面白い出品がたくさんありますね。

メンテ時に擦ってしまい塗装剥げあります。ラッカー塗装にご理解のない方は入札を控えて頂くようお願いします。

ラッカー塗装にご理解のないのは出品者の方。ラッカー塗装がデリケートなら塗装が剥げないように注意を払って丁寧に扱えばいい話。






あとラッカー塗装で良くあるのが、ゴムのスタンドに置いて、化学変化が起きてしまい塗装が溶けてしまう症状ですね。ラッカー塗装のギターをスタンドに立てる場合、スタンドのゴム部分に布を巻く必要があります。

これも多いですね。ラッカー塗装のギターに問い合わせするときは必ず尋ねるようにした方が良いですね。







久しぶりの問い合わせ。上記のオークションのオモシロ出品と同じ機種。お手頃な価格だったので、問い合わせした時にはすでにホールドだったらしい。打痕が結構あるという話なので気になるならあまり勧めないということでした。おっしゃる通りです。ネックに打痕があるのは触るたびに気になりますよね。せめてネックに打痕のない物を探します。































  1. 2015/07/28(火) 19:51:57|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

62










フェンダーの62年モデルです。かなり塗装がはがれているということでお買い得の8.98です。


http://www.digimart.net/cat01/shop4976/DS02928136/





















ストラトが好きな人はレリックが大好きな人が多いのでしょうか?そもそも世界で名前を知られるようになったギタリストは長年練習に練習を重ねてギターを弾き込むことによって、ライブなどで使用することによって、ギターはビンテージと言われる姿になったはずです。


上記のギターですが、かなりの傷です。買取価格は4割以下の3.592以下になってしまうでしょうね。このシリーズとしてはかなり価値が下がってしまってますね。








































  1. 2015/07/28(火) 08:19:08|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Japan 54











フェンダージャパンの54年モデルです。ボディーアッシュ、ネックメイプルです。弾き傷がついているようです。こんなモデルがあったんですね。フェンダージャパンは持ってないので1本欲しいなとは思うのですが、8.64が販売価格だと、下取り価格は4割の3.456というところでしょうか。状態が良くないと2なんてこともあるかも。




http://www.digimart.net/cat01/shop3580/DS02900953/









ジャパンエクスクルーシブにも54年モデルあるのですね。このぐらいの価格なら新品という選択肢もあるかも。まあ、候補として入れておいても良いかもしれません。ただ今ストラト期ですが、このままストラト期が続けばという感じでしょうか。



http://www.digimart.net/cat01/shop4764/DS02872939/



































  1. 2015/07/27(月) 08:29:11|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

57











フェンダーのアメリカンビンテージ57年モデルです。ウェザーチェック、傷、打痕、サビが全体にあるようです。写真ではあまり良くわからないですね。ブリッジのバネのところに名前でしょうか?文字が書いてありますね。良く楽器を処分する人は文字を書くのとシールを貼るのはやめた方が良いですね。




57年は月に何本か中古が出ますが、なかなか美品は出ないですね。54年モデルが1954本生産できるのですから、年間1000本や2000本ヴィンテージシリーズを生産する能力はあるのでしょうね。このシリーズは82年からスタートしてますから相当本数は出ているのでしょうね。初期の82年製フラートン工場製はそれなりに価値があるようですが、90年代とか2000年代はどうなのでしょうか?






http://www.digimart.net/cat01/shop1484/DS02926171/

































  1. 2015/07/26(日) 20:55:07|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オークションオモシロ出品









ストラト、某オークションにはいろいろなのが出てますね。結構面白いです。



ヘッドを磨いたらロゴが剥がれて、補修用のロゴに貼り替えた。これいろいろなオーナーに渡ったらわからないですよね。

マニア向けの限定品で新品同様ということなのだが、塗装の剥がれあり。塗装剥がれがあるとB級品ということになるのでコレクションにはなりにくいかも。

かなりの美品ということだが、ボディーに結構大きな穴が開いており汚く補修してある。

個人的に使用感がない、スタンドによる塗装の焼けがある。演奏に支障はない。

ケースは知人にあげました。(いや履歴見るとオークションで売却してるでしょ。安いソフトケース付属。)



ちょっとチェックしただけですが、こんな感じのおもしろ出品がほとんどです。
































  1. 2015/07/26(日) 04:08:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アッシュとアルダー 音










アッシュボディーとアルダーボディーで音の違いはあるのか?比較するのはアメリカンビンテージシリーズの60週年の54年モデル、ニューモデルの56年、59年、65年モデル、旧モデルの57年、62年モデルです。同じショップの同じ人が弾いているので比較しやすいかとは思います。



アッシュ アメリカンビンテージ1954年モデル
https://www.youtube.com/watch?v=8wFgOmsF6Rk



アッシュ アメリカンビンテージ1956年モデル
https://www.youtube.com/watch?v=YuW9PRNMhlI



アルダー アメリカンビンテージ1959年モデル
https://www.youtube.com/watch?v=hc9KmSJdAEE



アルダー アメリカンビンテージ1965年モデル
https://www.youtube.com/watch?v=nOfLlP067o0



アルダー アメリカンビンテージ1957年モデル(旧モデル)
https://www.youtube.com/watch?v=Vj9LzLLgNXU



アルダー アメリカンビンテージ1962年モデル
https://www.youtube.com/watch?v=H3izPQUrKnY







いや~、何回か聞いてみましたが、アッシュとアルダーの音の違い解らないですね。56年モデルはアルダーだと思い込んでましたが、アッシュもあるんですね。サンバーストとブラックとピンクはアルダー、ホワイトはアッシュのようです。



ニューシリーズは3種類ありますが、ボディー材のほかに、ネックシェープの違い、指板材、ボディーシェープの違い、ピックアップ、金属パーツ、プラスチックパーツ、配線、カラーなどの違いにより、ユーザーに好みのものを選べるようにしているのか?はたまた、違いの分かる人には旧モデルの57年、62年と合わせて、ニューモデルの56年、59年、65年と合わせて、60周年モデルの54年まで全部コンプリートでコレクションしてもらうシステムになっているのか。



アッシュボディーのストラトも欲しいという人も多いのではないかと思います。レギュラーモデルの56年がアッシュボディーもあるということは、このモデルが欲しいという人もいるのでは。







56年、59年、65年モデルの比較
https://www.youtube.com/watch?v=QogUR7H3psQ



新しいシリーズの3モデルに関しては全く音の違いはない感じですね。


























  1. 2015/07/25(土) 18:22:20|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アッシュとアルダー











さて、アッシュとアルダーについて検索してみました。まあ、ネットの検索なので都市伝説かもしれません。ストラトのボディー材にはアッシュとアルダーが使われることが多いようです。



54~55はアッシュ、56からアルダー、70年代後半からアッシュが使われていたようです。ネットのストラトに商品説明に必ずと言っていいほど、重量3.5キロ、軽いですとか書いてあることがほとんどですが、どうもアッシュ材は重くて4.5キロのストラトがあるとか、重い分低音が出るという記述もあります。ということで、ギターの軽さにこだわる場合はアルダー材のストラトを選ぶということがあるようです。



アッシュ材は杢目きれいなのでナチュラルのストラトはアッシュ材が使われているとか記述もありますね。



まあ、楽器は音が重要なので音が気に入れば、多少の重さは我慢ということになるかもしれないですが、ネットに載っているサウンドチェックではアルダーとアッシュの音の違いは判らないので、試奏してみて初めて、重さとか音の違いを実感するという感じなのでしょうね。


































  1. 2015/07/24(金) 02:00:23|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジェフベックギターコレクション










ジェフベックが彼のギターコレクションを説明しています。彼がギター好きというのがわかるビデオですね。テレキャスターやストラトキャスター、その他、譲り受けたものがほとんどですが、そのギターについての逸話も話しています。54年製のストラトキャスターも紹介しています。バディーホリーの使っていたストラトと似ているという話をしています。1950年代に活躍したロックスターのようです。ジェフベックが71歳ですから、団塊の世代以上の人が知っている世代という感じでしょうか。



https://www.youtube.com/watch?v=VMl5B6eq9as








こちらバディーホリートリビュートストラトキャスターです。私は全くどんな人かもわからない年代ですが、ジェフベックと同世代の方がファンなのではと思います。



http://www.digimart.net/cat01/shop4/DS02535409/






































  1. 2015/07/21(火) 02:22:48|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1954











デイブリーロスは1954年生まれの60歳、ストラトキャスターも1954年生まれの60歳。エリックジョンソンも1954年生まれですね。フェンダー60周年アメリカンビンテージ1954年ストラトキャスターはどのような評判なんでしょうか?世界で1954本限定で、日本には154本入荷、2015年の7月現在で、こちらのサイトで18本程度在庫があるのではないでしょうか?ネット検索すると、他の楽器店にも在庫はあるようですから、日本でこのギターを手にしているのは100人ちょっとという感じでしょうか?



限定モデルとはいえ、アメリカンビンテージシリーズのレギュラーラインでの製造で、アッシュボディーが大きな特徴となると、ビンテージシリーズにはアルダーの56年モデル、59年モデル、65年モデルもあります。同価格帯ですし、かなり緻密にビンテージを再現できていると言うことですから、弾くために購入を考える場合はアッシュにするかアルダーにするか迷いますね。まあ54年タイプは限定モデルで、コレクターズアイテムでもありますから、コレクションとして買った人も多い可能性はありますね。販売価格は30万円弱ですので、即完売というよりは、ジワリと売れている感じでしょうか?現在2015年ですが、どのぐらいで新品在庫がなくなるのかが人気度かもしれないですね。



ところで、アメリカンビンテージシリーズは次回の入荷から64800円の値上がりで、340200円が販売価格になるようですね。これは中古でも予算オーバーで買えない価格になるかもしれないですね。






http://www.digimart.net/search?fretOption=&keywordOr=&dispMode=ALL&soldoutDisp=false&specOption=&weightOptionTo=&brandnames=Fender+USA&brandnames=&brandnames=&conditionFrom=&brandId=&keywordNot=&keywordPhrase=&movieurlp=false&freeshippingp=false&salep=false&bodyOption=&neckOption=&topMaterialOption=¶llelimportp=false&manufactureYearTo=&sideMaterialOption=&neckScaleOption=&fingerboardOption=&pickupComponentOption=&manufactureYearFrom=&otherOption=&weightOptionFrom=&soldoutDispCheck=false&ecpurchasep=false&category12Id=101&priceFrom=&tremolantOption=&backMaterialOption=&readCount=20&areaId=&neckjointOption=&materialOption=&priceTo=&pickupOption=&maxCount=20&keywordAnd=1954&keyword=&conditionTo=&sortKey=INITIAL_PUBLIC_DATE_DESC&shopNo=&category3Id=10101&noparallelimportp=false&areaPrefInfoId=&stringsoption=&term=&bodysizeOption=&bodyShapeOption=¤tPage=1&nosoldoutp=false&productName=&campaign1p=false&dispFavorite=false































  1. 2015/07/20(月) 23:45:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Van Halen












ヴァンヘイレンの2015年のライブです。メンバーはエディーヴァンヘイレン、ウルフギャング、アレックスヴァンヘイレン、デイブリーロスです。Hot for Teacher, Runnin' with the Devil, Eruption/You Really Got Me, Ain't Talkin' 'Bout Love, Panama, Jumpなど。 なつかしい曲ばかりですな。デイブリーロスももう60歳、動きに昔ほどの切れはありませんが、なつかしいですな。






https://www.youtube.com/watch?v=jw8kzmDtK3s

































  1. 2015/07/20(月) 22:56:00|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

54











Fender Factory Special Run American Vintage 54 Stratocazster 価格278250円(本体価格265000円)というモデルもあったようですね。ストラトキャスター50周年の2004年に山野楽器がオーダーした日本限定モデルのようです。 何本限定かは不明です。




2014年にストラト60周年で54年モデルが1954本限定で発売され、日本には154本入ってきたようですが、2000本近く発売されてかなりの量ですね。某サイトに20本近くまだ在庫があるようなので日本中だと数十本はあるのかもしれないですね。





1994年のストラト40周年の時にも1954本限定で1954年モデルを発売していたようですね。







































  1. 2015/07/19(日) 21:06:16|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストラト











さて、フェンダーのストラトですが、もしも良い出物があった時のために学習を。1954年に製造開始されたストラトキャスターですが、いろいろ年代によって仕様が違うようです。



54年
スモールヘッド、スパゲティロゴ、丸型ストリングガイド、クルーソンペグ、メイプル1Pネック、Uシェイプネック、アッシュボディ、2トーンサンバースト、1プライ8点留めピックガード、3wayセレクタースイッチ、丸みを帯びたピックアップカバー、ショートスカートノブ、フットボールスイッチノブ、バックプレートシリアル、

56年
羽根型ストリングガイド、アルダーボディー、

57年
Vシェイプネック、

58年
Cシェイプネック、3カラーサンバースト、

59年
スラブボードローズウッド指板、3プライ11点留めセルロイドピックガード

62年
ラウンドボードローズウッド指板

63年
ピックガードのネジ位置が1箇所変更

64年
トランジションロゴ、

65年
ラージヘッド、塩化ビニールピックガード

67年
前期Fキーペグ、

68年
ポリエステル下地塗装、














さて、何百万もするビンテージのストラトを買うことはありえないですが、リーズナブルな価格のビンテージシリーズかカスタムショップ製のストラトは候補に入っていますので、それなりの知識を付けておく必要はあるでしょう。



54年から56年のアッシュボディーからアルダーボディーに変わったのは大きいですね。54年の丸型ストリングガイドと56年の羽根型ストリングガイド、その他、丸みを帯びたピックアップカバー、ショートスカートノブ、フットボールスイッチノブもちょっとした違いですが、面白いですね。



62年のビンテージシリーズを持っているので、56年か57年モデルプラスとして54年モデルを候補にしておくのは良いかもしれないですね。ギターケースともに状態が良くて、手ごろな価格の物を探したいですね。



保存状態も難しいですね。10年経つとケースの金属パーツが、20年経つとギターの金属パーツがサビはじめてることがありますね。ビンテージにあこがれている人が多いのか意図的に傷をつけているのが多いのでストラトは難しいですね。改造も頻繁に行われているので内部までチェックをちゃんとしているショップで買うのが良いかもしれないですね。






































  1. 2015/07/19(日) 11:03:00|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

57 2本










1本目はフェンダーの57年タイプのストラト82年製のヴィンテージストラトキャスターです。ビンテージシリーズが初年度が82年ということですから、初年度の物のようです。アスクとなっているのでお高い物なのかもしれませんね。ボディーアルダー、ネックメイプルの2トーンサンバーストです。フラートン工場製ということです。



http://www.digimart.net/cat01/shop4814/DS02912862/





2本目は2008年製の57年タイプのビンテージストラトです。ボディーアルダー、ネックメイプル、シンラッカーの2トーンサンバーストです。傷などにこだわらなければ、ショップやオークションで毎日のように出物がある感じですね。それだけ人気にシリーズなんでしょうかね。カスタムショップ製のストラトへの乗り換えを考えている人には中級の機種という位置づけになるのでしょうか。




http://www.digimart.net/cat01/shop87/DS02912463/











傷などにこだわらなければ、ショップやオークションで毎日のように出物がある感じですね。それだけ人気にシリーズなんでしょうかね。カスタムショップ製のストラトへの乗り換えを考えている人には中級の機種という位置づけになるのでしょうか。弾かなくなったか、買い替えで出てくるということも多いのでしょうね。

































  1. 2015/07/17(金) 02:04:10|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

57












フェンダーのビンテージシリーズ57年タイプの98年製です。ボディーアルダー、ネックメイプル、の2トーンサンバーストです。使い込まれているようで、経年の変化が出ているギターが好きな人向けですね。





http://www.digimart.net/cat01/shop4220/DS02912087/












このシリーズは月に何本も出るようなので、そのうち根気強く待っていれば、ギター、ケースともに美品の個体が出るかなという感じです。どうも新しいビンテージシリーズは30万円台中盤ぐらいまで値上がりしそうなので中古もかなり高くなりそうです。ちょっとニュービンテージシリーズの中古は無理かなという感じです。






































  1. 2015/07/15(水) 23:27:37|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

値上げ











さて、フェンダーのアメリカンスタンダードシリーズですが、168,480円から213,840円へ値上がりしたようですね。45360円の値上がりです。これから入荷してくるギターから値上がりのようです。とうとうアメリカンスタンダードも予算オーバーになってしまいました。昨年末に買って置いて良かったです。





スタンダード168,480円から213,840円
スタンダードアッシュ186,300円から238,140円
スペシャル123,120円から165,240円
エリッククラプトン230,904円から277,020円


































  1. 2015/07/14(火) 20:29:02|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さて、お問い合わせ











さて、検索をしているとフェンダーの新しいビンテージシリーズの下取り11万って出てきますね。結構人気なんでしょうか?それを22.8で販売しているようです。




さて、お問い合わせですが、元々欲しいと思っていた機種ではなかったのですが、かなりの美品らしいので問い合わせしてみました。2回目メールしたところで、ソルドアウトだそうです。まあかなり予算オーバーだったので、問い合わせてちゃんと確認してからという感じだったので、ご縁がなかったのでしょう。






57系の別の機種。前に問い合わせしたところですが、写真が上手く撮れないということなので、もう1度写真を送ってくれないかとメールした所商談中ということです。まあこれも縁がないということですね。
























  1. 2015/07/14(火) 01:33:48|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EJCS











フェンダーのカスタムショップのエリックジョンソンシグニチャーモデルです。マスタービルダー製作のモデルなのでかなり豪華な価格ですね。エリック・ジョンソンファンは欲しいのではないでしょうか。54年生まれなんですね。もうベテランですね。




http://www.j-guitar.com/product_id662373.html



















ところでカスタムショップ製ってどの程度の製作をしているのでしょうか。フェンダーの場合パーツはフェンダー純正でそろいますから、マスタービルダーが組み立てるのか?材の選定から、ネック・ボディーの形成、塗装、組み立てまで全てやっているんでしょうか?









































  1. 2015/07/11(土) 00:59:02|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

54













フェンダーのカスタムショップでは54年製のレプリカは出てるようですね。アッシュボディーに、メイプルネックのトラ目にひかれます。良いですね。これは凄いですね。96年製です。90年代のカスタムショップは20万円前後の中古が多いですね。20年程度だとまだビンテージでもないですから、年数の経った中古という扱いでしょうか。魅力的な1本ですね。




http://www.j-guitar.com/product_id664365.html






































  1. 2015/07/10(金) 23:31:06|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

54













フェンダーの60周年記念モデルのアメリカンヴィンテージ54年モデルです。1954本限定で日本に入ってきたのは154本ということです。限定物好きの日本人ですから、本数も限定という感じですね。本数的には相当出回ってますので61年目の今現在でもまだ新品の在庫はあるようです。レギュラーラインでの製造でボディーアッシュ、ネックメイプルです。ボディーはアルダーが多いので珍しいですね。見た目でわかりやすいのは54年製の特徴の丸いストリングガイドですね。新品同様で限定モデルということでそれなりの約19です。いい感じですね。




http://www.digimart.net/cat01/shop2/DS02902850/















美品で良い状態そうなので良いですね。ただ自分的には予算は10万円台前半なので、予算オーバーという感じです。20万円前後だとカスタムショップの中古が狙える価格帯なので、元々狙っていたモデルなら即買いかもしれないですが。


































  1. 2015/07/10(金) 02:15:33|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

問い合わせ結果











良い出物があったら買おうと思っているのですが、フェンダーのストラトキャスターの2カラーサンバーストのメイプルネックです。さて57年タイプの物の問い合わせ結果です。



1軒目 

新品同様ということですが、裏にひっかき傷の塗装に着いた筋、ブリッジに曇りが出ています。ケースが傷だらけで、部屋に置いて保管するので、部屋で傷だらけのケースを見るたびにテンションが下がるのが嫌なのでやめておきました。ギターの方は美品に入る部類だったのでおしいという感じです。どうも新品同様の解釈がかなり違うようです。結構問い合わせをしていますが、楽器店の人によってはこんな感じの解釈のようです。新品=全く傷のないピカピカの物、新品同様=ちょっと傷がありちょっと使用感のあるもの。新品同様というと購入してからほとんど使用もなく、ほとんど傷のない個体という解釈をしてしまうのですが、楽器店と消費者の間には解釈の違いってあるものですね。




2軒目
57系の状態が良いという個体。バックル傷、塗装の焼け、きっとゴムのスタンドにラッカー塗装のギターを長時間立てかけておいて塗装が変化してしまった物だと思われますが、写真を請求したら、写真が上手く撮れないということ。バックル傷の写真も撮れないのですか?という感じですが、上手く撮れないなりにアップの写真を送ってくれたら状態はどのぐらいの状態かわかりそうなものですが、いくら通販と言っても写真で状態を確認しないで買うのもなんですから、そこでメールのやり取り終了。




3件目
返信なし。売り切れだったかな?




今回はクラシックギターみたいに手の出ない額でもないので、良い出物があったら買うかもしれません。月に何本か出ているようなのでそのうちにという感じです。





































  1. 2015/07/09(木) 00:26:06|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

57 2本












フェンダーのビンテージシリーズストラトキャスター57年モデル2カラーサンバーストです。ボディーアルダー、ネックメイプルです。人気機種だけあって月に何本も中古が出るものですね。1本が2004年製、もう1本が1994年製です。




http://www.j-guitar.com/product_id661419.html



http://www.digimart.net/cat01/shop4734/DS02898407/


















このペースで中古が出ているといつか状態の良い個体に当たるかもしれないですね。基本的にギターとケースともに状態が良い個体が良いと思っています。部屋にギターを置いているのでケースに傷が多めのものを買ってしまうと、見るたびにテンションが下がると思うので。この点は人によって違うとおもいます。ヘビーレリックなどあるので、古い物で傷がたくさんあるのがかっこいいと思う人もいるでしょう。



57年のピックガードは1プライなんですね。そのため歪み易いとか。











































  1. 2015/07/06(月) 21:30:01|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

62












https://www.youtube.com/watch?v=Q7hZkF4FR2w





こちらの方が弾いているのはフェンダーの62年の3カラーサンバーストのストラトキャスター。ボディーの塗装がかなり剥げていますがこういうビンテージのギターがかっこいいと思う人がたくさんいるのでHeavy Relicのギターがかなり出回っているのでしょうね。中には自分でサンドペーパーで塗装を削ってRelicしている人もいるようです。




本来は長年弾き込んで、長年使っているうちに、ウェザーチェックが入ったり、肌の触れている部分の塗装が劣化したり、コツンと当ててしまって当て傷ができたりしてこのようなギターになるはずです。ギターってギタリストの歴史を感じるものだと思います。人工的に傷をつけてビンテージにするのとは大きな差があると思います。まあ乱暴に扱って無理やりボロボロにするのもどうかとは思います。




このギタリストですが、BOSSのRC-2を使っているようです。ウクレレでもルーパーを使ってデモンストレーションしているプレーヤーがいますね。今はこのような練習法が主流なんですかね。まあ、ソロで楽器のデモンストレーションという場合は打ち込みする手間がかからなくて簡単にできるのでいいですね。




























  1. 2015/07/05(日) 13:23:16|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

57











意外と月に何本も出るものですね。1年間ぐらい探していると状態の良いお手頃な価格の個体が出るかもしれないですね。フェンダーのアメリカンビンテージシリーズ57年のストラトキャスターです。シンラッカーだとちょっとお高くなる感じでしょうか。ボディーアルダー、ネックメイプルです。




http://www.digimart.net/cat01/shop1484/DS02890903/

































  1. 2015/07/04(土) 23:42:42|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

珍事











史上初、セリーグ全チームが勝率5割を切りました。首位ヤクルトが37勝38敗で借金1、2位阪神が36勝37敗で借金1、3位巨人が37勝39敗で借金2、4位DeNAが36勝38敗で借金2、5位広島が35勝37敗で借金2、6位中日が33勝42敗で借金9。9回に3対1で勝っていた阪神がDeNAに逆転負けするとは思いませんでした。これは本当に大珍事ですね。




ただ今、地上波での巨人戦のナイターは、5月に3試合、6月に1試合、視聴率は8%というところ。人気回復にいろいろと試みたいのはわかりますが、1ヶ月間もリーグ戦を中断して、交流戦を行うって、ペナントレース軽視としか言えないですね。まあ、スポンサーがついている手前、大人の事情で交流戦と銘打って大々的に1か月間行わざるおえないのでしょうけれど。




まあ、メジャーのマネをして交流戦を始めたのでしょうけれど、1か月間交流戦を行うってペナントレース軽視し過ぎです。ペナントレースに大きな影響を出さずに交流戦を行うなら、月に一度、4月~9月の第2週目の週末とかに、交流戦ウイークエンドと銘打って各チーム3試合行うのが無難かと思います。そうすれば各チーム他のリーグの6チームと対戦することができます。各チーム月に1度なら大きな影響はでないでしょう。





クライマックスシリーズもメジャーのプレイオフのマネをして開始したのでしょうけれど、メジャーの場合は地区優勝したチームとワイルドカードのチームが参加、まあ優勝決定戦と言えるでしょうけれど、日本プロ野球の場合は、ペナントレースで1位、2位、3位としっかり順位が決まっているのに、優勝決定戦もないでしょう。これもペナントレースの軽視ですよね。ペナントレースで優勝したチームが日本シリーズに出場すべきです。お粗末なのは、勝率5割に満たない3位チーム同士の日本シリーズだってあり得るわけです。人気のないチームが日本シリーズに出場しそうだとスポンサーがなかなか決まらない。日本プロ野球の優勝決定戦の日本シリーズなのに試合の地上波放送が行われないなんてことも起こってしまいます。






集客のためにいろいろなことをしてみたいのでしょうけれど、明らかに支障がでてますよね。ペナントレースを重視して、交流戦は月に各チーム3試合、ペナントレースで優勝したチームが日本シリーズに出場する。そんな感じが良いのではないでしょうか。


































  1. 2015/07/03(金) 23:09:09|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジン

06 | 2015/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search