ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

欲しい欲しい病

20051219002328.jpg

Fender Pro Jr.


今アンプ欲しい欲しい病にかかっています。


いろいろアンプの検索でブログの更新もおろそかになってます。


今までいろいろな欲しい欲しい病にかかってきました。


CD欲しい欲しい病

ギター欲しい欲しい病

アンプ欲しい欲しい病

ウクレレ欲しい欲しい病

ブルースハープ欲しい欲しい病

映画ビデオ欲しい欲しい病

ギター教則ビデオ欲しい欲しい病

ギターの教則本欲しい欲しい病

楽譜欲しい欲しい病

音楽ビデオ欲しい欲しい病

英語の本欲しい欲しい病

腕時計欲しい欲しい病




これらのものが部屋中山積みになっています。


CD欲しい欲しい病は、月に2、3枚買うぐらいに最近おさまってきました。


一時期月に50枚くらい買ったときもありました。


でも、CD1900枚を越すともう管理が大変です。


どこに何があるかわからなくなってきたので、


どうしても欲しいものを少しずつ買うようにしています。


困るのがLDです。


もう時代遅れだし、大きいし。


これが100枚ぐらいあります。


その内再生するプレーヤーも無くなるのでは?



今年はというと2、3月は写真の道具欲しい欲しい病にかかり、


デジカメを初めて買って、写真の道具関係をいろいろ買ったりしました。



5~7月はギター欲しい欲しい病にかかり、結局フルアコを3本、


ベース1本、アンプ2台、買いました。



9月はウクレレ欲しい病にかかり、


ウクレレ1本購入しました。



そして今アンプ欲しい欲しい病です。


僕の場合安物買いの銭失い(古いですが)です。


アンプなどほとんど使わない僕がFenderのDiceを今年買ったばかりなのです。


その買ったDiceもたまにしか使っていないのです。


どうもフルアコのジャズギターには真空管のアンプがいいらしい


と聞いて真空管のアンプが欲しくなったのです。


しかし、真空管のアンプの知識もあるわけがない。


どのアンプがいいのか?


試奏すらしていない。


もちろん、欲しい真空管アンプは、安くて、小さいアンプです。


ライブなんてやるわけが無いので、


家で使う置く場所に困らない小さいアンプです。


オールドの古いアンプは知識が無いのでよしたほうがいいと思ってます。


昔のアンプはオーバーホールするのに結構お金がかかるらしいのです。


ある程度知識があって、状態が判断できないと高い買い物になります。


もちろん試奏も必要でしょう。


欲しいアンプを調べていくと真空管アンプは高くて重いんです。



Fender Twin Reverb 220500円

Fender Princeton (78000~)

Fender Champ (55000~)

Fender Vibro Champ (48000~)

BadCat Mini Cat 176400円(70000~)

Kendrick 118 134400円

Victoria Champ Model 518 169500円

Fender Blues Jr 77700円

Fender Pro Jr 63000円



真空管アンプって高いですよね。


普通に書いてある価格は現行のアンプの定価です。


( )内の価格はオールドのアンプの価格です。


オールドでも安いものはすぐにSold outするみたいで


( )の価格のアンプはとっくに売れてしまった後です。


状態の良いオールドのアンプだと10万円中盤から20万円台という


価格は普通にあります。



アンプの問題は使わないとただの邪魔な場所を取る箱と化すことです。


やはり買う前にちゃんと使うのかよ~く考えることです。


Mini CatやKendrickやVictoriaは大きさはちょうどいいのですが


10万円台と高いんです。


とても手が出ません。


オールドのアンプも高いですね。


それに良いアンプを選ぶ知識が必要です。


中古ですからそれなりにノイズが出るはずです。


オーバーホールをしなくてもいいアンプを買うには


まず試奏しなくてはいけません。


ちょっと真空管のアンプはどんな音がするのか味わってみたいんです。


それで今候補がFenderのPro Jrです。


4万円以下。


コントロールノブがボリュームとトーン1つずつとシンプル。


15ワット。


高さ36.8センチ、横幅38.7センチ、奥行き22.2センチ、


重量9.1キロ。


ちょっとと思うところは


今在庫切れ、12月末に入るらしい。


Fender USAでなく、Fender Mexico。


Mexico製の評判がわからない。


ユーザーレビューを見ると新品なのに


ノイズがかなりの確立で出ているらしい。


ちょっと大きい。


う~ん。どうする?


購入の条件は在庫が入ること。


部屋の整理をして置く場所を作ること。


あとPolytoneのMega BruteかAERのBingo 2が欲しい。


やっぱり欲しい欲しい病だ。




これを書いて、少し置いてみました。


ギターを何本持っていても、アンプを何台持っていても、


やっぱり1度に使えるのはギターは1本、アンプは1台です。


これが欲しいという良い物をギターだったら1本、


アンプだったら1台持っていて、使い込んだほうがいいと思う。


オールドの真空管アンプの良さを見抜く知識は無いし、


真空管アンプもどれがいいかわからないので、


やっぱり定番のPolytoneのMega Bruteのきれいで状態が良い中古が


出るのを待つか。


Pro Jrだって、4万円ぐらいするから、


あと4万円出せばポリトーンの中古が買えるか。


やっぱり、一時的に欲しいアンプじゃなく、


長い間使えるアンプを買わないと。


ちょっと時間をかけて何が欲しいのか考えてみます。



polytone.jpg

Polytone Mega Brute
スポンサーサイト
  1. 2005/12/19(月) 00:33:35|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アンプ見学 | ホーム | アクセスカウンター7000>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/141-bd5e402a

ジン

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search