FC2ブログ

ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

気になること




DSCN7607.jpg






ウクレレの弦と言うと



GHS、マーチン、ダダリオ、Aquila、ORCAS、



コオラウ、ヒロ、カマカ、



ワース、フェーマス、オイハタ、アストリアスなどありますが、



疑問に思うことが。



弦専門の会社は自社の弦を製造しているでしょうが、



ウクレレ工房が自社の弦を製造しているとは



考えにくいですよね。



たぶん、ウクレレ工房なら



弦製造会社に独自の弦を注文するか、



既製の弦を自社のパッケージに詰めて



売るということが考えられますが。



さてカマカの弦はどこの弦なんでしょう?



カマカ、GHS、ヒロは



デュポンのタイネックスナイロンを



使用しているそうですが。



ヒロの弦がざらざらなのは



太さをそろえるために削ってあるからだそうですが。



やっぱりカマカの弦は良い音するよな~~。



GHSと較べてもずっと良い音がするよな~~。



なんて言って、



実はカマカのパッケージに



GHSの弦を入れてるだけだったら



かなり笑えますよね。



それに日本だとカマカは



GHSの倍の価格ですし。



まったく同じ弦ならGHSの弦を買ったほうが



得ですよね。



カマカの弦ってどこの弦なんでしょう?











スポンサーサイト



  1. 2009/08/27(木) 09:18:45|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ポチアゲイン | ホーム | 色はアピールする>>

コメント

工房のブランド弦は、、、、

そうですね。

今度尾伊端さんに「オイハタ弦はどのようにプロデュースしているのですか?」聞いてみますか?

ナイロンでもフロロでも、、、先に釣り糸がありき...だったのではないでしょうか?

テニスやギターやウクレレはその昔...ガット弦(テニスの弦はクジラのヒゲを使ってるみたいな事を聞いた事もあるけど...ホントだったのかな?)でしたが、釣り糸はすでにナイロンでした。

そのナイロン糸に目を付けて、改良を加えていったのではないかと思いますね。
フロロカーボン糸も、鮎釣りや渓流などでの細くて強靱な釣り糸として10年くらい前からもてはやされてましたからね...
釣りのフロロ糸もかなり高いんですよ~
  1. 2009/08/27(木) 12:14:05 |
  2. URL |
  3. mimu #-
  4. [ 編集]

mimuさん、ナイロンもクロロも弦ではなく別の用途が多いんじゃないですか?

いろいろなメーカーがありますが。

弦のメーカーはダダリオ、GHSとかですよね。

その辺の弦を自社ブランドのパッケージに詰めて売ってることがあるんじゃないですかね。

釣り糸は丈夫そうですよね。

でも良い音を出す目的で作ってないですから

弦としての開発も必要なのでしょうね。


  1. 2009/08/27(木) 15:18:50 |
  2. URL |
  3. jin #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/1790-0545a011

ジン

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search