FC2ブログ

ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

較べちゃおう






さて~、ちょっと肌寒くなってきましたね。



秋ですかね~。



カマカを2本買ったのに



ハワイの風は吹かずに夏が終わりそうです。(笑 



カマカ君とパイナップル君の比較です。



今回の購入の理由はいくつかあります。



カルロスさんがパイナップルのウクレレを紹介していて



欲しくなったから。



ギターと同じ形のウクレレばかり持っているので



変わった形ということで



ならパイナップルだろうということ。



買う前にユーチューブで試聴して



ベルのような明るい軽い響がいいと思ったから。







http://www.youtube.com/watch?v=ZnL14IwIFIE
kamaka pineapple






http://www.youtube.com/watch?v=_9MTUC2StiQ
kamaka pineapple











kamakakun and pineapplekun top




ということで、



カマカのソプラノウクレレ、



ギター型とパイナップル型というのが



大きな違いですね。



全長もボディー長も



ギター型のほうが長いですね。



パイナップルのほうが



ボディー幅があるように見えますが、



ボディー下部はギター型のほうが



幅がありますね。



ボディーの厚さは同じですね。



違いはフレット数ですが、



12フレットのウクレレを選んだのは



ユーチューブの映像と音に



影響されたんですかね。



12フレットのほうが



指板がサウンドホールまでかかっていないので



音が違っているんじゃないかという発想です。



木目はパイナップル君のほうが見事ですね。











kamakakun and pineapplekun back




後ろもパイナップル君のほうが



木目が豪華ですかね。



ボディーとネックのジョイントの



ヒールの部分の形がちがいますね。



それとネックからヘッドにかけての



形もちがいますね。



パイナップル君のネックは



コアネックらしいですが、



どう違うのか私にはわかりません。(笑
 










kamakakun and pineapplekun side




横も見ておきますか。



厚みですがボディー下部が



6.5センチで、



ボディーの上部は



6センチですね。



ボディーの部分によって厚みが違います。











kamakakun and pineapplekun pegs




シャーラーのペグですが



新し目のギター型のカマカ君は



つまみがパールですね。



ちょっと前のパイナップル君は



つまみが白のプラスチックです。



シャーラーのペグが好みでないという方が



いるみたいですが、



ペグを替えると音が変わるという噂もありますね。



最近ウクレレは素朴でウクレレらしい音がすれば



いいんじゃないかと思うようになってきました。



カマカのオリジナルそのものを楽しむことが



ハワイを楽しむことじゃないですかね。











kamakakun and pineapplekun head




ヘッドですが特に差はないですね。



でも、古いモデルのパイナップル君のほうが



ナットが太い感じがしますね。



さて、問題の音ですが、



普通のモデルとパイナップルでは



音はどう違うのでしょう?



ちなみにユーチューブの



外国の方が弾いているパイナップルは



チューニングと弦とテンションが



違うようなので



感じが違うかも知れないですね。



カマカ君もパイナップル君も



きらびやかな感じで同じじゃない?



という感じもするのですが、



強いて較べれば、



カマカ君は太くて低音も響いている感じ。



パイナップル君は明るく軽い感じ。



いかがでしょうか?



ちょっとパソコンが不調で音量が小さいです。







kamakakun 09 8 28
カマカ君





pineapplekun 09 8 28
パイナップル君











カマカ君 / パイナップル君
全長 54 / 52.5cm
弦長 34.5 / 34.5cm
ボディー長 23.7 / 22.5cm
ボディー上部幅 13.5 / 14cm
ボディー中部幅 11 / 16cm
ボディー下部幅 17 / 15.5cm
ボディー厚 6.4 / 6.5cm
ナット幅 3.5 / 3.5cm
フレット数 16 / 12フレット













スポンサーサイト



  1. 2009/08/29(土) 10:41:32|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ヤスダさん | ホーム | どうでしょうか?>>

コメント

ギター型の方がバックがシャロウアーチになってますね。
これによって広がりのある音になるような気がしますね。

もともと、くびれのある上下の共鳴室があることで、若干の音の到達差が生まれて、それが奥深い感じの音に鳴って聞こえるわけですものね。

パイナップルの方が、音がストレートに共鳴して出てくるわけで、それだけ軽やかで素直な音質になるのでしょうかね?

どちらも良い音ですね。

杢目はパイナップル君の勝ち!これは値段からしたら相当良いのでは?!
カマカのウクレレも2001~2002年頃にかなりシェイプや仕様の変更があったようですね。
最近では、その他のハワイウクレレの鳴りの良さ(買ってすぐの)に対向するためにトップの厚さが薄くなってきた...という意見があちこちで見られますね。

昔のカマカの方が丈夫な感じに作られていたんでしょうか?

僕のところのカニレア君はトップとバックは結構厚めです。
それを特殊なブレイシングと鳴りの強いアクィラ弦で強引に鳴らしている感じもします。
弦をワースに変えたしばらくは、あまり鳴らなかった。
買って10ヶ月過ぎましたが、少し鳴るようになってきた気がします。
  1. 2009/08/29(土) 18:38:07 |
  2. URL |
  3. mimu #-
  4. [ 編集]

mimuさん、カマカウクレレクラブジャパンを見ると

ギター型とパイナップル型はブレーシングは同じですね。

ボディーのシェープから響が良くメローな感じになるとあります。

http://kamakamania.hp.infoseek.co.jp/history.htm

ここが便利ですね。

2000年になって変更が多くなってますね。

98年グロスフィニッシュ、00年シリアルナンバー、01年ラベル、ロゴ、02なで肩、14フレット、

03年16フレット、ネックマホガニー

この変更を見ると

02年以前のなで肩のコアネックの12フレットのギター型のカマカも

欲しくなります。(笑

カマカは鳴らないという記述がありました。

最近はなるように作ってあるんですかね。

Gスト、コアロハ、カニレアと新しいメーカーですよね。

やっぱり伝統的というよりは新しさでアピールなんでしょう。

それにカマカも遅れないようにはしてるんでしょうね。

あんまり薄くして板が割れると言うのもこまりますよね。
  1. 2009/08/29(土) 19:45:49 |
  2. URL |
  3. jin #-
  4. [ 編集]

またポチッとしちゃいましたか(^^:)
パイナポーのおカマカですね。
いい音するじゃないですか。本物はいいなぁ。
  1. 2009/08/30(日) 00:42:47 |
  2. URL |
  3. カルロス #-
  4. [ 編集]

カルロスさんのパイナップルウクレレの影響です。(笑

買っちゃいました。

ナイロン弦で素朴な音がしますよね。
  1. 2009/08/30(日) 01:46:15 |
  2. URL |
  3. jin #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/1794-91cfa38c

ジン

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search