ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

Timber Tones





木製ピックで弾くとギターやウクレレが温かい音で弾けるのではないか?そうだ、木製ピックを試してみよう。ということでTimber Tonesの木製ピックを大人買いしてみました。リグナムバイタ、アフリカンエボニー、マッカーサーエボニー、ソノケリン、ブラッドウッド、パープルハート、サテンウッド、ジャトバ、メキシカンボコテ、ゼブラウッド、ブビンガ、サントスローズウッド、アフロモシア、アフリカンサペリ、カーリーメイプル、ココボロ、オバンコール、アフリカンマホガニー、と全部で18種類ある。1セット3枚で850円なので、6セットで18種類大人買い?無駄遣い?をしてみた。






木製なので、木目も違うだろうし、撮影の仕方によってかなり色も違うだろうし、区別はつくのだろうか?どんな形で送ってくるのだろう?とまず考えてみた。ピック1枚ずつビニールの袋に入って、木の種類がわかるタグでもついてるのかな?それとも18枚全部混ざって送ってくるのかな?そうなると最悪どのピックがどの種類の木か判断できないだろうというのは想定できた。






送られてきた包みを開けると、3枚ずつプチプチに包んだものが6つ入っていた。チェックしてみると、木目も色もサイトに載っている見本と較べると結構違っていた。正直手違いで同じ木材のピックが2枚入っていても見分けがつかない場合もあるだろうと思われるぐらい素人には見分けは難しい。1~18まで1~3、4~6、7~9、10~12、13~15、16~18というように番号順に注文したのでたぶん3ずつ番号順に入っているだろうと仮定して木の種類を判別することにした。







・色的には蛍光灯の5ミリぐらいに近づけて見ると、サンプルの木の色と似ている色になるものが多い。サンプルの写真を撮るときにかなり強いライトを当てたと思われる。


・サンプルのようなわかりやすいはっきりした木目が全くなく単なる単色の木のピックというのはかなり見分けが難しい。







ということで、サンプルを何度も眺めたり、ピックを蛍光灯の近くまで持っていき色を確認したりで自分なりに仕分けしてみた。












timber tones 1-3


Hard
1.リグナムバイタ4500
2.アフリカンエボニー3320
3.マッカーサーエボニー3220






黒いの2枚と黄土色1枚で1~3と判断。しかしエボニー2枚はほとんどわかりやすい木目が見えないのでアフリカンなのかマッカーサーなのか判断に苦労した。サンプルをみてゆらゆらしてそうな木目をアフリカン、真っ直ぐそうな木目をマッカーサーとしてみた。合っているかどうかはわからないですね。(笑












timber tones 4-6



4.ソノケリン3080
5.ブラッドウッド2990
6.パープルハート2713






この3枚は4~6と判断した。ブラッドウッドとパープルハートは見本の写真と全然違う色の気がするが、右のピックは明らかに紫色なのでパープルハートとしてみた。それから考えるとブラッドは血だから赤めの真ん中のピック。ソノケリンはちょっとサンプルと似てるかな。












timber tones 7-9



Medium
7.サテンウッド2600
8.ジャトバ2350
9.メキシカンボコテ2200




この7~9はかなり難しい。サンプルを見るとメキシカンボコテがシマの木目がある。右のピックは木目がちょっと違うがシマがあるのでメキシカンボコテとしてみた。左と真ん中は目立つ木目のない単色の木でほぼ同じ色。これ同じ木材のピックじゃないかな?という感じ。サンプルを見るとサテンウッドよりジャトバのほうが色が濃いので色の濃さだけで決めてみた。ということで勘です。これはわからないね。(笑












timber tones 10-12



10.ゼブラウッド2160
11.ブビンガ1980
12.サントスローズウッド1780





ゼブラウッドとサントスローズウッドはサンプルと同じような縦縞の木目が出ていますね。ブビンガはサンプルのような木目は全くない単色の木。これ本当にブビンガ?














timber tones 13-15



Soft
13.アフロモシア1560
14.アフリカンサペリ1510
15.カーリーメイプル1450





残念ながら一番期待していたカーリーメイプルにはカーリーはなかった。表示をメイプルと変えたほうが正確な表示になるんじゃないですかね。この13~15のセットですがわかりやすい木目がない単色の木だと色の濃さだけで判断するしかない。ほぼ同じような感じなので7~9のセットと見分けがつきにくいですね。












timber tones 16-18



ココボロ1140
オバンコール900
アフリカンマホガニー830






左の真っ赤なピックは見本と全然違う色をしてますが、これココボロなんでしょうか?真ん中のオバンコールは見本の木目と色と似ていますね。右はアフリカンマホガニーっぽいですね。





ということで難航しながらも18種類のピックを分類してみましたが、合っているかどうかは不明。同じ木材のピックが2枚入っていないことを祈ります。(笑 まあこうなるとちょっと企画倒れだったかもしれないですね。(笑






さて、使った感じですがすべる感じもなく持ちやすいですね。エボニーの硬くてヒヤッとした感じは好きですね。
音ですが、ピックによる音の違いは聞いている人にはわからないかもしれないですね。弾いている人がピックの硬さとか感覚で、硬いピックは硬いシャープな音、柔らかいピックはソフトでマイルドな音というような感覚を持つかもしれないですね。

























スポンサーサイト
  1. 2011/05/08(日) 20:40:43|
  2. ピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そろそろ | ホーム | アンティーク>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/2355-2c4fb3ad

ジン

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search