ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

ネックの厚み









さて、ご無沙汰しています。土曜から月曜日まで新潟の長岡というところまでぶらっと行ってきました。新潟はご飯が上手いと評判は聞いていたのですが、土曜の夜ぶらっと外に出てみましたが、すでに店は開いておらず、というか店はあるのか?で、日曜の昼に地元の洋風カツ丼の店があると言うので行ってみると準備中。で、結局パスタを食べました。ということで食べたのはコンビニのご飯とホテルの朝食のご飯。ご飯が上手いのかわからずに新潟から帰ってきたのでした。で、土曜日に書いておいて、アップできなかった記事です。







kamaka hf-1d 1999 head side






さて、楽器を弾いていてあれ?っと違いに気づくことがあるはずです。カマカのソプラノデラックスホワイトラベルを弾いてみて、ちょっとネック太いなと思ったので、ソプラノのウクレレ19本、1フレットの真ん中あたりのネックの厚みを測ってみました。





カマカのネックの厚みは大体が15ミリ、それに対してソプラノデラックスのホワイトラベルだけ16ミリでした。ホワイトラベルってネックの厚みあるのでしょうか?ホワイトラベルは1本しか持っていないのでわからないです。





もちろん一番太いオイハタのウクレレを弾いたときも太いと思いましたね。オイハタのネックはクラシックギターの形状に近いですかね。マーチンを始めて弾いたときもがっちりとした太いネックという印象がありました。茶位はちょっと丸に近いネックなので、平な弧の方が弾きやすいかなと思います。





薄いネックの方が弾きやすい、厚いネックの方が弾きやすいと人それぞれ好みはあると思いますが、私の場合は15~17ミリの厚みのネックが弾きやすいですかね。普段弾いているエレキギターが18ミリぐらいですのである程度厚みがあったほうが好みと思います。






日本のナカニシ系、ティーズ系のウクレレのネックは12~14ミリと細めですね。






kamaka hf-1 2007 15
kamaka hp-1 2002 14
kamaka hf-1 2003 15
kamaka hf-1d 2001 15
kamaka hf-1d 1999 16

t's sm-3m/'33 13
t's sd-300pf 12
t's sd-220/ltd 13
t's es-101 13
luna ls-7r 14
luna ls-3m 13

martin 3 uke 15
martin 3k uke 15
martin 3c uke 15

nakanishi pm-85 13
nakanishi maple 13

asturias v maho 14

chai no.35 17

oihata st-1 17

















スポンサーサイト
  1. 2011/08/23(火) 18:44:43|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<カマカ12連発 | ホーム | ソプラノ~>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/2519-9e714bb4

最短距離でエレキギターを上達させる練習方法とは

あなたは、いつまでギターに苦労するつもりですか?「従来の方法」では、ギターの練習量を増やしてライバルに差をつけるしか方法はありません。今あなたに必要なのは、あっというまにギターが上達する方法ではありませんか?
  1. 2011/09/26(月) 08:06:51 |
  2. 最短ギター上達法

ジン

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search