ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

S1










マーチンのソプラノウクレレメキシコ製です。マホガニーボディーにサドルは細いタイプですので、旧タイプのウクレレですね。新タイプは太いサドルで調整されています。3月に購入して2、3時間弾いて出品ということです。ウクレレは購入売却のサイクルが早い例ですね。定価57750円、実売価格46200円です。開始価格が29800円ですから定価の51.6%、販売価格の64.5%からの開始ですね。欲しい方はいかがでしょうか?





http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n106732007
Martin S1 Uke















2008年のリーマンショック以来15万円以上のウクレレは売れなくなったと言われています。震災後さらにガクッと中古の価格が下がったようです。当然買取価格もガクッと下がっているようです。ウクレレの中古も定価の55%、高額な場合は定価の50%、さらに高額な場合は定価の40%台の販売価格となっています。オークションで定価の50~55%での開始となると中古ショップと変わらない価格になるということですね。まあ、でも欲しくなると止まらなくなる人がいるのがオークションです。2、3万のお小遣いで何とかなる価格帯なら買う人もいるのかもしれないですね。






しかし、購入売却のサイクルが短い人には厳しい世の中ですね。ウクレレの投資価値、財産価値はほとんどないと言っても良いのかもしれませんね。たとえば定価10万円のウクレレを買ったとします。まあ10%引きで91000円で購入なんてあるんじゃないでしょうか。購入売却のサイクルが早いですから2、3日弾いて飽きて2、3か月後に売却するわけです。販売価格は定価の50~55%ですから、50000~55000円で販売です。下取り価格は販売価格の50~55%ですから25000~30250円です。91000円で購入したものが3分の1以下になってしまうということですね。頻繁に下取りに出している人はウクレレの買い取り価格が下がってって嘆くのは当たり前ですね。





今こそ長期間持っておきたい価値のあるウクレレを買う時期になっているのでしょうね。ちょっと音を試してみたい程度なら楽器店へ行って試奏して来ればいいだけですね。たぶん人それぞれ楽器の売却習慣ってあるはずですから、まあ2、3回弾いて飽きて売ってしまう人は高い道楽になるってことですね。






最近オークションでもこの価格では中古ショップと変わらない、保証もないのにいくらなんでも誰も入札しないだろうって言う個人の出品者が結構いますね。その価格で2、3ヶ月ずっと出品していても誰も入札しないケースが結構ありますね。オークションで中古を落札して、自分が落札した価格で出品するっている個人の人がいますよね。ウクレレの価値が下がっていることに気づいていないんでしょうか?あと質屋さんもこの価格では一生売れないだろうって価格でずっとオークションに出品している時がありますね。いつ売れるんだろうって思っているウクレレがオークションで数本あります。ウクレレも売れな時代に完全に入ってるんでしょうね。

























スポンサーサイト
  1. 2012/05/17(木) 18:46:18|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<これはすごいや | ホーム | 2K>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/3027-b2d5184d

ジン

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search