FC2ブログ

ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

安い?











マーチンのスタイル0です。マホガニーボディーの12フレットまでのシンプルなウクレレです。Made in USAとあるのでボディー内部の焼き印にそうあるのでしょうね。そうすると1962年以降のウクレレだと思われます。売主もウクレレはあまり詳しくないらしくほとんど説明はないですね。1000円開始なのでマーチンのビンテージをお安く手に入れるチャンスかもしれないですね。






http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r91721181
Martin Style 0















こちらは2011年に生産終了になったメキシコ製のS0Ukeです。こちらもマホガニーボディーに12フレットまでのシンプルなウクレレです。






http://page19.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x227101936
Martin S0 Uke





















やはりオークションですね。安い物は人気がありますね。今は2極化しているんですかね?オークションで1円スタートの安いウクレレを買うか、ショップで1万円以下、1万円前後の安いウクレレを買うか、ハンドクラフトやカマカの木目の良い限定モデル的なウクレレを買うかという感じですね。







オークションで高い物はいくら木目が良くても敬遠されがちですかね。保証もないですし。個人でいくら弾いてない新品と言い張っても自称新品という場合もありますからね。それに実際弾いていて明らかに虚偽の説明をしている人もいますよね。オークションの説明は初めから信じられないと思っている人もいるようです。






そうするといくら名門のマーチンやカマカと言えども、2、3Ukeシリーズやデラックスシリーズの高額モデルを出しても、これは素晴らしい木目だとか、これはなかなか凝った丁寧な作りだ、これは素晴らしい音だと消費者に認められないと売れないということでしょうね。今後マーチンやカマカの売れ行きの動向が今のウクレレの売れ行きを見るうえで非常に興味深いですね。






ところで、世の中はボーナスが出たと聞きますが、ウクレレの売れ行きがぱったりと止まりましたね。ハンドクラフトとカマカの限定モデルでお金を使ってしまった人がウクレレを買うのを控えているのか?それとも素晴らしいモデルが出てくるのを待っている状態なのか?さて、私にはわかりません。どうなのでしょうか?





























スポンサーサイト



  1. 2012/06/30(土) 20:34:42|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1本いかが~? | ホーム | 青い>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/3118-853fe60a

ジン

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search