ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

大げさな表現











楽器ショップも個人も楽器を売るためにいろいろな強調した言葉を使いますね。本当なんでしょうか?楽器のことを知らない初心者の人なら信じてしまうかもしれません。例えばトップハワイアンコア単板という記述なら、それが事実なら正確な記述ですよね。





美品なんていう言葉は主観がかなりふくまれますよね。美品というので買ってみたら、使用感が明らかにあり、むしろ一般的な中古品より劣る状態にある、まるで詐欺みたいな楽器店もあるのが事実です。まあ、ウクレレプレーヤーが楽器の扱いが雑、弾き方が雑、すぐに飽きて楽器を手放すというのもあるのだと思いますが。そんな楽器を買い取った楽器店も売らざるを得ないですからね。弾き傷いっぱいの雑な弾き方をされた中古楽器を買ってしまった次のオーナーも飛んだ災難ですよね。





定価の50%オフというのは主観のない正確な表現ですね。まあ50%オフというのが安いかどうかは品物にもよりますが。製作元が売れなくて困ってアウトレットで在庫処分する場合もありますし。格安というのもあいまいな表現ですよね。通常どこも5万円で売っているものが、2万円で売られるなら格安かもしれないです。格安とは値段が普通より特に安いことということです。特にというのが人によって違うかもしれないですが。






今やカマカはオンライン上に200本近く在庫があって、ハワイより在庫があるんじゃないですかね。レアとか早い者勝ちという言葉は当てはまらないですよね。






日本ではウクレレを何本も買い込んで、1分か2分しか弾いていなくて、買って1週間後にオークションで売却するという人が結構いますね。超レアとか、早い者勝ちとか、めったに入荷しませんとか、格安とか、極上品とか、あいまいで消費者に誤解を与えたり、急かしたりして、購入をあおるような言葉を使うショップや個人からは購入しない方が良いかもしれませんね。












商品に希少性があることを強調する表現
超レア、希少品、二度とありません、次の入荷は未定です、予約待ちの商品、残りわずか、ラスト1本、待望の入荷、久々入荷、非常に入手困難、めったに入荷しません。




商品の状態の良さを強調する表現
極上品、超美品、新品同様、




商品の安さや価値を強調する表現
格安、お買い得、お値打ち、絶対チャンスです、人気商品、




消費者に購入を急かす表現
早い者勝ち、お早めに、






































スポンサーサイト
  1. 2012/09/04(火) 15:24:05|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最低落札価格 | ホーム | 夏の無駄遣い続行中>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/3256-0f79c2fe

ジン

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search