ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

カマカ ナカニシ マーチン








楽器整理でしょうか?商売している方でしょうか?不明ですが、カマカとナカニシの売却です。




カマカのパイナップル2001年製です。ボディーとネックがコア、指板とブリッジがローズウッドです。コアネックのパイナップルですね。このような旧スペックのモデルが欲しい方向けですね。




ナカニシはマーチンの60年代のスタイル3がモチーフになってるのでしょうか?トップスプルース、サイドバックローズウッドのソプラノとボディーマホガニーのソプラノです。





http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/toyscraft1998
カマカパイナップル、ナカニシPM-60、NS-85























カマカについてかんがえてみる
カマカのコアネックですが、製作したコアネックが在庫切れになるまでカマカのコアネックのウクレレは製造していたんじゃないですかね。私のコアネックのカマカは2003年の初めの物です。ハイGで弾いていると素朴ですがかなり甲高いシャリシャリ感のある音のウクレレですね。





カマカかマーチンか?やはりお小遣い3~4万円程度で買えるソプラノウクレレはオークションでは人気があると思われます。マーチンなら2万円前後のS0かS1Ukeは人気がありますね。カマカはコア単板でハワイ製で3~4万円で手に入る状態の良いホワイトラベルや現行ラベルのソプラノは魅力かもしれないいですね。マーチンのアメリカ製となるとお小遣い程度とはいきませんね。現在の2Ukeシリーズですがオークションでは10万円ほどの価格ではオークション利用者には魅力はないようですね。3Ukeが11万以下、3KUkeが12万以下となるとかなり魅力のようで入札はあるようです。ということで価格の手ごろさによる買いやすさと出回っている数ではオークションではカマカが圧倒的に有利で人気という印象を持っています。







ナカニシについて
マーチン本家がリーシューを出してくるとコピーモデルは衰退しますよね。ナカニシですが現在は製作が行われてないようですが、1990年~2000年の物が出回っているのではないでしょうか?2000年前後は演奏プラスDo It Yourselfで趣味の改造というのもウクレレ演奏の一部だったのでは。私はナカニシを2本持っていますが、1本は大ハズレ、弾き傷がつかないように貼ったシートを貼っていた感が思いっきり残っていてかなり美観を損ねていたり、ブリッジが浮いていました。ブリッジが1度飛んだあとちゃんと直せていない感じです。もう1本はオーナーがサドルを調整したようですが、美観的にはかなり汚い出来上がりでいつか交換しないといけないレベルでした。





ということでプロ並みに手先が器用でないならまた、楽器を取り扱う知識がないのなら、お金を払って、サドル調整、ペグ交換、ピックガード装着、修理をプロに頼みましょう。素人が改造するとウクレレの質や美観、価値が下がることも多々あると思います。





それからナカニシでなくティーズのウクレレをお勧めします。ティーズの方が音は抜群にいいです。


































スポンサーサイト
  1. 2012/09/08(土) 15:24:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プラネットウェーヴ | ホーム | マンゴー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/3267-78a4b891

ジン

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search