ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

傷つけた人は反省しましょう














コリングスのコアテナーです。ボディーコア、ネックマホガニー、指板とブリッジローズウッドですね。通常22万円ほどで売られているウクレレですが、弾き傷があるということで147000円です。写真ではちょっと傷の感じはわからないですが、欲しい方はいかがでしょうか?





http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01763016
Collings UT-1K















ウクレレを弾く人には随分雑な人がいるようで、ウクレレを弾くと傷がつくのは当たり前と思っている人がいるようです。まあ自分のウクレレならまだしも、誰かがお金を出して買うだろう商品のウクレレにも傷をつけて平気というのは無神経すぎますね。まあ中には楽器に傷が付くのがかっこいいの考える人がいるようですが、楽器を弾いているのではなく、楽器を壊しているような弾き方をしているのに気付かない人がいるのも怖いですね。




ショップによっては試奏の前に弾き傷がつかないようにフィルムを貼ってからお客に丁寧に渡すショップもありますね。まあ弾き傷防止とウクレレを丁寧に扱っているというショップだというのがアピールできますね。客にも丁寧に扱うようにアピールにもなりますね。無神経な人が多いので商品なので試奏する場合丁寧に扱ってくださいと貼り紙をするのも良いかもしれませんね。




弾き傷のあるウクレレを検品済みと平気で送ってくるショップもあるので、新品でも展示品の場合弾き傷がないかチェックしたほうがいいですね。まあ楽器店は信用しないという方向で間違ってないと思います。平気で傷のある楽器を送ってくる楽器店の多いこと。楽器は故障や傷が多いのでちゃんと前もって状態を客に知らせることができる良い楽器店を選ぶようにしましょう。





Martinの5Kの場合はさすがにショップに試奏を断られたという人もいるみたいですね。別件でショップに行ってこの客は買わないというのを見破られたのでしょうが、5Kの試奏は購入前提でお願いしますと断られたそうです。まあ基本的に試奏は購入前提でしょうね。買いもしないのに平気で弾いて、最終的に傷物の楽器を買う人の身になったらかわいそうな話ですよね。





技術的な話になると基本的にアコースティック楽器の場合弦以外にピックや指が当たるというのはノイズですので、丁寧に弾くのが重要ですね。感度の良いコンデンサーマイクで演奏を録音すると、自分の演奏を自分で聞いてみてノイズが多いのに愕然としますよね。ウクレレだから勢いで弾いていいということはないと思います。丁寧に弾くようにしましょう。




















































スポンサーサイト
  1. 2012/09/15(土) 02:36:32|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マーチンセール | ホーム | マーチンカスタムモデル>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/3286-390789a6

ジン

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search