ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

ソプラノデラックス










カマカのソプラノデラックス2006年製です。ボディーコア、ネックマホガニー、指板とブリッジがエボニーです。12フレットジョイントで、16フレットまであります。カーリーメイプルとロープバインディングで、ロープのロゼッタです。ギアペグに改造してあります。





http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n118443306
Kamaka HF-1D 2006










ウクレレ欲しい欲しい病にかかっている人だとカマカのソプラノデラックス欲しくなりますよね。まあレアだとか、希少だとか、10本限定だとか、日本限定だとか、そういう言葉に負けない精神力を付けておかないといけませんね(笑




私はというとウクレレ欲しい欲しい病は小康状態です。マーチンの2Kウケを9月に買ったので当分我慢するつもりですが、カマカの最新モデルのケースロゴ入りでサドルが調整してあるソプラノか、カマカのソプラノデラックスのカーリーメイプルのモデルの出物があったら欲しいですね。




このモデル該当機種ですね。やはりいくらウクレレ欲しい欲しい病でもポリシーを持ってないとだめですね。状態の良い物、オリジナルの状態を維持している物が欲しいですね。ご希望でしたらシャーラーのオリジナルペグを装着してとありますが、ギアペグを装着しているネジ穴が開いているので、シャーラーのペグ付け直したら美観的に最悪なウクレレになりますよ。




改造好きの人に言いたいですが、改造したらもう元には戻りませんね。ギアペグつけたらもうそのウクレレは最後までギアペグでしょう。もとに戻したら汚くなるだけです。オリジナルに戻して売ろうなんて気は辞めた方が良いですね。という点ではこちらのウクレレはギアペグのウクレレが欲しい人向けですね。





ゴトーのストレートペグに改造しても、オリジナルのシャーラーのペグに戻すと、金属パーツの痕が残って外観の汚いウクレレになります。改造好きの人きちんと責任を取りましょう。自分の好みで改造して次の人に外観の汚いウクレレを押し付けるのはないですよね。まあ、改造でオリジナルの状態を損ねた分は価格を安くするしかないでしょうね。












いや~、今日は雨ですね。とたんに湿度が58%ですね。日本の気候では楽器管理難しいですね。あまり気にしない人もいるようですが、冬は気を付けた方がいいですね。マーチンの湿度管理のページを読んではいかがでしょうか?






http://www.martinclubjp.com/set_maintenance.html
マーチン湿度管理

























































































スポンサーサイト
  1. 2012/11/17(土) 14:12:23|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高級機種ですが | ホーム | ジャパンリミテッド>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/3384-c45c0026

ジン

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search