ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

ビンテージマホガニー












ティーズのソプラノビンテージマホガニー2010年製です。ボディー40年物のビンテージマホガニー、ネックマホガニー、指板とブリッジがローズウッドです。マーチンタイプなので12フレットジョイント、17フレットまでです。トップのべっ甲風のバインディングに白黒のロゼッタですね。定価11万250円、新品販売価格99000円ほどでしょうか。63000円の販売ですから、定価の57%の販売ですね。





http://www.digimart.net/a-guitar/inst_detail.do?instrument_id=DS01860994
T's SM-110vm 2010












ビンテージマホガニーいいですね。狂いのない良い楽器を作るには、長期間材を自然乾燥させるシーズニングが重要と言われてますね。40年も置いたマホガニー材だと良い楽器ができますよね。




ティーズのウクレレで気が付いたのですが、材がちょっと薄めじゃないですか?カマカやマーチンはウクレレを構えてサウンドホールの左右に力木がフレットバーと平行に取り付けられていますが、ティーズはそれプラス、構えてサウンドホールの上下に弦と平行にテープ状の木材の補強が入ってますよね。内部の補強の貼り付けってどうなってるのでしょうかね?目視で見える範囲しかわからないですよね。




















































スポンサーサイト
  1. 2012/12/26(水) 13:16:22|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オータサン | ホーム | ソプラノデラックス>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/3457-eed5af7e

ジン

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search