ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

ウクレレっていくら?









DSCN6433.jpg






さて、ウクレレっていくら?という疑問ですが、楽器掲載サイトを見ると、1680円~168万円までありました。まあもっと安い物を探せば新品で1000円とかあると思います。オークションなら、不用品なのでお安くと数百円でとかありますよね。











自分の場合ウクレレを買おうと調査する前までは、ウクレレって500円で買えるものと勘違いしてました。価格調査してみて、こんな小さい物に数万円出せるのか?かなりな疑問を持ちました。なぜかその時茶位を気に入ってたのか、中古で見つけた茶位を購入というのが1本目です。





通常ウクレレを知っている人なら、1本目のウクレレはフェイマスと初心者の人に勧めるのではないでしょうか?ウクレレ生産日本一は前橋市で、前橋市には三ッ葉楽器がある。三ッ葉楽器はフェイマスブランドのウクレレを作っていますね。2万円前後でソプラノが買えるでしょうか。ウクレレの老舗メーカーということで安心は安心ですね。まあ、500円でウクレレが買えると思っていた人には高いかも?最近はアヌエヌエなんかも有名かもしれないですね。まあ家で弾く分には2000円のウクレレでポロ~ンと弾いてかわいい音がすると自分が満足すれば構わないとは思いますが。






買う時に注意することと言えば、サイズですかね。ソプラノ全長53センチ、コンサート全長60センチ、テナー全長69センチ、バリトン77センチですね。まあ持ってみて好みのサイズを買うと良いですね。多くの場合は価格的に手ごろということでソプラノを1本目に買う人が多いのではないでしょうか?ソプラノでは小さすぎてコンサートの方が弾き易いという人もいるようですね。





私のようにソプラノ派で、最近の曲は大体12フレットまでで弾けるようにアレンジしてあるから大丈夫ぐらいに思っている人間は12フレットまでのソプラノで大丈夫ですが、1本目に12フレットまでのウクレレを買うと、ウクレレの音域の狭さに次のウクレレがすぐ欲しくなるかもしれないですね。ハイGの場合、4弦はウクレレらしいコロコロした音を出すためで、音域を広げる効果はないですものね。欲がどんどん出てきて、ローGにしたり、最低限15フレットまでのウクレレが欲しくなったりするわけです。





話はだいぶそれましたが、では、ウクレレにいくら出せますか?まあ何事も分相応というのはありますね。マーチンのビンテージ5Kの168万円クラス、3Kの50万円クラス、3Mの40万円クラスはないですね。全くの分不相応です。まあ、基本的な予算は10万円じゃないでしょうか?出して10万円台後半、どうしてもということで25万ぐらいじゃないですかね。まあ、日本ってウクレレ高いですよね。






さて、本題ですが、例のマーチンの60年代の3Mのデッドストックですが、55万円が底値のようですね。さて、55万円出す人がいるのか、マーチンのビンテージの動向を見るうえでも非常に興味深いですね。






































スポンサーサイト
  1. 2013/03/02(土) 11:20:07|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カマカ値上がり | ホーム | 動き>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/3581-61670db1

ジン

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search