ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

哀愁のヨーロッパ























ブリトニー・パイヴァの演奏するEuropaです。カルロスサンタナが1976年にリリースしたアミーゴに収録されている邦題は哀愁のヨーロッパですね。当時はギターが泣くなどと表現しましたが、インストの懐メロという感じですね。





このブリトニーさんですが、ハワイを中心にアメリカ本土でも活動しているウクレレプレーヤーですが、23歳ぐらいですかね。Europaは生まれるずっと前の作品で、世代的に合っているという感じでもないですが。お客さん用に盛り上がりそうな曲を選んでるのかもしれないですね。オーバーザレインボーとかテイクファイブとか多くの人が知ってそうな曲も弾いてますね。





以前オーバーザレインボーでこのブログでも記事を書いたと思います。その時はコアロハのテナーを弾いていたのかな。今回は最新のビデオのようで、カマカのテナーに変わってますね。かなり木目の良いカーリーコアボディーにアバロンとローズウッドのバインディングとアバロンのロゼッタ、指板には名前のインレイが入っていますね。ヘッドはエボニーの化粧板、ペグはギタペグでエボニーのボタンとなっていますね。2007年に5500ドルで売り出したジェイクシマブクロモデルに近い感じですね。





















































スポンサーサイト
  1. 2013/03/05(火) 11:11:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グラっと | ホーム | 将棋の駒>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/3588-b953b93b

ジン

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search