ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

さて、夏の反省会











さて、クラシックギターを買うという話ですが、まだ買ってません。まあ、衝動買いをしないという点ではいいでしょうね。2008年からのウクレレ期では26本買ったわけですから、大人気ないという感じでしょうか?まあ、現行物か近年物のカマカやマーチン、それからT'sのソプラノのウクレレが自分には良いというのはわかりました。その勢いでクラシックギター買ってると浪費しそうですから、押さえて行きましょう。





しかし、クラシックは難しい。まず、自分はクラシックを聴き込んでないので、理想の音というのがわかってない。このギタリストと同じ音を出したいということで、好きなギタリストと同じギターを買うのが一番簡単ですが、200~400万は予算として出ない。~モデルと言って手が届く範囲のコピーモデルを何本も買うんだったら、本物を買うのが一番良いというのもわかるのですが、完全に予算オーバーの世界ですね。





さて、ではどうするか?とりあえず茶位と河野があるのですが、最上位機種もしくは2番目の機種が欲しい。予算は40万ほどか?これが難しい。最上位機種は100万ほどすることが多く、中古でも60万。ということで最上位機種は難しい。最上位機種を買うためにお金を貯めればいいという話もあるが。





出物がないという難点もありますね。この機種が欲しいと思ってもどのショップにも在庫がないということが多いですね。有名工房に新品を直接注文するという手もありますが、新品定価で注文して、2年後に出来上がってもね。クラシックギター期が終了している可能性もありますね。これは待ちきれません。





お金に糸目をつけないから、最高の音の最高のギターが欲しいなんて行かないのが世の中ですね。







そして、もう一つ難題が状態ですね。中古の古い物は状態を見極めるのが難しい。ギターショップまで行って試奏したとしても、傷の見落としがあったりしますね。ネックの反りやトップの膨らみなんて目視じゃわからないですね。まあ、弦高に気を付けて弾き易いか確かめる程度でしょう。素人は見落としってかなりありますから、冷静になって家でじっくりチェックってことでもしないと厳しいですね。また前オーナーの取り扱い方や弾き方でも中古の状態は違ってきますから、人任せということですよね。最終的に売却するなら、自分勝手に改造しつくしたり、めちゃくちゃな弾き方はしないでほしいですよね。






ということでまとめると中古・上級機種・美品・状態良し、音良し、予算40万円の手工製クラシックギターってないでしょうかね?ないでしょうね。まあ知識のある人だったら、それだったら100万は出してもらわないとと言うところでしょうね。






結局出物がなく、河野のペグをゴトーの良いペグに交換しておしまいという可能性もあるかもしれないですね。どうも河野のペグがきしむので替え時なんでしょう。





























スポンサーサイト
  1. 2013/09/01(日) 02:33:24|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハカランダ | ホーム | カマカ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/3787-8bf312d8

ジン

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search