ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

普及モデル










今井勇一の普及モデルです。トップスプルース、サイドバックがローズウッドです。ウレタン塗装ですね。普及モデルですが定価は39.9万円と高価なギターです。




http://www.j-guitar.com/product_id322571.html
今井勇一YJ-EX 2010























今井勇一というと注文すると2、3年待ちという話しは聞きますね。よっぽど人気があって、本数も大量生産してないようなので入手も難しいということでしょうか。ショップなどから普及モデル製作の依頼もあったのでしょうか?設計、監修、トップの板の製作が今井氏の担当で、組み立てと塗装はアストリアスで行われているようです。これはご本人の普及モデルというよりは、今井勇一アンドアストリアスという感じになるんですかね。




アランフェスは桜井正毅氏が監修、トップ板を作っている機種もあるようですが、桜井正毅ブランドではないですね。やはり設計者が重要なんでしょうか?有名作家が作家名アンドサンと息子と共同制作している場合もあるようですね。ロマリニョスはトップをロマニリョスが作って後は息子が製作するロマリニョスアンドサンというギターがありますね。





アストリアスは量産ギター工場ですから、複数の担当者で製作していることも考えられますね。そうなると手工製というよりは、今井勇一のアストリアスギター工場における量産ギターという感じかもしれませんね。





アストリアスの製品は良く辻渡のサインがしてありますね。辻渡という機種もあって、105万の最上機種のグランスプレマという機種もありますが、全行程辻渡が監修とありますよね。製作ではないのですよね。これも好みかとは思いますが、量産品の良いギターということでは欲しいギターのリストに入るかもしれないです。手工製の良いギターということでは欲しいギターのリストに入らないかもしれないですね。












































スポンサーサイト
  1. 2013/09/19(木) 04:09:23|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<変な夢 | ホーム | 安物>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/3804-c2157bf5

ジン

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search