ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

ハカランダ












昔のギターの教則本にギターのバックの杢目は正目で木目の間隔が均等で節のない物が良いと書いてあったと以前に書きました。ローズウッドならそのような杢目のきれいなものは結構ありますね。そのためローズウッドを使うギター製作家もいるということです。





現在ハカランダとなると、正目なのかもわからない杢目、正目であっても均等な杢目のものはほとんどなく、節ばかりということが多いと思います。ハカランダで木目のきれいなものは存在するのか?アコースティックギターですが、これは結構きれいな杢目ではないでしょうか?68年製ですか。やはりこの頃はまだきれいな杢目のハカランダもあったのでしょうね。しかし、ワシントン条約の影響もあってよい木目のハカランダはもうほとんどなくなっているのでしょうね。






http://www.j-guitar.com/product_id128086.html






















スポンサーサイト
  1. 2013/10/10(木) 23:23:14|
  2. ウクレレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<セミハードケース | ホーム | 欲しい物がないのか?>>

コメント

以前も書いたかもしれませんが
ハカランダはビンマホみたいなもんだと思うんですよね
古い材しかないから通常の材よりも長く寝かされていて
通常のローズとかより初めから深い響きがする
ギターなんて気づけば10年20年弾いてるもんですし
目の詰まったローズウッドを狙った方がコストパフォは良い気がします
思い付きですが T's等で6弦のバリトンとかオーダーするとかはいかがですか?
  1. 2013/10/11(金) 16:21:02 |
  2. URL |
  3. まほ #57JCgJLU
  4. [ 編集]

杢目から言うとローズウッドのほうが圧倒的に良いですよね。
今はもう良い木目のハカランダはないそうです。
まあハカランダにこだわる必要はないわけですが。
人気のメーカーの人気の機種ならローズウッドでも
全く問題ないんじゃないですか。
ただ、安易に楽器は買ってはいけないですね。
買取でこりました。

オーダーは短気すぎるのでしょうか?
気長に待つということができないですね。
趣向がコロコロ変わるからか、
出来上がった時には必要ないなんてことがあるかもしれません。
  1. 2013/10/11(金) 22:52:12 |
  2. URL |
  3. ジン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/3824-9daddf6a

ジン

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search