ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

結局。。。












さて~、昨年の5月からクラシックギター期に入って、クラシックギターを物色していましたが、どうも今ギターに40~60万円出す財力はない。そのぐらい資金があったら良いギターが2本買える感じです。ということで、結局、家で気軽に弾けて、近所迷惑にならないように生音の小さいギターを買うことにしました。





で、前から良いと思っていた、ギブソンのミッドタウンを買うことにしました。600本限定カラマズーと言うことで、セミホローですが、ジャズギターっぽい風貌です。レスポールより大きく、335よりは小さい、中間ぐらいぐらいの大きさかな?と思って買ったのですが、届いてみると結構大きい箱に入ってました。



















gibson midtown kalamazoo box






長さが113センチ、横幅が44センチの箱で結構重い。箱がカメラに入りきらなかったので、ロゴとヘッドの絵のところだけです。これだけ重いということはいつものカナダ製のケースでしょうか?ロゴ入りの箱取って置きたいですが、邪魔ですよね。
















gibson midtown kalamazoo case





ケースの小物入れの中を見ると、タグにMade in Canadaと書いてあって、重さからいうとボブレン社製でしょうね。ギブソンのロゴの入ったかなりしっかりしたケースです。持ち運びをするには重くて向かないでしょうね。持ち運ぶにはソフトケースを買ったほうがいいですね。ケースの全長ですが、108センチです。335は持ってないので、165のケースと較べると、165の全長は114センチと6センチ長いですね。ボディーのところの大きさはほぼ同じで、厚さが12センチと16センチで4センチミッドタウンの方が薄いですね。165のケースと幅が同じということはそれなりに大きいということでしょうね。横から見ると、厚さに関してはコンパクトで、良いですね。

















gibson midtown kalamazoo front




ちょっと見た感じギブソンのバードランドかな?という風貌です。全長103センチです。165が全長105センチですからほぼ変わらないですね。














gibson midtown kalamazoo back





裏はというと、まったくフルアコとかセミアコとか言う感じでなく、レスポールかなという感じですね。ネックもボディーもマホガニーで同じ色でシンプルですね。ネックのジョイントあたりが黒く塗装されています。バードランドに近いネックのようです。















gibson midtown kalamazoo body fron





トップはメイプルです。ボディーの長さは49センチ、165は53センチです。上部幅が29センチ、中部幅が23センチ、下部幅が38センチです165は29/33/47ですから上から見た感じはほぼ変わらないですね。ボディー厚は4.5と薄めです。ギターを持った感じ、大きさは感じないですね。ただストラトなどのエレクトリックギターのように小さくはないです。165が厚さが8.5センチですから、4センチ違うと持ちやすさが違いますね。サイドからのボディー厚の写真撮るの忘れました。また今度ということで。





見た感じ、ボディーの形状、ベネチアンカッタウェイ、ビンテージサンバースト、ピックガード、2ピックアップ、スイッチ、コントロールノブ、fホールとバードランドっぽいですね。ブリッジはチューンオーマチックと335とかレスポールという感じです。テールピースは165と同じでゴールドパーツの175に使われているテールピースですね。何とも盛りだくさんというか?バードランドと全く同じというのは避けたというか?という感じです。トップ表面は真っ平らです。アーチトップのようにアーチになってません。ホローボディでボディーの真ん中がソリッドで、両端が空洞になっています。今見たらfホールのところの黒く塗る処理が雑で木肌が見えているのに気付きました。
















gibson midtown kalamazoo body back





バックはマホガニーです。上の丸いカバーはスイッチですね。下のカバーはボリュームとトーンのコントロールのフタですね。裏を見ると全くフルアコでもセミアコでもなく、レスポールという感じですね。















gibson midtown kalamazoo fingerboard





指板ですが、22フレットまでです。写真が全部映ってないですね。雑な写真の撮り方をしました。ミッドタウンのカスタムは指板に再生紙を樹脂で固めたリッチライトという素材を使っていましたが、このカラマズーはローズウッドのようです。普通に木を使ったほうが良い気がします。カスタムを買おうかどうか迷ったのですが、新素材はどうなのかな???という感じでした。将来的にフレットバーの交換などどうなのかな?という疑問もありましたね。ローズウッドの方が長く使われている実績があるので安心度はありますね。自分的にこのブロックのポジションマークは見ずらい感じもします。















gibson midtown kalamazoo headstock





ミッドタウンの特徴としてギブソンのギターとしては低価格帯に入るのに、ヘッドのロゴが上位機種に入っているロゴだということですね。こちらのフラワーポットロゴはエルゴやバードランドと上位機種のフルアコに入っているロゴですね。見た目重視という方にはおすすめですね。















gibson midtown kalamazoo tuner






ゴールドパーツのグローバーの糸巻です。丸い所を回すとロックされるようです。つまみの形状とかも好みのタイプの形状です。ただこのゴールドパーツ曇るかもしれないですね。湿気取を入れて置くと金属パーツ曇りにくいですね。










まだアンプを通してません。レスポールに近いボディーを想像してたのですが、フルアコやセミアコと変わらないボディーの大きさです。厚さが4.5センチと薄いので持ちやすいことは持ちやすいですね。ただ体の小さい人は大きいと感じるかも。まあ家で練習するようには気軽に出して、生音も大きくないので近所迷惑にもならずいい感じですね。フルアコだと結構大きい音が出ますからね。






ということで、クラシックギターに関しては当分考えて、時間が経っても欲しかったら買うという感じにしたいと思います。これを買ったので、当分買わないだろうという感じです。























Gibson Midtown / Gibson 165
箱全長113 横44 奥行17
ケース
Mid 全長108 ヘッド部幅19 ボディー上部幅37 中部幅33 下部幅45 厚さ12
165 全長114 ベッド部幅19 ボディー上部幅38 中部幅33 下部幅47 厚さ16

全長 103 / 105
ボディー長 49 / 53
ボディー上部幅 29 / 29
ボディー中部幅 23 / 24
ボディー下部幅 38 / 41
ボディー厚さ 4.5 / 8.5
ナット幅 4.4 / 4.5
弦長 59.7 / 62.8






































スポンサーサイト
  1. 2014/02/20(木) 19:19:54|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<野呂一生 | ホーム | カマカデテナーラックス中古>>

コメント

最近は、クラシックギターとウクレレの面に行かれておりまして
ちょっとご無沙汰しておりました。
久しぶりに訪れると
アーチトップをご購入のようで、またこちらの世界に来られることを期待しております。
  1. 2014/02/26(水) 09:11:41 |
  2. URL |
  3. LOCKJAW #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。
ギターは弾いていたのですが、
ウクレレの話題が主になってました。
こちらジャズギターっぽく見えますが
レスポールをジャズギターっぽくした感じです。
ジャズギターよりは弾き易いです。
ギターの話題も書いていきますのでよろしくお願いします。
  1. 2014/02/27(木) 01:17:29 |
  2. URL |
  3. ジン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/3896-694087c6

ジン

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search