ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

どうしても欲しい人向け












7~9月期の国内総生産が0.4%減、実質年率で1.6%減というニュースがありましたね。消費増税後の4~6月期が1.7%減、年率で7.1%減ですから、消費増税後戻ってないということですね。国内総生産は前期との比較ですので、4~6月期と比べて、7~9期はさらに下がったということですね。消費増税後景気が戻ってないということになります。




円安も進んでいますね。1ドル117円と輸入品は値上げしないといけない段階に来ているのかもしれないですね。




有識者会議では10人中8人は消費税10%にすることに賛成したそうですが、ニュースを見ていると内容が薄いですね。市民に増税賛成か反対か聞くだけ。賛成の人に将来の人のために責任を取らないといけないという人もいましたが、10%に消費税を上げただけで責任取れるものなのですかね。賛成か反対かより専門家の財政改革案をいろいろと説明するぐらいのことは必要ですよね。





財政再建の段階としては財政赤字をなくしていく、黒字化する、黒字を増やし借金を返していく、そして借金を完済する。専門家は各段階における対策があるはずですが、ただ今赤字を減らすには程遠い状態ですので、単なる机上の空論も多いかもしれないですね。




ただ今国家予算は95兆円、消費増税で税収は50兆円になる予定ですが、どう見ても45兆円足りないですよね。消費税を1%上げると2.5兆円の増収になります。10%にしたとしても55兆円で、40兆円足りません。消費税で40兆円をカバーするとなるともう16%上げないとなりません。




借金を返してこそ責任を取ったと言えます。利子を考えないで25兆円ずつ返したとしても1000兆円の借金を返すには40年かかります。25兆円となると消費税は10%上げる必要があります。借金をせず、借金を返すとなると消費税は36%にする必要があります。





どうも政治家や官僚は消費税を財政が足りなくなったらあげるという魔法の杖みたいな感じで導入した感じですが、消費税を36%にして日本人は生活していけるのでしょうか?無理ですよね。そうなると消費増税以外の方策も必要になってきます。





さて、前置きが長くなりましたが、景気も良くない日本ですが、この前ニュースを見ていたら円安の中、数十万するギターやウクレレが売れているそうですが、高額なギターやウクレレは「どうしても欲しい人向け」だそうです。それはそうですよね。良く10本限定とかありますが、日本で10人しか手にしないわけですから、よっぽど欲しい人向けの高額商品となるのでしょうね。どうしても欲しい少数の人向けの商品ですから、値下げする必要はない。どうしても欲しいなら高額ですという商品なのでしょうね。一般向けではなく、ごく少数のマニア向けとなるわけですね。






























スポンサーサイト
  1. 2014/11/21(金) 13:03:18|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイドウォーター | ホーム | カスタマーレビュー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/4130-325a1356

ジン

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search