ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

自宅練習用アンプ








さて、自宅練習用アンプについて。はがきがほぼA6の大きさです。そして、フェンダーのミニツインアンプなどアンプというよりはインテリアにどうぞとコメントが書き込まれているミニアンプと呼ばれる機種は大体B6のサイズですね。12x17センチの箱だとスピーカーが入ってしまうとそれでスペースがいっぱいということでしょうか。





そして自宅練習用アンプと呼ばれるもの定番が30x30センチの大きさの大きさでしょうか。マーシャルのMG-10などがそうですね。ライブなどで使われているアンプの中で小さい方のAER Compact 60で26x33センチですから、まあ30x30センチは小型と言っていいのでしょうね。





そして、日本の住宅事情を考慮してでしょうか?さらに小さいアンプということで24x24センチほどのアンプ、ローランドマイクロキューブとかフェンダーのムスタングミニなどが発売されてますね。24x24センチの箱だとスピーカーとエフェクターの基盤を入れるとこれでいっぱいという感じでしょうか。私が持っていたフェンダーのダイスはA4サイズだったんですね。それでも結構大きく感じました。でもそれで大きいと感じるともうアンプの購入は無理ですよね。コンパクトということだったらムスタングミニやマイクロキューブはいいですよね。





AER Compact 60 260 x 325 x 235 mm
Marshall MG-10 296 x 314 x 175 mm
Marshall MG-2CFX 260 x 263 x 175 mm
Fender Mustang Mini 240 x 240 x 170 nn
Roland Micro Cube 227 x 247 x 172 mm
Fender Dice 220 x 290 x 180 mm
Mini '57 Twin Amp 125 x 170 x 67 mm



用紙のサイズ
B4 257 x 364 mm
A4 210 x 297 mm
B5 182 x 257 mm
A5 148 x 210 mm
B6 128 x 182 mm (ミニアンプ)
A6 105 x 148 mm (はがき)










ということで、練習用アンプは小さ目のもので24x24センチぐらいの大きさのものがあって、まあ小さいアンプが欲しいならそのあたりで買うということでしょうか。




ただ、ほぼアンプ直結でエフェクターは使ってもリバーブを軽く掛けるぐらい、エフェクターをたくさん掛けて楽しむという感じでもないので、エフェクターがたくさんついてますというタイプのアンプを買ってももてあます可能性大ですね。今まで欲しいと思って検索していたのはフェンダーのチャンプとかAERのCompact 60です。お金をためておいて生音が良い小型アンプを買うのがいいですかね。

































スポンサーサイト
  1. 2015/01/08(木) 12:47:30|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブリーフケース | ホーム | アンプシミュレーター>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/4165-4a39183b

ジン

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search