ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

56年




















エリックジョンソンが、フェンダーUSAアメリカンビンテージ56年ストラトキャスターを試奏するというビデオ。最初に弾いているのがビンテージの1957年ストラトキャスター。そして試奏するのが新しいビンテージシリーズの56年のリイシューモデル。やはり、ビンテージと較べると新しいギターは音が新しいという感じでしょうか。シャキシャキ感が強いという感じがします。しかし、良い音してます。ビンテージに近い感じの音は出てますよね。ビンテージのギターは買うと高くつきますから、ビンテージシリーズ、コストパフォーマンスは良いと言えるでしょう。




























スポンサーサイト
  1. 2015/05/26(火) 04:45:16|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マンハッタン | ホーム | エリックジョンソン>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/4225-951de686

ジン

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search