ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

珍事











史上初、セリーグ全チームが勝率5割を切りました。首位ヤクルトが37勝38敗で借金1、2位阪神が36勝37敗で借金1、3位巨人が37勝39敗で借金2、4位DeNAが36勝38敗で借金2、5位広島が35勝37敗で借金2、6位中日が33勝42敗で借金9。9回に3対1で勝っていた阪神がDeNAに逆転負けするとは思いませんでした。これは本当に大珍事ですね。




ただ今、地上波での巨人戦のナイターは、5月に3試合、6月に1試合、視聴率は8%というところ。人気回復にいろいろと試みたいのはわかりますが、1ヶ月間もリーグ戦を中断して、交流戦を行うって、ペナントレース軽視としか言えないですね。まあ、スポンサーがついている手前、大人の事情で交流戦と銘打って大々的に1か月間行わざるおえないのでしょうけれど。




まあ、メジャーのマネをして交流戦を始めたのでしょうけれど、1か月間交流戦を行うってペナントレース軽視し過ぎです。ペナントレースに大きな影響を出さずに交流戦を行うなら、月に一度、4月~9月の第2週目の週末とかに、交流戦ウイークエンドと銘打って各チーム3試合行うのが無難かと思います。そうすれば各チーム他のリーグの6チームと対戦することができます。各チーム月に1度なら大きな影響はでないでしょう。





クライマックスシリーズもメジャーのプレイオフのマネをして開始したのでしょうけれど、メジャーの場合は地区優勝したチームとワイルドカードのチームが参加、まあ優勝決定戦と言えるでしょうけれど、日本プロ野球の場合は、ペナントレースで1位、2位、3位としっかり順位が決まっているのに、優勝決定戦もないでしょう。これもペナントレースの軽視ですよね。ペナントレースで優勝したチームが日本シリーズに出場すべきです。お粗末なのは、勝率5割に満たない3位チーム同士の日本シリーズだってあり得るわけです。人気のないチームが日本シリーズに出場しそうだとスポンサーがなかなか決まらない。日本プロ野球の優勝決定戦の日本シリーズなのに試合の地上波放送が行われないなんてことも起こってしまいます。






集客のためにいろいろなことをしてみたいのでしょうけれど、明らかに支障がでてますよね。ペナントレースを重視して、交流戦は月に各チーム3試合、ペナントレースで優勝したチームが日本シリーズに出場する。そんな感じが良いのではないでしょうか。


































スポンサーサイト
  1. 2015/07/03(金) 23:09:09|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<57 | ホーム | ビンテージ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/4238-161c1309

ジン

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search