ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

アッシュとアルダー











さて、アッシュとアルダーについて検索してみました。まあ、ネットの検索なので都市伝説かもしれません。ストラトのボディー材にはアッシュとアルダーが使われることが多いようです。



54~55はアッシュ、56からアルダー、70年代後半からアッシュが使われていたようです。ネットのストラトに商品説明に必ずと言っていいほど、重量3.5キロ、軽いですとか書いてあることがほとんどですが、どうもアッシュ材は重くて4.5キロのストラトがあるとか、重い分低音が出るという記述もあります。ということで、ギターの軽さにこだわる場合はアルダー材のストラトを選ぶということがあるようです。



アッシュ材は杢目きれいなのでナチュラルのストラトはアッシュ材が使われているとか記述もありますね。



まあ、楽器は音が重要なので音が気に入れば、多少の重さは我慢ということになるかもしれないですが、ネットに載っているサウンドチェックではアルダーとアッシュの音の違いは判らないので、試奏してみて初めて、重さとか音の違いを実感するという感じなのでしょうね。


































スポンサーサイト
  1. 2015/07/24(金) 02:00:23|
  2. 音楽の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アッシュとアルダー 音 | ホーム | ジェフベックギターコレクション>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/4255-93660a3e

ジン

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search