ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

楽器店









久しぶりに楽器店に行ってきました。池袋と横浜のI楽器。横浜はダイエーからダイエーの横のビルに移転しましたね。フェンダーUSAとフェンダージャパンのストラトキャスター、ピック、アンプを見てきました。




54年モデルはプラスチックパーツが形が違うとか、丸いストリングガイドが違うとか良くわかりました。ジャパンの54年モデルの中古がありましたが、それはプラスチックパーツまで違うという感じではなく、丸いストリングガイドだけでしたね。フェンダージャパンの外観の仕上がりのクオリティーはUSAと変わりなかったですね。



カスタムショップも見ましたが、塗装が薄かったですね。時間を掛けて丁寧に作っているというのもあるのでしょうけれど、ビンテージに見せるために、塗装をはがしたり、ウェザーチェックを入れたり、金属パーツをサビさせたり、プラスチックパーツに焼けを作ったり壊したりする手間賃もかなり入っているのでは。レリックではなく、極薄の塗装で新品状態のギターを買って、部屋に出しっぱなしで、弾き込めば、日本の気候なら10年で結構良い風合いが出てくるんじゃないですかね。フェンダーって純正パーツが全て売っていますから、材料はいくらかかるかは出せるんじゃないですかね。







アンプで一番小さかったのがローランドのキューブライト。なかなか小型で家で練習する分には十分な大きさでした。




スタンドに関してですが、楽器店のスタンドはギターを載せるところがゴムではなく、毛羽立ったソフトな素材でした。中古楽器を見ていると、ラッカー塗装のギターをゴムのスタンドに載せると化学反応を起こして、塗装が溶けてしまったギターを結構見かけますが、いまだにそんなことも知らない人が高いギター買ってるんですね。




ピックものぞいてみましたが、なんかこう欲しいというものがなかったですね。ピックも買い込むと結構な出費になりますから、ピックを購入したい欲がないのは良いことです。




ESレスポールをちょっと見ましたが、セミホローなだけあって、レスポールの重厚感はないという感じですね。


































スポンサーサイト
  1. 2015/09/07(月) 01:05:07|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グレコ | ホーム | EJ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/4334-f216acca

ジン

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search