ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

査定










さて、問い合わせしたり、検索して思ったことです。



新品同様、美品、通常中古、使用感のある中古と楽器店の買取価格に査定があるように、消費者も購入する際にきちんと中古品を査定する必要があるのではないか。美品と通常中古、使用感のある中古では買取価格が1万円ずつ変わっていく場合も多い。



以前にあったケースですが、楽器店によってはケースに関して何も言わない楽器店もある。ほとんど傷のない美品のストラト中古ということ。販売価格としては高い方。問い合わせしたら、ケースの留め金が壊れているということ。壊れているということは、修理か、買い替えをしないといけない。ケースと言えば2、3万円します。ケースが壊れているというのもマイナス査定ですね。ケースの壊れに関して何も述べてない楽器店もあるので気を付けましょう。




純正ハードケースでなく、ソフトケースまたはケースが付かないというのも、ケースの価格を比較したら、マイナス査定ですね。欠品はマイナス査定になりますよね。フェンダーのハードケースで16000円~27000円、アームで1400円~1600円、バックプレート1700円~。買ったら結構お金かかりますね。それも考慮に入れないといけません。




演奏性に問題はありません。通常使用に問題なし。という商品状態の説明がよくあります。演奏性とか通常使用に問題がないとは、トラスロッドが回らないとか、ネックが反っていてビビるとか、弦高が高すぎて弾きにくいとか、ネックに関することが多いのですかね?あとはガリがあったりとか音がでないとか壊れていて演奏に使えないということですかね。ネックに打痕があって違和感を感じるは含まれないかもしれませんね。



演奏上に問題はないのかもしれないですが、ピックガードが割れているとか部品が壊れていることになると交換する必要も出てきます。交換が必要でお金がかかるというのはマイナス査定ですね。ピックガードで2600~2900円です。




それからネジ穴が開きっぱなしのギターはマイナス査定でしょうね。ホーンのストラップピンを付け直して、その穴を埋めずに開けっ放しで、すぐ横にストラップを付けてると、荷重でネジ穴が壊れてホーンに大きな穴が開く可能性がありますね。あとはペグを付け替えて前の穴を埋めずに開けっ放しでいるとそこからヘッドが割れる可能性がありますね。ヘッドが割れる大変なことになりますね。ネックの交換か修理の必要が出てきます。素人改造は要注意、マイナス査定ですね。




結構深い傷や塗装の剥がれている打痕があるのに、傷以外はきれいですと美品にしているのは商品説明としてはずるいんじゃないですかね。傷があったら美品ではないですね。そのショップのギターの査定方法に疑問を持ちますよね。そのような大きな傷があると査定が1万円ずつ変わる可能性も大ですので、まあ傷があってカッコいいという人は別ですが、購入する際は深い傷や塗装の剥げはマイナス査定と見極めた方が良いですね。傷があるので特価と平均的な価格より安くしている場合は別という人もいるかもしれませんが。










































スポンサーサイト
  1. 2015/12/06(日) 15:40:50|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<17万 | ホーム | vsp>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/4422-7db44e3b

ジン

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search