ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

カスタムショップ











フェンダーのカスタムショップの中古は10万円台後半から出ていますね。お手頃なので買えそうな気もしますが、手ごろな価格の個体にはどんな特徴があるんでしょうか。


ネック反り
トラスロッド余裕なし

改造
フレット増加
交換:ネック、ピックアップ、ペグ、コンデンサ、ブリッジ、トレモロブロック、ピックガード、サドル、ノブ、ポット、ストラップピン
セルフレリック
キャビティーの掘り下げ(ピックアップ交換)

使用感
傷、塗装のはがれ、クラック
フレットの減り
ロゴの欠け、ロゴを消す

欠品
認定書
オリジナルハードケース
バックパネル
トレモロアーム






楽器として問題があるというのは安くなってしょうがないと思いますが、傷多め、改造多め、認定書やハードケース欠品というのは大幅な価値の減少と言っていいでしょうね。交換しすぎて原形がなくなってしまうというのは、別の楽器買ったほうがいいですよね。安い個体はそれなりに理由があるということでしょうね。ネック交換しているとかボディーを交換しているとか、認定証がないとかは信頼性の問題にもなりますね。






























スポンサーサイト
  1. 2016/08/17(水) 12:04:41|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<極太ネック | ホーム | 考え中>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/4590-2c890869

ジン

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search