ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

チームビルト












フェンダーのカスタムショップにはマスタービルトとチームビルトがあるようです。マスタービルトというのは一般に言う手工製でしょうかね。名のある職人の作品だと高価になるということでしょうか。チームビルトは熟練職人たちのチームで分担作業で作るようです。簡単に言うとカスタムショップの量産品ということでしょうか?



マスタービルトやチームビルトを弾いたことがないのでわからないですが、カスタムショップと量産品どのぐらい違いがあるのでしょうか?クラシックギターやアコースティックギターなら職人の腕が音に出るというのはあると思います。




量産品の方はほとんど機械で作ってますね。カスタムショップは組み立てしか写ってませんが、ボディーとネックは機械で作ったのを使ってるんですかね?




https://www.youtube.com/watch?v=lj9a625k_jk
fender factory making of a stratocaster


https://www.youtube.com/watch?v=JB9rT048ym4
fender custom shop the birth of a master built


https://www.youtube.com/watch?v=nswcAPvH0P8
Fender Factory Tour 1959

昔の職人さんが出ているようですね。ネックは1本の木をヘッドのところだけ半分に切る作り方なので、指板面とヘッド面に大きな段差ができるつくりだったのですね。


































スポンサーサイト
  1. 2016/08/20(土) 08:02:58|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ネックの太さ | ホーム | 1ドル100円>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/4594-e4392643

ジン

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search