ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

ネックの太さ













フェンダーのサイトですが、日本からのアクセスは日本語で出るようになったんですかね?Vネックのエリックジョンソンやエリッククラプトンモデル、アメリカンビンテージの56年モデルですが、手の大きなプレーヤー向けというような内容の説明が載るようになりましたね。エリックジョンソンはコードプレーの場合、ネックを握って5、6弦を親指で押さえますが、親指が指板に届くというような説明も載っていますね。ちなみに56年モデルの説明は英語でした。



まあ、ネックの太さは、手の大きさも影響するのかもしれないですが、あくまでも好みですから、太いネックのほうがいいという人もいれば、細いネックのほうがいいという人もいる。という感じでしょう。私は細いほうが弾きやすいですかね。





http://shop.fender.com/ja-JP/electric-guitars/stratocaster/eric-johnson-stratocaster-maple/0117702801.html#start=1









ところで、ジェフゴーラブのストラトはビンテージのフェンダーの65年製のストラトのようです。キャンディーアップルですかね。ファンキーにシャカシャカ弾くタイプですが、細いネックのほうが奏法に合ってるんですかね。































スポンサーサイト
  1. 2016/08/21(日) 01:33:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<57 | ホーム | チームビルト>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/4595-f56eb19d

ジン

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search