ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

フロイドローズ











フロイドローズのブリッジですが、人によって、合う、合わないがあると思います。フロイドローズのブリッジですが、他のブリッジに交換することはできるのでしょうか?調べてみました。




結論:大改造になるので、工作機械と技術、知識が必要となるのであきらめて新しいギターを買いましょう。プロに頼むという手もあるみたいですが結構工賃はかかるみたいです。




例えば、フェンダーのアメリカンスタンダードストラトキャスターのブリッジは2点式なので、買ってきたらすぐ取り付けられるのかというと、規格が違うので加工が必要となります。まず、フロイドローズのブリッジを外し、スタッドという支柱を抜いて、その穴を埋めて、新しいブリッジ用のスタッドの穴をあけて、スタッドを取り付け、ブリッジをセットという流れになるようです。また、弦高の調整もしないといけないようです。ということで素人には無理ですね。




シャーラーのビンテージトレモロというフロイドローズと規格が同じブリッジもあるようです。規格が同じなので取り付けるだけというブリッジです。ただ問題があって、フロイトローズと普通のブリッジではボディーに空いている取り付け用の空洞の大きさが違います。取り付けた後、ブリッジの後ろに、3センチx5センチの空洞ができてしまうそうです。穴を埋めて、塗装なんていうことになるとかなりの手間ですね。




また、ロック式ナットをどうするのかという問題もあります。普通のナットが取り付けられるのか???取り付けたとしても、ネックにロックナット取り付け用のネジ穴が2つ開いていますからこれもしっかり埋める必要がありますね。



オールパーツでエバノールナットというロック式ナットと交換可能なナットが販売されていたようですが、生産終了のようです。



ということで、フロイドローズを交換するのはかなりの改造になりますので素人には無理です。交換できたとしても穴埋めが必要となりますのでかなり汚いギターになってしまいます。フロイドローズのギターは改造せずに、フロイドローズのギターとして使うのが良いかと思います。































スポンサーサイト
  1. 2016/09/24(土) 09:30:47|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グリーンスパークル | ホーム | サファイアブルートランス>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/4619-5cdb2ea2

ジン

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search