ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

初カスタムショップ










さて、2014年に始まったストラト期、2015年5月から、フェンダーのアメリカンビンテージの57モデルを探しているのですが、生産終了になってからもう4、5年経ちます。2016年になると本当に美品は出なくなりましたね。1年と数カ月、美品を見つけるのは難しいと候補からは外しました。エリックジョンソンモデルですが、ニトロセルロースラッカー塗装のためか傷つきやすく、これも中古で美品は難しいのでやめました。



カスタムショップで57年モデルの美品ということなのですが、AではなくB+。なぜですか?と聞いたのですが美品ということ、理由を言いません。まあ、楽器屋ってそんなもんです。



ということで試奏に行ってきました。確かに美品ということで傷などはありませんでした。ただ、製造から2年しか経ってないのにピックガードが反って結構ボディーとピックガードに隙間が空いてました。問題のソフトVネックはというと、56年モデルと比べて太くはなく、60年代のネックほど細くはないですが、握ってみて太さを感じることもなく、違和感もないです。まあ57年モデルはピックガードはビスの数が少ないのでしょうがないということで購入決定。価格的に言って当分ギターは買えないですね。置く場所的には売却処分しないともう買えないですね。











fender custom shop 57 stratocaster nos case


ツイードケースです。状態的にはまずまずです。ネックが入る部分が真ん中にまっすぐあるタイプです。立てるとギターがまっすぐ立つタイプです。Fenderのロゴはとっての金具と金具の間に入っているタイプです。ツイード生地の手触りはソフトて54年のケースとは違います。中の生地は濃い赤で豪華な感じです。










fender custom shop 57 stratocaster nos front


フェンダーカスタムショップ57ストラトキャスター2カラーサンバーストニューオールドストックです。チームビルトで2014年製です。2年前の製造なのでそこそこきれいです。










fender custom shop 57 stratocaster nos body front


ボディーはアルダーです。ニトロセルロースラッカー塗装です。オフセットシームというビンテージタイプの作りで、2ピースの板を真ん中で接着するのではなくジャックプレートのブリッジよりのネジあたりで接着しています。ケースに入れたままだと全然ギターがきれいに映りませんね。上の蛍光灯が写ってしまっています。50年代シングルコイルストラトピックアップでSSSです。5ウェイスイッチです。コントロールノブとPUカバーはエイジングで色が変わってますが、ピックガードは白ですね。サドルには上がFenderで下がPAT.PENDと入っているようです。木目ですが、全体的にくっきり入っているという感じではなくプレーンな白木という感じです。










fender custom shop 57 stratocaster nos body back

ボディーバックです。継ぎ目がバックプレートのちょっと下というのがよくわかりますね。バックプレートですが楕円の穴の位置が合ってないので弦を交換する時は取らないといけませんね。ネックプレートはシリアルナンバーのみです。Rで始まっているのでリイシューでしょう。










fender custom shop 57 stratocaster nos fingerboard

ネックはメイプルで21フレットまであります。ポジションマークはブラックのドットでシンプルです。ナット幅は4.2センチです。ネックの厚みですが、1フレットが21ミリ、12フレットが24ミリです。7.25ラジアス指板です。スケールは648ミリです。










fender custom shop 57 stroatcaster nos neck

ネックの上部にうっすらと木目が入っています。ローポジションがソフトVシェープでハイポジションはCシェープになるようです。ネックの太さですが、60年代よりちょっと太い見た目ですが、手で握った感じは太さを感じない太さです。ネックを握って親指で5、6弦を押さえるのは可能な太さです。スカンクラインが入っています。










fender custom shop 57 stratocaster nos headstock front


ヘッドです。フェンダーのスパゲッティーロゴですね。ヘッドもうっすら木目が入っています。ストリングガイドが1つ装着されています。自分的にはこれがフェンダーという感じがしますね。










fender custom shop 57 stratocaster nos headstock back


ヘッド裏です。ビンテージタイプのペグです。最近のはチューニングマシンの長方形のカバーの真ん中にラインが入っていますね。フェンダーカスタムショップのロゴが入っています。










さて、弾いた感じですが、弾きやすくてとてもいい感じです。問題のピックガードが反って隙間が空いている件ですが、検索してみるとドライヤーで熱を加えて、ピックガードをガラスとガラスで挟んで矯正するというのがありました。そこまでするのは手間がかかるので、ピックガードの上に写真に写っているクロスを乗せてケースのフタで圧迫して矯正している感じです。意外とピックガードの反りが少なくなっているような気がします。

ケースのフタ
ケースのクッション
クロス
ピックガード
ギターのボディー




































スポンサーサイト
  1. 2016/10/15(土) 21:41:31|
  2. マイ楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジャパンリミテッド | ホーム | 54>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/4629-c9fea491

ジン

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search